名産ビールを無料で振る舞う! コペンハーゲンがCLセビージャ戦でアウェイサポーターをおもてなし

2022.09.15 23:37 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
14日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のコペンハーゲンvsセビージャでホームクラブからアウェイサポーターへの素晴らしいおもてなしが話題を集めている。今季のCLグループステージでマンチェスター・シティ、ドルトムントと同じグループGに属する両クラブは、いずれも強豪2チームに対して開幕戦を大敗していた。

そういった中、初勝利を懸けた今界の一戦では地力で勝るセビージャが優勢に試合を運んだものの、いずれも決定機をあまり作れないクローズな展開に。結局、0-0のドローで勝ち点1を分け合う形となった。
今季ここまで苦しい戦いが続いているうえ、強豪とは言えないコペンハーゲンとの対戦ということもあり、今回の一戦ではアウェイスタンドはやや空席が目立ったが、それでも現地でチームをサポートした熱狂的なセビジスタには思わぬプレゼントが待っていた。

試合前にコペンハーゲンの多くのスチュワードがアウェイスタンドに現れると、その手には同地の名産としても知られるビールを載せたトレイが…。

当初、多くのスチュワードの登場にセビジスタは事態を把握していなかったようだが、スチュワードからビールの無料配布との説明がなされると、多くのサポーターが笑顔と感謝の言葉を伝えながら受け取り、最終的にはチャントを歌いながら乾杯の音頭が取られた。

その後の試合内容はさておきホームクラブからの素晴らしいおもてなしを受けたセビジスタは、ほっこりとした気持ちでスタジアムを後にすることになった。

なお、今回のコペンハーゲンのおもてなしを受け、10月25日にサンチェス・ピスフアンで行われるリターンマッチでは、コペンハーゲンのアウェイサポーターに対して、同地名産のワインやシェリー酒が振る舞われる可能性もありそうだ。

1 2

関連ニュース
thumb

「世界一ほっこりする宣戦布告」ブラジル代表FWからモドリッチへ、W杯準々決勝で当たる両者が心温まる掛け合い

互いを慕う両国代表選手のやり取りが脚光を浴びている。 9日、カタール・ワールドカップ(W杯)の準々決勝、クロアチア代表vsブラジル代表がエデュケーションスタジアムで行われる。 ヨーロッパの主要リーグに在籍する選手を多数擁する両チーム。レアル・マドリーからはクロアチアのルカ・モドリッチ、ブラジルのエデル・ミリトン、ヴィニシウス・ジュニオール、ロドリゴ・ゴエスが選出されている。 その中でロドリゴ(21)がラウンド16後にモドリッチ(37)へメッセージ。「W杯で会いましょう、パパ!」と、マドリーで自身がモドリッチに祝福されている写真を、、ハートの絵文字付きで投稿した。 代表の命運を懸けての一戦を前に「世界一ほっこりする宣戦布告」をしたロドリゴ。ファンからは「明日はパパと息子が対戦。とてもエキサイティング」、「とてもかわいい」、「親子対決になるのかあ、切ないなあ」との声が上がり、モドリッチ自身もハートで返信をした。 マドリーも一連のやり取りを引用し、「父のように、息子のように。マドリーが団結したこと、誰も分断しないこと...#FIFAワールドカップ」と紹介。「たくさんの愛が関係しています」、「私の子供たちはなんて美しいのでしょう」、「素晴らしいすべてのファミリー」と両者やクラブに温かいコメントが届いている。 前回大会は準優勝、初の頂点を目指すクロアチアか。歴代最多5度の優勝を誇り、2002年の日韓大会以来となる王座奪還を狙うブラジルか。運命のキックオフは24時となっている。 <span class="paragraph-title">【写真】モドリッチへ「世界一ほっこりする宣戦布告」をしたロドリゴ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">See you PAPA <a href="https://twitter.com/lukamodric10?ref_src=twsrc%5Etfw">@lukamodric10</a><a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> <a href="https://t.co/JKkYBslf7z">pic.twitter.com/JKkYBslf7z</a></p>&mdash; Rodrygo Goes (@RodrygoGoes) <a href="https://twitter.com/RodrygoGoes/status/1600176633024897024?ref_src=twsrc%5Etfw">December 6, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.09 21:10 Fri
twitterfacebook
thumb

まるで地下都市!大規模改修中のマドリー本拠地、ピッチ格納庫の様子を公開

冒険心をくすぐられそうだ。 レアル・マドリーの本拠地、サンティアゴ・ベルナベウは現在大規模な改修中。2019年6月からスタートし、新型コロナウイルス(Covid-19)の影響で一時はストップしたものの、現在もワールドカップ(W杯)によるラ・リーガ中断期間を利用して着々と工事が進められている。 開閉式天井の建設やイベント利用を可能にするためピッチを格納式にするなど大規模事業が進行中。プロジェクションマッピングの投影に対応した外壁新設も行われる。 マドリーは8日に改修中のスタジアムを公開。一段と目を惹くのは、ピッチを格納するための地下空間だろう。 「サンティアゴ・ベルナベウの深淵に入り、芝生がどのように保存されるかを見てみよう!」と紹介された地下は芝生維持のために温室となる予定で、巨大な空間が広がっている。深さも5階分以上はあると思われ、巨大クレーンが稼働する様子を含めて『ESPN』は「まるで地下都市だ」と表現している。 スケールの大きさにファンからも「最高のホーム」、 「史上最高のスタジアム」、「ホームスイートホーム」、「ああ、我が家が恋しい」、「世界最高のクラブには、最高のスタジアムが必要です」などの声が寄せられている。 進化を遂げるスタジアム。竣工時期は2023年上半期を予定している。 <span class="paragraph-title">【動画】巨大空間が広がるサンティアゴ・ベルナベウの地下、ピッチが格納される予定だ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/Cl4c1w5ItAH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/Cl4c1w5ItAH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/Cl4c1w5ItAH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Real Madrid C.F.(@realmadrid)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】新サンティアゴ・ベルナベウの完成イメージ</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="muGyJEu12A8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.12.09 20:58 Fri
twitterfacebook
thumb

カタールW杯でも活躍の霜降り明星・せいやが闘莉王との2ショット披露!闘莉王のYouTubeでサッカーを勉強

お笑いコンビ・霜降り明星のせいやがツイッターを更新。元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏との2ショットを披露した。 学生時代にはサッカー部に所属し、カタール・ワールドカップ(W杯)の「ABEMA FIFA ワールドカップ サポーターイレブン」にも選ばれたせいや。カタールまで足を運んで日本代表戦を観戦すると、青の柔道着に日の丸のハチマキ、さらにはフェイスペイントという個性的な格好がウケたのか、カタール『アル・ジャジーラ』の取材を受けた、新聞にも掲載されるなど爪痕を残した。 一方、自身のYouTubeチャンネルや「ABEMA」での解説で活躍している闘莉王氏。せいやは以前、闘莉王氏のYouTubeチャンネルでサッカーを勉強していると明かしていた。 「ABEMA」の番組でも共演するなど、様々な角度から今回のW杯を盛り上げている2人だが、「やっと闘莉王さんと呑めたよー!サッカー界の話めっちゃ聞きました」と酒を酌み交わしたとのこと。やはり話題はサッカーのことが多かったようだ。 やや顔が赤くなっている2人の姿にはファンが「羨ましいです」、「代弁者せいやがついにご本人さんと」、「是非ラジオで」と反応。また、互いのYouTubeチャンネルでのコラボを望む声もあがっていた。 <span class="paragraph-title">【写真】霜降り明星・せいやが闘莉王と飲み会で2ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">やっと闘莉王さんと呑めたよー!<br>サッカー界の話めっちゃ聞きました <a href="https://t.co/WeQgF5aEGs">pic.twitter.com/WeQgF5aEGs</a></p>&mdash; 霜降り明星 せいや (@simofuriseiyam) <a href="https://twitter.com/simofuriseiyam/status/1600786263375634432?ref_src=twsrc%5Etfw">December 8, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.09 19:35 Fri
twitterfacebook
thumb

「あれで足速くなるんすか?」日本のスピードスター・伊東純也、吉田と南野のトレーニングに興味津々も痛烈なツッコミ「説得力が…笑」

日本サッカー協会(JFA)のTeam Camが9日に公開。カタール・ワールドカップ(W杯)に臨んだ日本代表のクロアチア代表戦の舞台裏が明らかになった。 クロアチア戦前日のトレーニングの様子も公開されており、大一番を前に最後の調整を行う選手たち。チーム練習が終わった後も各自それぞれのペースで調整していた。 南野拓実と相馬勇紀は、キャプテンの吉田麻也が行っていた、走る際のフォームを強く意識した独自のトレーニングに参加。吉田は以前から陸上で1992年のバルセロナ・オリンピックにも出場した杉本龍勇氏に師事。恐らくそこで教わったメニューだろう。 見慣れないメニューに上田綺世ら周囲も興味を示す中、横で見ていた伊東純也が「あれで足速くなるんすか?」と一言。日本が誇るスピードスターからのコメントに吉田は一瞬固まったが、やや間を空けてから「なる!」と断言した。 伊東はこのメニューを取り入れていなかったようで「やろ」と決意したが、そんな伊東に向かって南野と吉田が「(3人)全員速いから」、「全員見ろ」と冗談交じりに自慢。伊東は思わず「説得力が1名しかない」と笑っていた。 伊東がさらなるスピードを得るとなればいよいよ手が付けられなくなりそうだが、吉田のトレーニングを採用するのだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】吉田たちの独特なスピードトレーニング&それを見守る伊東純也との痛快なやり取り</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="A3aXV-4kGXs";var video_start = 455;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.12.09 18:35 Fri
twitterfacebook
thumb

「似合い過ぎ?」小野伸二のカタール民族衣装姿にファンも激しく賛同!「一瞬現地の方かと」「違和感ない」

北海道コンサドーレ札幌の元日本代表MF小野伸二が、解説したカタール・ワールドカップ(W杯)での出来事を振り返った。 フジテレビ系列で日本代表のグループステージ最終節スペイン代表戦とラウンド16のクロアチア代表戦の解説を務めた小野。クロアチア戦後には、「悔しい」とPK戦での敗退に悔しさを露わにする場面もあった。 そんな小野だが、取材以外ではカタールを満喫できたようだ。自身のインスタグラムで「カタールでの色々」と題し、地下鉄に乗っている様子やジムでのトレーニング風景などを振り返った。 さらに「試合以外で初めて来たので空き時間に色んな所が見れました 地元の民族衣装は似合い過ぎ??」とW杯の中継でもよく見るカタールの男性が被る帽子を着用し笑顔を見せる姿もあった。 その姿には「一瞬現地の方かと」、「民族衣装似合い過ぎです」、「カタールに馴染んでますね」、「違和感ない」とファンも同じ意見のようだ。 最後に小野は、「トレーニングも毎日出来ましたし、日本代表戦含め良い試合を沢山観れてイメージトレーニングもバッチリ」としっかり選手としても充実の日々を送れたことを報告している。 <span class="paragraph-title">【写真】本人もファンも「似合い過ぎ!」小野伸二の民族衣装姿</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cl6HQyFB3Xu/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cl6HQyFB3Xu/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cl6HQyFB3Xu/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">小野伸二 / shinji ono(@shinjiono7)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.12.09 17:35 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly