エドゥアルドの初ゴールにエウベルの芸術ループ! 横浜FMが京都退け3連勝【明治安田J1第26節】

2022.09.14 21:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第26節、京都サンガFCvs横浜F・マリノスが14日にサンガスタジアムで行われ、1-2で横浜FMが勝利した。

アジアチャンピオンズリーグとの兼ね合いで先延ばしとなっていた一戦。京都は前節、4位の鹿島相手にドローを演じ、天皇杯を含めると公式戦ここ3試合で2勝1分け。9月に入って無敗を維持している。

一方の横浜FMは、前節は福岡から辛勝ながら白星を奪い、7日に行われた湘南戦から2連勝とした。ただ、その福岡戦では西村が負傷し、全治最大6週間の離脱に。逃げ切り優勝に向けて、やや影を落とすことになった。
[4-2-3-1]に近い形で前線にマルコス・ジュニオールやアンデルソン・ロペス、エウベルを並べた横浜FMに対し、[4-3-3]の布陣を採用した京都が積極的にプレスをかけて主導権を掴みにかかる立ち上がりに。

すると4分から5分にかけて、京都が立て続けにシュートシーンを演出。14分にも川崎がミドルシュートを狙うなど、首位相手に攻勢を保つ。

一方、自慢のパスワークや連動した攻撃が鳴りを潜めるトリコロールは、13分にマルコス・ジュニオールのスルーパスから仲川が抜け出すが、ここは相手の最終ラインに対処されフィニッシュまで持ち込めず。それでも17分に相手のバイタルエリアを突いた仲川のお膳立てからエウベルがシュート。決定機だったが枠に飛ばすことはできなかった。

そんな中、20分に京都にもビッグチャンス。右サイドから上げたクロスがボックス左に流れると、ワンタッチでゴール前に送った横パスを福岡がシュート。しかし、ここはGK高丘の好セーブに阻まれた。

だが、横浜FMもピンチの後にはチャンスあり。23分に速攻から右サイドの仲川に展開し、仲川は早いタイミングで中央へパス。ボックス手前でアンデルソン・ロペスのトラップが大きくなったところをエウベルが拾い、そのままシュートを放つも、こちらもGK上福元にセーブされた。

それでも直後の25分、敵陣左サイドでFKを獲得した横浜FMは、永戸が左足で上げたクロスをエドゥアルドがフリーでヘディングシュート。これがゴール右に決まり、先制に成功した。エドゥアルドはこれが移籍後初ゴールとなった。

この得点を機に流れは横浜FMに傾いていく。次々とアタッキングサードまで侵入し、ゴールに迫っていく中で、38分にはマルコス・ジュニオールのミドルシュートがGKを強襲。対する京都も45分にゴールチャンスを迎えるが、前半はアウェイチームの1点リードで折り返すことになった。

後半から横浜FMはアンデルソン・ロペスを下げてレオ・セアラを投入。これで前線のパス回転率が上がると50分、攻め込んでいた中でクロスがGKに跳ね返されたところをボックス左のエウベルがダイレクトでループシュート。これが見事な軌道を描きながらゴールに吸い込まれていった。

この失点を受けて京都はウタカやパウリ―ニョらを次々と投入。70分までにすべての交代枠を使い切り勝負に出る。すると、途中出場となった萩原のクロスから福岡がヘディングシュート。京都にとってここまで最大の決定機だったが、惜しくも枠を捉えることができなかった。

一方、余裕の出来た横浜FMは前線の選手を交代でリフレッシュさせながらプレスの強度を維持。京都に攻撃の隙を与えず、時計の針を進めていく。

だが、粘り強く攻撃を続ける京都は87分、左CKで井上がヘディングシュートを放つと、GK高丘のビッグセーブに遭うものの、セカンドボールをボックス右から金子が蹴り込んで得点。これで1点差となった。

しかし、トリコロールは動揺することなく、その後も冷静な試合運びで逃げ切りに成功。リーグ戦3連勝で首位を守っている。

京都 1-2 横浜FM
【京都】
金子大毅(後42)
【横浜FM】
エドゥアルド(前25)
エウベル(後5)

関連ニュース
thumb

FC東京がエンリケ・トレヴィザンと来季契約合意 移籍1年目の今季はケガに泣く

FC東京は3日、DFエンリケ・トレヴィザン(25)と2023シーズンの契約に合意した旨を発表した。 エンリケ・トレヴィザンは2021年の大分トリニータ入りでJリーグ初挑戦。今季からFC東京に活躍の場を移したが、4月末の試合で左肩関節脱臼のケガを負い、公式戦9試合にとどまった。 今年7月に治療による一時帰国がリリースされ、結局はシーズンの大半を棒に振ったが、来季もFC東京でプレーする運びに。契約更新を受け、クラブ公式サイトで決意を新たにしている。 「2023シーズンもFC東京でプレーできることをとても嬉しく思います。ケガにより2022シーズンは難しいシーズンとなりましたが、この困難な状況を支えてくださったクラブ、スタッフ、ファン・サポーターのみなさんには感謝しきれません。みなさんにもっと信頼をしていただけるように努力を積み重ね、チームの勝利に貢献できるように精一杯頑張ります。応援よろしくお願いします」 2022.12.03 13:15 Sat
twitterfacebook
thumb

福岡GK山ノ井拓己が契約更新

アビスパ福岡は3日、GK山ノ井拓己(24)と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 ジェフユナイテッド千葉U-15出身の山ノ井は静岡学園高校を挟み、2017年から福岡でプレーしている。 入団6年目の今季も出番が限られ、ルヴァンカップの3試合にとどまったが、1年間の出場数としてはキャリア最多だった。 2022.12.03 12:45 Sat
twitterfacebook
thumb

2年修行が続いた松本大弥、来季から広島復帰! 金沢での今季はJ2リーグ8得点

サンフレッチェ広島は3日、MF松本大弥(22)の来季復帰決定を発表した。 広島アカデミー卒の松本は2種登録を経験して、2019年に正式昇格。2021年から武者修行に出て、大宮アルディージャに続き、今季からツエーゲン金沢でプレーした。 その金沢ではケガによる戦線離脱もあったが、公式戦35試合に出場。明治安田生命J2リーグでは34試合出場でチーム2位の8ゴールと活躍した。 3年ぶりの広島復帰となる松本はクラブを通じてサンフレッチェ・ファミリーの皆さん、ただいま!」と復帰を報告。そして、喜びと決意を語った。 「2年間の期限付き移籍を経て、もう一度広島に帰ってくることができました。また素晴らしいチームの一員として戦えることを嬉しく思います。決して順風満帆な2年間ではありませんでしたが、この2年間でさまざまな経験もできました」 「この経験を生かしつつ、サンフレッチェ広島に新たな風を吹かせられるように全力で頑張りたいと思います。ファミリーの皆さんにエディオンスタジアム広島で会えることを楽しみにしています!」 一方、金沢の公式サイトを通じては「この度サンフレッチェ広島に復帰することになりました」と退団の挨拶とともに、感謝の言葉を綴っている。 「1年間という短い間でしたが本当に金沢が大好きになりました。もっともっとこの街に住みたい、金沢に貢献したいという思いが強くなりました。 しかし今回このような決断をしたのは今後の自分のサッカー人生を考え、また新しい場所でチャレンジしたい、厳しい環境でチャレンジしたいという思いが強かったからです」 「来シーズン金沢でプレーすることはできませんが、金沢のサポーターの皆さんに自分が活躍する姿を見せることが最大の恩返しだと思ってます! 引き続き応援してもらえると幸いです! 本当に1年間温かい応援ありがとうございました! 今後のツエーゲン金沢の躍進を願っています。ゲンゾーまたね!!」 2022.12.03 11:15 Sat
twitterfacebook
thumb

京都10番、アカデミー卒の福岡慎平が契約更新! 「2023シーズンもタフに自分らしく貪欲に」

京都サンガF.C.は3日、MF福岡慎平(22)と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 京都のアカデミー卒である福岡は2種登録も経験して、2019年に正式昇格。アンダー世代の日本代表歴も持つヤングタレントで、2年目から一気にポジションを掴み、チームがJ1昇格を果たした今季から背番号を10番に変更した。 自身にとっては初挑戦のJ1リーグだったが、インサイドハーフやアンカーで28試合に出場。そのほか、ルヴァンカップ7試合出場1得点、天皇杯4試合出場、J1参入プレーオフ1試合出場の数字をマークした。 契約更新を受けて、クラブ公式サイトで「今シーズンも熱い声援ありがとうございました!」と今季を通じてのサポートに感謝しつつ、来季に向けて決意を新たにしている。 「来季もこの素晴らしいクラブでプレーできることを誇りに思います。2023シーズンもタフに自分らしく貪欲にプレーして、このクラブにタイトルをもたらせるよう日々成長していきます!」 2022.12.03 10:05 Sat
twitterfacebook
thumb

ルヴァン杯王者の広島、野上結貴が名古屋に完全移籍 「また新しい場所で期待と覚悟を持ってチャレンジ」

名古屋グランパスは2日、サンフレッチェ広島からDF野上結貴(31)の完全移籍加入を発表した。 野上は桐蔭横浜大学から横浜FCで入団後、4年半が経った2016年夏にサンフレッチェ広島に完全移籍。移籍2年目から毎シーズンの明治安田生命J1リーグで20試合以上の出場数を記録と主力センターバックに定着した。 今季はミヒャエル・スキッベ新監督の下、センターバックだけでなく、ウイングバックやボランチもこなしてみせ、チームのルヴァンカップ優勝などの躍進に貢献。J1リーグでは25試合に出場して1ゴールだった。 名古屋の公式ウェブサイトを通じて「サンフレッチェ広島から移籍してきました。野上結貴です」と挨拶とともに意気込みを語っている。 「早くチームに馴れ、名古屋グランパスに貢献したいですし、ファミリーの皆さんに"加入してくれて良かった"と思ってもらえるよう、日々のトレーニングから頑張ります。よろしくお願いします」 一方、広島の公式サイトでは「このたび、名古屋グランパスに移籍することを決断しました。皆さんの前で報告できず、申し訳ないです」と語り、思い出にふけながら、感謝の言葉を綴った。 「広島にきて6年半のことを振り返ると色々なことを思い出します。優勝カップを手にしたく、この広島を選び、期待と覚悟を持って来ました。見知らぬ土地、知り合いもいない最初の年に一気に白髪だらけになったこと」 「森﨑兄弟からのメッセージの入った手紙付きのパスに驚かされたこと。 残留争い、優勝争い。そして今年、ルヴァンカップを獲った10月22日(土)のことは一生忘れることはないです」 「書きたいこと、伝えたいことがあり過ぎて…。時間が経つにつれ、人見知りの僕が広島のチームの雰囲気の良さ、広島の人の優しさ、温かさに触れ、馴染むことができ、家族みんなが大好きな場所となりました」 「このチームはここ数年の苦しい時期を乗り越え、これから新スタジアムに向けて最高の監督、スタッフ、メディカル、尊敬するベテラン、期待の若手、そして素晴らしいファミリー達と共に飛躍していくと思います。そんなサンフレッチェを応援しています。不安は僕がいない柴﨑軍団くらいですね(笑)」 「僕はまた新しい場所で期待と覚悟を持ってチャレンジする決断をしました。変わらず応援していただけると嬉しいです。長くなりましたが、本当にありがとうございました。ガミ」 2022.12.02 15:15 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly