セビージャが待望の今季初勝利! 初先発の生え抜きDFカルモナが殊勲のドブレーテ《ラ・リーガ》

2022.09.11 01:24 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第5節、エスパニョールvsセビージャが10日にRCDEスタジアムで行われ、アウェイのセビージャが2-3で勝利した。

開幕から公式戦5試合未勝利と低迷が続くセビージャ。前節のバルセロナ戦に続き、直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではマンチェスター・シティにホームで0-4の大敗を喫し、ロペテギ監督の去就が騒がしくなっている。

結果次第で即時解任とも報じられ、背水の陣で臨んだ試合でセビージャは底力を見せる。まずは開始40秒過ぎ、中盤でのボール奪取からカルモナの縦パスに抜け出したラメラがボックス右に侵入。左足アウトで押し出すシュートでGKの股間を抜く技ありのフィニッシュで電光石火の先制点を奪った。
以降はホームチームの攻勢を受ける展開となるが、エン=ネシリのスピードを生かしたカウンターでチャンスを作るなど、集中した試合運びを継続。すると、26分にはこれがプリメーラ初スタメンとなった生え抜きDFが大仕事を果たす。左CKの場面でエン=ネシリの強烈なヘディングシュートはGKの好守に遭うが、こぼれ球をカルモナが押し込んだ。

貴重なプリメーラ初ゴールを挙げたカルモナは、これで完全にノッたか更なるゴールをもたらす。45分、味方とのワンツーでゴール前に侵入すると、相手DFがクリアをもたついたところを勢いを持って奪い切り、ゴール至近距離からのシュートを流し込み、ドブレーテを達成した。

その後、アクーニャのハンドで与えたPKをホセルに決められて1点を返されたが、良い形で試合を折り返した。

しかし、今季ここまで勝ちのないアウェイチームは、後半の巻き返しに向けて勢いを持って入ったエスパニョールに押し込まれる時間帯が続く。そして、62分には右サイドのオスカル・ヒルが上げたクロスをブラースヴァイトに頭で合わせられると、GKボノが何とか前にはじき出すが、こぼれ球を押し込まれた。

これで1点差に迫られたロペテギ監督は、キケ・サラス、カルモナの若手2人に代えてレキク、ヘスス・ナバスを、さらにオリベル・トーレスを下げてタンギ・ニアンズをピッチに送り込み、[5-4-1]の守備的な布陣に変更した。

これで相手の勢いを止めることに成功したセビージャだが、84分にはラメラが不必要なアフターチャージで2枚目のカードをもらってしまい、痛恨の退場に。このアクシデントでアディショナルタイムを含め残り10分あまりを数的不利で戦うことに。

この退場直後には鋭いカウンターからボックス内に持ち込んだエン=ネシリにビッグチャンスも、ここは相手GKの好守に遭う。その後は攻撃的なカードを切ったホームチームの攻勢に晒され、自陣深くで耐える状況が続いたが、今季初勝利に向けて気迫を見せたアウェイチームが何とかリードを守り切った。

この結果、泥臭く敵地で勝ち切ったセビージャが待望の今季初白星を手にした。

関連ニュース
thumb

アストン・ビラ、モロッコ代表GKボノを獲得へ? ラ・リーガ屈指の守護神

アストン・ビラが、セビージャのモロッコ代表GKボノ(31)に関心を寄せているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。 ボノはカタール・ワールドカップ(W杯)を戦うモロッコ代表の正GKで、23日に行われたグループF初戦のクロアチア代表戦でスタメン出場。2日の最終節では決勝トーナメント進出をかけ、生まれ故郷のカナダ代表と対戦する。 所属するセビージャでも正GKに君臨。今季のチームはラ・リーガで降格圏に低迷も、昨季は1試合あたりの平均失点が最も少ないGKに贈られるサモラ賞を受賞するなど、リーグ屈指のシュートストッパーとして名高い。 そんなボノに対し、元セビージャ指揮官のウナイ・エメリ監督が率いるアストン・ビラが来年1月の獲得に照準。現在のセビージャは深刻な財政難のため、適切なオファーがあれば拒否するのは難しいという。 アストン・ビラが留意している点はボノのコンディション面。ボノは27日のベルギー代表戦で、当初はスタメンに名を連ねていたものの、キックオフ直前の国歌斉唱中に気分が悪くなり、急遽メンバーを外れることとなった。 どうやら元々体調が優れず、さほど深刻なものではなかったようだが、アストン・ビラとしては慎重に動向を追っているとのことだ。 2022.11.30 20:09 Wed
twitterfacebook
thumb

来夏移籍金ゼロも… 1月にフランス代表FWテュラム争奪戦?

ボルシアMGのフランス代表FWマルクス・テュラム(25)を巡り、争奪戦が繰り広げられる可能性があるようだ。 フランス代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のテュラム。ここまで2試合の途中出場で得点はないが、チームはグループ最終節を残して決勝トーナメント進出を決めたため、来月1日のチュニジア代表戦ではスタメン起用も考えられる。 所属するボルシアMGでは今季の公式戦19試合で13得点4アシストと大ブレイクを果たし、たちまちビッグクラブ注目の的に。契約は2023年6月までのため、フリーとなる来夏の争奪戦が予想されるが、現在では来年1月の移籍市場でステップアップするとの見方も強まりつつある。 候補に挙がるのはバイエルンやアトレティコ・マドリー、インテル、ドルトムント、ニューカッスル、アストン・ビラなど。中でもドイツ『ビルト』が特に熱心だと主張するのが、ラ・リーガで降格圏に低迷するセビージャだ。 セビージャはホルヘ・サンパオリ監督がストライカーの獲得を要望。ボルシアMGは想定外の活躍を披露したテュラムの慰留をすでに断念しており、来年1月にオファーが来た場合は移籍金3000万ユーロ(約42億9000万円)を要求するとされている。 財政状況が苦しいセビージャは、チーム内で重要な戦力と見なされない選手の譲渡を考慮。アルゼンチン代表MFパプ・ゴメス(34)や、同代表MFマルコス・アクーニャ(31)が候補に挙げられている。 2022.11.29 20:16 Tue
twitterfacebook
thumb

ウェストハム、W杯でモロッコ代表FWエン=ネシリを注視? セビージャは売却躊躇せず

ウェストハムが、セビージャのモロッコ代表FWユセフ・エン=ネシリ(25)への関心を強めているようだ。スペイン『Fichajes』が伝えている。 エン=ネシリはマラガの下部組織出身で、レガネスを経て2020年1月にセビージャへ加入。今季はラ・リーガ10試合0得点と不調だが、モロッコ代表では主力を担い、カタール・ワールドカップ(W杯)初戦のクロアチア代表戦でも先発出場していた。 ウェストハムは今夏にエン=ネシリへの関心を寄せるも、オファーを出すには至らず。それでも、スペイン『Estadio Deportivo』によると、現在もリストアップしており、W杯でのプレーぶりを注視している段階だという。 一方、セビージャは放出に前向き。エン=ネシリのパフォーマンスに納得していないと考えられる上、苦しい財政状況が続いているため、2025年6月まで契約を残す控えストライカーの売却には躊躇する理由がないとされている。 2022.11.24 15:34 Thu
twitterfacebook
thumb

アルゼンチン代表MFパプ・ゴメス、来冬にMLS行きも? 久保裕也と同僚になる可能性

セビージャのアルゼンチン代表MFパプ・ゴメス(34)に、メジャーリーグ・サッカー(MLS)行きの可能性があるようだ。スペイン『Fichajes』が伝えている。 アルゼンチン代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のパプ・ゴメス。22日に行われたグループステージ初戦のサウジアラビア代表戦では先発出場も、チームは1-2で衝撃的な逆転負けを喫し、厳しい船出となってしまった。 今季は所属するセビージャでも苦戦気味。10月には同胞のホルヘ・サンパオリ監督が就任するも、公式戦17試合でゴールなしと一向にパフォーマンスが上向かず、W杯前から退団の噂が飛び交うように。選手本人も来年1月の移籍市場に意識を傾けつつあるようだ。 イタリア『TuttoMercatoWeb』によると、アタランタ時代に目覚しい活躍を披露したパプ・ゴメスに対し、現在セリエAで最下位に沈むエラス・ヴェローナが関心。さらに、元日本代表FW久保裕也が所属するMLSのFCシンナシティ行きの可能性もあるとのことだ。 パプ・ゴメスはセビージャとの契約を2024年6月まで残すものの、来年2月には35歳に。年齢を考慮すれば、アメリカ行きという選択肢も悪くないのかもしれない。 2022.11.24 14:54 Thu
twitterfacebook
thumb

母国復帰を待ち焦がれるL・アルベルト、セビージャ行きが再燃

ラツィオの元スペイン代表MFルイス・アルベルト(30)に、セビージャ移籍の可能性が再燃しているようだ。 ルイス・アルベルトは2016年夏にリバプールからラツィオへ移籍。2018-19シーズンにコッパ・イタリア制覇に貢献したほか、翌季はセリエAで驚異の16アシストを叩き出すなど、近年のラツィオを代表する選手の1人となっている。 一方、かねてより母国スペインへの復帰希望を公言しており、今夏はプロデビュー時の古巣セビージャへの移籍を希望。その影響もあってか、今季はチーム内で序列が下がり、ベンチスタートが増えている状況だ。 イタリア『カルチョメルカート』によると、ラ・リーガで降格圏の18位に低迷するセビージャは、以前にも増してルイス・アルベルトの獲得に熱心。来冬に向けて本腰を入れているという。 ただ、ラツィオのクラウディオ・ロティート会長が設定した2000万ユーロ(約29億円)という条件を飲み込むことが困難と目されており、粘り強く交渉に臨む必要があるとされている。 2022.11.15 21:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly