ルイス・スアレスが今年末でナシオナル退団…会長が認める

2022.09.20 06:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウルグアイ代表FWルイス・スアレス(35)は、今年末にナシオナルを退団することになるようだ。『ESPN』が伝えている。

これまでリバプールやバルセロナ、アトレティコ・マドリーといったヨーロッパのメガクラブを渡り歩いたスアレスは、昨シーズン限りでアトレティコを退団。

新天地を探していた中で、リーベル・プレートやドルトムント、ロサンゼルスFCなどが移籍先に浮上。一方で、キャリアをスタートさせたナシオナルのファンが熱烈なオファー。ファン約2万人が、同選手のお面を被って復帰を歓迎するなどしていた中、本人も古巣復帰を決断した。
そして、16年ぶりの古巣帰還を果たしたベテランストライカーは、ここまでのリーグ戦8試合で4ゴール3アシストを記録するなど、さすがの存在感を示している。

だが、熱狂的なナシオナルのファンがウルグアイ代表FWの勇姿を拝めるのは、今年末までとなるようだ。

ナシオナルのホセ・フエンテス会長は、スアレスが今年末で退団することを認めた。

「(ウルグアイの)シーズンが終わり次第、スアレスは去ることになる」

「それが当初から我々が合意していたことだ。私がこの話をしているのは、誤った期待を生まないようにするためだ。彼はすでにここへ来るために多大な努力をしてくれた。だが、スアレスは去ることになる」

フエンテス会長のコメントの通り、スアレスは今回の古巣復帰に際してサラリー面での大幅な譲歩をしている。もちろん、古巣ファンのラブコールに応えたい考えもあったと思われるが、自身最後の大舞台となるカタール・ワールドカップに万全のコンディションで臨みたい考えがあり、クラブとの思惑が合致する形で今季のプレーが実現している。

そのため、2023年には再び多くの可能性を考慮する形でキャリア最終盤を過ごす新天地を探すことになりそうだ。

関連ニュース
thumb

世界的スターを盛大にお出迎え! スアレスのグレミオ入団セレモニーに3万人サポが集結

ウルグアイ代表FWルイス・スアレスのグレミオ入団セレモニーが行われた。イギリス『ガーディアン』が伝えている。 リバプールやバルセロナなどで活躍し、世界屈指のストライカーとして名を馳せたスアレス。昨夏にアトレティコ・マドリーとの契約を終え、古巣ナシオナルに帰還し、欧州での選手キャリアに区切りを打つ形となった。 ナシオナル帰還はカタール・ワールドカップ(W杯)までのプレータイムを確保するという目的だったこともあり、年内までの短期契約。先月31日にはカンピオナート・ブラジレイロ(ブラジル全国選手権)のグレミオとの2年契約締結が発表された。 5日にグレミオの本拠地で行われた入団セレモニーには家族とともに参加。3万人を超える熱狂的サポーターがスタンドを埋め尽くし、ピッチへの登場とともに大歓声も。ウルグアイが誇る世界的スーパースターは隣国ブラジルの地でも盛大にお出迎えされた。 <span class="paragraph-title">【動画】スアレスが本拠地のピッチに登場! 3万人がお出迎え</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="700" height="394" src="https://www.youtube.com/embed/AvE5UP2NLTQ" title="Luis Suárez welcomed by 30,000 fans at Brazil's Grêmio arena" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture; web-share" allowfullscreen></iframe> 2023.01.07 19:09 Sat
twitterfacebook
thumb

スアレスがグレミオからのオファーを拒否、新天地はアメリカか

ウルグアイ代表FWルイス・スアレス(35)はメジャーリーグ・サッカー(MLS)に新天地を求める可能性が高いようだ。 今夏にアトレティコ・マドリーを退団し、フリーとなっていたスアレス。様々なクラブへの加入が取り沙汰されたが、17年前にプロデビューしたナシオナルのサポーターの熱烈な要望を受け、半年の短期契約ながら復帰を果たした。 久々となる母国でのプレーとなったが、1部リーグのカンペオナート・ウルグアージョで13試合6ゴール3アシストと流石の存在感を放ち、クラブは二期制を敷く同リーグのクラウスーラ(後期)で優勝。先月末に行われた前期王者リベルプールとの年間王者決定戦でも2ゴールを挙げる活躍でチームを4-1の勝利に導き、年間優勝に大きく貢献した。 ナシオナルを退団し、再びフリーとなったスアレスには活躍が期待されるカタール・ワールドカップ(W杯)を前に、世界各国のクラブから関心の噂が。スペイン『マルカ』によれば、ブラジルのグレミオもオファーを出したが、すでに同選手が断ったという。 これを受け、グレミオのアルベルト・ゲラ会長は「我々はスアレスにオファーしたが、すでに拒否された。彼は我々の真剣なオファーに感謝してくれた」とコメント。また、「彼の計画はMLSでプレーすることだ。我々のオファーは、彼がMLSのクラブから貰っていた条件を上回っていたが、彼には人生のプランがある」とも明かした。 かねてより噂に上がっていた中で、ここにきて実現の可能性が高まるスアレスのアメリカ行き。中でもロサンゼルス・ギャラクシー、ロサンゼルスFC、インテル・マイアミの3クラブが主な候補だと『マルカ』は伝えている。 2022.11.21 15:24 Mon
twitterfacebook
thumb

トロフィー置き土産にスアレスがナシオナルを退団「このクラブは世界レベル、ファンは誇りに思うべき」

ウルグアイ代表FWルイス・スアレス(35)が、ナシオナルに別れを告げた。 今夏にアトレティコ・マドリーを退団しフリーとなっていたところ、17年前にプロデビューしたナシオナルのサポーターの熱烈な要望を受け、半年の短期契約ながら母国復帰を果たしたスアレス。35歳という年齢にもかかわらず、1部リーグのカンペオナート・ウルグアージョで13試合6ゴール3アシストと流石の存在感を放った。 先月30日には、アペルトゥーラ(前期)を制したリベルプールとクラウスーラ(後期)覇者のナシオナルが激突し、スアレスは50分の先制点と、1-1で迎えた延長戦前半6分の勝ち越しゴールを決め、1-4の勝利に貢献。試合のMVPにも選ばれ、見事年間優勝に導いた。 そして、契約通りスアレスは優勝トロフィーを置き土産に退団へ。わずか90日間という短い間だったが、密度の濃い思い出を振り返りながら、優勝の喜びと周囲への感謝を言葉にした。 「その時が来た。まず最初に今までありがとうと言いたい。以前にも言ったけど、僕が戻ってきたのはみんなのおかげだ。みんなのために僕は戻りたいと思えたんだ」 「一人一人が、ナシオナルが世界レベルにいること、ナシオナルのファンが世界で話題になったことを誇るべきで、それがみんなの功績なんだ」 「チームメイトにも感謝したい。彼らは何か得ることができただろうか。僕は素晴らしいチームのメンバーになることができたよ。そんな思い出を持って、妻が授けてくれたこの素晴らしい3人の美女たち(子供たち)にも感謝したい」 「プロデビューしたクラブのシャツを着てチャンピオンになるなんて夢のようだ。でもここでお別れだ。もうプレーすることはないと思うけど、いつかクラブに戻るかもしれないね」 2022.11.07 14:35 Mon
twitterfacebook
thumb

スアレスが古巣ナシオナルで年間王者に輝く! 決戦で2ゴールと流石の活躍

ウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、また一つ栄光を掴んだ。 これまでリバプールやバルセロナ、アトレティコ・マドリーといったヨーロッパのメガクラブを渡り歩いたスアレスは、昨シーズン限りでアトレティコを退団し、プロキャリアをスタートした母国のナシオナルに16年ぶりの古巣帰還を果たした。 35歳という年齢にもかかわらず、ウルグアイ1部リーグのカンペオナート・ウルグアージョで13試合6ゴール3アシストと流石の存在感を放ち、先日には二期制を敷く同リーグのクラウスーラ(後期)で優勝を果たした。 そして、アペルトゥーラ(前期)を制したリベルプールとの年間王者を決める一戦が30日に行われ、スアレスは50分の先制点と、1-1で迎えた延長戦前半6分の勝ち越しゴールを決め、1-4の勝利に貢献。この試合のMVPにも選ばれ、見事年間優勝に導いた。 すでに今季限りでの退団が決定しているスアレス。わずか90日間という短い間に、古巣ナシオナルのサポーターへトロフィーと多くの感動を与えることに。 そして、スアレスはツイッターを通じて「どこまでも寄り添ってくれてありがとう。みんなと一緒にいられて幸せだ。いつまでも一緒だ」と、家族へ向けて感謝の気持ちを伝えている。 <span class="paragraph-title">【写真】優勝トロフィーにキスをするスアレス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">CAMPEÓN URUGUAYO! <br><br>GRACIAS! <a href="https://t.co/fFduuch55L">pic.twitter.com/fFduuch55L</a></p>&mdash; Luis Suárez (@LuisSuarez9) <a href="https://twitter.com/LuisSuarez9/status/1586863062597918732?ref_src=twsrc%5Etfw">October 30, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真】妻や子供たちとトロフィーを囲むスアレス</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CkXHSivO0If/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CkXHSivO0If/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CkXHSivO0If/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Luis Suárez(@luissuarez9)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.31 19:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ルイス・スアレスが16年ぶり帰還のナシオナルでタイトル獲得!

ウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、キャリア通算20個目のタイトルを獲得した。 ナシオナルは17日、カンペオナート・ウルグアージョのクラウスーラ第14節のCSセリート戦に2-1で勝利。2位のリーベル・プレート、3位のマルドナードとの勝ち点差を「4」に広げ、最終節を残してのクラウスーラ優勝を決めた。 これによりスアレスは、ウルグアイ代表でのコパ・アメリカ優勝を含め、自身20個目のトロフィーを獲得することになった。 なお、今月30日にはアペルトゥーラ王者のリバプールとシーズン王者を懸けたビッグマッチを控えている。 これまでリバプールやバルセロナ、アトレティコ・マドリーといったヨーロッパのメガクラブを渡り歩いたスアレスは、昨シーズン限りでアトレティコを退団。 その後、プロキャリアをスタートしたナシオナルに16年ぶりの古巣帰還を果たした。そのベテランストライカーは、ここまでのリーグ戦12試合で5ゴール3アシストを記録するなど、さすがの存在感を示していた。 今回、古巣にトロフィーをもたらしたスアレスだが、今シーズン限りでの退団が決定しており、現時点ではメジャーリーグ・サッカーのロサンゼルス・ギャラクシー行きが有力視されている。 2022.10.19 00:13 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly