【CLグループE展望】本命はチェルシー&ミラン、オーストリアとクロアチアの絶対王者が追随

2022.09.06 18:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2022-23シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが9月6日に開幕する。グループEは、一昨季前のCL覇者チェルシーとイタリア王者ミランが同居。彼らに挑むは、それぞれの国内リーグの絶対王者に君臨するオーストリアのザルツブルクとクロアチアのディナモ・ザグレブだ。

◆編集部予想
◎本命:チェルシー
○対抗:ミラン
△連下:ザルツブルク
☆大穴:ディナモ・ザグレブ

◆未完の充実スカッド、完成すれば優勝も視野に~チェルシー~
昨季はCLベスト8、プレミアリーグ3位に終わったチェルシーは、オーナー交代という大きな転換期を迎え、新シーズンに突入した。移籍市場ではその新オーナーが力を示さんと奮発。大枚を叩いてビッグネームを次々に獲得していった。
とりわけ、高額な移籍金にマンチェスター・シティも尻込みしたククレジャを推定6500万ユーロで獲得。さらに、それを上回る約8000万ユーロもの移籍金でレスターからフォファナを引き抜いた。また、一昨季前のCL優勝に大きく貢献したリュディガーやクリステンセンの抜けた穴は、百戦錬磨のクリバリで補強。前線にはスターリングに加え、移籍市場の最終日にオーバメヤンを確保し、充実のスカッドを完成させた。

しかし、蓋を開けてみると、プレミアリーグではここまで3勝1分け2敗と思うように成績は伸びず。6試合で8得点9失点と攻守に課題が山積する状態でCL開幕を迎えることになる。

◆イタリア制覇のチームが欧州での躍進を狙う~ミラン~
11年ぶりのセリエA制覇という実績を携え、ヨーロッパでの高みを目指すミラン。CLは2シーズン連続の出場となるが、優勝した06-07シーズン以降、最高位は11-12シーズンのベスト8と、ここ15年間は目立った成績を残せていない。

移籍市場では昨季の主力流出をケシエ一人に留めた一方、オリジやデストなど即戦力候補を確保。また、およそ3200万ユーロの移籍金を投じてクラブ・ブルージュから獲得したベルギー代表MFデ・ケテラエルは、多くのビッグクラブが獲得を熱望した期待のホープ。昨季はジュピラー・プロ・リーグで33試合14ゴール7アシストの好スタッツを記録し、イタリア上陸を果たした。

192cmという恵まれた体躯を持つ21歳は、早くもロッソネリでレギュラーを掴みかけており、3-2で勝利した直近のインテル戦では63分までプレー。また、ヨーロッパでの経験も申し分なく、昨季もCLグループステージの全6試合に出場。大舞台で覚醒の時を待つ。

◆2年連続ベスト16進出なるか、絶好調の新ストライカーに期待~ザルツブルク~
チェルシーとミランがこのグループの2強であることは間違いないが、両チームがまだまだ未完成であることを踏まえると、追随する2チームにも十分グループステージ突破のチャンスはある。

国内9連覇中のザルツブルクは今回で4大会連続の出場に。昨季はオーストリアのチームとして史上初のグループステージ突破を果たした。ベスト16ではバイエルンと相手が悪かったものの、34歳の青年指揮官に率いられたチームは監督共に将来性を期待させた。

今夏は例によって、昨季公式戦41試合で6ゴール10アシストのアーロンソンや、44試合で23ゴール9アシストの成績を叩き出したアデイェミといった主力の引き抜きに遭ったものの、代わりにシャフタールから獲得したフェルナンドが好調。176cmのセンターFWは、ここまでリーグ戦7試合に出場し、4ゴール4アシストを記録している。

◆悲願のGS突破へ、国内リーグでの好調を持ち込みたい~ディナモ・ザグレブ~
こちらもクロアチアではリーグ5連覇中の絶対王者。2位となった16-17シーズン以前も11連覇していた。ただ、ヨーロッパでは20-21シーズンのヨーロッパリーグ(EL)ベスト8が最高位。CLでは一度もグループステージを突破したことがない。

今季は予選2回戦からシュクピ(北マケドニア)、ルドゴレツ(ブルガリア)、ボデ/グリムト(ノルウェー)を下して本大会へ進出。厳しい日程の中でもリーグ戦ではここまで7勝1分け無敗で来ており、特にホームのスタディオン・マクシミールでは、公式戦直近19試合で16勝3分けと無敗を誇っている。

そんなザグレブのキープレイヤーは10番を背負う19歳のマルティン・バトゥリナ。同クラブの下部組織出身で、本格的なプロデビューを果たした昨季は公式戦25試合に出場し3ゴール5アシストをマークした。ゲームメイカーらしい広い視野と正確なボール捌きが特長で、ゴール前への飛び出し、フィニッシュ精度も19歳のそれとは思えないレベルの高さを誇る。

関連ニュース
thumb

ミランが今冬のザニオーロ獲得を断念…選手自身がボーンマス行きかローマ残留かを選択へ

ミランは、今冬の移籍市場でのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)の獲得を断念したようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。 今冬のローマ退団を希望するザニオーロは、すでに個人間の合意が報じられたミラン行きを目指していた。 しかし、3500万~4000万ユーロ(約49億6000万~56億7000万円)の完全移籍を売却条件とするローマは、買い取りオプション付きのレンタルでの獲得を目指すミランのオファーを固辞。 その間に急遽、獲得レースに参戦したボーンマスが、移籍金3000万ユーロ(約42億5000万円)+アドオン500万ユーロ(約7億1000万円)、将来的なリセール時の移籍金10%の支払いという好条件のオファーをローマに掲示。クラブ間で大筋合意に至った。 これを受け、ミランの首脳陣はローマとの交渉の中でボーンマスと同等の条件を掲示することは不可能であることを伝え、今冬のタイミングでの交渉打ち切りを決断したようだ。 ミランの撤退によってザニオーロは、一度拒否したとされるボーンマス行きを決断するか、心機一転ローマで戦い続けるかの選択を迫られることになる。 2023.01.27 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ザニオーロの新天地はミランorボーンマスの2択? 交渉難航で残留の可能性も

ローマ退団を希望するイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)の新天地は、現時点でミランとボーンマスの2択となっているようだ。 先日にジョゼ・モウリーニョ監督が退団希望を認めたことで、今冬の退団が濃厚とみられるザニオーロ。 一時はトッテナムが有力な新天地候補に挙がっていたが、交渉が難航したノースロンドンのクラブは、ビジャレアルのオランダ代表FWアルノー・ダンジュマをレンタルで補強。今冬に関しては完全に獲得レースから撤退した。 そういった中、現時点で最も有力な新天地は、セリエAのライバルであるミランだ。 ローマ時代にインテルからザニオーロを獲得したスポーツディレクターのリッキー・マッサーラ氏は、以前から23歳の獲得を希望しており、イタリア残留を望む選手自身もミラノ行きを最優先事項としており、すでに個人間での合意も伝えられる。 ただ、ミランが掲示したとされる買い取りオプション付きのレンタルのオファーはローマ側に拒否されており、現在もクラブ間交渉は平行線をたどっている模様だ。 一方、トッテナムに代わるプレミアリーグ勢として新たに候補として浮上しているのが、ボーンマスだ。現在、リーグ戦18位と降格圏に沈むチェリーズは巻き返しに向けた目玉補強としてザニオーロの獲得を目指しているという。 移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ボーンマスはローマに対して移籍金3000万ユーロ(約42億5000万円)+アドオン、将来的なリセール時の移籍金10%の支払いという好条件のオファーを掲示。クラブ間で大筋合意に至っているという。 ただ、先日にボーンマスからのオファーを固辞したとされるザニオーロ自身にイングランド行きの考えはなく、個人間での交渉は進んでいないという。 先日にモウリーニョ監督が語ったように、ローマとしては必ずしも今冬の売却を急いでいるわけではないため、残り1週間を切った今冬の移籍市場でザニオーロのローマ退団が実現するには、ミランがローマの要求を受け入れるか、同選手がボーンマス行きを受け入れるかのいずれかになる。 2023.01.27 01:09 Fri
twitterfacebook
thumb

今季出場ゼロ… ミラン構想外のバカヨコ、トルコ行き了承も金銭面で不満?

ミランの元フランス代表MFティエムエ・バカヨコ(28)は、トルコ行きが破談に終わる可能性もあるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 2021年夏にチェルシーからのレンタルでミランへと復帰したバカヨコ。前回の在籍時は主力としてプレーしたが、2度目の加入後はパッとせず、今季に至っては一度もプレーしていない。 完全な構想外と見なされるなか、ミランとしては今夏に買い取り義務が発生するため、放出を躊躇する理由がなく、昨年末以降はスュぺル・リグ(トルコ1部)のアダナ・デミルスポルへの売却交渉に取り組んできた。 代理人も当該クラブとの話し合いを続け、25日にバカヨコ本人がトルコ行きを了承。現年俸250万ユーロを上回る300万ユーロ(約4億2000万円)の3年契約という条件を提示されているようだ。 トルコ行きが差し迫った状況とも考えられるが、どうやら金銭面で合意していない模様。このためか、アダナ・デミルスポルがバカヨコから撤退するそぶりを見せているとのことだ。 『カルチョメルカート』は、「バカヨコがミランを不安にさせている」と締めくくっている。 2023.01.26 18:51 Thu
twitterfacebook
thumb

ラツィオ戦で負傷交代のトモリ、インテルとのダービー欠場濃厚

ミランのイングランド代表DFフィカヨ・トモリが数週間離脱するようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。 トモリは24日に行われたセリエA第19節ラツィオ戦で先発。しかし、24分に負傷交代していた。『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』によれば左腰の回旋筋を痛めたとのことで、数週間離脱すると報じている。 ミランは次節サッスオーロ戦後、2月5日にインテルとのダービーを控えるが、守備の要であるトモリを欠いて臨まなければならない可能性が高くなった。 ミランは現在、公式戦4戦勝ちなし。不調のチームに追い打ちをかけるトモリの離脱となりそうだ。 2023.01.25 22:45 Wed
twitterfacebook
thumb

「ジルーかっこいい!」「ずるくないですか?」ミランとオフホワイトの新作コラボウェア姿がオシャレ「クールすぎ」

ミランとイタリアの高級ファッションブランド『オフホワイト』のコラボウェアの新作が発表されている。 2022年にオフホワイトとパートナーシップ契約を締結したミラン。同ブランドが手掛けた公式ウェアはお洒落だと注目を集めていた。 24日にセリエA第19節でラツィオとアウェイで対戦したミランだが、この日の遠征で新しいウェアを着用。選手たちは、赤いハイネックの長袖の上に、黒のセットアップに袖を通した。ジャケットの背面には、背番号もプリント。クラシックとストリートが融合したデザインになっている。 選手たちの着用姿にはファンも喜び。「ジルーかっこいい!」、「ずるくないですか?」、「クールすぎ」、「最高のコラボ」といったコメントが集まった。 ラツィオに0-4と大敗を喫し、公式戦4戦勝ちなしと不調のミランだが、新しいウェアについては好評のようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】カッコイイ!ミランとオフホワイトの新作ウェア</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">La collab AC Milan x Off-White <a href="https://t.co/EKEgkvmpm3">pic.twitter.com/EKEgkvmpm3</a></p>&mdash; BeFootball (@_BeFootball) <a href="https://twitter.com/_BeFootball/status/1617964539403993090?ref_src=twsrc%5Etfw">January 24, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.25 21:45 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly