レンヌがニースのFWグイリを獲得、ニースからはラボルドがレンヌへ移籍しFWがトレードに

2022.09.02 21:10 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スタッド・レンヌは1日、ニースから元U-21フランス代表FWアミーヌ・グイリ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。

契約期間は2027年夏までの5年間となる。

リヨンの下部組織で育ったグイリは、2017年7月にファーストチームへと昇格する。
リヨンでは公式戦15試合の出場とほとんど出番を得られず、2020年7月にニースへと完全移籍。しかし、ニースでは持ち前の得点力が花開き、2シーズンで公式戦89試合で28ゴール19アシストを記録。2021-22シーズンはリーグ・アン38試合で10ゴール9アシストを記録した。

なお、スタッド・レンヌのフランス人FWガエタン・ラボルド(28)がニースへと完全移籍。両者はトレードするような形となった。

なお、ラボルドは2026年夏までの4年契約を結んでいる。

ラボルドは、ボルドーの下部組織育ちで、ブレストやクレルモンへのレンタル移籍を経験。2018年8月からモンペリエに完全移籍。2021年8月にレンヌへと完全移籍していた。

リーグ・アンでは通算202試合で59ゴール31アシストを記録。今シーズンもここまで開幕から4試合に出場し2ゴールを記録していた。

関連ニュース
thumb

レンヌがレンヌからトコ・エカンビをレンタル! 長期離脱テリエの穴埋め補強に

スタッド・レンヌは26日、リヨンからカメルーン代表FWカール・トコ・エカンビ(30)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 なお、今回のレンタルは買い取りオプションが含まれないドライローンとなる。 トコ・エカンビは、パリFCやソショー、アンジェなどでプレーし、2018年7月にビジャレアルへと完全移籍。在籍1年半で公式戦62試合24ゴール10アシストの数字を残すと、2020年冬に買い取りオプション付きのレンタル移籍でリヨンへ加入。 その翌シーズンに完全移籍へ移行すると、直近2シーズン連続でリーグ戦2桁ゴールを記録し、今シーズンもリーグ戦19試合4ゴール2アシストと主力としてプレーしていた。 また、カメルーン代表ではここまで55試合に出場し、12ゴールを記録。先のカタール・ワールドカップにも出場していた。 レンヌではチーム最多の9ゴールを挙げていたフランス人FWマルタン・テリエが前十字じん帯断裂の重傷で今季絶望となっており、トコ・エカンビがその穴埋めを担う。 2023.01.27 00:44 Fri
twitterfacebook
thumb

レンヌに敗れて2位との勝ち点差は「3」に…PSG指揮官「足りないものだらけ」

パリ・サンジェルマン(PSG)のクリストフ・ガルティエ監督が敗戦を嘆いた。クラブ公式サイトが伝えている。 15日に行われたリーグ・アン第19節でスタッド・レンヌとのアウェイ戦に臨んだ首位のPSG。序盤からこう着状態が続いた中、徐々に相手がペースを掴むと、試合を折り返して65分には相手DFアマリ・トラオレに先制ゴールを奪われた。 その後は交代選手を次々に送り出し、終盤にかけて猛攻を仕掛けるが、最後まで相手の牙城は崩せずに0-1のままタイムアップ。年明け3戦目にして早くも2敗目を喫し、2位RCランスとの勝ち点差も「3」に縮まった。 ガルティエ監督は試合後、攻撃面でパフォーマンスが不足していたと分析。無得点に終わったチームの戦いぶりに失望を語った。 「足りないものだらけだった。リズム感、迫力、方向性が不足していた。言い訳や理由を探し始めたら、当然いくつか見つかるだろうが、その陰に隠れていてはダメだろう。前々節のRCランス戦も同様だった」 「前節のアンジェ戦は難しかった。しかし、我々は自分たちの方向性を見つけ、もっと高い位置で仕掛けること、特にアタッキングサードに多くの人数を配置することができていた。今日はそういった点が全く見られなかった」 「我々は攻撃面であまりにもお粗末だった。おそらくボールを持たずにプレーしすぎていて、レンヌの守備陣に対して、ボックス内でほとんど何もできずに終わってしまった」 また、スタッド・ランスをホームに迎える次節に向けては「次の試合にどう臨むかは、自分たちで考えるしかない。当然のことながら、これまでの試合を分析し、カタール・ワールドカップ前のフォームと比較することでその違いを認識する必要がある」とコメント。リーグ連覇に向けては再びチームが勢いを取り戻す必要がありそうだ。 2023.01.16 18:16 Mon
twitterfacebook
thumb

PSGが4位レンヌとの上位対決で完敗… 2位RCランスとの勝ち点差が「3」に《リーグ・アン》

パリ・サンジェルマン(PSG)は15日、リーグ・アン第19節でスタッド・レンヌと対戦し0-1で敗戦した。 ミッドウィークに行われたアンジェ戦を休暇明けのメッシ弾などで完勝した首位PSGが、4位レンヌのホームに乗り込んだ一戦。 RCランス戦の敗戦からのバウンスバックに成功したPSGは、アンジェ戦のスタメンからファビアン・ルイスをザイール=エメリに変更した以外は同じスタメンで試合に臨んだ。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、なかなか決定機まで持ち込めないPSGは28分にピンチを迎える。左サイドを持ち上がったテアテのスルーパスからボックス左横まで駆け上がったトリュフォーのクロスをカリムエンドが右足ボレーで合わせたが、これはGKドンナルンマがファインセーブ。 さらに39分にも、トリュフォーの横パスをバイタルエリアで受けたグイリがペナルティアークまで切り込みシュート。しかし、これもGKドンナルンマの好セーブで難を逃れた。 守護神の好セーブに応えたいPSGは43分、ネイマールのパスでボックス左まで駆け上がったベルナトの折り返しを中央のメッシが左足のダイレクトで狙ったが、これは相手DFのブロックに阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半も膠着状態が続く中、PSGは55分にエキティケとムキエレを下げてムバッペとハキミを投入。しかし、先制したのはホームチームだった。 レンヌは65分、テアテのパスをボックス左深くで受けたトリュフォーがライン際での粘りからうまく折り返すと、走りこんだアマリ・トラオレが左足でゴール右隅にシュートを流し込んだ。 先制を許したPSGはすぐに反撃。すると69分、メッシのロングパスでDFの裏に抜け出したムバッペがGKマンダンダとの一対一を迎えたが、シュートは枠に上に外れた。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指す中、PSGは81分にソレールとのパス交換でボックス右深くまで抜け出したムバッペのクロスをファーサイドで受けたベルナトがチャンスを迎えたが、シュートはGKマンダンダが右手一本で弾き出した。 試合終盤にかけてPSGは猛攻を仕掛けるが、最後までレンヌの牙城を崩せず0-1で試合終了。上位対決に敗れたPSGと2位RCランスとのポイント差は「3」に縮まった。 2023.01.16 06:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブ関心のレンヌFWテリエがACL断裂で長期離脱へ…

スタッド・レンヌは3日、フランス人FWマルタン・テリエが右ヒザの前十字じん帯(ACL)断裂の重傷を負ったことを明かした。 テリエは2日に行われたリーグ・アン第17節のニース戦に先発出場。開始5分に先制点を挙げる活躍を見せたが、前半半ばに右ヒザを負傷。自力での歩行が不可能となり、担架に乗せられてピッチを後にしていた。 そして、試合翌日に行われた検査の結果、前述の重傷が発覚し、同選手は近日中に手術を受けることになった。 現時点で離脱期間は不明だが、フランス『レキップ』はACL断裂に加え、半月板に損傷を負ったと報じており、最大8カ月の長期離脱の可能性を伝えている。 昨シーズンの公式戦46試合21ゴールと圧巻の数字を叩き出したテリエは、今シーズンも公式戦22試合12ゴールとチームの攻撃を牽引してきた。 そのリーグ・アン屈指のアタッカーに関してはプレミアリーグを中心にビッグクラブが関心を示していたが、今回の大ケガによってステップアップのタイミングは遅れることになりそうだ。 2023.01.04 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

セビージャがレンヌから若手CBバデを獲得! 今季レンタル加入のフォレストでは出場機会なし

セビージャは12月31日、スタッド・レンヌのフランス人DFロイク・バデ(22)獲得でプレ合意に至ったことを発表した。 レンタル中のノッティンガム・フォレストとの契約を解消するバデは、買い取りオプション付きの今シーズン終了までのレンタル移籍での加入となる。 ル・アーブルでプロデビューしたバデは、2020年にRCランスへステップアップ。その翌年にレンヌへ活躍の場を移した。その後、リーグ・アン通算46試合の出場経験を持つ191cmのセンターバックは、今夏にプレミアリーグのフォレストにレンタル移籍していた。 なお、今季のレンヌで公式戦1試合に出場したバデだが、フォレストではここまでベンチ入り1試合のみで出場機会はなく、国際サッカー連盟(FIFA)が定める「1シーズンに2クラブ以上でプレー不可」という規則もクリアしている。 今季開幕前にセンターバックの主力を務めていたジエゴ・カルロスとジュール・クンデが同時に引き抜かれてしまったセビージャ。代わりとして獲得した選手が思うような活躍ができず、ラ・リーガではここまで2勝6分け7敗の18位に低迷。 伝統的にフランスから獲得したDFの活躍が目立つ中、空中戦の強さと安定したビルドアップ能力を特長とする22歳はディフェンスラインの救世主となれるか。 2023.01.01 00:08 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly