20年前の日韓W杯で旋風のユニフォームにインスパイアも非難集まるセネガル代表ユニ、問題は異なるデザインと国旗の星の消滅?

2022.09.26 08:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2大会連続でのワールドカップ(W杯)出場を決めたセネガル代表。カタールW杯に向けたの新ユニフォームは、過去の栄光を讃えるものとなった。2018年のロシア大会では日本代表ともグループステージで同居。2-2の引き分けに終わったが、最後はフェアプレーポイントの差でグループステ時敗退に終わった。

そのセネガルは今回が3度目のW杯。その中で、サプライヤーのプーマは、20年前の初出場時の栄光にインスピレーションを受けた。
ホームユニフォームは、2002年の日韓大会で当時の王者・フランス代表をグループステージで倒し、旋風を巻き起こしベスト8の成績を残したユニフォームにインスパイアされ、レトロなデザインとなったとのこと。

当時は「ルコック」がサプライヤーだったが、今回は白をベースに、胸と襟、袖口にはセネガル国旗のカラーである緑、黄、赤を配色。当時のものは白をベースに、袖と脇にかけて国旗カラーが配色されたものとなっていた。

また、アウェイユニフォームに関しては、緑がベースとなり、中央寄せの最上段にプーマのロゴ。その下に協会のエンブレムを配置し、国に沿ったカラーで囲いを作った中にナンバーを記載という、プーマ一定のテンプレートの沿ったものとなっている。

ファンはホームユニフォームについて「最悪だね」、「ちょっと理解できない」、「こんなのは着てない」と、20年前にインスパイアされたというコンセプトながら、当時とは全く違うという意見が多く、特に問題視されているのは胸に入った国旗カラーのボーダー。「星はどこ?」、「マリが喜んで着る」と、同じ緑、黄、赤の国旗であるマリを引き合いに出し、セネガル国旗にある星が消えたことを非難する声が上がっていた。


関連ニュース
thumb

ご意見番ロイ・キーン氏、カラフルな装いのセネガル応援団を「迷惑だ」と口に...

辛口ご意見番でお馴染みのマンチェスター・ユナイテッドOB、ロイ・キーン氏が残念な言葉を口にした。イギリス『サン』が伝えている。 現役時代にアイルランド代表として2002年の日韓ワールドカップ(W杯)を経験しているロイ・キーン氏。今回のカタールW杯ではイギリス『ITV』のコメンテーターとして現地に赴いている。 4日には決勝トーナメント1回戦のイングランド代表vsセネガル代表を担当。試合はイングランドが3-0で完勝を収め、2大会連続となるベスト8進出を決めたが、同氏は試合後、会場に詰め掛けたセネガルの応援団について「迷惑だ」と口にしたという。 どうやら応援団の大きな声や、独特かつカラフルな装いが気に食わなかったようで、隣にいた司会者が気を遣ってやんわり場を濁そうとするも、キーン氏はさらに「W杯は素敵な舞台だが、それでも鬱陶しい」と続けたとのことだ。 なお、ギャリー・ネビル氏とイアン・ライト氏はセネガルの応援団について「素晴らしい」と称えていたとのこと。キーン氏の方は多少なりとも冗談交じりのつもりだったのかもしれないが、それでも少し残念な言い方ではある。 2022.12.05 15:24 Mon
twitterfacebook
thumb

「本当に素晴らしい夜」今大会初ゴールのケイン、若手の躍動を称え、打倒フランスへ「良い戦いになる」

イングランド代表のFWハリー・ケインが、セネガル代表戦勝利を喜んだ。イングランドサッカー協会(FA)が伝えた。 4日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16でイングランドはセネガルと対戦した。 グループBを首位で通過したイングランドは、グループA2位のセネガルと対戦したが、立ち上がりからセネガルに押し込まれピンチを迎える。 それでも凌いでいると38分にジョーダン・ヘンダーソンが先制ゴールを奪うと、前半アディショナルタイムにはケインが今大会初ゴールを記録し、前半を2-0で折り返す。 後半はリードしたイングランドがペースを握り、58分にはブカヨ・サカが決めて3点目。そのまま逃げ切り、3-0で勝利した。 今大会初ゴールを記録し、プレーヤー・オブ・ザ・マッチに輝いたケインは試合を振り返り、しっかりと勝利できたことを喜んだ。 「もちろん勝利は嬉しいよ。本当に大変だった。ノックアウトステージは決して簡単ではない」 「僕たちは大会を通じてとても成熟していることを示しているし、本当に良いチームに対して3-0で勝利した」 「チームメイトのおかげだ。メンタリティは最初から最高だったし、彼らがきた時に僕たちはチャンスを掴んだ」 「3試合連続でクリーンシートを維持することは本当に重要だ。僕たちにとっては本当に良い日になった」 また、この試合では若手がゴールに絡み活躍。ジュード・ベリンガム、フィル・フォーデン、そしてダメ押しゴールのサカについても言及した。 「彼らは素晴らしかった。今日の3人は、いずれもゴールに大きく貢献した。若さと経験が見事に混ざり合い、またノックアウトステージで勝利できたんだ」 「ここ数年はイングランドにとっては簡単ではなかった。3-0で勝てたことは、本当に素晴らしい夜だった」 ベスト8入りしたイングランドだが、次の相手は前回大会王者のイングランド。ケインはタフな試合になるだろうと次戦への意気込みを語った。 「僕たちはこの試合の勝利を楽しむと思う。もちろん焦点はフランス戦だ。本当にタフな試合に集中する」 「彼らはディフェンディングチャンピオンだが、良い戦いになるだろう。今は順調に回復し、試合に備える」 2022.12.05 14:56 Mon
twitterfacebook
thumb

辛口の自国評論家に「文句言わせない」 イングランド代表MFライス、セネガル戦完勝を誇る

イングランド代表MFデクラン・ライスがカタール・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦のセネガル代表戦を振り返った。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 イングランド代表は4日にセネガル代表と対戦。38分にMFジョーダン・ヘンダーソンが先制点を決めると、前半アディショナルタイムにはFWハリー・ケインが今大会初ゴールをゲットし、57分のMFブカヨ・サカの3点目で勝負を決した。 反撃も許さず、3-0の勝利を収め、2大会連続のベスト8進出が決定。中盤の底でフル出場したライスは試合後のインタビューで完勝を誇り、普段は辛口だという自国の評論家たちも文句なしの試合内容だっただろうと振り返った。 「彼らは僕たちに的確な評価をしてこなかった。いつも否定的なことしか言わないね。オランダとアルゼンチンが苦しんで勝った一方、僕たちのここ2試合は完璧だった」 また、この日の3得点により、グループステージ初戦からの4試合で計12得点に。これについても「大会が始まる前、僕たちが多くのゴールを決められないという話題があった。これで何の文句も言わせない」と胸を張った。 一方、チーム最年少の19歳ながら主軸として躍動するMFジュード・ベリンガムには賛辞を送っている。 「彼の圧倒的なプレーを見られて嬉しい。フィジカルにも才能にも恵まれているね。ドルトムントでシーズンを通してやってきたことが、今は僕たちのために活かされているね」 イングランド代表は10日に行われる準々決勝でベスト4進出を懸け、前回王者のフランス代表と対戦する。 2022.12.05 14:24 Mon
twitterfacebook
thumb

W杯ラウンド16敗退のセネガル…シセ監督「イングランドとは大きな差があった」

セネガル代表のアリウ・シセ監督が完敗を認めた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 セネガルは4日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16で、イングランド代表と対戦した。立ち上がりから何度かチャンスを迎えながら、FWブライエ・ディアやFWイスマイラ・サールがゴールを決め切れずにいると、相手には好機を確実に活かされて2失点。後半にもサイドからの突破を許して失点すると、反撃を試みるも最後まで相手のゴールネットを揺らせず、0-3で敗れた。 この結果、セネガルのカタールW杯ベスト16での敗退が決定。2002年の日韓大会以来となるベスト8入りを逃したシセ監督は、試合後に数人の主力欠場を嘆きながらも、完敗を認めた。 「ディアとサールが決め切れなかったことだけが敗因ではない。試合は90分間あるのだ。30分間はかなり良いプレーをしてチャンスを作れたが、そこで残念ながら得点できなかった。非常に優れたチームとの戦いで、我々は本来あるべきプレーができなかったと思う」 「言い訳をするつもりはない。ただ、我々にはおそらく、チームにプラスアルファを与えてくれるはずの選手が2、3人欠けていたのだ」 「今日の試合では、両チームに大きな差があった。我々はアフリカで最高のチームになるため何年も努力してきたが、今回は世界トップ5に入るチームとの対戦だったと思う。そして我々は、その違いを目の当たりにしたのだ」 2022.12.05 12:52 Mon
twitterfacebook
thumb

セネガル16強敗退…負傷不参加マネが終戦の同僚に「君たちの歩みは国民の誇り」

セネガル代表のカタール・ワールドカップ(W杯)が終わり、今大会を負傷不参加のFWサディオ・マネが同僚を誇った。 エースのマネを大会直前のケガで失ったセネガルだが、グループAをオランダ代表に次ぐ2位で突破。B組1位のイングランド代表を相手にしたラウンド16に駒を進めた。 あと1勝で2002年の日韓大会以来となる8強入りだったアフリカ王者だが、4日のイングランド戦では0-3の完敗。ここまでの総合力も歯が立たず、ここで終戦した。 無念のW杯リタイアから手術を受け、復活を期す真っ只中のマネは自国が敗退後、自身のSNSを更新。自身が不在下で奮闘した同僚を労い、決意を新たにしている。 「親愛なる兄弟たちへ、国民は君たちの歩みをとても誇りに思っている。君たちは威厳をもって国旗を守ることで、セネガル人、そして全サポーターの心を癒した。これからも学び続けて、頑張ろう。僕はより多くのトロフィーを追い求めていくんだ」 <span class="paragraph-title">【SNS】セネガル16強敗退…負傷不参加のエースが労いの言葉</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Chers frères, vous êtes tombés les armes en main. <br>Le peuple est très fier de votre parcours qui a mis du baume dans le cœur des supporters, en défendant dignement le drapeau national.<br>Bon courage, l&#39;apprentissage continue. On ira à la recherche d&#39;autres trophées Inchallah <a href="https://t.co/iWfJ9vPwMH">pic.twitter.com/iWfJ9vPwMH</a></p>&mdash; Sadio Mané (@SMane_Officiel) <a href="https://twitter.com/SMane_Officiel/status/1599524543345065984?ref_src=twsrc%5Etfw">December 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.05 11:55 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly