名古屋、広島守護神の牙城を崩せずホームでドロー…創立30周年を白星で飾れず【明治安田J1第30節】

2022.09.17 20:55 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J1第30節、名古屋グランパスvsサンフレッチェ広島が17日に豊田スタジアムで行われ、0-0の引き分けに終わった。

この一戦が創設30周年の記念試合となる名古屋。ゴールレスドローに終わった先週松の神戸戦から14日に延期されていた川崎F戦も1-1で、現在は2戦連続で引き分けとなっている。

一方、8月以降公式戦8連勝中だった広島は前節、川崎相手に4-0の大敗を喫した。リーグ戦でも十数年ぶりの6連勝を阻まれ、逆転優勝はさらに厳しくなった。
それでもACL出場圏内となる3位より上の順位を目指す広島は、ルヴァンカップを含めて今季3連勝している名古屋に対し、立ち上がりから攻勢で試合を進めていく。ただ、パスの回転率は普段通り相手を上回るものの、肝心のシュートシーンがなかなか作れず。森島がミドルシュートを放つ場面があったが、相手に当たって決定機にはならなかった。

対する名古屋はボールを奪っては少ない手数で広島のゴールを脅かす。35分には永井、41分には森下、さらに43分には相馬と、立て続けにチャンスを迎えるが、ゴールには結びつかなかった。また、初スタメンの永木もシュートシーンを迎えたが、ボックス手前から放ったシュートは枠を捉えられなかった。

後半から広島は松本を下げて川村を投入。前半のシュート数が相手を下回っていた広島は、立ち上がりに佐々木のミドルシュートでリズムを作っていく。

しかし、後半は名古屋の流れに。まずは51分、敵陣左サイドでボールを奪い、相馬がドリブル突破からグラウンダーのクロスを供給。逆サイドから永木が飛び込んだが、ここは絶妙なタイミングで距離を詰めたGK大迫に軍配が上がる。

続く52分には、カウンターからロングボールを落ち着かせ、左サイドの仙頭がカットインから右足でミドルシュート。だが、これは枠に飛ばせなかった。

まだまだ攻勢が続く名古屋は64分に最大の決定機を迎える。永井が塩谷からボールを奪ってシュートへ。ここはGKに阻まれたが、こぼれ球を拾った森下にビッグチャンス。ボックス中央から冷静に流し込みにかかったが、驚異のリアクションを見せたGK大迫が再びのファインセーブ。広島守護神がこれでもかと立ちはだかる。

その後は互いに選手交代を行う中で、名古屋はレオ・シルバが65分の登場から11分後に宮原と交代。ケガをした様子もなく、戦術的な理由のようだ。

広島はドウグラス・ヴィエイラを下げてピエロスを投入。89分のカウンターで森島のクロスに飛び込み決定機を迎えたが、シュートは上手く合わせられず枠の外へ。

終盤にかけては広島に流れが傾きかけたが、両者共に最後までネットを揺らせず、0-0の痛み分けとなった。

名古屋 0-0 広島

関連ニュース
thumb

Jリーグが全国30地域・45都道府県でサッカー番組「KICK OFF」を4月から放送開始、地上波で同タイトル同コンセプトのオリジナル番組は初

Jリーグは31日、今年4月から30地域、45都道府県でサッカー番組を放送することを発表した。 Jリーグは各放送局と連携し、昨年10月から福島県、富山県、愛媛県、熊本県、鹿児島県の5地域でサッカー番組の放送を開始していたが、これを全国に広げることとした。 サッカー番組は全て「KICK OFF! 」というタイトルとなり、後ろに地域名などがつくという。 この番組では、全国各地域でサッカーの普及促進につなげるべく、サッカーをする子どもや、これからもっとサッカーに興味を持っていただきたい方々に向けて、各地域における少年少女年代のサッカー情報からJクラブの情報まで、各地域のサッカーに関する話題を幅広くお届けするという。 各地域でのサッカー番組開始は、「60クラブがそれぞれの地域で輝く」というJリーグの成長戦略実現に向けた第一歩。サッカー番組開始をきっかけに、各地域におけるサッカーならびにクラブの関心を向上、サッカーの普及促進、そして、各地域でクラブがより輝く存在にしていきたい、という想いが込められている。 また、系列を超えて30地域の民放地上波テレビ局が同タイトル同コンセプトでオリジナル番組を制作する初めての取組みとなる。 基本的には土曜日の午前中か日曜日の放送に。各地域によって時間帯は異なるという。 北海道:札幌テレビ放送「KICK OFF! HOKKAIDO」北海道コンサドーレ札幌 青森:青森朝日放送「KICK OFF! AOMORI」ヴァンラーレ八戸 岩手:岩手朝日テレビ「KICK OFF! IWATE」いわてグルージャ盛岡 宮城:東日本放送「KICK OFF! MIYAGI」ベガルタ仙台 秋田:秋田朝日放送「KICK OFF! AKITA」ブラウブリッツ秋田 山形:さくらんぼテレビ「KICK OFF! YAMAGATA」モンテディオ山形 福島:福島中央テレビ「KICK OFF! FUKUSHIMA」福島ユナイテッドFC、いわきFC 関東:TBSテレビ「KICK OFF! J」(日曜深夜0時放送のスポーツ番組『S☆1』内に新コーナーを設立)*2 山梨:山梨放送「KICK OFF! YAMANASHI」ヴァンフォーレ甲府 長野:テレビ信州「KICK OFF! SHINSHU」松本山雅FC、AC長野パルセイロ 新潟:NST新潟総合テレビ「KICK OFF! NIIGATA」アルビレックス新潟 富山:チューリップテレビ「KICK OFF! TOYAMA」カターレ富山 石川:北陸朝日放送「KICK OFF! ISHIKAWA」ツエーゲン金沢 静岡:静岡第一テレビ「KICK OFF! SHIZUOKA」清水エスパルス、ジュビロ磐田、藤枝MYFC、アスルクラロ沼津 愛知・岐阜:名古屋テレビ放送「KICK OFF! TOKAI」名古屋グランパス、FC岐阜 関西:毎日放送「KICK OFF! KANSAI」*3 鳥取・島根:日本海テレビジョン「KICK OFF! SANIN」ガイナーレ鳥取 岡山・香川:RSK山陽放送「KICK OFF! OKAYAMA・KAGAWA」ファジアーノ岡山、カマタマーレ讃岐 広島:広島ホームテレビ「KICK OFF! HIROSHIMA」サンフレッチェ広島 山口:山口朝日放送「KICK OFF! YAMAGUCHI」レノファ山口FC 徳島:四国放送「KICK OFF! TOKUSHIMA」徳島ヴォルティス 愛媛:南海放送「KICK OFF! EHIME」愛媛FC、FC今治 福岡:テレビ西日本「KICK OFF! FUKUOKA」アビスパ福岡、ギラヴァンツ北九州 佐賀:サガテレビ「KICK OFF! SAGA」サガン鳥栖 長崎:テレビ長崎「KICK OFF! NAGASAKI」V・ファーレン長崎 熊本:テレビ熊本「KICK OFF! KUMAMOTO」ロアッソ熊本 大分:大分放送「KICK OFF! OITA」大分トリニータ 宮崎:テレビ宮崎「KICK OFF! MIYAZAKI」テゲバジャーロ宮崎 鹿児島:鹿児島放送「KICK OFF! KAGOSHIMA」鹿児島ユナイテッドFC 沖縄:琉球放送「KICK OFF! OKINAWA」FC琉球 *2:鹿島アントラーズ・水戸ホーリーホック・栃木SC・ザスパクサツ群馬・浦和レッズ・大宮アルディージャ・ ジェフユナイテッド千葉・柏レイソル・FC東京・東京ヴェルディ・FC町田ゼルビア・川崎フロンターレ・横浜F・マリノス・横浜FC・Y.S.C.C.横浜・湘南ベルマーレ・SC相模原 *3:京都サンガF.C.・ガンバ大阪・セレッソ大阪・FC大阪ヴィッセル神戸・奈良クラブ 2023.01.31 19:50 Tue
twitterfacebook
thumb

Jリーグが新シーズンの分配金を決定! 成績に加えて人気も配分金に影響…今後はJ1がJ2の5〜6倍に移行予定

Jリーグは31日、理事会を開催。2023年度のクラブへの配分金を決定した。 これまでJリーグは均等配分金に重きを置いた構造となっていたが、30周年を迎え、新たな成長戦略として掲げる「2つの成長テーマ」を推進していくために競技成績やファン増加等の結果配分中心へシフト。また、それらの成果創出を後押しするため、J2、J3クラブも含めてフットボール強化とローカル露出拡大につながる施策投資原資へ振り向けることと決定した。 これまで、J1とJ2への配分金の比率は2倍程度だったが、J1が5〜6倍になるように段階的に変更していくという。 2023年度の主な変更点としては、「①均等配分金の総額見直し」、「②ファン指標配分金増額」、「③リーグ事業協力費の対象にJ3クラブを追加」という3点となる。 均等配分金に関しては、J1クラブには2億5000万円、J2クラブに1億円、J3クラブに2000万円となっている。これには、公衆送信権料のほか、Jクラブ支援費として配分しているアカデミー支援費などクラブ数に応じて均等に配分しているものが含まれている。 結果の配分として、リーグの賞金は2022シーズンと同額となり、J1の賞金総額は7億7000万円、J2は3500万円、J3は750万円となる。また、ACLサポート配分金として、2023年度にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場するクラブには1クラブ1億円を支給する。 また、人気面として、ファン指標配分金があり、総額13億4000万円をDAZNの視聴者数などで配分することとなる。 2020年度以降の順位に基づいて配分されていた理念強化配分金に関しては停止。2024年度は、2023シーズンの成績2に基づき、J1の1位から9位に総額約16億円、またDAZN視聴者数等の人気順位の1位から9位に総額約5億円を配分する。 ◆結果配分(競技) 1位:1年目ー2億5000万円、2年目ー2億5000万円 2位:1年目ー1億8000万円、2年目ー1億8000万円 3位:1年目ー1億5000万円、2年目ー7000万円 4位:1年目ー1億5000万円、2年目ーなし 5位:1年目ー1億2000万円、2年目ーなし 6位:1年目ー9000万円、2年目ーなし 7位:1年目ー7000万円、2年目ーなし 8位:1年目ー6000万円、2年目ーなし 9位:1年目ー5000万円、2年目ーなし ◆結果配分(人気) 1位:1億7000万円 2位:1億2000万円 3位:7000万円 4位:5000万円 5位:4000万円 6位:3000万円 7位:2500万円 8位:2000万円 9位:1500万円 2023.01.31 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

海外移籍を目指したDF岩波拓也が浦和に合流、カタールクラブへの移籍は破談と報道

浦和レッズは31日、DF岩波拓也がチームに合流することを発表した。 岩波は11日、海外移籍交渉のために新シーズンに向けたトレーニングキャンプの不参加が発表。海外移籍を目指していた。 カタールのアル・サッドへの移籍が噂され、交渉が進んでいたと見られたが一転して移籍はなし。2月1日からチームに合流することとなった。 すでに沖縄でのトレーニングキャンプは終了した他、チームはボデ/グリムトからDFマリウス・ホイブラーテン(27)を獲得。岩波を含めて、センターバックが非常に多い編成となっている。 岩波は、ヴィッセル神戸から2018年に浦和に加入。加入後、チームの最終ラインを支える活躍を見せ、2022シーズンは明治安田生命J1リーグで31試合に出場し3得点を記録通算でもJ1で138試合7得点を記録していた。 2023.01.31 17:08 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FM退団のDF池田航が関東2部のエスペランサSCへ移籍

横浜F・マリノスは31日、DF池田航(21)がエスペランサSCへ完全移籍することを発表した。 池田は横浜FMの下部組織育ちで、プライマリー追浜からジュニアユース追浜、ユースと昇格。2020年にトップチームに昇格していた。 1年目の途中からSC相模原へ育成型期限付き移籍すると、2021年はカマタマーレ讃岐へ、2022シーズンは7月にJFLのFCマルヤス岡崎へ育成型期限付き移籍していた。 横浜FMでは試合の出番はなく、Jリーグでは讃岐時代にJ3で2試合に出場したのみ。岡崎ではJFLで7試合に出場していた。 池田はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズン共に闘わせてもらう事になりました池田航です。個人として成長と経験をこのチームでしていきたいと思います。そしてチームを昇格という目標に向かって頑張ります!エスペランサファミリーの皆さん1年間よろしくお願いします」 エスペランサSCは2022シーズンは関東サッカーリーグ1部を戦っていたが最下位で終了。2023シーズンは2部に降格することが決定している。 2023.01.31 12:15 Tue
twitterfacebook
thumb

京都がDF飯田貴敬の契約更新を発表「成長するには必要な1年だった」

京都サンガF.C.は31日、DF飯田貴敬(28)との契約更新を発表した。 飯田は茨城県出身で、野洲高校、専修大学へと進学し、2017年に清水エスパルスへと入団。2020年から京都でプレーしている。 2022シーズンは3年ぶりのJ1の舞台となった中、6試合に出場。YBCルヴァンカップで5試合、天皇杯で2試合に出場していた。 飯田はクラブを通じてコメントしている。 「今年も京都サンガF.C.でプレーさせていただきます。早いもので、京都に来て4年目のシーズンが始まります」 「昨年は自分のサッカー人生において、貴重な1年でした。色々ありましたが全て経験となり、成長するには必要な1年だったと感じてます。今シーズンもよろしくお願いします!」 2023.01.31 10:10 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly