湘南の山口智監督がコロナ感染、浦和戦不在に

2022.09.13 19:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
湘南ベルマーレは13日、山口智監督が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたことを報告した。

これにより、17日に予定されている明治安田生命J1リーグ第30節の浦和レッズ戦は不在となる。

また、スタッフ2名の感染も確認されているが、クラブは「その他の選手・スタッフに関しましては、クラブで実施したPCR検査の陰性確認のもと、活動をしております」と伝えている。

関連ニュース
thumb

湘南、立正大DF吉田新の来季加入内定を発表! 「湘南を代表するような選手に」

湘南ベルマーレは1日、立正大学からDF吉田新(22)の来季加入内定を発表した。 千葉県出身の吉田はジュニアユース時代から柏レイソルの下部組織に所属。トップチームに昇格せず、2019年に立正大学へ進学した。 クラブは選手の特徴として「左足から繰り出される高い精度のキックが武器。また運動量が豊富で攻守においてタフに戦える選手」と紹介している。 来季からプロキャリアをスタートさせることになった吉田はクラブを通じて関係者への感謝を語りつつ、夢の実現を喜んだ。 「この度、2023年シーズンから湘南ベルマーレに加入することになりました吉田新です。プロサッカー選手は幼い頃からの夢であり、湘南ベルマーレという歴史と伝統のある素晴らしいクラブでプロのキャリアをスタートできることを大変嬉しく思います」 「いつも支えて下さった指導者の方々、また両親、仲間には感謝の気持ちでいっぱいです。特に祖父には小さい頃からサッカーの練習の送迎をしてもらい、いつも励ましてもらっていました。今も87歳でゴルフをしている姿には勇気づけられています。その祖父に、湘南のピッチに立つ姿を見せ笑顔を届けるためにも、精一杯努力し、湘南を代表するような選手になれるよう頑張ります」 「自分は左足のキックを武器としているのでその技術を活かしてベルマーレの力となり、サポーターの皆さまと勝利のダンスを踊りたいです。ファン・サポーターの皆さま、応援よろしくお願いします」 2022.12.01 11:42 Thu
twitterfacebook
thumb

湘南が鹿島からDF杉岡大暉を完全移籍で獲得、昨季途中から期限付きでプレー「タイトル争いのできるチームにしたい」

湘南ベルマーレは30日、鹿島アントラーズのDF杉岡大暉(23)を完全移籍で獲得することを発表した。 杉岡はFC東京U-15深川から市立船橋高校へと進学。2017年に湘南へと入団した。 プロ1年目から出場機会を得てレギュラーに定着。2020年に鹿島に完全移籍するも、出場機会を得られず、2021年途中から湘南に期限付き移籍で復帰。今シーズンは明治安田生命J1リーグで29試合、YBCルヴァンカップで6試合1得点、天皇杯で1試合に出場した。 杉岡は両クラブを通じてコメントしている。 ◆湘南ベルマーレ 「この度、湘南ベルマーレに完全移籍することになりました。一度チームを離れたなかでも常に気にかけてくれチャンスを与えてくださったベルマーレに感謝しています」 「高卒から育てていただいたこのチームをリーグ、カップ戦を問わずタイトル争いのできるチームにしたいという強い覚悟をもって決断しました。そのために自分の持ってる力を全身全霊かけて戦います。改めてよろしくお願いします!!」 ◆鹿島アントラーズ 「このたび、湘南ベルマーレに完全移籍することになりました。アントラーズでの一年半がなければ今の自分はいません。そう思えるほど自分にとって濃く刺激的な日々でした。アントラーズでの経験を活かして今後も頑張ります。短い間でしたがありがとうございました」 2022.11.30 17:38 Wed
twitterfacebook
thumb

湘南、名古屋からレンタルの阿部浩之が改めて完全移籍加入! 「もっと上の順位に導けるように」

湘南ベルマーレは30日、MF阿部浩之(33)の完全移籍移行を発表した。 阿部は関西学院大学を卒業後、ガンバ大阪、川崎フロンターレ、名古屋グランパスでプレー。行く先々でタイトル獲得を経験し、今年7月に名古屋からのレンタルで湘南に活躍の場を移した。 その湘南では明治安田生命J1リーグ13試合に出場して3ゴールを決め、チームのJ1残留に貢献。来季から湘南に改めて完全移籍を果たすアタッカーはクラブを通じて決意を新たにしている。 「名古屋グランパスから完全移籍することになりました。来シーズンは今年のチームの目標だった5位以内を実現させられるように、さらにもっと上の順位に導けるように頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」 一方、名古屋を通じては「湘南ベルマーレに完全移籍することになりました。満員の豊田スタジアムで自分のチャントを聞けなかったことが心残りです。2年半ありがとうございました」とコメントした。 2022.11.30 14:25 Wed
twitterfacebook
thumb

川崎F、湘南FW瀬川祐輔が完全移籍加入! 「タイトルを獲りに来ました」

川崎フロンターレは29日、湘南ベルマーレからFW瀬川祐輔(28)の完全移籍加入を発表した。 瀬川は2016年に明治大学からザスパクサツ群馬でプロの門を叩き、1年目からJ2リーグで13得点を記録。2017年から大宮アルディージャに移り、2018年から柏レイソルで4年間を過ごした。 そして、今年からは湘南に活躍の場を移し、J1リーグではチーム最多の32試合に出場。複数のポジションをこなせるアタッカーで、攻守のハードワークも生かしつつ、公式戦4ゴールを決めた。 来季から川崎FでプレーするJ1リーグ通算110試合18得点の28歳は川崎Fの公式ウェブサイトを通じて意気込みを語っている。 「湘南ベルマーレから加入することになりました瀬川祐輔です。小学生の頃から身近に感じていたクラブでプレーできることに喜びを感じています。タイトルを獲りに来ました。フロンターレがもっともっと強くなるように、自分の持っている力を全て出します。よろしくお願いします!!」 一方、湘南を通じてはわずか1年の在籍ながら、充実した日々だったと振り返り、移籍を決断した経緯とともに、感謝の言葉を綴った。 「自分のキャリアの中でも、とても充実したシーズンを過ごすことができ、サッカーの楽しさを改めて感じることができました。また、サッカー選手としての成長を大きく感じた一年でもありました。一年間、ありがとうございました」 「今年は、覚悟を持って湘南ベルマーレに移籍してきました。チームの目標には到達できませんでしたし、個人的な結果も残せなかったと思っています」 「しかし、オファーをいただき、自分の夢から逆算してたくさんのことを考え抜いた結果、今年以上の大きな覚悟と野心を持ってチャレンジしたい、もっともっと成長できると思い、この決断をしました。ホーム最終戦のあの雰囲気、一生忘れません! 本当にありがとうございました!」 2022.11.29 15:20 Tue
twitterfacebook
thumb

湘南、G大阪MF小野瀬が完全移籍加入 山口監督との共闘再び

湘南ベルマーレは25日、ガンバ大阪からMF小野瀬康介(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。 横浜FCの育成組織出身の小野瀬は2011年に2種登録選手としてJ2デビュー。翌年から正式にトップチームへと昇格した。 2017年にレノファ山口へ加入すると、2年目はさらに調子を上げて前半戦だけで二桁ゴールをマーク。夏にガンバ大阪へと引き抜かれ、自身初となるJ1への挑戦権を手にしていた。 当時のG大阪には現:湘南指揮官の山口智監督もコーチとして在籍。また、2019年には横浜FC時代の恩師、浮嶋敏氏が指揮する湘南を相手にゴールを奪うなど、不思議な縁もある。 小野瀬は湘南への加入に際し、クラブへ意気込みや師との再会を喜ぶコメントを充てている。 「湘南ベルマーレに加入することになりました、小野瀬康介です。ガンバ大阪時代もお世話になった山口智監督のもと、湘南のために全力で戦います。新しい環境でプレーすることに非常にワクワクしていますし、ファン、サポーターの皆さんにお会いできるのを楽しみにしています!」 <span class="paragraph-title">【動画】2019年に小野瀬が湘南相手に奪ったゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="uDvXIC6ZQ2k";var video_start = 40;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.11.25 13:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly