ポーランド代表のW杯用ユニフォームはナイキ製なのにシンプル!! 胸には国章、袖に白鷲の巣

2022.09.25 19:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
22日、ポーランド代表のカタール・ワールドカップ(W杯)用ユニフォームがお披露目となった。2大会連続9回目の本大会出場となるポーランド。発表されたユニフォームはナイキ製の中でも群を抜いてシンプルといえそうだ。

UEFAネーションズリーグ(UNL)のオランダ戦で着用されたホームシャツは、白を基調に左胸にはポーランドの国章を配置。そのエンブレムにも使用されている白鷲の巣をモチーフとした、グレーの模様が袖に描かれている。ショーツは赤、ソックスは白となっている。
クラシックな色調のシャツは、性別、出自、職業、年齢、居住地に関係なく、代表チームのすべてのファンの高い期待に応えることを目的としているとのこと。

ポーランドサッカー協会(PZPN)の会長ツェザリー・クレシャ氏は「このユニフォームは国全体を結び付けるシンボルの1つ。ファン一人一人の夢を体現し、ワールドカップ後も長くファンの記憶に残り、コレクターズアイテムとしても残って欲しい」と、述べている。

また、アウェイキットは赤をベースとし、ラウンドネックと袖部分を白と赤で縁取ったシンプルなデザインとなっている。

ポーランドはW杯でグループCに入り、メキシコ代表、サウジアラビア代表、アルゼンチン代表と同居する。

1 2

関連ニュース
thumb

王者フランスがポーランドに完勝し大会連覇へ前進! ジルーが代表歴代最多となる52得点目のメモリアル弾《カタールW杯》

カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16のフランス代表vsポーランド代表が4日に行われ、3-1でフランスが勝利した。 グループDを首位で通過した前回王者のフランスは、主力を温存して臨んだグループD最終節のチュニジア代表戦から先発からヴァランとチュアメニ以外の9人変更。ムバッペやグリーズマン、デンベレ、GKロリスら現状のベストメンバーで臨んだ。 一方、4日前のアルゼンチン代表戦を0-2で敗れるも得失点差でグループCを2位通過したポーランドは、その試合から先発を2人変更。ビエリクとシフィデルスキに代えてカミンスキとシマンスキを先発で起用。最前線にレヴァンドフスキを据えた[4-1-4-1]で試合に臨んだ。 ポーランドが前線から積極的にボールを奪いに行くアグレッシブな入りを見せる中、フランスは13分にバイタルエリア手前からチュアメニが強烈なミドルシュートでゴールに迫ったが、これはGKシュチェスニーに弾かれた。 さらにフランスは、29分にもフランコフスキのミスパスを敵陣でカットしたグリーズマンのスルーパスでボックス右深くまで駆け上がったデンベレが折り返しを供給。最後はゴール前に走りこんだジルーがすべり込みながら合わせたが、シュートはゴール左に外れた。 対するポーランドは38分、左サイドを突破したベレシュインスキの折り返しを走りこんだジエリンスキがシュート。これはGKロリスが体でブロック。こぼれ球を再びジエリンスキが詰めたが、これはテオ・エルナンデスのブロックに阻まれた。 ハーフタイムにかけては、再びフランスが押し込むと44分にスコアが動く。バイタルエリアでパスを受けたムバッペが素早くラストパスを送ると、ゴール前に抜け出したジルーが左足でゴールに流し込み、1-0で前半を終えた。 なお、ジルーの先制点はティエリ・アンリ氏が記録したフランス代表歴代最多ゴール記録を更新するフランス代表通算52ゴール目のメモリアルゴールとなっている。 迎えた後半は1点を追うポーランドが立ち上がりから前がかる展開となった中、フランスは57分にチャンス。左CKの二次攻撃からグリーズマンが左クロスを供給すると、飛び出したGKのパンチングしたボールをラビオがボックス内へ弾き返すと、ジルーがオーバヘッドシュートでゴールネットを揺らしたが、飛び出したGKと接触したヴァランのファウルを取られ、ゴールは取り消された。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。そんな中、フランスは74分に自陣からのロングカウンターを仕掛けると、ジルーのパスを右サイドで受けたデンベレが斜めのドリブルでバイタルエリア付近まで運び、ボックス左へラストパス。これをフリーで受けたムバッペが難なくシュートをゴール左に突き刺した。 直後にジルーとデンベレを下げてテュラムとコマンを投入したフランスは、91分にもテュラムのパスをボックス左で受けたムバッペがゴールネットを揺らすと、試合終了直前にPKから1点を返されたが3-1で勝利。 40年ぶりのラウンド16突破を目指したポーランドを退け、W杯連覇に前進したフランスは、10日に行われる準々決勝でイングランド代表vsセネガル代表の勝者と対戦する。 フランス 3-1 ポーランド 【フランス】 ジルー(前44) ムバッペ(後29) ムバッペ(後46) 【ポーランド】 レヴァンドフスキ(後54[PK]) 2022.12.05 02:01 Mon
twitterfacebook
thumb

「キーマンは自分!」ポーランド代表守護神、フランス戦に意気込み「ムバッペは僕が止める」

ポーランド代表のGKヴォイチェフ・シュチェスニーが、フランス代表戦のキーマンは自分だと豪語している。イギリス『デイリー・メール』がコメントを伝えた。 4日にカタール・ワールドカップのラウンド16でフランスと対戦するポーランド。相手はグループステージでは開幕2連勝で楽々と突破を決めた屈指のタレント軍団。特にエースのキリアン・ムバッペは3ゴールを挙げる活躍を見せている。 ポーランドとしても最も注意しなければならない選手だが、シュチェスニーは守勢が予想される中で、「ムバッペを止める鍵? それは僕だよ!」と言ってのけた。 半分冗談を交えたつもりだろうが、今大会のシュチェスニーは2度もPKを止めており、メキシコ戦やサウジアラビア戦ではクリーンシートを記録。キーマンは自分という言葉もあながち間違いではなさそうだ。 なお、シュチェスニーはアルゼンチン戦後に、リオネル・メッシとPKをテーマに賭けをしていたことを明かしており、ピッチ外でも話題を提供してくれている。 2022.12.04 16:30 Sun
twitterfacebook
thumb

連覇目指すフランス代表指揮官、ポーランド代表の守備力を警戒「リスペクトするべき」

フランス代表のディディエ・デシャン監督は、ポーランド代表への警戒を強めた。フランス『RMC Sports』が伝えている。 カタール・ワールドカップ(W杯)で大会連覇を目指すフランス。グループDで開幕から連勝を果たすと、第3節ではチュニジア代表に0-1で敗れたものの、首位通過を果たした。 3大会連続となるベスト8進出を懸け、4日に行われるラウンド16の対戦相手はポーランド。デシャン監督とDFバンジャマン・パヴァールの間で対立が報じられるなど、チーム内に不穏なムードも漂う中で決戦に挑む。 デシャン監督は前日会見で、ポーランドの特徴を分析。高い守備力を持っていると評しつつも、自らのチームのアタッカー陣がそれを打ち破ることを信じていると語った。 「相手のチームは、ここまでの3試合で守りに徹してきた。ディフェンスの場面が多かったし、そこでの技術も高い」 「一方で、そこだけにフォーカスしてはいけない。チームは国際経験豊富な選手が中心となっている。(ヴォイチェフ・)シュチェスニー、(カミル・)グリク、(ロベルト・)レヴァンドフスキ。若い選手もいる。相手のチームがここまでやってきたことはリスペクトするべきだ。シュチェスニーの活躍は決定的だっだ」 「しかし、我々の選手たちも、その活躍で期待に応えてくれる。相手に問題を起こすための攻撃的な主張を何度もしてくれるだろう」 また、対戦相手のレヴァンドフスキについては「こういったタイプの選手に対しては、その影響を制限する必要がある。体の使い方がとても上手く、わずかな隙を与えたら危険だ。フォーカスしすぎるのも良くないがね」とコメント。絶対的エースストライカーの完封に向けた対策を明かした。 2022.12.04 12:49 Sun
twitterfacebook
thumb

テオが2日の一部練習を回避…ポーランド戦控えるフランスに懸念材料

フランス代表DFテオ・エルナンデスはポーランド代表戦に向けてコンディションの問題を抱えているようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 カタール・ワールドカップ(W杯)グループDの戦いを2勝1敗の首位で終えたフランスは、4日に行われるラウンド16でグループCを2位通過したポーランドと対戦する。 そのベスト8進出を懸けた一戦に向けて調整を進めるフランスだが、2日に行われたトレーニングセッションでは左足首に打撲を負ったテオが予防措置のため一部メニューを回避したようだ。 現状ではポーランド戦に間に合う見込みだが、DFリュカ・エルナンデスが離脱した中で唯一の左サイドバックを本職とするミランDFの状態はディディエ・デシャン監督にとって気がかりなところだ。 仮に、テオが間に合わない場合はチュニジア代表戦で左サイドバックとしてW杯デビューを飾ったMFエドアルド・カマヴィンガが代役を担うことになる。 そのチュニジア戦では試合序盤こそ初挑戦のポジションでバタついたカマヴィンガだが、時間を経るごとに大きくパフォーマンスを改善しており、サイドにあまり強力なタレントがいないポーランド相手では十分にテオの代役を担えるはずだ。 2022.12.03 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

シュチェスニーがメッシと試合前にある“賭け”…「僕は100ユーロ払わなければならない」

ポーランド代表のGKヴォイチェフ・シュチェスニーが、アルゼンチン代表戦で相手のリオネル・メッシとある“賭け”をしていたことを明かした。イギリス『サン』が伝えている。 両代表は30日、カタール・ワールドカップのグループC最終節で決勝トーナメント進出をかけて激突。立ち上がりからメッシのシュートがシュチェスニーを強襲する白熱した展開が繰り広げられた中、前半40分手前にメッシがヘディングシュートを放った際にシュチェスニーのパンチングした手が顔面に当たっていたとしてアルゼンチンにPKが与えられた。 アルゼンチンにとっては先制の千載一遇のチャンスだったが、メッシが枠の右を狙ったシュートをシュチェスニーがファインセーブ。シュチェスニーはサウジアラビア戦から続けてPKストップという離れ技をやってのけた。 試合後のシュチェスニーによると、メッシとのある賭けとはPKについて。シュチェスニーはこの一戦でアルゼンチンにPKが与えられるか与えられないかで、後者に100ユーロ賭けていたそう。 「僕たちは試合前に話をして、僕は審判がPKを与えない方に100ユーロ賭けると言ったんだ。だからメッシに賭けで負けてしまったよ」 「ワールドカップでそれが許されているのかはわからない。それで出場停止になるかもしれないね(笑)。でも気にしてないよ!」 「別に本当に100ユーロ払うわけではないけど、彼は100ユーロなんて気にしないだろう。いっぱいもらってるんだから」 なお、試合は結局、後半に2点を決めたアルゼンチンが勝利。アルゼンチンは首位でグループ突破となったが、ポーランドも得失点差でメキシコを上回り、36年ぶりの決勝トーナメント進出となった。 2022.12.01 21:30 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly