大分のトップチームスタッフ1名が新型コロナ陽性‥39.2℃の発熱

2022.08.13 21:57 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
大分トリニータは13日、トップチームのスタッフ1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性診断を受けたことを発表した。

クラブの発表によると、当該スタッフは10日に家族の濃厚接触者として自宅待機となっていた。

11日に37.5℃の発熱があり、12日には39.2℃の発熱。13日に検査期間にて陽性判定を受けた。
なお、チーム内には濃厚接触者はいないとのことだ。

関連ニュース
thumb

京都が指揮官の教え子を獲得! 大分DF三竿雄斗が完全移籍加入

京都サンガF.C.は9日、大分トリニータからDF三竿雄斗(31)の完全移籍加入を発表した。 鹿島アントラーズのMF三竿健斗が実弟の三竿は東京ヴェルディのアカデミー卒で、早稲田大学在学中に湘南ベルマーレの特別指定選手となり、2014年に正式入団。2017年の鹿島移籍を経験して、2019から大分に活躍の場を移した。 その大分では初年度から主力として重用され、今季の明治安田生命J2リーグではチームで唯一の全42試合に先発。ただ、1年でのJ1復帰を期したチームはレギュラーシーズン5位でJ1参入プレーオフも1回戦で敗退してしまった。 湘南時代の恩師である曺貴裁監督と再会を果たす三竿。京都の公式サイトを通じて挨拶とともに、意気込みを語っている。 「京都サンガF.Cファミリーの皆様、初めまして。この度、大分トリニータから加入することになりました三竿雄斗です。このような素晴らしいクラブに加入することが出来てとても感謝しています。サンガの目標達成、勝利に貢献できるように日々精進して全力で戦います! シャイです。よろしくお願いします」 一方で、大分を通じては「この度京都サンガF.Cへ移籍することになりました」と移籍を報告するともに、その経緯にも触れ、別れの挨拶をした。 「熟考した中で、もっと人として、サッカー選手として成長したい。そしてより厳しい挑戦をしたいという想いからこのような決断をしました。4年間共に戦ったサポーターの皆様、チームメイト、スタッフや強化部、会社の人々には感謝しかありません」 「大分トリニータ、そして大分の街や人々、文化など全てが大好きです。正直このチームを離れるのはとても辛いです。伝えたいことや想いはたくさんありますが、自分の決断に責任と覚悟を持ってピッチ上で示したいと思います」 「またスタジアムで会えるのを楽しみにしています。本当に4年間ありがとうございました」 2022.12.09 12:51 Fri
twitterfacebook
thumb

大分生え抜きMFの弓場将輝が契約更新 「来シーズンは自動昇格でJ1の舞台へ」

大分トリニータは9日、MF弓場将輝(20)との契約更新を発表した。 大分のアカデミーで育った弓場は2種登録選手も経験して、2021年に正式昇格。1年目にルヴァンカップでプロ初ゴールを決めたりと爪痕を残すと、今季は明治安田生命J2リーグ25試合出場で3ゴールを記録するなど、出番を増やした。 契約更新を受け、クラブの公式サイトを通じて決意を新たにしている。 「来シーズンも大分トリニータでプレーさせていただけることになりました。今シーズンは多大なるご支援、ご声援ありがとうございました。チームの目標であったJ1復帰は達成できませんでしたが、来シーズンは自動昇格でJ1の舞台へ帰りたいと思います。そのためにも今シーズン以上のご来場、ご声援をよろしくお願いします。来シーズンも一緒に戦いましょう!」 2022.12.09 12:05 Fri
twitterfacebook
thumb

大分が中川寛斗との契約更新、秋田からGK新井栄聡の完全移籍加入を発表

大分トリニータは8日、MF中川寛斗(28)との契約更新と、ブラウブリッツ秋田からGK新井栄聡(27)の完全移籍加入を発表した。 柏レイソルの育成組織出身の中川は、トップチーム昇格後の2013年に湘南ベルマーレへ2年間の期限付き移籍。2015年に古巣へ復帰し、2019年には再び湘南へ期限付き移籍してそのまま完全移籍で加わった。その後、京都サンガF.C.、大分でプレーをしている。 小柄ながら豊富な運動量とテクニックを武器に、今季は明治安田J2で20試合に出場し、4得点を挙げている。 新井は流通経済大学在籍中の2017年に特別指定選手として清水エスパルスのトップに登録。翌年正式加入した。 出場機会を求めて2019年にツエーゲン金沢へ育成型期限付き移籍するも、出番には恵まれず。2021年に完全移籍した秋田でJリーグ初出場を果たした。今季はJ2の10試合と天皇杯でゴールを守っている。 2選手はクラブを通じて以下のようにコメントしている。 ◆中川寛斗 「来シーズンも大分トリニータと契約することが決まりました。契約した時、大変嬉しく幸せを感じました。今シーズンはチームとして目標を掲げた1年でのJ1復帰を達成することができず、重く責任を感じています。誠に申し訳ございませんでした」 「来シーズンはこの感じた思いや経験したこと全てをぶつけて、開幕戦からスタートダッシュが切れるように選手一人一人がしっかりと準備をして強い覚悟を持って臨みたいと思います。今週から販売がスタートしたシーズンパスをぜひご購入していただき、昭和電工ドームを良い雰囲気、一体感のある雰囲気、選手のピッチ上の息遣いや声を感じていただき、一緒に素晴らしい雰囲気を作っていきましょう」 「最後になりますが、ファン・サポーター、大分トリニータに関わる全ての皆さま、今シーズン熱いご支援ご声援をありがとうございました。また引き続き、来シーズンの熱いご支援ご声援をよろしくお願いします」 ◆新井栄聡 ▽大分トリニータ 「初めまして!新井栄聡です。歴史あるクラブ、大分トリニータに加入できてとても嬉しく思います!魅力あるサッカーを体現するクラブの一員になれることに興奮しています。ピッチで皆さんと戦える事を楽しみにしています。よろしくお願いいします」 ▽ブラウブリッツ秋田 「この度、大分トリニータに移籍することになりました。2021年度にブラウブリッツ秋田に移籍することを決断して、2シーズンとも怪我で離脱をせずに過ごせたことでプロサッカー選手として自覚を感じてきた毎日です。それは紛れもなく、選手、監督、スタッフ、ブラウブリッツ秋田に関わる皆様のおかげだと思っています。心から感謝しています」 「声出し応援も再開し、日に日にスタジアムの熱量も上がるのを感じてきて最高のサポーター達に勝利を届けたい。そして来シーズンも皆様と秋田一体となり闘いたいと思っていましたが、自分のスタイルや年齢、色々な事を考えて頂いたチャンスにチャレンジしたいという素直な気持ちを優先し決断しました。綺麗事ではなく本当に悩みましたが、大分トリニータの選手としてさらにドープなガーディアンになろうと思います」 「どんなときも応援してくれたファン、サポーターの皆様ありがとうございました。場所は変わりますが、心のどこかで新井栄聡を陰ながら応援してくれたら幸いです。お世話になりました!本当にありがとうございました」 2022.12.08 13:58 Thu
twitterfacebook
thumb

浦和が大分からGK吉田舜を獲得!「地元の縁を感じています」

浦和レッズは8日、大分トリニータからGK吉田舜(26)が完全移籍加入することを発表した。 埼玉県出身の吉田は、法政大学在学中の2017年に特別指定選手としてSC相模原に加入。ここでは一度も出場機会はなかったが、2019年に加入したザスパクサツ群馬で本格的にプロデビューを果たす。 群馬ではプロ1年目ながらJ3リーグ全試合に出場。その活躍から2020年に大分トリニータにステップアップしたが、出場機会に恵まれず、J2に舞台を移した2022シーズンもリーグ戦11試合の出場にとどまった。 チームは惜しくもJ1昇格とはならなかったが、吉田は個人でJ1昇格へ。浦和の公式サイトを通じて意気込みを述べている。 「大分トリニータから加入いたしました吉田舜です。全国高校サッカー選手権の決勝で、埼玉スタジアムのピッチに立たせてもらってるのと、地元が埼玉ということで勝手ながら縁を感じさせてもらってます」 「まだまだ未熟な選手ですが、チームに貢献できるよう頑張りますので、よろしくお願いします」 また、3年間在籍した大分に向けても感謝の気持ちを伝えた。 「この度、浦和レッドダイヤモンズに移籍することになりました。今シーズンはようやくリーグ戦に出場することができましたが、それまでなかなか試合に絡むことが出来ず苦しい日々が続いていた中、励ましてくれたチームメイトやスタッフ、トレーナー陣、家族にとても感謝しています。逆境ばかりでしたが腐らず頑張ってきてよかったなと改めて感じました」 「大分トリニータに関わる全ての皆様、トリニータのユニフォームを着られて幸せでした。3年間ありがとうございました!まだまだサッカー人生は続きます。またどこかで会いましょう」 2022.12.08 13:40 Thu
twitterfacebook
thumb

大分がMF小林裕紀と契約満了、3年半在籍「より活力や感動を与えられるクラブになっていくことを願っています」

大分トリニータは4日、MF小林裕紀(34)の契約満了を発表した。 小林は東京ヴェルディの下部組織育ちで、明治大学からジュビロ磐田に入団。その後、アルビレックス新潟、名古屋グランパスでプレーし、2019年8月に大分に加入した。 今シーズンは大分で4シーズン目を迎え、明治安田生命J2リーグで17試合出場に出場。YBCルヴァンカップで2試合、天皇杯で1試合に出場していた。 大分通算では、J1で48試合3得点、J2で17試合、リーグカップで5試合、天皇杯で4試合の出場だった。 小林はクラブを通じてコメントしている。 「大分トリニータに関わる全ての皆様へ。3年半、大分トリニータのユニフォームを着てプレーさせていただけたことを誇りに思います。皆様にどれだけのものを与えられたかはわかりませんが、僕は皆様からたくさんの力をいただきながらプレーすることができました。本当にありがとうございます」 「もっとプレーする姿や勝利する姿を見せたかったですが、それが叶わず残念です。大分トリニータがこれまで以上に、強く、逞しく、応援していただける皆様により活力や感動を与えられるクラブになっていくことを願っています。3年半本当にありがとうございました」 2022.12.04 12:15 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly