リーガ返り咲きのアルメリア、アラベスから経験豊富なGKパチェコを獲得!

2022.08.11 11:55 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アルメリアは10日、アラベスからスペイン人GKフェルナンド・パチェコ(30)の獲得を発表した。

契約は2026年まで。アラベスとの契約を今季まで残っている状況だったが、それを解消してのアルメリア入りとなる。

パチェコはレアル・マドリーでプロ入りし、2015年8月からアラベスでプレー。アラベスでは7シーズンを過ごして通算252試合でゴールマウスを守り、ラ・リーガでも通算207試合の出場数を誇る。
アルメリアは昨季のセグンダ・ディビシオンを制し、2014-15シーズン以来のラ・リーガ昇格。パチェコはGKフェルナンド・マルティネス、GKディエゴ・フオリとのポジション争いに臨むことになる。

関連ニュース
thumb

「僕らはメンタリティに問題が…」降格圏迫るバレンシア、カスティジェホも弱気に?

バレンシアのスペイン人MFサムエル・カスティジェホが、チームの現状に口を開いた。スペイン『Relevo』が伝えている。 ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督率いるバレンシア。11日のスーペル・コパ準決勝ではレアル・マドリー相手にPK戦までもつれ込む死闘を演じたが、ラ・リーガは降格圏と3ポイント差の12位と、苦しい戦いを強いられている。 ここ数年は財政難もあり、2000年代初頭に欧州を席巻した強さは見る影もない。昨夏にミランから加入したカスティジェホは、23日に行われたアルメリア戦後のインタビューで、チームにメンタリティが欠如していると語った。 「僕らはメンタリティに問題を抱えていると言わざるをえない。とりわけ自分たちがゴールを決めた時に不安が広がっているように思う。なぜなら、今日のようにいとも簡単にゴールを奪い返されるからだ」 この一戦は2-2のドロー決着。バレンシアは先制点の6分後に同点とされ、65分に勝ち越し点をゲットするも、9分後には再び同点とされている。 また、ガットゥーゾ監督が試合後の会見で「順位表を気にする必要はない」と語ったのに対し、カスティジェホは「バレンシアが何位で、どこが上に、どこが下にいるかを気にしている」と吐露。降格圏が迫っているためか、やや弱気になっているようだ。 2023.01.24 15:43 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、アルメリア守護神フェルナンドの再三の好守に阻まれドロー、終盤にはレギロンが退場《ラ・リーガ》

アトレティコ・マドリーは15日、ラ・リーガ第17節でアルメリアとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 前節バルセロナ戦を惜敗した5位アトレティコ(勝ち点27)はフェリックスがチェルシーへ移籍した中、アンヘル・コレアを1トップに、グリーズマンとコケをインサイドMFに配置する[4-1-4-1]で臨んだ。 14位アルメリア(勝ち点17)に対し、立ち上がりからボールを握ったアトレティコは18分に先制する。コンドグビアのスルーパスでボックス左に侵入したコレアがシュートを決めきった。 32分には追加点のチャンスを迎えたが、CKからエルモソの放ったボレーはGKフェルナンドの好守に阻まれた。すると37分に追いつかれる。右クロスからE・トゥーレにヘッドで決められた。 主導権を握りながら1-1で迎えた後半、アトレティコはコケに代えてバリオスを投入。しかし、アルメリアに押し込まれる展開を強いられる。 60、63分とE・トゥーレに好機を許した中、67分にモラタを投入。すると72分、そのモラタに絶好機。しかし、M・ジョレンテの右クロスにヘディングで合わせたシュートは枠を捉えきれない。 さらに73分にもモラタにビッグチャンス。ロングカウンターに転じた流れから再びM・ジョレンテの右クロスをモラタが左足で合わせたが、今度はGKフェルナンドのファインセーブに阻まれた。 続く75分にもアトレティコに勝ち越しのチャンスがあったが、コレアのゴール至近距離からのシュートは再びGKフェルナンドの好セーブに阻止された。 終盤にかけてはアルメリアが押し込む流れとなった中、89分にレギロンが2枚目のイエローカードを受けたアトレティコは10人に。 結局1-1でタイムアップを迎え、アトレティコは勝ち点1を得るにとどまった。 2023.01.16 02:27 Mon
twitterfacebook
thumb

久保建英がシルバの37歳バースデーゴールを演出! 快勝ソシエダがリーグ3連勝《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第16節、アルメリアvsレアル・ソシエダが8日にパワー・ホース・スタジアムで行われ、アウェイのソシエダが0-2で勝利した。なお、ソシエダのMF久保建英は74分までプレーした。 前節、オサスナを相手に2-0の快勝を収めた3位のソシエダは、昇格組で13位のアルメリアを相手にリーグ3連勝を目指した。その試合で先発出場した久保だが、直近のコパ・デル・レイは右の大腿四頭筋の違和感によって欠場。だが、指揮官が予防措置と説明していた通り、今回のアルメリア戦では無事スタメンに復帰した。 [4-3-1-2]の布陣で臨んだソシエダは久保を2トップの右に配置。コパ欠場を感じさせない軽快な動きを見せる日本代表MFは、開始直後からアタッキングサードで果敢に仕掛けていく。14分にはボックス手前左で相手GKのミスパスをカットすると、そのままボックス内に侵入して得意の左足を振り抜くが、このシュートはわずかに枠の右へ外れた。 以降はボールを握って細かい崩しからチャンスを窺うソシエダ、コンパクトな守備からロングカウンターを狙うアルメリアという構図の下で一進一退の攻防が続く。 相手の守備ブロックをなかなか揺さぶり切れないラ・レアルだが、久保を起点に幾つか決定機を創出。30分過ぎには右に流れた久保からマイナスのパスを受けたメリーノのクロスにイジャラメンディがフリーで飛び込むが、ヘディングシュートを枠に飛ばさせない。直後にはボックス右でセルロートからパスを受けた久保が強引に縦に仕掛けて右足のシュートをニアサイドへ飛ばすが、これはGKのセーブに阻まれた。 ホームチームをシュート0に抑え込むも、シュート3本で前半を終えたソシエダ。しかし、後半は開始早々にゴールをこじ開ける。 47分、相手陣内右サイドでのスローインからシルバのスルーパスに反応した久保がボックス右のゴールライン際でボールを残すと、丁寧なグラウンダーの折り返しを供給。DFにディフレクトしたボールをうまく足元に収めた元スペイン代表MFは腰の捻りを利かせた右足のシュートを流し込み、37歳のバースデーを自ら祝う先制点とした。 前節に続いて自身にアシストは付かずもレジェンドのバースデーゴールを演出した久保は、直後にもゴールの起点となる。53分、ハーフウェイライン付近の右サイドでボールを受けた久保が内側のメリーノに繋ぐと、メリーノから背後を狙うセルロートにスルーパスが通る。そのままボックス内に持ち込んだノルウェー代表FWはDF2枚の間を抜く強烈な左足シュートを突き刺した。 攻撃面で苦戦した前半とは打って変わって鮮やかな連続攻撃で一気にリードを2点に広げたアウェイチーム。以降はゲームコントロール優先の戦い方にシフトしつつ、前に出てきたアルメリアに対してカウンターから3点目を狙っていく。67分にはボックス手前でボールを持った久保が左足を振っていくが、このシュートはGK正面を突いた。 その後、ソシエダベンチは72分に久保と共にメリーノを下げてオヤルサバルとマリンを同時投入。さらに、試合終盤にかけては殊勲のゴールスコアラー2人を下げてフレッシュな選手の投入でクローズにかかる。 試合の大勢がほぼ決した中、アウェイサポーターは前節で長期離脱から復帰したオヤルサバルの見せ場を望む。そして、83分にはゲバラのスルーパスに抜け出した背番号10にビッグチャンスも、ここはGKフェルナンドの意地のファインセーブに阻まれ、復帰後初ゴールはならず。 それでも、危なげなくクリーンシートで試合を終わらせたソシエダが、リーグ戦3連勝を達成。3位の座をしっかりと維持した。 2023.01.08 23:59 Sun
twitterfacebook
thumb

アルメリアがマルセイユからコロンビア代表FWルイス・スアレスを獲得!

アルメリアは5日、マルセイユからコロンビア代表FWルイス・スアレス(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 スアレスは2017年7月にコロンビアのレオネスからワトフォードへ完全移籍。その後は、レアル・バジャドリーB、ヒムナスティック・タラゴナ、レアル・サラゴサへのレンタル移籍を経験。その後、2020年9月にグラナダに加入した。 グラナダでは在籍2シーズンで公式戦73試合14ゴール5アシストを記録。昨シーズンのラ・リーガでは37試合8ゴール4アシストの数字を残したが、チームは無念のセグンダ降格となると、今夏に5年契約でマルセイユへ加入。 しかし、マルセイユではイゴール・トゥドール監督の信頼を得られておらず、ここまで公式戦11試合に出場し、3ゴール1アシストを記録するも、先発出場はわずか3試合にとどまっていた。 なお、スアレスは年内のラ・リーガには出場できず、2023年初戦となる第16節のレアル・ソシエダ戦から出場できるとのことだ。 2022.12.06 06:40 Tue
twitterfacebook
thumb

コロンビア代表FWルイス・スアレスがわずか半年でスペイン帰還へ

コロンビア代表FWルイス・スアレス(25)がわずか半年でマルセイユを離れてアルメリアに移籍することになった。フランス『レキップ』など複数メディアが報じている。 今夏にグラナダから5年契約でマルセイユへ加入したスアレス。ここまでは公式戦11試合に出場し、3ゴール1アシストを記録するも、先発出場は3試合にとどまっていた。 『レキップ』によると、マルセイユを率いるイゴール・トゥドール監督はスアレスをほとんど信頼しておらず、今冬の放出にゴーサインを出したという。 なお、移籍形態は買い取りオプション付きの半年間のレンタル移籍となるが、アルメリアが今季のラ・リーガでプリメーラ残留を果たした場合、買い取り義務が生じる条項が盛り込まれているとのことだ。 スアレスは、2017年7月にコロンビアのレオネスからワトフォードへ完全移籍。その後は、レアル・バジャドリーB、ヒムナスティック・タラゴナ、レアル・サラゴサへのレンタル移籍を経験。その後、2020年9月にグラナダに加入した。 グラナダでは在籍2シーズンで公式戦73試合14ゴール5アシストを記録。昨シーズンのラ・リーガでは37試合8ゴール4アシストの数字を残したが、チームは無念のセグンダ降格となっていた。 2022.12.02 22:38 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly