チェルシーDFエメルソンにアタランタも目を光らす?

2022.08.12 18:54 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのイタリア代表DFエメルソン・パルミエリ(28)にアタランタ移籍の可能性が浮上している。

2018年1月にローマからチェルシー入りしたエメルソンだが、バックアッパーの域を抜け出せず、昨季はリヨンに1年レンタル。買い取りオプション付きのレンタルだったが、シーズン終了後にチェルシー復帰となった。

先日にはラツィオ移籍の可能性が報じられるなど、今夏の移籍が既定路線のなか、イギリス『デイリー・メール』によると、セリエA勢からはアタランタも目を光らせているという。

また、エメルソンを巡っては積極補強が印象的なノッティンガム・フォレストも関心を寄せ、すでに問い合わせを済ませている模様だ。

一方、チェルシーはブライトン&ホーヴ・アルビオンからスペイン代表DFマルク・ククレジャを獲得。トーマス・トゥヘル監督も移籍を容認する可能性が高いとみられている。

関連ニュース
thumb

アタランタ退団のイリチッチがマリボルに加入! 12年前に一度移籍も在籍期間は2カ月弱

スロベニアのNKマリボルは5日、スロベニア代表MFヨシップ・イリチッチ(34)の加入を発表した。契約期間は2025年まで。 今夏にアタランタとの契約を解消したイリチッチ。同クラブには2017年夏に加入し、ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督の下で2トップやシャドーの一角を担い、主力として活躍した。 通算では公式戦173試合60ゴール44アシストの数字を誇ったが、2020年7月末に新型コロナウイルス感染やうつ病発症によって数カ月の離脱を強いられると、それ以前のパフォーマンスを取り戻すことができず。昨シーズンも終盤戦をほぼ棒に振り、今季も一度もピッチに立つことのないまま、袂を分けていた。 そして、キャリア終盤を迎えた34歳が選んだのは、キャリア初期に短期間ながら在籍していたマリボル。2010年7月に加入したが、同年8月に行われたヨーロッパリーグ予選のパレルモ戦で1ゴールの活躍を披露すると、その翌日の8月27日にチームメイトのアルミン・バチノビッチと共にそのパレルモに移籍することになった。 そんなイリチッチの12年ぶりの復帰を歓迎するスポーツ・ディレクターのマルコ・シュレール氏は、ここからが本番だと、正真正銘の活躍に胸を躍らせている。 「この移籍はマリボルだけでなく、スロベニアのサッカー界全体にとって多くの意味を持つものだ。非現実的と思われるようなアイデアが実現したのだ。ただ、そのためには大変な労力とエネルギーが必要だった」 「だが、ヨシップはここにいて、マリボルを選んだ。彼はマリボルやスロベニアサッカーの歴史を刻んできたが、まだこれからが本番だ」 2022.10.05 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

2戦連続ウノゼロ勝利のアタランタ、首位ナポリを同勝ち点で追走《セリエA》

アタランタは2日、セリエA第8節でフィオレンティーナをホームに迎え、1-0で辛勝した。 代表ウィーク前の前節、ローマにウノゼロ勝利とした2位アタランタ(勝ち点17)はムリエルを最前線に配置する[3-6-1]で臨んだ。 10位フィオレンティーナ(勝ち点9)に対し、11分に先制のチャンス。ムリエルが左サイドからのカットインシュートでゴールに迫ったが、わずかに枠の右に外れた。 慎重な入りとしたアタランタは20分、サポナーラにGK強襲のシュートを打たれてひやりとした中、25分にも好機。ムリエルのスルーパスでボックス左に侵入したコープマイネルスがシュート。しかしGKテラッチアーノのセーブに阻まれた。 前半半ば以降もリスクを冒さなかったアタランタは40分に数的優位になりかける。足を高く上げてボールを蹴りにかかったクアメのスパイクがデ・ローンの顔面に入ったように見え、主審は一発退場を宣告。しかしVARが入り、スパイクは顔面に触れておらずノーファウル判定となった。 ゴールレスで迎えた後半も慎重な姿勢を崩さなかったアタランタは59分に先制する。ムリエルが左サイドを突破してクロス。ルックマンが難なくシュートを流し込んだ。 さらに67分には追加点のチャンス。途中出場のメーレが独走してボックス左まで侵入。GKと一対一となるもテラッチアーノのセーブに阻まれた。 終盤にかけても守備を固めて逃げ切りを図るアタランタは88分、ヨビッチに枠内シュートを打たれたが、GKスポルティエッロがセーブ。 1-0で逃げ切り、首位ナポリを同勝ち点で追走している。 2022.10.03 02:52 Mon
twitterfacebook
thumb

オランダ代表、デパイら3選手が負傷離脱…代わって若手2選手を追加招集

オランダサッカー協会(KNVB)は23日、FWメンフィス・デパイ(バルセロナ)、MFフレンキー・デ・ヨング(バルセロナ)、MFトゥン・コープマイネルス(アタランタ)の3選手がオランダ代表から離脱したことを発表した。 3選手は22日に行われたUEFAネーションズリーグのポーランド戦(2-0で勝利)にいずれもスタメンで出場。だが、コープマイネルスは前半立ち上がりに相手選手との接触で脳震盪、デ・ヨングは前半に太もも、デパイは後半立ち上がりに上腿を負傷。いずれも途中交代となっていた。 そして、25日に控えるベルギー代表戦でのプレーが困難と判断されて代表離脱が決定した。 この3選手の離脱を受け、ルイス・ファン・ハール監督はMFライアン・グラフェンベルフ(バイエルン)、FWブライアン・ブロビー(アヤックス)の2選手を追加招集している。 2022.09.24 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、シティも注目するアタランタの18歳イタリア代表DFスカルビニに照準

アトレティコ・マドリーがアタランタのイタリア代表DFジョルジョ・スカルビニ(18)を来季に向けて獲得したい意向を持っているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 アタランタの下部組織出身で昨年10月にトップチームデビューを果たしたスカルビニ。194cmの大型センターバック兼セントラルMFは今年6月にイタリア代表デビューも飾っている大器で、マンチェスター・シティからも関心を示されている。 そのスカルビニはアタランタとの契約が来年6月に切れるため、メガクラブによる争奪戦が行われること必至の状況となっている。 堅守が売りのチームカラーであるアトレティコに、守備の国イタリアから有望な若手がやってくることになるだろうか。 2022.09.23 07:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ベテランFW多いミラン、19歳ホイルンド&22歳クドゥスに関心?

ミランが来夏に若手ストライカーの補強を計画しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ミランは今夏にFWディヴォク・オリジを獲得も、同選手は加入後、未だスタメンの機会がなく得点もなし。さらに現在はケガで離脱中と、期待に見合う選手かどうか疑念が生まれつつある。 不動のエースは昨季同様にFWオリヴィエ・ジルーで、今季も公式戦9試合5得点とさすがの働き。だが、ジルーは今月30日で36歳になり、FWズラタン・イブラヒモビッチも40歳。こういった背景があり、若手ストライカーを何人かリストアップしているという。 先日はザルツブルクのスイス代表FWノア・オカフォー(22)への関心が報じられたが、イタリア『トゥット・スポルト』によると、アタランタのデンマーク代表FWラスムス・ホイルンド(19)とアヤックスのガーナ代表FWモハメド・クドゥス(22)も有力な候補とのことだ。 ホイルンドは今夏にアタランタ入りしたばかりだが、セリエA第5節で初ゴールを記録し、最新のデンマーク代表メンバーに初選出と勢いに乗る。一方のクドゥスも今季の公式戦ですでに7ゴールを記録。いずれもカタール・ワールドカップ(W杯)出場が期待される新進気鋭のストライカーだ。 2022.09.22 19:35 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly