新戦力躍動のスパーズがケイン弾で今季4勝目! フルアムは主砲4戦連発も及ばず《プレミアリーグ》

2022.09.04 01:37 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第6節、トッテナムvsフルアムが3日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、ホームのトッテナムが2-1で勝利した。

トッテナムは前節、近年苦手とするウェストハムとのアウェイでのロンドン・ダービーを辛くも1-1のドローで終え、開幕からの無敗を継続。来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)初戦のマルセイユ戦、次節にマンチェスター・シティ戦と重要な2試合を控える中、昨季チャンピオンシップ王者であるフルアムとの2戦連続のダービーに臨んだ。

コンテ監督は中2日で臨んだこの一戦に向け先発5人を変更。ダビンソン・サンチェスとビスマに代えて負傷明けのロメロとベンタンクール、ベン・デイビスとクルゼフスキに代えてラングレとリシャルリソンが加入後初スタメン。ペリシッチに代わってセセニョンが復帰した。
ホームの大歓声を後押しに前がかるトッテナムは、早い時間帯からチャンスを創出していく。

7分にはボックス手前のケインが最初の枠内シュートで、元アーセナルGKレノを脅かすと、以降もセットプレーの流れからリシャルリソンがヘディングシュート。11分には左CKのショートコーナーからソン・フンミンが右足で入れたクロスが直接ゴールネットを揺らすが、ここはオフサイドポジションのケインがプレーに関与しており、ゴールは認められず。

それでも、ロメロとラングレの入ったディフェンスラインが安定した配球を見せるなど、ボールを握って相手を押し込み続けるホームチーム。22分にもボックス左で仕掛けたリシャルリソンから中央でフリーのソン・フンミンに絶好機も、ここはDFの好ブロックもあって待望の今季初ゴールとはならず。

前半半ばから終盤にかけてもトッテナムの時間帯が続く。前線で攻撃に守備とダイナミズムをもたらすリシャルリソンが良い形でリズムを作ると、そのブラジル代表FWの絶妙な抜け出しからの落としにケイン、33分にはラングレ、ケインと繋いでゴール前に抜け出したソン・フンミンに絶好機も、渾身のシュートはクロスバーを叩く。

再三の決定機を作りながらもゴールだけが遠いコンテのチームだったが、前半の内に押し切った。40分、ボックス付近でベンタンクール、ソン・フンミン、ホイビュア、リシャルリソンとワンタッチの鮮やかな連携からゴール前の密集に入り込んだホイビュアがリシャルリソンの短い落としを右足のシュートでゴール左下隅へ流し込んだ。

ホイビュアの今季2点目でリードを手にして後半に臨んだトッテナム。後半は立ち上がりにミトロビッチに際どいシュートを放たれたが、以降は完全に試合の主導権を握る。

しかし、セセニョンやソン・フンミンらの決定的なシュートをGKレノに防がれるなど、再三の決定機をモノにできず。ダニエル・ジェームズやウィリアンと移籍市場最終日に獲得した新戦力をピッチに送り込む相手に勝ち点の可能性を与えてしまう。

それでも、75分にはソン・フンミン、セセニョンの左サイドでの果敢なチャレンジから相手守備を完全に崩し切ると、セセニョンがボックス左で放ったシュートのこぼれ球をゴール前のケインが冷静にワンタッチで流し込み、ダービーキングの異名を持つエースの一撃でようやく追加点を奪った。

その後、殊勲のエースを下げてクルゼフスキを投入したコンテのチームは、試合を締める作業に入る。だが、83分には右サイドのテテのクロスが流れたところを回収したミトロビッチにボックス左から見事なコントロールシュートを右隅に突き刺され、4試合連続ゴールを許す。

これで相手に勢いを与えると、88分には再びミトロビッチにボックス付近で際どいシュートを許すが、ゴール右上隅を捉えたシュートはGKロリスが驚異的な反応ではじき出して事なきを得る。

この直後にはセセニョンの見事なクロスからリシャルリソンががゴールネットを揺らすが、この試合傑出した存在感を示したブラジル代表FWの移籍後初ゴールは微妙なオフサイド判定で取り消しに。ソン・フンミンに続いてこの試合でのゴールとはならなかった。

それでも、最後は持ち味の堅守で逃げ切ったトッテナムが、ウェストハム戦のドローを引きずることなく今季4勝目を手にしている。


関連ニュース
thumb

トッテナム、35歳ロリスの後釜を見定め? リーズ正GKメリエを注視か

トッテナムが、主将であり不動の守護神でもあるフランス代表GKウーゴ・ロリス(35)の後釜探しに動いているようだ。 フランス代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のロリス。10年以上にわたって同国の主将を務めるなか、連覇を目指す今大会もここまで2試合でゴールマウスを守り、グループ最終節を待たずして決勝トーナメント進出を決めたチームの最後の砦として君臨している。 所属するトッテナムでも主将を務め、2012年夏の加入以降、通算437試合に出場。プレミアリーグやチャンピオンズリーグ(CL)といったメジャータイトルの獲得経験こそないものの、代えの利かない存在として活躍してきた。 だが、そんなロリスも来月26日で36歳に。選手寿命が長いGKとはいえ、トッテナムとしてはさすがに後釜を考えざるをえない模様で、イギリス『Football Insider』によると、リーズ・ユナイテッドのU-21フランス代表GKイラン・メリエ(22)を注視しているという。 メリエは2019年夏にロリアンからリーズへ加入し、2020-21シーズンからは正GKの立場を確立。今季も中断期間までにプレミア全14試合でゴールマウスを守っている。 また、ロリスの契約は2024年6月までだが、一部では今季がトッテナムでのラストシーズンになるとの憶測も。いずれにせよ、来夏に後釜を確保するべく、若くしてプレミア経験が豊富なロリスの同胞に狙いを定めたようだ。 2022.11.30 15:07 Wed
twitterfacebook
thumb

「ムラがある」 イングランド代表OB、指揮官の手腕評価もW杯優勝不可と予想

元イングランド代表のクリス・ワドル氏は同代表を率いるガレス・サウスゲイト監督を称えた一方、カタール・ワールドカップ(W杯)優勝の望みは薄いと口にした。 イングランド代表はグループBの2試合を終え、1勝1分の勝ち点4で首位に。29日に行われる最終節のウェールズ代表戦で引き分け以上なら決勝トーナメント進出が決まり、敗戦でも大敗さえしなければ問題なしという極めて有利な立場にいる。 トッテナムのレジェンドとして知られるワドル氏はイギリス『サン』で、イングランドがウェールズ相手に躓くことはないと予想した上で決勝トーナメント以降の戦いを展望。手腕が疑問視されるサウスゲイト監督については取り立てて問題点はないと語った。 「UEFAネーションズリーグ(UNL)の成績が悪かった? なら、ドイツのハンジ・フリック(監督)は今ごろ無職だ。ヨーロッパ予選で勝てず、W杯に出られなかった国を見てみよう。それらの国の監督が全員解任されているのか?悪い試合結果から解任を叫ぶのはもっとも簡単なことだ」 「ガレス・サウスゲイト(監督)は前回のW杯で準決勝まで進み、EUROでは決勝を戦った。素晴らしい仕事をしたと思うね。彼自身が素晴らしかったのだ」 9月にはUNLでリーグBへと降格し、ここ数カ月、何かと批判されがちな指揮官を擁護したワドル氏。一方、チームのパフォーマンスの一貫性のなさを指摘し、56年ぶりとなるW杯優勝は不可能と予想している。 「ムラがあると言わざるをえない。一貫性のなさが優勝できないと思う理由だ。準決勝までは到達できるがね」 「最終ラインが心もとない。今の4バックは続けるべきだろう。相手に合わせて3バックを採用する場合もあるが、基本的に必要ないと思うね。柔軟に対応できると自信を持っているのなら、それは良いことだが…」 2022.11.29 17:57 Tue
twitterfacebook
thumb

トリッピアー、代表チーム束ねる主将ケインを絶賛 「その模範的行動には…」

イングランド代表DFキーラン・トリッピアーが主将のFWハリー・ケインを称えている。イギリス『Evening Standard』が報じた。 カタール・ワールドカップ(W杯)グループBの2試合を戦って勝ち点4で首位に立つイングランド代表。29日の最終節ではウェールズ代表相手に引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる。 ここまでの2試合にいずれもフル出場するトリッピアーはトッテナム時代にも共にプレーした3歳年下のチーム主将を称え、真のプロフェッショナルだと絶賛している。 「(ケインと)代表チームで長く一緒にプレーしてきて思うんだ。僕は彼と同じチームにいられて幸運だし、ハリー・ケインとは僕が見てきた中で最高のプロフェッショナルの1人。そして何より、僕たちのリーダーだ」 「誰もが毎試合でプレーしたいと思っているし、ハリーも同じ。彼は勝者であり、勝って国の誇りになりたいと思っている。でも、全試合に出るかどうかは彼次第だ」 「彼は陰で自分自身を律し、模範になろうとしている。その模範的行動には、若い選手も尊敬の念を隠さない。若手たちは彼がどのようなトレーニングをしているか、しばしば観察しているんだ」 「もちろん、僕も彼を尊敬している。日々、彼から何かしらを学んでいるのさ」 2022.11.29 14:25 Tue
twitterfacebook
thumb

再び初戦でシティvsチェルシー! FAカップ3回戦の対戦カード決定

FAカップ3回戦の組み合わせ抽選会が28日に行われた。 イングランドサッカー協会(FA)に登録されている全てのクラブが出場可能なFAカップ。この3回戦からはプレミアリーグ勢、チャンピオンシップ(イングランド2部)勢が参戦する。 今回の組み合わせでは先日のEFLカップ3回戦に続きマンチェスター・シティとチェルシーという優勝候補同士の対決が実現。 さらに、前大会王者のリバプールはウォルバーハンプトン、マンチェスター・ユナイテッドはエバートンとのプレミア勢と対戦することに。また、クリスタル・パレスvsサウサンプトン、ブレントフォードvsウェストハムが1部同士で激突する。 DF冨安健洋のアーセナルとMF三笘薫のブライトンは、前者がフットボールリーグ1(イングランド3部)のオックスフォード、後者がチャンピオンシップのミドルズブラと対戦。その他ではトッテナムがフットボールリーグ1のポーツマス、DF中山雄太が長期離脱中のハダースフィールドは同じチャンピオンシップ勢のプレストンと対戦する。 なお、3回戦は2023年1月6日~9日にかけて開催される。FAカップ3回戦組み合わせは以下の通り。 ◆FAカップ3回戦 マンチェスター・シティ vs チェルシー マンチェスター・ユナイテッド vs エバートン リバプール vs ウォルバーハンプトン クリスタル・パレス vs サウサンプトン ブレントフォード vs ウェストハム オックスフォード(3) vs アーセナル トッテナム vs ポーツマス(3) ミドルズブラ(2) vs ブライトン シェフィールド・ウェンズデー(3) vs ニューカッスル ハル・シティ(2) vs フルアム カーディフ(2) vs リーズ ボーンマス vs バーンリー(2) ブラックプール(2) vs ノッティンガム・フォレスト ダゲナム&レッドブリッジ(5)orジリンガム(4) vs レスター・シティ アストン・ビラ vs スティブネイジ(4) プレストン(2) vs ハダースフィールド(2) レディング(2) vs ワトフォード(2) チェスターフィールド(5) vs WBA(2) チャールトン(3)orストックポート(4) vs ウォルサール(4) ボレアム・ウッド(5) vs アクリントン・スタンリー(3) ダービー・カウンティ(3) vs バーンズリー(3) コヴェントリー(2) vs レクサム(5) ノリッジ(2) vs ブラックバーン(2) イプスウィッチ(3) vs ロザラム(2) ルートン・タウン(2) vs ウィガン(2) フリートウッド・タウン(3) vs QPR(2) グリムズビー(4) vs バートン・アルビオン(3) フォレストグリーン・ローヴァーズ(3) vs バーミンガム(2) ブリストル・シティ(2) vs スウォンジー(2) ハートルプール(4) vs ストーク(2) ミルウォール(2) vs シェフィールド・ユナイテッド(2) シュールズベリー(3) vs サンダーランド(2) ※()内の数字は所属カテゴリー 2022.11.29 06:15 Tue
twitterfacebook
thumb

30歳目前でもメガクラブの触手減らず... トッテナム、W杯後にケインと話し合いへ

トッテナムが、イングランド代表FWハリー・ケイン(29)との話し合いの場を設けるつもりのようだ。 ケインは現在、イングランド代表としてカタールW杯に参戦中で、グループステージ2試合を終えて自身のゴールこそないものの、初戦のイラン代表戦では2アシストで勝利に貢献。31日のウェールズ代表戦で引き分け以上なら決勝トーナメント進出が決まる状況だ。 所属するトッテナムとの契約は2024年6月までだが、過去に何度もメガクラブ行きが噂され、マンチェスター・シティやユナイテッド、バイエルン・ミュンヘンなどから触手が。イギリス『Football Insider』によると、稀代の点取り屋に対し、現在はレアル・マドリーが関心を強めているという。 これを受け、トッテナムの幹部らはW杯からの帰国に合わせ、選手側とのミーティングを調整。アントニオ・コンテ監督の要望はもちろんのこと、幹部らとしても現役引退までクラブでプレーを続けてもらいたい考えだ。 一方、以前にはチェルシーのレジェンド、ジョン・テリー氏が「ケインはトロフィー獲得の野望を隠しておらず、スパーズではそれが不可能だと理解している」と発言。ケインは来年で30歳を迎えるが、その去就に注目が途切れることはしばらくはなさそうだ。 2022.11.28 16:44 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly