セビージャがバイエルンの若手DF獲得か? デンマーク代表DFからターゲット変更

2022.08.16 12:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セビージャがバイエルンのU-20フランス代表DFタンギ・ニアンズ(20)の獲得に近づいているようだ。スペイン『アス』が伝えた。

ニアンズはパリ・サンジェルマン(PSG)の下部組織出身で、2019年7月にファーストチームに昇格。1年後の2020年7月にバイエルンへとフリーで完全移籍した。

コートジボワールにルーツを持つニアンズは、PSGで公式戦13試合に出場し3ゴール1アシスト。バイエルンでは、ここまで公式戦28試合に出場し1ゴール1アシストを記録している。

センターバックでプレーするニアンズは、世代別のフランス代表を経験し、U-20フランス代表ではキャプテンを務め、10試合に出場し1ゴールを記録していた。

セビージャはガラタサライのデンマーク代表DFビクトル・ネルソン(23)の獲得を目指していたが、交渉が進まずにチームは痺れを切らしている状況。そこで目をつけたのがニアンズとのことだ。

移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏も、交渉が終わりに近づいているとし、ニアンズの移籍決定は間も無くだとしている。

191cmの上背に右利きのCB。バイエルンとの契約も2024年6月までという状況で、移籍金は1000万ユーロ(約13億6000万円)程度とのこと。ネルソンには1500万ユーロ(約20億4000万円)のオファーを出したものの、ガラタサライに拒否されたこともあり、ターゲットは完全に切り替わったとみられている。

関連ニュース
thumb

解任から一夜明けたロペテギ氏、セビージャに別れ「心に思い出が刻まれている」

フレン・ロペテギ監督がセビージャに別れを告げた。スペイン『Fichajes』が伝えている。 5日にセビージャから解任が発表されたロペテギ氏。2019-20シーズンのヨーロッパリーグ(EL)制覇や、翌季のラ・リーガにおけるクラブレコードの勝ち点77獲得など、大きな成果をもたらした功労者だが、昨季終盤から今日に至るまで低迷が続き、現在はついにリーグ戦17位に。首脳陣らが苦渋の決断を下すこととなった。 解任発表から一夜明け、シーズン途中の解任では異例とも言えるお別れセレモニーに出席。自身を招へいしたスポーツ・ディレクター(SD)のモンチ氏やクラブ、ファンへ向けた感謝の言葉を並べた。 「頭と心のなかにあるものを表現するため、落ち着いて呼吸し、力を抜かねばならない。フットボールは私のような者にとって生活の一部だ。24時間365日、身体と魂を擦り減らしているが、心には思い出が刻まれている」 「彼(モンチ氏)と一緒にチームを構築してきた。会長をはじめとするクラブの全員にも感謝している。皆との友情やファンからの敬意など、ここであらゆるものを貰ったよ」 「セビージャは近いうちに本来いるべき位置に戻るだろう。しばらく経って私がそれを見たとき、私はセビージャにいたことを誇りに感じるはずだ。心の底からありがとう。永遠の友よ」 セビージャはロペテギ氏の後任として元指揮官のホルへ・サンパオリ氏(62)を再び招へいするとされ、ロペテギ氏自身もウォルバーハンプトンの指揮官就任が確実とみられている。 2022.10.06 20:46 Thu
twitterfacebook
thumb

セビージャがロペテギ監督を解任... 無念のラキティッチ「責任の大半は選手」

セビージャのクロアチア代表MFイバン・ラキティッチが、指揮官の解任に悔しさを滲ませた。スペイン『ムンド・デポルディポ』が伝えている。 セビージャは5日、チャンピオンズリーグ(CL)グループG第3節のドルトムント戦で1-4の大敗を喫してまもなく、フレン・ロペテギ監督(56)の解任を発表した。 同監督の下でセビージャは2019-20シーズンのヨーロッパリーグ(EL)を制し、翌季はラ・リーガでクラブ歴代最高の勝ち点77を獲得。だが、昨季後半戦ごろからなかなか白星を挙げられなくなり、今季はラ・リーガ17位に低迷。首脳陣らが苦渋の決断を下すこととなった。 そんななか、チームリーダーの1人であるラキティッチが指揮官の解任に言及。低迷の原因は選手側にあると語り、ロペテギ氏への感謝も口にしている。 「責任の大半は選手たちにある。監督とは良い関係を築いてきたからとても悲しいよ。監督とともに歩んだ道のりは素晴らしいものだった。心の底から感謝している」 「彼には最大限の敬意を払うべきで、それに値する人物。いまは本当につらいけど、明日からは再び立ち上がらなくてはならない」 クラブはロペテギ氏への敬意から、シーズン途中の解任にもかかわらず、6日に本拠地で異例のお別れ会見を実施する予定。後任には元指揮官のホルヘ・サンパオリ氏(62)が再登板するとされ、ロペテギ氏もウォルバーハンプトンの指揮官就任が確実とみられている。 2022.10.06 14:59 Thu
twitterfacebook
thumb

「値する勝利」セビージャに引導を渡したドルトムント、4発快勝もGS突破に指揮官「6ポイントでは足りない」

ドルトムントのエディン・テルジッチ監督が、セビージャ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 5日、チャンピオンズリーグ(CL)グループG第3節でドルトムントはアウェイでセビージャと対戦した。 CLでは1勝1敗のスタート。ブンデスリーガでは、あまり調子が良いとは言えないドルトムント。グループステージを突破する上では大事なセビージャとの連戦となった。 ただ、ドルトムント以上に不調のセビージャを相手にこの日は選手たちが躍動。6分にラファエル・ゲレイロのゴールで先制すると、41分にジュード・ベリンガム、43分にカリム・アデイェミと、アウェイゲームながら前半で3点を奪うことに成功する。 セビージャは後半早々に1点を返すも、ドルトムントは75分にユリアン・ブラントがダメ押しのゴール。1-4で快勝を収めた。 テルジッチ監督は、アウェイゲームでの大勝に喜びを露わに。選手が揃っていない中でも、しっかりと戦って4ゴールを奪えたことを称えた。 「値する勝利だった。多くの局面でとても良い試合を見せた。ただ、あまり好ましくない時間帯もあった」 「言い訳にするわけではないが、今日は9人も選手がいなかった。その受け止め方としては、とても良いステップだった」 「たくさん良いところを取り入れることができ、いくつかは改善しなければならなかった。大変だった」 「スタジアムの雰囲気はとても良かった。当然とはいえない、4つのゴールを決めた」 「来週の火曜日に勝つには、同様のパフォーマンスが必要だ。ノックアウトステージに進むには、6ポイントでは足りない」 2022.10.06 12:10 Thu
twitterfacebook
thumb

セビージャがロペテギ監督を解任…EL制覇にシーズン最多勝ち点記録も昨季終盤から低迷

セビージャは5日、フレン・ロペテギ監督(56)の解任を発表した。 なお、複数スペインメディアによると、2016-17シーズンにクラブを率いていたホルヘ・サンパオリ氏(62)が新指揮官に就任する見込みだ。 これまでポルト、スペイン代表、レアル・マドリーの指揮官を歴任したロペテギ監督は2019年6月にセビージャの指揮官に就任。ここまで歴代5位となる通算170試合を指揮し、89勝45分け36敗という戦績を残した。この勝利数はホアキン・カパロス氏、ウナイ・エメリ氏に次ぐ歴代3位だ。 また、2019-20シーズンにはクラブに通算6度目のヨーロッパリーグ(EL)制覇をもたらし、2020-21シーズンのラ・リーガでの勝ち点77はプリメーラにおけるクラブ歴代最高の数字だった。 しかし、昨シーズン後半戦の低迷に加え、今シーズンここまでも公式戦10試合で1勝2分け7敗と深刻な不振が続いた中、クラブは功労者の解任という苦渋の決断を下すことになった。 それでも、クラブはロペテギ監督への敬意から6日に本拠地ラモン・サンチェス・ピスフアンの施設で公式な別れの場を提供することをオファー。同監督もクラブからの申し出を受け入れ、シーズン途中の解任にも関わらず、異例のお別れ会見を実施する予定だ。 なお、セビージャを離れるロペテギ監督だが、新天地は今月2日にブルーノ・ラージ監督を解任したウォルバーハンプトンとなる見込みだ。 すでにプレ合意が伝えられるバスク出身の指揮官は、2024年あるいは2025年までの複数年契約にサインする模様だ。 2022.10.06 07:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムントが最下位セビージャに4発完勝!《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループG第3節のセビージャvsドルトムントが5日にセビージャの本拠地サンチェス・ピスファンで行われ、1-4でドルトムントが勝利した。 1分け1敗でグループ最下位に沈むセビージャは、低迷するリーグ戦でも7試合でわずか1勝とフレン・ロペテギ監督の進退も怪しくなっている。そういった中、グループ突破へ望みをつなぐドルトムントとの連戦初戦に向けては直近のアトレティコ・マドリー戦から先発6人を変更。ドルベリやオリベル・トーレス、ラメラらに代えてエン=ネシリ、ラキティッチ、スソらを先発で起用した。 一方、1勝1敗でグループ2位のドルトムントは、直近のケルン戦で痛恨の逆転負け。ここ4試合で3敗と悪い流れを断ち切りたいエディン・テルジッチ監督は、ケルン戦の先発からモデストとマレンをムココとエムレ・ジャンに変更した以外は同じメンバーを採用した。 試合は開始早々にスコアが動く。ドルトムントは6分、ベリンガムのサイドチェンジを受けたラファエウ・ゲレイロがボックス左から豪快に左足を振り抜くと、このシュートがゴール右隅に突き刺さった。 先制を許したセビージャは10分、左サイドでボールを受けたアレックス・テレスのアーリークロスのこぼれ球を拾ったジョルダンのループパスからゴール前に抜け出したエン=ネシリが2度の決定機を迎えたが、シュートはGKマイヤーの好セーブに阻まれた。 同点のチャンスを逃したセビージャは20分、ショートカウンターからドリブルで持ち上がったエズジャンを守備に戻ったエン=ネシリが倒してしまうと、主審はレッドカードを提示。しかしオンフィールドレビューの結果、ボール奪取の時点でドルトムント側のファウルがあったと判定され、エン=ネシリのレッドカードは取り消された。 その後は一進一退の展開が続いたが、ドルトムントが41分に追加点を奪う。エズジャンのスルーパスでボックス左から侵入したベリンガムが縦に切り込み、右足アウトで狙いすましたシュートをゴールに流し込んだ。 さらに43分には、ボックス左でボールを受けたムココがシュートを放つと、相手GKの弾いたボールをゴール前のアデイェミが押し込み、ドルトムントが立て続けにゴールネットを揺らした。 迎えた後半、先にスコアを動かしたのは3点を追うセビージャ。51分、アレックス・テレスの左CKをボックス中央で競り合ったエン=ネシリがヘディングシュートで叩き込んだ。 1点を返されたドルトムントは直後の52分、ドリブルで敵陣中央を切り裂いたムココがボックス内まで侵入しシュートを放ったが、これは相手GKのブロックに阻まれた。 膠着状態が続く中、ドルトムントは75分にベリンガムの浮かせたパスを左サイドのスペースで受けたムココがボックス左からクロスを入れると、ゴール前でフリーのブラントがゴール右へヘディングシュートを突き刺した。 リードを広げたドルトムントは、71分にラファエル・ゲレイロとムココを下げてローテとモデスト、85分にブラントとエズジャンを下げてトルガン・アザールとパパドプーロスを投入する。 そして、最後まで危なげない試合運びを見せたドルトムントが、3点のリードを保ったまま逃げ切りに成功。1-4で勝利し首位マンチェスター・シティを追走している。 2022.10.06 06:15 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly