「マリノスの未来を切り拓く」2シーズン前の悔しさ胸に横浜FM・喜田拓也が意気込む「歴史を変えられるタイミングはそう何度も来るものではない」

2022.08.17 19:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
横浜F・マリノスのキャプテンを務めるMF喜田拓也が、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16のヴィッセル神戸戦を前に意気込みを語った。

現在は明治安田生命J1リーグで首位に立ち、リーグ制覇へと邁進している横浜FM。ACLでは全北現代モータース(韓国)、ホアンアイン・ザライ(ベトナム)、シドニーFC(オーストラリア)と同居したグループステージを4勝1分け1敗で終えて首位通過を果たした。

その横浜FMがラウンド16で対戦するのは神戸。ACLの舞台でJリーグチームと対戦することとなった。

喜田は神戸戦に向けて、「タフなグループステージを勝ち抜いて、明日から決勝トーナメントということで、ここから先はマリノスの歴史上は突破したことがない、見たことがない景色になるところではあるので、必ず自分たちの力でマリノスの未来を切り拓いていきたいですし、その力があるチームだと信じているので、自分たちがやってきたことを信じて、思い切ってぶつかっていくだけだと思います。マリノスファミリーの力を結集して、思い切ってぶつかっていきたいと思います」と、これまで通りのやり方で向かっていくと虚ちょうした。

横浜FMとしてはACLの最高位はラウンド16。この先に勝ち進んだことは今までない。

喜田は「クラブとして突破したことがないところまで来たので、切り拓くのは自分たち次第だと思います」と語り、「歴史を変えられるタイミングはそう何度も来るものではないので、チーム全員でやってきたことを信じて出し切りたいですし、何よりも今いる仲間と1試合でも多く戦いたいので、そのためには勝ち進まなければいけないです」と、しっかりと勝ちたいと意気込んだ。

また「あとは変に着飾る必要もないと思います。このチーム、この仲間を心の底から信じているので、自分たちが今までやってきたこと、仲間を信じて思い切ってぶつかるだけなので、結果や相手に囚われず、自分たちのことに集中して、堂々とピッチに立てればと思います」と、自分たちの良さをしっかりと出すことだけだとした。

その喜田は2020年のACLにも参加。カタールでの集中開催となった中、ラウンド16で水原三星ブルーウィングス(韓国)の前に敗れっていた。

当時も見たことのない景色を見ると口にしていた中で、悔しい思いをしたが、1年半が経過して再びチャンスが巡ってきた形となる。

「2020年のベスト16で敗退したあの日の光景だったり、景色というのは忘れたことはないです。強烈な悔しさを経て、本当に悔しい気持ちでチーム自体はいっぱいでしたが、それでも前を向いてみんなで手を取り合って進んできて、自分たちの手で切符を掴み取って、そして今年グループステージを勝ち抜いて、この場に立つということは、自分たちの手で掴み取ったと自信を持ってピッチに立つべきです」

「勝利という意味ではピッチに立つ、立たないは関係なくみんなの力が必要だということは、ACLに限らず、ずっと言ってきたことなので、それが自分たちの色で、大切にしてきたことです」

「ACLだからと変わることはないですし、ここから先は見たことがない景色ですけど、僕たち自身がやることは変わらないので、とにかくやることは、お互いを信じて堂々とピッチに立つ。やるべきことをやって結果を出すというのは、どの大会でも変わらないので、チームを信じて貫き通して、必ず結果を出したいと思います」

キャプテンとして再びチャレンジすることが叶った喜田。2シーズン前の悔しさを払拭し、未来を切り拓けるか。試合は18日の20時から埼玉スタジアム2002で行われる。

関連ニュース
thumb

モウリーニョ率いるローマが11月に来日! 横浜FMと国立競技場でフレンドリーマッチ開催

横浜F・マリノスは29日、11月に「EUROJAPAN CUP 2022」を開催することを発表。セリエAのローマが来日し、対戦することを発表した。 横浜FMの発表によると、ローマとは11月28日(月)に国立競技場にてフレンドリーマッチとして対戦するという。キックオフは19時30分とのことだ。 今回のフレンドリーマッチ開催に際し、キャプテンのMF喜田拓也、MF水沼宏太がコメントしている。 ◆MF喜田拓也 「今回、世界的に力のある素晴らしいクラブと対戦できる事を非常に嬉しく思います」 「この試合は貴重な経験になると思いますが、ただの思い出作りではなく、力のある相手に対して、今までやってきたことをチーム全員で思い切りぶつけていきたいと考えています。誇りと自信を持って戦う横浜F・マリノスの姿を一人でも多くの皆さんにご覧いただき、興味をもって頂くきっかけの試合となるよう全力を尽くして勝利したいと思います」 「エキサイティングな試合に出来るよう、皆で良い準備をしていきたいと思います」 ◆MF水沼宏太 「まずは、このような大会を開催するにあたり、多くの関係者の皆さんがご尽力頂いている事に感謝したいと思います」 「僕たち横浜F・マリノスがASローマと対戦するという事で、興味をもって下さる方もたくさんいると思います」 「幼少の頃からテレビで観ていたようなクラブと試合が出来るというのは、とても楽しみですし、日頃できない経験ができると思っています。選手みんなで全力で挑み、勝負にもこだわりたいと思いますが、とにかく観に来て下さる皆さんに楽しんで帰って頂けるような試合に出来ればなと思います。ぜひ皆さんスタジアムに来てください!」 ローマは、かつてはMF中田英寿も在籍したクラブで、2000-01シーズンにスクデットを獲得。その後は優勝はないが、2006-07、2007-08シーズンはコッパ・イタリアを連覇。女子チームには現在DF南萌華が在籍している。 男子チームは世界的な名将であるジョゼ・モウリーニョ監督が率い、2021-22シーズンは発足したヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)を制覇。アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラやイングランド代表FWタミー・エイブラハムらが所属しているが、カタール・ワールドカップ(W杯)を時期が重なるために不参加に。しかし、イタリア代表はW杯出場を逃しているため、MFニコロ・ザニオーロ、MFロレンツォ・ペッレグリーニ、FWアンドレア・ベロッティらは来日する可能性が高いと見られる。 2022.09.29 19:10 Thu
twitterfacebook
thumb

「いつも通りやろう」U-19日本代表のキャプテンとして予選通過を果たした山根陸、この先はJ1優勝目指すチームへ「置いていかれないように」

U-19日本代表のキャプテンを務めたMF山根陸(横浜F・マリノス)が、U-20アジアカップ予選を振り返った。 U-19日本は、10日からラオスで集中開催されているU-20アジアカップ予選に参加。グループCに入り、イエメン、パレスチナ、ラオス、グアムと同居した。 A代表のレベルで考えればどのチームも力の差がある格下。日本は12日の初戦でラオスを0-4で下すと、14日にグアムを9-0、16日にパレスチナと0-8で破っていた。 そして迎えた18日は、グループで一番力のあるイエメンと対戦。相手がマンツーマンで守備をするなど強度に苦しんだが、セットプレーからオウンゴールが決まり1-0で勝利。4戦全勝、無失点で予選突破を決めた。 イエメンを終えた翌日、山根はメディアのオンライン取材に応対。今回の予選を振り返った。 「チームとしては突破できたことは嬉しく思いますし、今まで積み重ねてきたもの、目指しているものは、毎試合毎試合成長できている実感はありました。それはまた次の活動でも見せられればと思います」 「個人としては中東の相手、最後のイエメン戦は個人としてもすごく難しく、普段とは違う戦術で来る相手にグラウンドで解決する能力、個人として打開出来る様になりたいです」 中1日というハードなスケジュール、さらにピッチコンディションなど環境面も日本とは違い簡単ではない状況での大会となった。 「ピッチコンディション、気候もそうですが、東南アジアはぬかるんだピッチが多かったり、初日の練習は慣れない部分がありましたが、段々段々ボールフィーリングや読めないバウンドは初日に比べれば慣れてきたと思います」 「食事の面は意識的に摂っていかないと自然と体重が落ちてしまうので、普段よりも気を遣っていたかなと思います」 とはいえ4連勝で無失点。苦しんだ部分もありながらも、結果を残した。 ここからはまたクラブに戻ってのプレーとなるが、「僕がプラスするというよりは、僕がいない間にチームも良い方向に行っていると思いますし、置いていかれないようにしないといけないです」とコメント。「マリノスと代表はやり方が違う部分があるので、切り替えてしっかりとメンバーに入れるようにしていきたいと思います」と、優勝を目指すチームでもしっかりとプレーしたいとした。 今大会キャプテンとして意識したことについては「いつも通りやろうということを意識しました」と語り、「キャプテンになったからといっていつもと違うことはしていないです」とコメント。「普段のプレーだったりを見て、冨樫さんから任命してもらったので、そこはいつも通りで良いのかなという判断をしました。特に変わったことはなかったです」と、普段通りの振る舞いをしていたとした。 中1日での試合の手応えについては「連携の部分や攻撃のコンビネーションは、チームとして同じ絵を描けるシーンが増えてきたかなと。あとは個人のクオリティが上がれば良いサッカーを見せられるシーンもあります」と語り、「改善点も同じように見つかっていて、毎試合少しずつ改善されていったのが成長だったと思います」と、予選を通じて成長している部分はあるとした。 これで予選を突破。来年行われるU-20アジアカップを戦い抜いて、その先にU-20ワールドカップが控えている。 「フランス(6月のモーリスレベロトーナメント)でヨーロッパや南米の良いチームといっぱい戦って、チームとしてだけでなく、個人としても感じました。将来海外と戦っていくためにも、良い経験の場になりますし、日本代表としてワールドカップで1位を取るということをずっと目標にしてきているので、その目標に向かっていけばいくほど成長できると思っています」 「この大会があるから、自分たちも基準が上げられるというか、世界に基準を向けられると思います」 2022.09.19 17:28 Mon
twitterfacebook
thumb

首位の横浜FMが2位の川崎Fを突き放せずのゴールレス…アンデルソン・ロペスの恩返し弾も幻に【明治安田J1第30節】

明治安田生命J1第30節の横浜F・マリノスvs北海道コンサドーレ札幌が18日に日産スタジアムで行われ、ゴールレスドローに終わった。 前節は京都サンガF.C.を2-1で破り、3連勝となった首位の横浜FM。2位の川崎フロンターレが前日の柏レイソル戦でドローに終わり、勝ち点差を広げるチャンスとなった一戦に向けては、累積警告によって出場停止となったエドゥアルドに代わり、角田がセンターバックの位置で先発した。 対する11位の札幌は前節、4-0でジュビロ磐田に快勝で連勝。今節はガブリエル・シャビエルがトップ起用、菅が3バックの一角に入るなど、普段とは異なった配置で臨む。 大雨が降りしきる中でキックオフを迎えた一戦。立ち上がりから両チームがサイド攻撃を中心にゴールに迫るアグレッシブな展開の中、最初に決定機を迎えたのはホームの横浜FMだった。9分、敵陣左サイド浅い位置でのスローインから、古巣戦のアンデルソン・ロペスが中央でフリックすると、反応した渡辺が右に展開する。ボックス右でフリーとなっていた水沼がボールを受けて右足を振り抜くが、惜しくも右に外れた。 勢いを強める横浜FMは17分にもマルコス・ジュニオールとのワンツーでボックス右まで攻め込んだ水沼がゴールに前にふわりとしたクロスを供給。これにアンデルソン・ロペスが頭で合わせようとするが、うまくミートできず、左肩に当たったボールがゴールへと向かい、クロスバーを叩いた。 ここまで押され気味の札幌だったが、23分に速攻を展開。岡村の自陣からのロングボールでボックス右に抜け出した金子が後方にパスを出す。走り込んできた田中がダイレクトで強烈な右足シュートを放つも、正面に飛んでしまい、相手GKに処理される。 44分にもアウェイチームに惜しいシーン。ボックス内での空中戦のこぼれ球を拾った菅がボックス手前にバックパス。これに反応した高嶺が左足のクロスを上げ、ゴール前に飛び込んだ岡村が頭で合わせるも、相手GKの好セーブに阻まれる。 ゴールレスで前半を終えた中、ハーフタイムには両チームがメンバーを変更。横浜FMは藤田を、札幌は興梠を起用し、先制点を狙う。 前半も幾度となく決定機を迎えていた横浜FMだが、56分についにゴールネットを揺らす。ボックス左手前に獲得したFKの場面で永戸の放った低い弾道のボールは一度跳ね返されるも、こぼれ球をボックス左で拾ったエウベルが中央へ送る。このボールを巡ってゴール前は混戦となるが、最後はアンデルソン・ロペスがゴールに押し込んだ。しかし、シュートの直前のプレーで藤田が相手選手の足を踏んでしまっており、VARが介入した結果これがファウルの判定に。得点は取り消しとなった。 後半に入って大きなチャンスを作れていなかった札幌だが、77分には金子が一人で局面を打開。ルーカス・フェルナンデスのパスを敵陣右サイド浅い位置で受けると、ボックス手前中央まで切り込んで左足を振り抜いたが、鋭いボールは相手GKの横っ飛びによって処理されてしまう。 終盤を迎え、札幌がアウェイでの1ポイント獲得に向けてゆっくりと時間を使うのに対して、横浜FMはゴールを目指して攻撃を展開。しかし、前線のコンビネーションがうまくかみ合わず、フィニッシュまで至らない。 そのまま時間は進み、0-0のまま試合終了。2位川崎を相手にタイトルを争う横浜FMにとっては足踏みとなる痛いドローとなった。 横浜F・マリノス 0-0 北海道コンサドーレ札幌 2022.09.18 16:24 Sun
twitterfacebook
thumb

えっとそろそろ横浜FMの優勝が決まるんじゃないですかって言われたので!? の巻/倉井史也のJリーグ

川崎が名古屋に引き分けたので、残り6試合で勝点5差!! Jリーグの勝点計算でよく言われる言葉の一つに、「残り試合数が勝点差より少なければ優勝決定」というのがあるんですけど、はたしてこの言葉って正しいんでしたっけ? ってことで、今回は過去の逆転劇で残り試合数と勝点差のデータを追ってみましょ!! 例によって2005年以降のJ1リーグが18チーム構成になってから、さらに2シーズン制だった2015年と2016年、20チーム構成だった2021年は除きますよ。 できる限り今回と同じ条件に近い年を探すために、残り6試合で調べてみます。まず歴代の優勝チームと、残り6節で首位に立っていたチームは 2005年|優勝:G大阪/残り6試合で首位:G大阪 2006年|優勝:浦和/残り6試合で首位:浦和 2007年|優勝:鹿島/残り6試合で首位:浦和 2008年|優勝:鹿島/残り6試合で首位:鹿島 2009年|優勝:鹿島/残り6試合で首位:清水 2010年|優勝:名古屋/残り6試合で首位:名古屋 2011年|優勝:柏/残り6試合で首位:G大阪 2012年|優勝:広島/残り6試合で首位:広島 2013年|優勝:広島/残り6試合で首位:広島 2014年|優勝:G大阪/残り6試合で首位:浦和 2017年|優勝:川崎/残り6試合で首位:鹿島 2018年|優勝:川崎/残り6試合で首位:川崎 2019年|優勝:横浜FM/残り6試合で首位:鹿島 2020年|優勝:川崎/残り6試合で首位:川崎 つーことは、14回のデータの中で残り6節からの逆転が起きたのは6回、約43パーセント。ってことで、今年はもう横浜FMが半分以上優勝しちゃったようなもんですよ!! ちなみにその6回の勝点差は 2007年第28節|首位:浦和(64)/3位:鹿島(54)/勝点差10 2009年第28節|首位:清水(50)/2位:鹿島(50)/勝点差0 2011年第28節|首位:G大阪(57)/2位:柏(56)/勝点差1 2013年第28節|首位:浦和(56)/2位:G大阪(52)/勝点差4 2017年第28節|首位:鹿島(61)/2位:川崎(56)/勝点差5 2009年第28節|首位:鹿島(55)/3位:横浜FM(52)/勝点差3 6回のうち5回は勝点差が5以内、6回の平均勝点差は3.8と、今の勝点5差では相当難しい! やっぱり横浜FMで今年は決まり!! ……って、よくデータ見たらまだいろいろありそうなんですけど。 2007年は勝点10差をひっくり返してるし、2017年は勝点5差を川崎がひっくり返してるし。もしかしたら広島までチャンスが広がってくるかもしれないし、C大阪なんかが悲願の初優勝することになっちゃったらもう大騒ぎだし。 ということで、まだまだ優勝争いも面白そうですよ! ほら、みんな、残留争いばっかり見てないで!! <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】</br>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2022.09.17 15:45 Sat
twitterfacebook
thumb

「泣かせるじゃないか」横浜FMの助っ人エウベルがケガしたチームメイトのゴールパフォ披露!「仲川発信なのもいい」

横浜F・マリノスの選手たちが一致団結している。 横浜FMは14日、サンガスタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第26節で京都サンガFCと対戦。優勝に向けて3連勝を目指した。 試合はDFエドゥアルドの移籍後初ゴールで横浜FMが先制。さらに50分には、攻め込んでいた中でクロスがGKに跳ね返されたところを、ボックス左のFWエウベルがダイレクトでループシュート。これが見事な軌道を描きながらゴールに吸い込まれていった。 貴重な追加点を喜ぶエウベルはゴール裏まで駆け寄ると、チームメイトたちと喜びを爆発。そして、前節のアビスパ福岡戦でタックルを受け負傷をしたFW西村拓真のゴールパフォーマンスを披露した。 助っ人のチームメイト思いな行いにはファンも感動。「泣いちゃう」、「マリノスファミリー最高だぜ」、「エエやつや」、「泣かせるじゃあないか」と反応したほか、直前にFW仲川輝人がエウベルに西村のゴールパフォーマンスを見せており、「全員好き」「テル(仲川)発信なのもいい」といった声もあった。 横浜FMは終盤に1点を返されるも、逃げ切りに成功。リーグ戦3連勝で首位を守っている。 <span class="paragraph-title">【動画】エウベルが普段西村がやっているゴールパフォーマンスを披露!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="UCgeQ1Ku2AQ";var video_start = 321;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.15 19:45 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly