指揮官不在の湘南、決定機作るも決め手を欠き浦和とゴールレス【明治安田J1第30節】

2022.09.17 21:03 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
17日、明治安田生命J1リーグ第30節、湘南ベルマーレvs浦和レッズがレモンガススタジアム平塚で行われ、ゴールレスドローに終わった。

湘南は前節、残留を争う清水エスパルスとドローに終わった。山口智監督が新型コロナウイルス(Covid-19)の検査で陽性判定を受けたために、代わって高橋健二コーチが指揮を執り、清水戦で劇的な同点ヘッドを決めたウェリントンが5月14日以来の先発起用となった。

対する浦和は、水曜日にセレッソ大阪戦を戦い、中2日で今節を迎える。スタメンを7人入れ替え、キャスパー・ユンカーら、前線に外国籍トリオを並べた。
開始早々は浦和が勢いを持って入ったが、これをしのいだ湘南は最終ラインでのビルドアップから瀬川のヘディングまでつなげるなど、複数のフィニッシュシーンを見せる。

ボール保持の点では一日の長がある浦和も、次第にポゼッション率を高めて前進。伊藤、柴戸の両ボランチをケアされながらも徐々に湘南の守備ラインを下げていく。

湘南の右、浦和の左サイドでは一昨年のチームメイト、石原と馬渡がマッチアップ。左からのクロスに対し、馬渡が辛うじて難を逃れた場面や、ウェリントンを囮にしてフリーとなった石原がヘディングシュートを放つなどの攻防が繰り広げられた。

保持率とは裏腹にシュートチャンスのない浦和だが、裏へのシンプルなロングパスからユンカー、GK谷が弾いたボールにダヴィド・モーベルグと連続してのシュート。対する湘南は前半終了間際、浦和のパスミスからウェリントンがボックス左でのビッグチャンスを迎えたが、右足のシュートはバーを大きく越えた。

浦和は後半の頭からハーフタイムに伊藤を下げて岩尾を投入。ボールタッチの数を増やして攻撃のリズムを作ると、50分にはユンカーが反転から左足。直後には江坂のシュートが湘南ゴールを脅かす。

湘南も後出しで2枚替えを行うと、両ベンチともに動きが増し、湘南は71分に山田とのワンツーから阿部に決定機。だが、左ポケットからの左足は枠を捉えられず、直後のボックス手前左からの右足での巻いた一撃もGK西川の好セーブに遭った。

浦和も後半のアディショナルタイムに関根が単独突破からシュートに至るなど、互いに終盤までチャンスシーンを作ったものの、決め手を欠いた両チーム。ゴールレスドローで勝ち点「1」を分け合っている。

湘南ベルマーレ 0-0 浦和レッズ

関連ニュース
thumb

スケートボーダー・堀米雄斗さんやNMB48堀詩音さん、Jリーグが今季来場した豪華ゲスト陣を再紹介

横浜F・マリノスによる3年ぶりの5度目J1優勝から、Jリーグ初参戦となったいわきFCの大躍進など、J1からJ3まで様々なトピックであふれた今季のJリーグ。その中で公式インスタグラムはピッチ外でも会場を盛り上げた豪華ゲスト陣を改めて紹介した。 FC東京のホームゲーム、9月3日の第28節・横浜FM戦にスペシャルゲストとして来場したのはスケートボード・男子ストリートの堀米雄斗さん。当日デモンストレーションを披露しただけでなく、日本代表DF長友佑都との対談も行われた。 北海道コンサドーレ札幌のホームゲームを盛り上げたのはNMB48の堀詩音さんだ。再びの来場となった9月2日のセレッソ大阪戦では、コンサドールズとともにパフォーマンスを披露。札幌の熱狂的なサポーターでもある堀さんは、一ファンとしてJリーグアジアチャレンジが行われたタイ遠征にも赴いた。 そのほか、FC東京の国立競技場開催ではLittle Glee Monsterがミニライブを決行。女優でモデルも務める岡崎紗絵さんは、地元で名古屋グランパスのキックインセレモニーを行い、お見送り芸人しんいちさんは雪の舞うサンフレッチェ広島のホーム開幕戦で会場を温めた。 トップアスリートや芸能人以外にも、各クラブのレジェンドOBも登場。楢崎正剛氏、玉田圭司氏、永井雄一郎氏、都築龍太氏、加藤順大氏などが顔をそろえ、Jリーグウオッチャーの平畠啓史さんも登場した。 もちろんインスタグラムで紹介された方が以外にも多数のゲストがスタジアムに来場。来シーズンも様々な形でJリーグ、サッカー界を盛り上げてくれそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】堀米雄斗さんや堀詩音さん、岡崎紗絵さんなど、今季のJリーグを彩ったゲスト陣</span> <span data-other-div="movie"></span> 2022.12.08 19:55 Thu
twitterfacebook
thumb

名古屋、MF和泉竜司が鹿島から4年ぶりに復帰!「タイトルを獲って共に喜びたい」

名古屋グランパスは8日、鹿島アントラーズよりMF和泉竜司(29)を完全移籍で獲得したと発表した。 和泉は三重県出身で、市立船橋高校サッカー部3年生時に全国高校サッカー選手権大会で優勝を経験。決勝戦では2ゴールを記録した。 卒業後は明治大学に進学し、2016年に名古屋へと入団。4シーズンにわたって主力として活躍し、2020年に鹿島へと移籍していた。 鹿島では3年間でJ1リーグ80試合に出場し5得点。来季より4年ぶりの名古屋復帰となる。 和泉は名古屋の公式サイトを通じてコメントを発表した。 「お久しぶりです。このたび、鹿島アントラーズから移籍加入することになりました和泉竜司です。3年前、名古屋を離れることを決め、覚悟を持って鹿島に移籍しましたが、タイトルも獲れず納得の行く結果を出すことは出来ませんでした。そんな中、再びオファーをいただき嬉しさの反面、結果も出せていないのに名古屋に戻ってもいいのかととても悩みました」 「ただ僕の中でやっぱりグランパスは特別なクラブです。このクラブのために戦いたい、グランパスファミリーの皆さんに多くの勝利を届け、タイトルを獲って共に喜びたい。その想いは変わっていません」 「また皆さんの前でプレー出来ることを嬉しく思います。タイトル獲得のため、自分に出来ることは全てやります。グランパスファミリーで闘いましょう。あらためてよろしくお願いします」 2022.12.08 15:29 Thu
twitterfacebook
thumb

J1残留の福岡、古巣帰還のMF田中達也と契約更新

アビスパ福岡は8日、MF田中達也(30)と2023シーズンの契約を更新したことを発表した。 田中は福岡の育成組織出身で、九州産業大学在学中にはロアッソ熊本の特別指定選手としてJ出場を飾った。正式加入後のFC岐阜への期限付き移籍を含め、J2では95試合11得点を記録。2019年にはガンバ大阪へ加わり、自身初のJ1挑戦を果たした。 以降は大分トリニータ、浦和レッズを経て2022年に"古巣"福岡へ復帰。今季はリーグ戦、ルヴァンカップ、天皇杯を含めた32試合に出場し2得点をマークしていた。 2022.12.08 14:01 Thu
twitterfacebook
thumb

J1残留の京都、DFアピアタウィア久、MF荒木大吾と契約更新

京都サンガF.C.は8日、DFアピアタウィア久(24)、MF荒木大吾(28)との契約更新を発表した。 アピアタウィアは、流通経済大学から2021年にベガルタ仙台に入団。今シーズンから京都に完全移籍し、明治安田生命J1リーグで17試合、YBCルヴァンカップで5試合、天皇杯で2試合に出場していた。 荒木は柏レイソルの下部組織育ちで、青山学院大学へと進学。2016年にジュビロ磐田に入団すると、2020年から京都でプレーしている。 今シーズンはJ1で15試合、ルヴァンカップで7試合、天皇杯で3試合に出場した。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆DFアピアタウィア久 「夏以降怪我でなかなかプレーできず、チームが苦しい時に力になれず本当に申し訳ありませんでした」 「2023シーズン、京都サンガF.C.の勝利に貢献し、サポーターの方々と共にたくさんの喜びを分かち合えるよう全力で戦います。応援よろしくお願いします」 ◆MF荒木大吾 「今シーズンも応援ありがとうございました。2023シーズンは京都サンガF.C.をJ1で勝たせられる存在に、より進化した自分を魅せたいと思います!たくさんの勝利を掴み取りましょう!」 2022.12.08 13:10 Thu
twitterfacebook
thumb

広島のバンディエラ、MF青山敏弘が20年目のシーズンへ向け契約更新

サンフレッチェ広島は8日、元日本代表MF青山敏弘(36)との契約更新を発表した。 青山は岡山県出身で、作陽高校から2004年に広島に入団。クラブ一筋でここまでプレーを続けてきた。 チームのバンディエラとして、ここまでJ1通算436試合20得点、J2通算36試合4得点を記録。現在は日本代表を指揮する森保一監督の下で3度のJ1優勝を経験し、2015年にはJリーグMVPにも選ばれていた。 今シーズンは明治安田生命J1リーグで15試合、YBCルヴァンカップで8試合、天皇杯で2試合の出場に終わっていたが、チーム悲願のリーグカップ制覇に貢献していた。 2022.12.08 11:10 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly