中村が鮮やかFKで福岡初ゴール! GK村上のビッグセーブも光り9試合ぶり白星! 清水は降格圏近づく敗戦に【明治安田J1第30節】

2022.09.17 21:10 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1第30節、アビスパ福岡vs清水エスパルスが17日にベスト電器スタジアムで行われ、3-2で福岡が勝利した。

17位の福岡と12位の清水による残留争い。福岡は前節、横浜FM相手に善戦も1-0で競り負け4連敗。8試合未勝利の状況で一気に順位を下げてしまった。対する清水は、ここ6試合は3勝2分け1敗。前節は同じく残留を争う湘南と1-1で引き分けた。

試合は立ち上がりから一進一退の攻防に。6分に福岡が山岸のシュートでゴールに迫れば、12分には清水もホナウドに決定機。だが、ここはGK村上のセーブに遭い、序盤は0-0のまま推移していく。
スコアが動いたのは29分。清水は山原が左サイドを突破し、カットインから右足でクロスを供給。このボールに逆サイドからピカチュウが飛び込み、触れるか触れないか程度のモーションを見せると、GKの意表を突く形でそのままゴールイン。記録は山原のゴールとなった。

若干悔しさの残る失点となった福岡だが、すぐに振り出しに戻す。36分、ボックス手前中央の位置で獲得したFKで、中村が右足でゴール左上に突き刺した。中村はこれが福岡での初ゴールとなった。

ホームチームはさらに、42分の左CKで再びセットプレーのチャンスが到来。クルークスが左足で上げたクロスを志知が競り合い、ボックス右にこぼれたところを山岸が押し込んでネットを揺らした。

前半のうちに試合を引っくり返した福岡は、後半立ち上がりにも追加点。49分、ルキアンのポストプレーから山岸がボックス左へパスを供給。ここでクルークスがヒールを使ったプレーで相手を出し抜くと、再びボールを持った山岸がボックス中央から右足でゴール右に流し込んだ。

3連続失点で引き離された清水。それでも60分、ホナウドがボックス中央で中村に倒されPKを獲得。これをチアゴ・サンタナが決めて1点差とした。

試合は終盤にかけてさらに熱を帯びていく。その中でよりゴールに迫ったのはアウェイの清水。85分に山原の右CKをゴール前でフリーとなっていた中山がシュート。決定機だったが、GK村上のビッグセーブに遭ってしまう。

後半は7分のアディショナルタイムが設けられたが、結局は福岡が逃げ切りに成功。9試合ぶりに白星を手にした。

福岡 3-2 清水
【福岡】
中村駿(前36)
山岸祐也(前42)
山岸祐也(後4)
【清水】
山原怜音(前29)
チアゴ・サンタナ(後15)

関連ニュース
thumb

G大阪退団のMF芝本蓮がFCティアモ枚方に加入、昨季は藤枝でプレー

FCティアモ枚方は26日、MF芝本蓮(23)が加入することを発表した。 芝本は大阪府出身で、ガンバ大阪の下部組織育ち。ジュニアユース、ユースと昇格すると、2018年にトップチームに昇格する。 G大阪ではJ1で1試合、リーグカップで2試合の出場に終わると、2021年にSC相模原、2022年には藤枝MYFCへと期限付き移籍していた。 藤枝では明治安田生命J3リーグ9試合の出場のみに終了。シーズン終了をもって移籍期間が満了となり、G大阪も契約満了で退団となっていた。 芝本はクラブを通じてコメントとしている。 「藤枝MYFCから来ました芝本蓮です。FCティアモ枚方の勝利のために全力で頑張ります。応援宜しくお願いします!」 2023.01.26 17:42 Thu
twitterfacebook
thumb

G大阪がイスラエル代表MFネタ・ラヴィ獲得へ、現地は取引成立と報道…決定すればJリーグ初のイスラエル人選手に

ガンバ大阪がイスラエル代表MFネタ・ラヴィ(26)の獲得が決定的となったようだ。イスラエル『Sport5』が伝えた。 ポルトガルにルーツを持つラヴィは、イスラエルの名門クラブであるマッカビ・ハイファの下部組織出身。2015年7月にファーストチームに昇格し、クラブ一筋でプレーしている。 現在はキャプテンも務めるボランチで、クラブ通算242試合に出場し10ゴール13アシストを記録。今シーズンはリーグ戦で17試合に出場し2アシスト、チャンピオンズリーグ(CL)でも6試合プレーしていた。 また、イスラエル代表としても12試合に出場し、UEFAネーションズリーグやカタール・ワールドカップ(W杯)予選も戦っていた。 『Sport5』によれば、数週間にわたってG大阪と交渉を続けてきたとのこと。自身が育ったクラブを離れ、日本へと向かうとされている。 また、代理人も「取引が成立して出発の準備をする」という旨のメッセージを関係者に送っているとのこと、近日中にも発表されるものとみられる。 2023.01.26 12:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ストライカー探す浦和、元アルバニア代表FWに2.8億円のオファーも拒否される

浦和レッズが新たなストライカー獲得に動いていたようだが、オファーを断られたようだ。スペイン『La Verdad』が伝えた。 今冬の移籍市場でストライカー獲得を目指している浦和。セルティックのギリシャ代表FWギオルゴス・ギアクマキスの獲得に動いており、加入が近づいているとされていた中、一転してアメリカのメジャーリーグ・サッカー(MLS)への移籍が取り沙汰されている。 ギアクマキスはアトランタ・ユナイテッドへの移籍が近づいていると報じられている中、浦和は別のターゲットにオファーを出していた模様。それは元アルバニア代表FWアルマンド・サディク(31)だったとのことだ。 サディクはスイスのルガーノやチューリッヒ、ポーランドのレギア・ワルシャワ、スペインのレバンテ、マラが、ラス・パルマスなどでプレー。今シーズンからセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のカルタヘナでプレーしている。 ここまでセグンダ・ディビシオンで24試合に出場し7ゴールを記録しているサディクにはオファーが届いており、浦和もオファーを出していたとのこと。200万ユーロ(約2億8000万円)のオファーを出していたようだが、選手がこれを断ったとカルタヘナのパコ・ベルモンテ会長が明かした。 「後悔はしていない。実際に、市場が閉まる前にサディクに再びオファーが出ると思っている。ただ、問題は、サディクへのオファーを受け入れるかどうかだ」 「クラブだけでなく、サディクも考えている。200万、300万、2000万ユーロのオファーが来るかもしれない。選手が去りたくないのであれば、ここに留まることになる。私がオファーを受け入れ、サディクが去りたいのであれば、新たなストライカーが必要になるかもしれない」 「もしかしたら、日本からのオファーではない、本当のオファーが来るかもしれない。別のオファーが来る可能性もある」 浦和のオファーは本物だったようだが、結果として選手が拒否したとのこと。ストライカー探しはまだ時間がかかりそうだ。 2023.01.25 22:05 Wed
twitterfacebook
thumb

Jリーグにおける「ビッグクラブ」の意義は? 内田篤人「このチームでプレーしたいとなれば」と日本行きを望んだ仲間との会話から見解

Jリーグは25日、「Jリーグ30周年オープニングイベント」を開催。Jリーグ開幕から30周年を迎えるシーズンに向けてのトークイベントを実施した。 1993年5月15日に国立競技場で開催された「ヴェルディ川崎vs横浜マリノス」から数え、今年リーグ開幕30周年を迎えるJリーグ。その新シーズンを前に行われたイベントには、野々村芳和チェアマンの他、サッカー解説者の松木安太郎氏、OBの中村憲剛氏、槙野智章氏、内田篤人氏が登壇。また、女優や歌手として活躍する観月ありささんがゲストとして参加した。 トークセッションでは、テーマを分けてトーク。まずはJリーグの魅力について中村氏と内田氏がプレゼンした。 中村氏は「地域密着」を掲げ、「ピッチ上のパフォーマンスも当然ですが、Jリーグは60クラブありまして、ほぼ全国カバーしている状態です。Jリーグクラブで地域を盛り上げることが可能となっていて、社会連携活動と言われる「シャレン!」で地域の課題解決にクラブや選手が取り組むことで、お子さんにJリーガーに憧れてもらったり、お年寄りに活力を与えたりとか、そういったこと。ピッチでサッカーをやるだけで、地域のために活動していること。地域活性を含めて魅力だと思います」とコメント。全国に広がるJリーグクラブがその地域を活性化させる力が魅力だとした。 観月さんは「子供が頻繁に選手に会えたり、お年寄りがピッチに行かなくても街で会えるというのがあると身近に感じられると思うので、地域に密着することは良いと思います」と、Jリーグらしい魅力だとコメントした。 また内田氏は「安心と安全」を掲げ「日本は安心と安全です。僕はドイツに行っていましたが、発煙筒も飛びますし、警察が出てサポーターを会わせないようにしたりということがありましたが、Jリーグは子供からおじいちゃん、おばあちゃんまで来ていて、安全に家まで帰れるというのは本当に凄く大事なことで、魅力の1つだと思います」と日本の環境についてプレゼン。「試合だけじゃなく練習もいけますし、普段の姿や会話なども聞けるので魅力的なJリーグだと思います」とまとめた。 観月さんは「女性が1人で観に行っても安全に観られて、安全に帰れるというのはとても魅力だと思いますし、日本ならではの安全さだと思います」と、こちらも日本らしい魅力だとコメントした。 また、Jリーグの未来に向けたテーマとして「トップ層がナショナルコンテンツ、グローバルなコンテンツになってもらいたい」というものを掲げている中、日本にも「ビッグクラブ」と呼ばれるクラブを作っていきたいとした。 ドイツのブンデスリーガでプレー経験があり、「ビッグクラブ」とも対戦している内田氏は、「国に1つ、2つ大きなクラブがあることは大きいです。パリにはパリ・サンジェルマン、バイエルンはミュンヘン、レアルはマドリード。大きなクラブに付随して、大きなチームができやすいと思っています」とコメント。「日本であれば、東京や大阪などビッグクラブを作りやすい環境ではあると思うので、日本の1つのビッグクラブが世界に発信されるようになるといいなと」と、環境として日本の大きな都市に「ビッグクラブ」ができるのではないかと語った。 また、「シャルケでプレーしているときも、『ウッシー、日本でプレーしたいんだけど何か良いチームない?』というのはありましたが、どこのクラブでやりたいというのは彼らにはありませんでした。Jリーグにビッグクラブがあれば、『このチームでやりたいから、代理人紹介してくれ』などという話がしやすくなると、日本からビッグクラブを中心にJリーグが世界へと発信されるし、ヨーロッパ、世界からJリーグのこのチームでプレーしたいとなれば、実力のある選手ももっと来るようになると思います」と語り、ビッグクラブという存在はリーグ全体にとっても、対外的に良い影響を与えることになるとした。 さらに、地方の小さなクラブがビッグクラブから恩恵を受けることもあるとコメント。「バイエルンとやるときは自分の価値を高めるために一生懸命やりますし、プレシーズンではブンデスの1部が4部、5部のチームと練習試合をします。そうすると、その地域で凄くお客さんが入って、お金が落ちて集客が増えて、シーズンの開幕から応援してもらえる。ビッグクラブが地方に行って試合をするというのも1つの形かなと思います」と、「ビッグクラブ」の意義を語った。 一方で、近年はJリーグにも「ビッグプレーヤー」と呼ばれる選手がやって来てプレーをしている。スペインの名門・バルセロナで育ち、スペイン代表としてもワールドカップ(W杯)を優勝したMFアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)を始め、ドイツ代表でW杯を優勝したFWルーカス・ポドルスキ(元ヴィッセル神戸)や元スペイン代表のFWダビド・ビジャ(元ヴィッセル神戸)、同じく元スペイン代表のFWフェルナンド・トーレス(元サガン鳥栖)、W杯得点王の元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルラン(元セレッソ大阪)などがいた。 イニエスタとは実際にプレーした槙野氏は「Jリーグにはイニエスタ選手も、ポドルスキ選手、ビジャ選手、フォルラン選手など、ワールドカップで得点王になったり活躍した選手がJリーグにいたということを考えると、日頃の練習の強度が上がる。簡単なパスやコントロール、シュートを含めて、質を求められる環境があるというのはJリーグの良さ、そういった選手がもたらす影響だと思います」とコメント。「選手も彼らから教えてもらうこともありますが、メディカルや広報、強化に対しても良いプレッシャーが与えられているということも良いことなのかなと思います」と、プレー面、技術面だけでなく、クラブとしても大きな影響を受けるとコメントした。 観月さんはワールドクラスの選手がプレーすることについては「日本にいながらトップの選手のプレーが観られるのは、スタジアムに足を運ぶキッカケにはなるかなと思います」とコメント。ファンを増やすという点でも、魅力的だと語った。 2023.01.25 21:25 Wed
twitterfacebook
thumb

Jリーグの「2個パイセン」観月ありささんが30周年オープニングイベントに登場、体調不良の後輩・朝日奈央さんの代役「よっしゃ いこ!」

Jリーグは25日、「Jリーグ30周年オープニングイベント」を開催。Jリーグ開幕から30周年を迎えるシーズンに向けてのトークイベントを実施した。 1993年5月15日に国立競技場で開催された「ヴェルディ川崎vs横浜マリノス」から数え、今年リーグ開幕30周年を迎えるJリーグ。その新シーズンを前に行われたイベントには、野々村芳和チェアマンの他、サッカー解説者の松木安太郎氏、OBの中村憲剛氏、槙野智章氏、内田篤人氏が登壇した。 また、女優や歌手として活躍する観月ありささんがゲストとして登場した。 このイベントには朝日奈央さんが出席予定だったが、体調不良により欠席。その代役として登場することとなった。 観月さんは冒頭「今日本当は、朝日奈央ちゃんがこのイベントに参加する予定だったんですが、同じ事務所の後輩のためになるならと思いまして、私「よっしゃ いこ!」と思って来ました。楽しんで帰りたいと思います」とコメント。後輩のために頑張るとした。 観月さんは、1991年5月15日にシングル「伝説の少女」でデビューし、2021年にデビュー30周年を迎えており、Jリーグのちょうど2年先輩という立ち位置となる。 「5月15日という同じ日に開幕されたということで、勝手に縁を感じております。嬉しいと思います」 野々村チェアマンは「2個先輩ってことですね」と言えば、観月さんは「2個パイセンです」と答えていた。 またJリーグについては「スタジアムに観に行ったこともありますし、サッカー愛に溢れた友達も多くて、サッカー大好きな人が多いので、Jリーグはよく観させていただいています」とコメントした。 2023.01.25 20:45 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly