「ちょっとした悪夢」監督も高く評価した三笘薫のプレミアデビュー、本人は「全く緊張しなかった」

2022.08.16 18:53 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグデビューを果たした日本代表MF三笘薫が、改めてデビューについて語った。クラブ公式サイトが伝えた。

昨夏川崎フロンターレからブライトン&ホーヴ・アルビオンへと完全移籍で加入した三笘。労働許可証が下りないこともあり、ベルギーのロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズへと1年間のレンタル移籍を果たした。

そのベルギーでは持ち前のドリブルスキルを活かし、プロ1年目同様に途中出場からチャンスをものにすると、その後はレギュラーに定着。レギュラーシーズンで首位に立つチームの原動力となっていた。

日本代表にも招集され、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選でも貴重な任務を遂行した三笘。満を持してブライトンへと復帰し、今シーズンはプレミアリーグに挑戦することとなった。

開幕戦のマンチェスター・ユナイテッド戦はベンチに入るも出番は訪れず。続く13日の第2節、ニューカッスル戦もベンチスタートとなると、ゴールレスで迎えた75分にピッチに立ち、プレミアデビューを果たす。

その三笘は、左サイドを何度となく突破し、ファンの心を鷲掴みに。あわやゴールというシーンも生み出すなど、短い時間でもインパクトを残していた。

三笘はクラブを通じて改めてデビュー戦について言及。自分がどういう選手かということを見せることができたと一定の手応えを感じたようだ。

「最初の一歩を踏み出し、サポーターに自分がどんな選手かを示すことができたと思います。また、監督やコーチ陣にも自分がプレーできることを証明しました。あとは出場時間が増えた時、同じようなパフォーマンスを見せたいと思います」

「勝つことができましたし、勝つべき試合だったと思います。個人的には、チームメイトからの信頼を得るため、このようなプレーを続ける必要があると思っています」

「ピッチに入った時は、全く緊張していませんでした。自分のことに集中し、他のことはあまり考えていなかったです。ファンからの素晴らしいサポートを受け、雰囲気はとても良かったです。心地良かったですし、プレーへのモチベーションを高く持っていました」

15分強という短い時間でファンにインパクトを与えた三笘だったが、それはグレアム・ポッター監督も感じたようだ。ポッター監督は、試合後に三笘について称賛。相手は苦労すると三笘の力が通用するとの見解も示した。

「彼はサイドバックに問題を引き起こすだろう。狭いところを抜いていく力がある」

「彼はとてもユニークで、素晴らしいインパクトを与えてくれた。試合前にも話したが、11人全員が90分間プレーし続けることは難しい。サブの選手、彼らのインパクトがカギになる。彼らはよくやってくれたが、3ポイントを得ることはできなかった」

「彼は左サイドから中央へ、そして右足を使うことを織り交ぜることができる。だから、ディフェンダーからしたらちょっとした悪夢だ。彼と対戦するのは気が進まないだろう。間違いなくね」



1 2

関連ニュース
thumb

「カオルは止められない」三笘の“ドリブル無双”に現地のファンも熱狂!「最もエキサイティングなプレイヤーの 1 人」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの公式ツイッターがリバプール戦での日本代表MF三笘薫のプレーをピックアップ。「カオルは止められない」と話題を呼んでいる。 1日、プレミアリーグ第9節でリバプールとアウェイで対戦したブライトン。エリザベス2世女王陛下の逝去や鉄道のストライキなどもあり、1カ月ぶりのゲームとなり、ロベルト・デ・ゼルビ新監督の初陣となった。 ベンチスタートだった三笘は、3-2と逆転された直後の65分に左サイドに投入されると、70分過ぎに得意のドリブルからイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドとエジプト代表FWモハメド・サラーの2枚を鮮やかに抜き去っていきなり決定機を演出した。 ブライトンが「カオルは止められない」とこのシーンをピックアップすると、「三苫薫はどんなディフェンスラインにも侵入できる」、「彼はワールドクラスのスーパーサブになれる」、「アントニー・クノッカール以来最もエキサイティングなプレイヤーの 1 人」と現地のファンからも驚きの言葉が寄せられている。 その後もチャンスを演出した三笘。83分にはアシストはつかなかったものの三笘のクロスから値千金の同点ゴールが生まれており、ファンとデ・ゼルビ監督の信頼を掴む出来だった。 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫のドリブル無双</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">You can&#39;t stop Kaoru. <a href="https://twitter.com/kaoru_mitoma?ref_src=twsrc%5Etfw">@Kaoru_Mitoma</a> <a href="https://t.co/0Y3to5kuuo">pic.twitter.com/0Y3to5kuuo</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1577251684971171841?ref_src=twsrc%5Etfw">October 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.05 12:05 Wed
twitterfacebook
thumb

好調トロサールがブライトンからのステップアップ示唆

ベルギー代表FWレアンドロ・トロサール(27)は、ブライトンからのステップアップの可能性を示唆している。 2019年夏からブライトンでプレーするトロサール。プレミアリーグ初年度から毎シーズン10ゴールに絡む活躍を続けており、今季はすでに7試合で5ゴール2アシストという結果を出している。 とりわけ、直近のリバプール戦でのハットトリックの活躍は鮮烈で、自身をブライトンに誘ってくれたグレアム・ポッター監督率いるチェルシーや以前から関心を示すアーセナルなどプレミアリーグのクラブを中心に、国内外のビッグクラブへの移籍が取り沙汰されている。 その注目のベルギー人アタッカーは、イギリス『BBC』のインタビューで今後の去就に言及。ブライトンでの充実を強調しながらも、ステップアップの可能性を示唆している。 「今、それ(将来の移籍について)について何かを言うのは難しいよ。それは完全にどのクラブが来るかにかかっているからね」 「もしも自分自身良いフィーリングを得て、プライベートレベルでも物事がうまくいけばね…。だけど、同じようにブライトンで自分がどれだけ良い状況にいるかも理解しているし、新しい監督のロベルト・デ・ゼルビも有望に見えているよ」 また、ここ最近のゴール量産に関しては、昨季主戦場としたウイングバックから1列前の2シャドーの一角でプレーする機会が増えたことを理由に挙げている。 「今はピッチ上で少し高い位置でプレーしているから、ゴールを決めるチャンスが増えているんだ。チャンスが増えれば増えるほど、得点できるようになるものだからね。それがここ数年との最大の違いだと思うよ」 2022.10.05 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシーがストライカー陣に大補強施す? マルティネッリ&ヴラホビッチにも関心

チェルシーが前線の強化を目論んでいるようだ。 チェルシーはここ数日、RBライプツィヒのフランス代表MFクリストファー・エンクンク(24)を来夏に獲得するのではと話題に。メディカルチェックはすでに完了したとも報じられるが、グレアム・ポッター監督はエンクンク以外のアタッカーも欲しているという。 イギリス『サン』によると、その選手とはユベントスのセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(22)とアーセナルのブラジル代表FWガブリエウ・マルティネッリ(21)。ともに若くしてそれぞれのチームで攻撃をけん引し、ヴラホビッチについてはユベントスが来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃せば獲得の見込みもあると考えられている。 チェルシーは今夏、トーマス・トゥヘル前監督のチームに補強資金として2億7500万ポンド(約452億円)もの大金を投下。トッド・ベーリー会長はポッター現政権にも同じぐらいの支援をする見込みだという。 なお、ポッター監督の古巣ブライトン&ホーヴ・アルビオンからエクアドル代表MFモイセス・カイセド(20)を引き抜く可能性や、38歳となった最終ラインのリーダー、DFチアゴ・シウバの代わりにインテルのスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)を据えるプランも残されているとのことだ。 2022.10.04 16:17 Tue
twitterfacebook
thumb

「何かの兆候だ」2点差逆転も追いつかれたリバプール、クロップ監督が嘆き「トップレベルの守備が必要」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、ブライトン&ホーヴ・アルビオン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは1日、プレミアリーグ第9節でホームにブライトンを迎えた。 今シーズンは開幕から低調なパフォーマンスが続き、初勝利は第4節。中断前の前節もエバートン相手にゴールレスドローに終わっていた。 なかなかパフォーマンスが上がらない中、この試合も前半にレアンドロ・トロサールに2ゴールを許してしまう苦しい展開に。それでも、ロベルト・フィルミノの2ゴールとオウンゴールで逆転に成功した。 このまま勝利を収めていきたいところだったが、83分に三笘薫のお膳立てからトロサールにハットトリックを許してしまい同点に。打ち合いとなった試合は3-3のドローに終わった。 試合後、またしても勝ち切れなかったクロップ監督は、このような状況は何度も見てきたとコメント。難しい状況が続いていることを認め、まずは守備面の改善をしなければいけないと見解を示した。 「100%正直に言って、同じような状況は初めてではない。多分、我々が見た状況の数は、ボールが高く蹴られた場合や、様々な状況で少し異なっていたかもしれないが、それは何かの兆候だ。その兆候は、信頼度が特別高くなったわけではないということだ」 「我々の状況では手に入れたいもの、自信を取り戻すこと、そしてそれを維持し、増やしていきたいと思う。それに基づいて構築していきたいと思う」 「特に最初のゴールでは明らかで、2点目も助けにはならなかった。ブライトンのセットプレーには驚かされた。何をされるかも見当がつかず、ここ数週間のブライトンの状況がわからないことは明らかだった」 「以前はグレアム・ポッター、現在はロベルトと、彼らは良いセットプレーを持っている。だから、今に始まったことではなく、正直になれば、よくあることだった」 「通常はより早く適応できるが、その前に2-0となった。その後、彼らが何をしていたかをよく理解し、より適切な反応を見せルコとができた」 「その結果、隙間がなくなり、ハーフスペースからボールを出せなくなった。結果として、試合を振り出しに戻すことができた」 「2-1、2-2、3-2。そしてまた…長くここでサッカーを見ていると、何年か前に1点差という状況があり、その時は誰もが心臓が止まりそうになったことがあった」 「というのも、カウンターやコンパクトな展開に説得力がなかったからだ。今日はそのことを少し思い出した。だから、3-2とリードをしていた時に、失点しないと100%確信していたとは言えない」 「彼らはゴールを決めた。我々は3つのゴール全てでもっと上手く守るべきだった。最後の瞬間ではなく、もっと早い段階で防ぐべきだった」 「彼らは3-3となるゴールを決めたが、敗北ではないのに敗北のように感じている。我々は、この状況を戦い抜かなければならない」 「選手たちはもっと上手くプレーできる。私の仕事は、彼らが結果を出せる状況を作り出すことだ。そのためには、安定性と一貫性が必要であり、トップレベルの守備が必要となる。明らかにトップレベルではなく、試合中もそうではなかった。他の場面では本当に危険な状態があった」 「我々は良い場面が色々あり、3-2とリードできたことは本当に良かったと思う。その後、我々は深く腰掛けることもなく、高い位置から攻めることもなく、その中間のような状態だった。それで彼らに良い場面が作られてしまった」 「オフェンシブな選手がライン間でターンするようなシチュエーションをいくつ見たか分からないほどだ。見ていて本当に酷かった」 「繰り返しになるが、これは常に勝ち続けている時と同じ仕事だ。ただ、選手たちが反応するような状況を作り出し、それが簡単にできるようにしなければならない。だからより難しくなっている」 2022.10.02 13:17 Sun
twitterfacebook
thumb

「全員が素晴らしいプレー」初陣でリバプールに追いついたデ・ゼルビ監督、三笘薫ら途中出場選手も称える「交代選手が違いを生み出した」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンのロベルト・デ・ゼルビ監督が、リバプール戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 ブライトンは1日、プレミアリーグ第9節でリバプールとアウェイで対戦した。 プレミアリーグでは好スタートを切り、4位につけるブライトン。グレアム・ポッター前監督がチェルシーに引き抜かれるという緊急事態に陥った中、ロベルト・デ・ゼルビ監督を招へい。エリザベス2世女王陛下の逝去や鉄道のストライキなどもあり、1カ月ぶりのゲームとなった。 デ・ゼルビ新監督の初陣となったリバプール戦ではレアンドロ・トロサールが躍動。4分、17分と連続ゴールを記録しリードを広げる。 今季なかなか調子が出ないリバプールもしっかりと反撃。33分、54分にロベルト・フィルミノが連続ゴールで追いつくと、63分にはオウンゴールで逆転に成功する。 苦しくなったブライトンは逆転された直後の65分に三笘を投入。すると83分に三笘が大きな仕事を。ボックス左でパスを受けると、そのままクロス。これをトロサールがダイレクトで蹴り込みハットトリック達成。リバプール相手に追いついて引き分けに終わった。 初陣を終えたデ・ゼルビ監督が試合後に選手たちを称えてきたとコメント。リバプールを相手に勝てるチャンスもあったとし、勇敢に戦った選手たちを称賛した。 「ロッカールームでは選手たちに、パフォーマンスを誇りに思っていることを伝えた。私はチームに情熱と激しさを持ってプレーしてほしいと思っていた。トレーニングのピッチで彼らに伝えたが、全員が素晴らしいプレーを見せてくれた」 「クレイジーな試合だった。選手とクラブのことを嬉しく思うし、誇りに思っている。試合に勝つ可能性はあったが、リバプールは素晴らしいチームだ。勝っていたとしても、何かを盗んだような気分にはならなかっただろう」 「私が良い監督かどうかは分からないが、勇敢な監督であり、とても優れたチームをまとめたグレアム・ポッターの功績を讃えなければいけない」 「我々が送り出した交代選手が違いを生み出し、我々は良い試合をした。良いプレーを出すことが難しいアンフィールドで、より多くのゴールを奪う可能性があった」 また、ハットトリックを達成したトロサールについても言及。ブライトンにとってプレミアリーグで初のハットトリックとなったが、デ・ゼルビ監督はもっとやれるだろうと期待を込めた。 「トロサールは2つの素晴らしいゴールを決め、素晴らしい試合を見せていた。3つ目のゴールはとても難しかったが、彼は上手くチャンスを掴んだ」 「ただ、彼のことは素晴らしいプレーヤーだと考えているので、もっと上手くやれると思っている」 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫の絶妙なクロスからトロサールがハットトリック達成!全3ゴールをチェック</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://t.co/QUdKjW5gTp">pic.twitter.com/QUdKjW5gTp</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1576316023619391494?ref_src=twsrc%5Etfw">October 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.02 12:28 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly