讃岐、選手1名の新型コロナ陽性を発表…濃厚接触疑い者にも1選手該当

2022.08.26 16:39 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
カマタマーレ讃岐は26日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。

当該選手は25日夕方に発熱、倦怠感があり、本日26日にPCR検査を受けたところ、陽性判定に。現在は適切な対策のもとで自宅療養中とのことだ。

なお、クラブのトップチーム選手1名が濃厚接触疑い者に該当したため、こちらについても現在自宅隔離中と報告している。

関連ニュース
thumb

鳥栖がイスマエル・ドゥンガと契約満了 レンタル先の讃岐からも退団

サガン鳥栖は30日、FWイスマエル・ドゥンガ(29)の契約満了を発表した。 かつて母国ケニアや、ギリシャ、ザンビア、アルバニアでプレーしたドゥンガは2021年の鳥栖入りで初来日。今年からカマタマーレ讃岐に期限付き移籍したが、明治安田生命J3リーグ4試合の出場で無得点だった。 2021年11月にケニア代表から声がかかった経歴の持ち主だが、レンタル加入先の讃岐からも退団が発表されたドゥンガ。両クラブを通じて、それぞれ別れの挨拶をしている。 ◆サガン鳥栖 「愛するサガン鳥栖ファミリーの皆様、この度、鳥栖を離れることになりました。鳥栖では1年のみのプレーとなりましたが、まずは日本でプレーできる機会を与えてくださったすべての関係者、私を受け入れてくれたチームメイトやスタッフの皆さんに感謝申し上げます」 「私自身日本に来て最初のクラブがサガン鳥栖でとても良かったと思います。試合に出た際にはいつも力強いパワーをサポーターから感じていました。今でもその光景が忘れられません。また皆さんにお会いできるようにこれからも頑張りたいと思いますので、どうぞ今後もドゥンガをよろしくお願いします。DOMO ARIGATOGOZAIMASHITA.」 ◆カマタマーレ讃岐 「ファン、サポーター、関係者の皆様、このたびチームを離れることとなりとても残念です。日本に来た2年間は私にとっていい時も悪い時もありましたが、全ていい経験でした」 「試合に出れずチームも勝てない苦しい中、それでもスタジアムで声をかけてくれるファンの皆さん、私のフラッグを作ってくれて声出し応援の時に私の名前を呼んでくれたファンの皆さんのことは一生忘れません。今後のことはまだわかりませんがまた皆さんにお会いできる日を楽しみにしております! DOMO ARIGATOGOZAIMASHITA.」 2022.11.30 14:40 Wed
twitterfacebook
thumb

讃岐がFW栗田マークアジェイとの契約満了を発表、今季はJFLの鈴鹿へ期限付き移籍

カマタマーレ讃岐は28日、FW栗田マークアジェイ(24)の契約満了を発表した。 栗田は東京都出身で、東京実業高校から静岡産業大学へ進学。2020年に讃岐に入団した。 プロ1年目から主力として活躍すると、2021シーズンはJ3で24試合に出場して2得点を記録。今季はJFLの鈴鹿ポイントゲッターズに期限付き移籍となった。 鈴鹿ではJFLで12試合に出場して1得点に終わった中、期限付き移籍期間が終了。そのまま契約満了となった。 栗田は両クラブを通じてコメントしている。 ◆カマタマーレ讃岐 「僕がプロになる扉を開けてくれたのがカマタマーレ讃岐でした。本当に感謝しています。このクラブで結果を出すのが1番の目標でしたがその目標を達成出来なくてとても悔しいです。自然豊かで住みやすい香川県が大好きでした!3年間応援してくれていたファン、サポーターの皆様ありがとうございました」 ◆鈴鹿ポイントゲッターズ 「鈴鹿のファン、サポーターの方々はとても優しく、いつも元気をもらえていました!個人として結果は出せませんでしたが、充実したシーズンを過ごすことができて人間的にも成長することができました」 「来シーズンは別のチームになりますが、進化した姿を見せれるように頑張りますので僕のことをチェックしてくれると嬉しいです!1年間お世話になりました!」 2022.11.28 12:11 Mon
twitterfacebook
thumb

讃岐、今季加入のFW吉井佑将と契約満了「いつも心強い応援がチカラになりました」」

カマタマーレ讃岐は25日、FW吉井佑将(27)の契約満了を発表した。 吉井は島根県出身で、関西大学から吹田ジョカトーレ千里FC、 松江シティFC、福山シティFCを経て、今シーズンから讃岐に加入した。 自身初のJリーグ挑戦となったなか、明治安田生命J3リーグで13試合の出場に終わっていた。 吉井はクラブを通じてコメントしている。 「1年間という短い間でしたが、ありがとうございました。シーズンを通して、悔しい思いをさせてしまうことが多かったと思いますが、いつも心強い応援がチカラになりました」 「また23番のユニフォームを着てスタジアムに来てくれることが何より嬉しかったです! また皆さんとピッチで会えることを楽しみにしています。そしてカマタマーレ讃岐の勝利を心から祈っています」 2022.11.25 18:10 Fri
twitterfacebook
thumb

J3讃岐が新監督に米山篤志氏を招へい、今季まで町田でコーチ「これまで以上に応援したくなるようなチームを目指す」

カマタマーレ讃岐は22日、新監督に米山篤志氏(46)が就任することを発表した。 栃木県出身の米山氏は、駒澤大学からヴェルディ川崎に入団してプロ入り。その後、川崎フロンターレや名古屋グランパス、栃木SCでプレーしていた。 日本代表でも1試合に出場したことがある米山氏は、引退後に東京23FCで監督を務めた他、名古屋のスクールコーチ、川崎Fのコーチ、そして2020年からは今シーズンまではFC町田ゼルビアでコーチを務めていた。 「カマタマーレ讃岐に関わる皆様、初めまして米山篤志です。この度監督を務めさせていただくこととなりました。これまで多くの方々が大切に守り育ててきたクラブの監督として選んでいただけたことを大変 光栄に思います」 「選手・スタッフと共に我々が最も機能する形を追求し、そこに向かって全員で貪欲に前進し続けるアグレッシブで一体感のある集団を作っていきます。無駄を削り、研ぎ澄ませ続けたその先にある「機能美」を体現し、これまで以上に応援したくなるようなチームを目指していきます」 「ファン・サポーター、株主、スポンサー企業、地域の皆様。そして、カマタマーレ讃岐を支える全ての皆様と共に、讃岐のために戦っていきますので、 ご支援・ご声援のほど宜しくお願いいたします」 代表取締役社長の池内秀樹氏もコメントしている。 「今シーズン、「ひたむきに、クレバーに、一つになって戦う」ことを合言葉に、監督、コーチ、選手はまじめに取り組んでくれました。しかしながら、十分な勝利につなげることができませんでした」 「プロである以上、勝利がすべてです。この精神で戦えない限り、選手もチームも生き残ることはできません。来シーズン、J3リーグは20チームの厳しい戦いになります。厳しいシーズンを戦い抜くために、選手が毎日、勝利のためにがむしゃらにサッカーに向きあうチームをつくりたい。この思いで米山氏に監督就任を要請し、受諾してもらいました」 「勝者のメンタリティをもつ米山監督のもと、来季、必ず強いチームを作ります。どうぞ私たちと一緒に戦ってください」 2022.11.22 12:43 Tue
twitterfacebook
thumb

讃岐がFW重松健太郎の契約満了を発表、2018年から5シーズンプレー

カマタマーレ讃岐は10日、FW重松健太郎(31)との契約満了を発表した。 重松はFC東京の下部組織出身で、2010年にトップチームに昇格。2年目以降は期限付き移籍が続き、アビスパ福岡、ヴァンフォーレ甲府、愛媛FCでプレー。2014年に栃木SCへと完全移籍。2015年からはFC町田ゼルビアでプレーした。 2018年に讃岐へと完全移籍。Jリーグ通算300試合出場も2021年に達成。今シーズンは明治安田生命J3リーグで19試合に出場し1得点を記録していた。 讃岐での通算成績は、J2で37試合6得点、J3で104試合18得点だった。 重松はクラブを通じてコメントしている。 「ファン、サポーター、スポンサー、カマタマーレ讃岐に関わる全ての皆さん5年間本当にありがとうございました。いつも温かい声援を送っていただきすごく感謝しています。また皆さんと会えることを楽しみにしています」 2022.11.10 21:57 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly