デンマーク代表FWコーネリウスが古巣コペンハーゲンに5年ぶりの帰還!

2022.08.31 23:49 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
コペンハーゲンは31日、デンマーク代表FWアンドレアス・コーネリウス(29)の移籍に関してトラブゾンスポルとの合意を発表した。

コーネリウスはメディカルチェック受診後に、クラブとの契約にサインする予定だ。

コペンハーゲンでプロデビューを飾った193cmのセンターフォワードは、2017年の夏にアタランタへ完全移籍。その後、ボルドー、パルマへレンタル移籍し、2021年にパルマへ完全移籍となった。
そして、昨夏にはトラブゾンスポルへ完全移籍し、スュペル・リグ37試合に出場し、15ゴール5アシストを記録。チームの優勝に大きく貢献した。

また、通算43試合13ゴールを誇るデンマーク代表では、今年6月に行われたUEFAネーションズリーグのフランス戦で2ゴールを挙げる活躍をみせ、王者撃破の立役者となっていた。

5年ぶりの復帰となる古巣コペンハーゲンは、今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージに参戦しており、経験豊富な左利きのストライカーの活躍が期待されるところだ。

関連ニュース
thumb

ポーランド代表GKに悲劇…W杯前ラストマッチで相手と接触しすぐにプレー不可能とわかる重傷、招集選手も変更《カタールW杯》

ポーランドサッカー協会(PZPN)は13日、カタール・ワールドカップ(W杯)に臨むポーランド代表メンバーの変更を発表した。 10日にチェスワフ・ミフニエヴィチ監督が26名を発表していた中、W杯前のラストマッチでスペツィアのGKバルトロミエ・ドラゴウスキが負傷した。 13日に行われたエラス・ヴェローナ戦に先発出場。しかし、38分にアクシデント。味方のバックパスがズレると、相手FWケビン・ラザーニャが猛然と追いかける。ボックスを飛び出てドラゴウスキがスライディングでクリアに入るが、ラザーニャが無理にボールを蹴りに行き脛と接触してしまう形に。ラザーニャは怒りを示したが、ドラゴウスキは悶絶。メディカルスタッフが飛び出し、担架を要求。すぐにプレー不可能な状況とわかった。 スタンドのファンだけでなく、チームメイトも重傷であることを察知し涙ぐむ選手も。呆然とする選手もいる中、担架で運び出されるドラゴウスキには両チームのファンから拍手が送られることとなった。 W杯を目前にした重傷。PZPNはドラゴウスキの重傷を報告すると共に、コペンハーゲンのGKカミル・グラバラの追加招集を発表した。 ポーランドはグループCに入り、22日にメキシコ代表戦、26日にサウジアラビア代表戦、30日にアルゼンチン代表戦を戦う予定だ。 ポーランド代表メンバーは以下の通り。 ◆ポーランド代表メンバー26名 GK ヴォイチェフ・シュチェスニー(ユベントス/イタリア) ウカシュ・スコルプスキ(ボローニャ/イタリア) バルトロミエ・ドラゴウスキ(スペツィア/イタリア)★負傷離脱 カミル・グラバラ(コペンハーゲン)※追加招集 DF アルトゥール・イェンドジェイチク(レギア・ワルシャワ) マテウシュ・ヴィエテスカ(クレルモン/フランス) ロベルト・グムニー(アウグスブルク/ドイツ) ヤクブ・キヴィオル(スペツィア/イタリア) カミル・グリク(ベネヴェント/イタリア) バルトシュ・ベレシュインスキ(サンプドリア/イタリア) ニコラ・ザレフスキ(ローマ/イタリア) マティ・キャッシュ(アストン・ビラ/イングランド) ヤン・ベドナレク(アストン・ビラ/イングランド) MF カミル・グロシツキ(ポゴニ・シュチェチン) ミハウ・スコラシュ(レフ・ポズナン) グジェゴシュ・クリホヴィアク(アル・シャバブ/サウジアラビア) ダミアン・シマンスキ(AEKアテネ/ギリシャ) セバスティアン・シマンスキ(フェイエノールト/オランダ) プルゼミスラフ・フランコフスキ(ランス/フランス) ヤクブ・カミンスキ(ヴォルフスブルク/ドイツ) クリスティアン・ビエリク(バーミンガム/イングランド) シモン・ジュルコフスキ(フィオレンティーナ/イタリア) ピオトル・ジエリンスキ(ナポリ/イタリア) FW ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン/ドイツ) アルカディウシュ・ミリク(ユベントス/イタリア) クシシュトフ・ピョンテク(サレルニターナ/イタリア) カロル・シフィデルスキ(シャーロットFC/アメリカ) <span class="paragraph-title">【写真】負傷のドラゴウスキの復帰を願いユニフォーム掲げるチームメイト</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">DRAGO <a href="https://t.co/wgvjECrBxJ">pic.twitter.com/wgvjECrBxJ</a></p>&mdash; Spezia Calcio (@acspezia) <a href="https://twitter.com/acspezia/status/1591828375638884352?ref_src=twsrc%5Etfw">November 13, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真】閲覧注意、相手と接触し即座に痛がるドラゴウスキ</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">LESÃO FEIA E ADEUS COPA! oleiro da seleção polonesa e do Spezia, se deu MUITO MAL em uma dividida com Lasagna, do Hellas Verona. Ele teve que ser substituído e tudo indica que vai perder a competição no Qatar. <a href="https://t.co/MtCTNiXFfe">pic.twitter.com/MtCTNiXFfe</a></p>&mdash; TNT Sports BR (@TNTSportsBR) <a href="https://twitter.com/TNTSportsBR/status/1591818167042514944?ref_src=twsrc%5Etfw">November 13, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.14 12:50 Mon
twitterfacebook
thumb

【CLグループG総括】シティが圧倒! 不振セビージャの隙を突いてドルトムントが2位通過

予想通りの結果となったグループG。悲願の初制覇を狙うマンチェスター・シティが圧倒的な実力を誇示した中、ドルトムントは必要な勝ち点を拾いながら2位通過。セビージャはもう少し踏ん張りたいところだったが、不調から抜け出せずELに回ることに。コペンハーゲンは無勝利で無念の敗退となった。 ■グループG順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.マンチェスター・シティ[14/4/2/0/12] 2.ドルトムント[9/2/3/1/5] 3.セビージャ[5/1/2/3/-6] 4.コペンハーゲン[3/0/3/3/-11] ◆悲願のビッグイヤーへ、GSは余裕の突破~マンチェスター・シティ~<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221104_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 目指すはビッグイヤーのみ。もはやグループステージはシティにとって余興に過ぎず、本番はラウンド16から。そして、その通りにグループGでは他を寄せ付けない強さで無敗で首位通過を決めた。 セビージャとの開幕戦から4発圧勝を収めると、続くドルトムント戦は早速の古巣戦となったハーランドの決勝ゴールで競り勝った。第3節ではコペンハーゲンと対戦し5得点。この時点でハーランドも個人的に5ゴールを記録し、CL通算成績を22試合28得点とした。 そんな新エースの活躍もあり、シティは4勝2分け無敗で当たり前のように首位通過。最終節のセビージャ戦では、右サイドバックで先発したDFリコ・ルイスが17歳と346日というCL史上最年少ゴール記録を打ち立てたことも話題に。 なお、シティがラウンド16で対戦する可能性のあるチームは、クラブ・ブルージュ、インテル、フランクフルト、ミラン、ライプツィヒ、パリ・サンジェルマンとなっている。 ◆4ゴールの19歳が決勝Tへ導く~ドルトムント~<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221104_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 2位通過はドルトムント。ハーランド退団で懸念された得点力の低下が影響し、6試合で3ドローともったいない結果に。ただ、その中でも19歳のベリンガムが4ゴール1アシストの活躍を披露。初戦から4試合連続ゴールで攻撃を牽引し、キャプテンマークを巻いた第3節のセビージャ戦では1ゴール1アシストと大車輪の活躍だった。 一方で、新加入ながら精巣腫瘍で戦線離脱中のアラーや、グループステージでは1ゴールに終わった同じく新加入のアデイェミら悔しい思いをした選手も。グループステージはライバルと見られていたセビージャが自滅し、ドルトムントが助けられた面もあるため、決勝トーナメント以降は安定した戦いを見せたいところだ。 ◆不振から抜け出せず、ELで挽回を図る~セビージャ~<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221104_7_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今季開幕からの不振から抜け出せず、わずか1勝で大会を後にすることになった。今季のセビージャは明確な大不振に陥り、ここまで公式戦18試合で挙げた白星はわずかに3つ。昨季までスペクタクルなサッカーを体現していたロペテギ監督が、1-4で敗れたドルトムント戦を最後に解任されることになった。 その後、セビージャは以前指揮官を務めたサンパオリ監督を招聘し再起を図ったが、就任以降の公式戦8試合は2勝3分け3敗と、なかなか梲が上がらない。このCLでは、第5節の時点で敗退が決定。それでも何とか3位でフィニッシュし、ELに回ることになった。 ◆GS最少スコアで完全敗北に~コペンハーゲン~<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221104_8_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 6シーズンぶりの本大会出場となったコペンハーゲン。ドルトムントやセビージャは、他のビッグクラブに比べて与し易い相手ではあったが、結果的に3分け3敗の未勝利に。攻撃に関してはわずか1ゴールしか挙げられず、文字通りの完敗となってしまった。なお、デンマークで唯一決勝トーナメント進出経験のある同クラブが最後にその決勝トーナメントに進出したのは10-11シーズンだ。 2022.11.04 18:30 Fri
twitterfacebook
thumb

逆転勝利のシティが無敗で首位通過! 2位通過のドルトムントは3戦連続ドロー《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)のグループG最終節の2試合が8日に行われた。 引き分け以上で首位通過の決まるシティ(勝ち点11)は、ホームでグループ3位の確定したセビージャ(勝ち点5)と対戦し3-1で勝利した。 試合は開始早々の2分にシティがショートカウンターからチャンスを迎えたが、パーマーのシュートは枠の左上に外れた。さらに27分には、フォーデンとのワンツーでボックス左に抜け出したギュンドアンがGKとの一対一を迎えたが、シュートは相手GKがわずかに触り、左サイドネットを叩いた。 やや劣勢の時間が続いたセビージャだが、最初のセットプレーでスコアを動かす。31分、イスコの右CKをファーサイドのラファ・ミルが頭で合わせると、ふわりとした弾道のシュートがゴール右に吸い込まれた。 迎えた後半は早い時間にスコアが動く。52分、ボックス手前で相手DFのミスパスをカットしたアルバレスのスルーパスをボックス右に走りこんだルイスがダイレクトシュートをゴールに流し込んだ。 その後、互いに選手を入れ替えながらゴールを目指すとシティが勝ち越しに成功する。73分、右サイドでボールを受けたデ・ブライネが絶妙なアーリークロスを供給すると、DFの裏に抜け出したアルバレスが飛び出したGKをかわし無人のゴールに流し込んだ。 さらにシティは、83分にも最終ラインのカルモナからボールを奪ったアルバレスのラストパスからマフレズがゴールネットを揺らし、3-1で勝利。この結果、シティが首位でグループGを突破した。 また、すでにグループステージ突破の決まっている2位ドルトムント(勝ち点8)は、最終戦で今大会初勝利を狙うコペンハーゲン(勝ち点2)とアウェイで対戦し1-1の引き分けに終わった。 試合が動いたのは23分、右サイドでボールを受けたパスラックが縦に仕掛けると、ボックス右深くからクロスを供給。これをファーサイドで受けたトルガン・アザールがトラップで浮いたボールを右足ボレーで叩き込んだ。 先制を許したコペンハーゲンだったが、前半終盤に試合を振り出しに戻す。41分、レイナのバックパスをカットしたクラーソンがボックス左から折り返しを供給すると、最後はハラルドソンがゴールに流し込んだ。 同点で迎えた後半は、立ち上がりから一進一退の展開で続くと、互いに選手を入れ替えながら勝ち越しゴールを目指したが、最後までスコアは動かず。試合はそのまま1-1で終了した。 2022.11.03 07:10 Thu
twitterfacebook
thumb

後半の3発でセビージャがコペンハーゲンに競り勝ち初勝利《CL》

セビージャは25日、チャンピオンズリーグ(CL)グループG第5節でコペンハーゲンをホームに迎え、3-0で勝利した。 勝ち点2で並ぶ3位セビージャと最下位コペンハーゲンの一戦。 引き分けでは両チームが敗退となる中、セビージャはドルベリを最前線に、2列目にイスコ、ラキティッチ、パプ・ゴメス、スソを据える[4-1-4-1]で臨んだ。 そのセビージャが立ち上がりから押し込む展開で推移するも、チャンスを生み出すことはできない。すると22分、ハラルドソンにミドルシュートでゴールを脅かされたが、GKドミトロビッチがセーブした。 その後も同様の展開で推移した中、35分にセビージャに好機。ボックス右でパスを受けたスソが枠内シュートを放ったが、GKの守備範囲だった。 膠着した前半をゴールレスで終えて迎えた後半、開始4分にセビージャはピンチ。CKの流れからクレムのミドルシュートがポストに直撃した。 前半とは一変してオープンな展開で立ち上がった中、55分にはゴールキックの流れからボックス手前右のイスコが強烈なボレーシュートを放つもGKの好守に阻まれた。 59分にハラルドソンにボックス内からGK強襲のシュートを打たれた中、セビージャが61分に先制する。パプ・ゴメスの浮き球パスからエン=ネシリがヘディングシュートを流し込んだ。 先制後はセビージャが流れを掴むと、終盤の88分に追加点。イスコがボックス左角付近から見事なコントロールシュートを流し込んだ。 結局、追加タイム2分にもモンティエルのゴールが生まれたセビージャがコペンハーゲンを撃破。初勝利を飾り、この後行われるドルトムントの結果次第で最終節に突破の可能性を残している。 2022.10.26 03:46 Wed
twitterfacebook
thumb

「ペップの後継者は決まりだ」指導者ハーランドが誕生?コーチング姿が反響「監督のイメージないけど…」

マンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドも将来は指導者になるのだろうか。 シティは11日、チャンピオンズリーグ(CL)グループG第4節でアウェイでコペンハーゲンと対戦。リーグ戦からスターティングメンバーを5名変更し、ハーランドはベンチスタートとなった。 試合はシティが22分にPKを獲得するもリヤド・マフレズが失敗。さらに28分にはセルヒオ・ゴメスがDOGSOにより一発退場となってしまい、およそ60分間を10人で戦こととなり、0-0で引き分けに終わった。 結局、温存ということもあって出場機会のなかったハーランドだが、ベンチで手腕を発揮していたようだ。 ハーランドはウォーミングアップしているポルトガル代表MFベルナルド・シウバに向けて手振りを交え、モチベーションを高めようとするコーチのようにふるまっていた。 微笑ましいシーンにはファンも反応。「ドレッシングルームの雰囲気は良さそうだ」、「こういうチームメイトがいると楽しくなる」、「ペップの後継者は決まりだな」、「あんまり監督のイメージは浮かばないけど」と様々なコメントが寄せられている。 温存で体力を回復できたであろうハーランド。16日にはプレミアリーグ第11節のリバプール戦を迎えるが、そこでは選手としてチームを勝利に導けるか。 <span class="paragraph-title">【動画】ハーランドが指導者になったら…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="in" dir="ltr">Erling Bernardo Phil <a href="https://t.co/wLZy6q92p2">pic.twitter.com/wLZy6q92p2</a></p>&mdash; Fred Caldeira (@fredcaldeira) <a href="https://twitter.com/fredcaldeira/status/1580107654370062337?ref_src=twsrc%5Etfw">October 12, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.14 20:15 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly