東京Vが関西学院大FW山田剛綺、国士舘大GK飯田雅浩の加入内定を発表、飯田は下部組織出身で青森山田で全国制覇

2022.09.08 15:20 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
東京ヴェルディは8日、関西学院大学のFW山田剛綺(21)、国士舘大学のGK飯田雅浩(21)の来季加入内定を発表した。

山田は京都府出身で、京都橘高校から関西学院大学へと進学した。

今シーズンの関西学生サッカーリーグ1部では前期を終えた段階で9試合に出場し5得点を記録している。
飯田は東京都出身で、東京Vのジュニア、ジュニアユースで育った。その後青森山田高校へと進学。第97回の全国高校サッカー選手権大会では、正守護神として見事に優勝を経験。その後、国士舘大学へと進学していた。

両選手はクラブを通じてコメントしている。

◆FW山田剛綺
「2023シーズンより東京ヴェルディに加入することになりました、関西学院大学の山田剛綺です」

「東京ヴェルディという歴史ある素晴らしいクラブでプロキャリアをスタートできることを誇りに思います」

「これまで支えてくださった方々への感謝を忘れず、1日でも早く東京ヴェルディの勝利に貢献できるように日々頑張っていきます。応援よろしくお願いいたします」

◆GK飯田雅浩
「東京ヴェルディファミリーの皆さん、こんにちは。2023年シーズンから加入することが内定しました飯田雅浩です」

「歴史と伝統のある東京ヴェルディで幼い頃からの夢であったプロのキャリアを始められることを大変うれしく思います」

「小、中学校時代をヴェルディのアカデミーで過ごし、自分の高校サッカーへ挑戦したいと言う気持ちを尊重して後押ししてくれたチームに成長した姿を見せ、もう一度ヴェルディの一員として必ず勝利という結果で恩返しします」

「そして、家族をはじめ、今まで自分に関わって頂いた全員へ感謝の気持ちを忘れずに日々努力していきます」

「最後に東京ヴェルディのファミリー、ファン・サポーターのみなさん。自分はどんな状況になっても直向きに熱く闘い、命を懸けてヴェルディのゴールを守ります。熱い応援よろしくお願いします」



1 2

関連ニュース
thumb

松本DF田中隼磨が40歳で現役引退…地元クラブでの幕引きを「とても嬉しく、そして誇りに」

松本山雅FCは17日、DF田中隼磨(40)の現役引退を発表した。20日に予定する明治安田生命J3リーグ最終節のSC相模原戦後にセレモニーが執り行われる。 田中は横浜F・マリノスユース出身で、2001年にトップチーム昇格した翌シーズン途中から東京ヴェルディで修行。2004年から横浜FMに戻り、2006年に日本代表入りを果たしたりと主力に定着した。 その後、2009年に名古屋グランパスに移ってJ1優勝を経験すると、2014年からは地元クラブの松本に。2018年のJ1昇格にも貢献したが、9年目の今季はここまで公式戦での出場がなかった。 Jリーグ通算では569試合に出場。田中はクラブを通じて「皆様には突然のご報告になりますが、今シーズンをもちまして松本山雅FCで現役引退することを決断いたしました」とスパイクを脱ぐ決断を報告。また、これまでを振り返りつつ、コメントを締めた。 「サッカーをはじめてから今日まで、またプロキャリアをスタートして23年間の長きに渡り、横浜フリューゲルス、横浜F・マリノス、東京ヴェルディ1969、名古屋グランパス、Jリーグ、日本サッカー協会をはじめ、さまざまな形で私のことを支えていただいたサッカー関係者の皆様、一緒に困難を乗り越えてきたチームメイト、そしてどんなときでも応援してくれたファン・サポーターの皆様、本当にありがとうございました」 「生まれ育った街のクラブ 松本山雅FCでサッカー選手として引退できることを、とても嬉しく、そして誇りに思えます。11月20日最終戦にピッチに立つ姿を見せることが、共に戦ってきたファン・サポーターの皆様をはじめこれまで支えてくださった多くの皆さんに向けて、選手としてできる最後の恩返しであり、感謝を伝えられる形になるだろうと思っています。プロサッカー選手として残りの4日間を悔いなく全うしたいと思います。田中隼磨 3 “絆”」 2022.11.17 10:59 Thu
twitterfacebook
thumb

元日本代表MF二川孝広が42歳で現役生活に幕…黄金期G大阪の10番

日本フットボールリーグ(JFL)のFCティアモ枚方は16日、元日本代表MF二川孝広(42)の現役引退を発表した。 ガンバ大阪のアカデミー育ちで、プロ5年目からチームの10番として、数々のタイトルとともに黄金時代の軸を担った二川。168cmのサイズだったが、一線を画すサッカーセンスを武器にパスで違いとなり、2006年に日本代表初招集を受けた。 G大阪での17年半を経て、2016年夏から東京ヴェルディに移り、2018年に栃木SCに。2019年からFCティアモ枚方に活躍の場を求め、4年間を過ごしたが、今年をもって現役を退く決断をした。 G大阪時代に現ジュビロ磐田の元日本代表MF遠藤保仁らとともに黄金の中盤を形成したファンタジスタはクラブを通じて、別れの挨拶をしている。 「今シーズンで現役生活を引退する決断をしました。この歳までサッカーを続ける事ができ幸せでした。サッカーを通して沢山の経験ができ、成長できたかなと思ってます。これまでお世話になった沢山の人達に感謝しています。ありがとうございました。そしてファン、サポーターの方々、これまでの沢山の応援ありがとうございました」 2022.11.16 13:05 Wed
twitterfacebook
thumb

欧州遠征のU-21日本代表、東京VのFW染野唯月を追加招集

日本サッカー協会(JFA)は14日、東京ヴェルディのFW染野唯月をU-21日本代表に追加招集した。 前回の9月に続いて欧州遠征に臨むU-21日本代表だが、柏レイソルFW細谷真大がコンディション不良で途中離脱。これを受け、染野を代替招集した。 今回の欧州遠征ではU-21スペイン代表(18日/ポルトガル)、U-21ポルトガル代表(22日/スペイン)と対戦する。 2022.11.14 22:16 Mon
twitterfacebook
thumb

東京Vが桐蔭横浜大学のMF楠大樹の加入内定を発表、今季の関東1部で4G1A

東京ヴェルディは9日、桐蔭横浜大学のMF楠大樹(22)の来季加入内定を発表した。 楠は桐生第一高校から桐蔭横浜大学へと進学。今シーズンの関東大学サッカーリーグ1部では15試合に出場し4得点1アシストを記録している。 楠はクラブを通じてコメントしている。 「2023シーズンから東京ヴェルディに加入することになりました桐蔭横浜大学の楠大樹です。これまで指導してくださった監督、コーチをはじめチームメイト、いつも温かくサポートしてくれる家族には本当に感謝しております」 「これからプロサッカー選手として結果で恩返しできるように頑張ります。ファン・サポーターのみなさま、応援よろしくお願いいたします」 <span class="paragraph-title">【写真】来季から東京ヴェルディでプレーする楠大樹</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【(@TokyoVerdySTAFF) <a href="https://twitter.com/TokyoVerdySTAFF/status/1590192456976457728?ref_src=twsrc%5Etfw">November 9, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.09 14:40 Wed
twitterfacebook
thumb

金沢DF廣井友信が16年間のプロ生活に幕 清水、東京V、熊本でプレー

ツエーゲン金沢は21日、DF廣井友信(37)の今季現役引退を発表した。 廣井は前橋育英高校、駒澤大学を経て、2007年に清水エスパルスでプロ入り。東京ヴェルディやロアッソ熊本での期限付き移籍も経験した後、2015年から金沢に活躍の場を移した。 金沢では主将も務め、プロ16年の半分にあたる8シーズンにわたってプレー。明治安田生命J2リーグ最終節を残すのみの今季は11試合でプレー中で、天皇杯では2試合に出場している。 Jリーグ通算出場数は244試合(9得点)。23日にホームで行われるJ2最終節の栃木SC戦後に引退セレモニーが執り行われるなか、クラブを通じて感謝の言葉を記した。 「今シーズンをもって、プロサッカー選手を引退することを決断しました。プレーする機会を与えてくれた清水エスパルス、東京ヴェルディ、ロアッソ熊本、ツエーゲン金沢に感謝申し上げます。素晴らしい才能や能力、実力を持った人たちと仲間になったり、対戦相手として競ってきました」 「そんな世界で自分が16年もの間プロとして生き抜いてこれたことは、奇跡だと思っています。『そんなことないよ!』と言われたいからこんなことを書いているつもりは無くて、客観的に見て本当にそうなんだと思っています。なぜ奇跡は起きたのでしょうか? それは、両親をはじめとする素晴らしい人達との出会いがあったからだと確信しています」 「私という人間を成長させ、築き上げてくれました。愛情を持って接してくれた指導者の皆様、偉大な先輩、何でも言い合えた同期、頼もしい後輩、多くの怪我を共に向き合い乗り越えてきたメディカルスタッフ、いつも選手を支えてくれるクラブスタッフ、全ての方との出会いに感謝申し上げます」 「ファン、サポーターの皆様、共に歩んできた道のりを誇りに思います。ありがとうございました。楽しかったです! これからも選手を、クラブを、Jリーグを、そしてサッカーを支えてもらえると嬉しいです。この先どんな道を歩もうとも、サッカーを通じ学んだことを忘れずに日々精進していきます。16年間ありがとうございました」 2022.10.21 09:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly