リーガ返り咲きのアルメリア、アラベスから経験豊富なGKパチェコを獲得!

2022.08.11 11:55 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アルメリアは10日、アラベスからスペイン人GKフェルナンド・パチェコ(30)の獲得を発表した。

契約は2026年まで。アラベスとの契約を今季まで残っている状況だったが、それを解消してのアルメリア入りとなる。

パチェコはレアル・マドリーでプロ入りし、2015年8月からアラベスでプレー。アラベスでは7シーズンを過ごして通算252試合でゴールマウスを守り、ラ・リーガでも通算207試合の出場数を誇る。
アルメリアは昨季のセグンダ・ディビシオンを制し、2014-15シーズン以来のラ・リーガ昇格。パチェコはGKフェルナンド・マルティネス、GKディエゴ・フオリとのポジション争いに臨むことになる。


関連ニュース
thumb

ピケがカンプ・ノウに別れ…バルセロナがレジェンドのホームラストゲームで完勝《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第13節、バルセロナvsアルメリアが5日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが2-0で勝利した。 2位のバルセロナは前節、難所メスタージャで行われたバレンシア戦をレヴァンドフスキの後半アディショナルタイムの劇的ゴールで勝ち切って首位のレアル・マドリーとの勝ち点差を「1」に縮めた。さらに、チャンピオンズリーグ(CL)では消化試合となったビクトリア・プルゼニ戦をパブロ・トーレの初ゴールなどで4-2の快勝。屈辱を味わったグループリーグの戦いを勝利で終えた。 カタール・ワールドカップ中断前最後のホームゲームとなる13位のアルメリアとの一戦は、3日に電撃引退を発表したジェラール・ピケのカンプ・ノウでのラストゲームとなり、多くの注目を集めることになった。チャビ監督はこの一戦で主役のピケをスタメン起用したほか、プルゼニ戦で温存したレヴァンドフスキやペドリ、デンベレらを復帰させた。 ウォームアップの段階からピケに対するリスペクトが感じられる良い雰囲気の中でスタートした一戦は、開始早々にバルセロナに決定機が訪れる。5分、バルデの右サイドからのクロスをファーサイドのフェラン・トーレスが頭で合わすと、これがDFカイキの左腕に直撃。オンフィールド・レビューの結果、PKが与えられる。 キッカーにピケという選択肢もあったが、レヴァンドフスキが任されるも、名手は相手GKと駆け引きした結果、逆を突くことに成功したが、肝心のシュートを左ポストに当ててしまった。 最初の決定機を逃したものの、[5-3-2]のアルメリアに対して押し込む形を継続するホームチーム。13分にはデンベレの右CKをゴール前のピケが頭で合わせるが、カンプ・ノウでのラストゴールには至らない。 以降も相手陣内でハーフコートゲームを展開するも徐々に攻めあぐねると、28分にはハーフウェイライン付近でのフレンキー・デ・ヨングの不用意な横パスをラマザニに引っかけられて大ピンチ。そのままボックス内に侵入を許すが、ここはGKテア・シュテーゲンが見事な飛び出しと反応で一対一を制し、事なきを得た。 守護神のビッグプレーで辛くも失点を免れたホームチームは、気を引き締め直して攻守のバランスを維持しながら左サイドのアルバとフェラン・トーレスを起点にここから多くの決定機を作り出す。 40分にはレヴァンドフスキのスルーパスに抜け出したフェラン・トーレスが冷静に右を並走するデンベレへ浮き球のラストパスを送るが、ダイビングヘッドでのフィニッシュはコースが甘く相手GKの好守に遭う。さらに、前半終了間際にもボックス内でフェラン・トーレス、ペドリ、デ・ヨングと続けて枠内シュートを浴びせるが、相手GKフェルナンドの再三の好守に阻まれた。 レヴァンドフスキのPK失敗が響いてゴールレスでの折り返しとなったバルセロナだが、圧巻の個人技で開始早々にゴールをこじ開ける。48分、ブスケッツの自陣深くからの鋭いロングフィードに反応した右サイドのデンベレが深い位置からカットインを仕掛けてDF2枚を外し、ボックス中央から絶妙な左足のコントロールシュートを左下隅へ流し込んだ。 デンベレの個の力で先手を奪ったバルセロナは、徐々に相手が前に出てきたことで、よりスペースを享受しながら余裕を持ったボール回しから追加点を目指す。57分にはアルバのフィードに反応したデンベレが見事なファーストタッチで飛び出したGKをかわしてドブレーテに迫るが、相手DF2人のゴールカバーを外すために大事に行き過ぎたか、カバーリングに戻ってきたDFのブロックに遭い、絶好機を逸した。 この直後にチャビ監督はフェラン・トーレスを下げてアンス・ファティを投入すると、この交代策が見事に嵌る。 62分、左サイド深くでフリーのアルバがGKとディフェンスラインの間に絶妙な高速クロスを入れると、タイミング良く飛び出したファティが右足ボレーで合わせる。これはGKのファインセーブに阻まれるが、ゴール前でこぼれ球に反応したデ・ヨングが抑えの利いた右足ボレーで蹴り込んだ。 この追加点で余裕を持った試合運びが可能となったホームチームは、68分にブスケッツとデンベレを下げてハフィーニャ、ガビを同時投入。試合をクローズにかかる。これに対して、アルメリアは後ろの枚数を削って[4-4-2]に変更して前がかるが、チャンスを作れない。 85分にはこの試合のハイライトが訪れる。負傷明けのクリステンセンがピッチサイドで交代の準備をする中、フォースオフィシャルが掲示した交代ボードには「3番」の数字。クラブ通算616試合目のプレーを終えた生粋のクレは涙交じりの笑顔を浮かべながら盛大なスタンディングオベーションと、チームメイトからの労いのハグに送り出されてピッチを後にした。 その後、危なげなく2-0のスコアで試合を終わらせたバルセロナが、ピケのカンプ・ノウでのラストゲームをきっちり勝利で飾り、レジェンドの旅立ちに花を添えた。 2022.11.06 06:57 Sun
twitterfacebook
thumb

ピケが現役引退を表明!5日のアルメリア戦がホームでのラストマッチに…

バルセロナに所属する元スペイン代表DFジェラール・ピケ(35)が3日、自身のSNSで現役引退を表明した。 ユース時代にバルセロナからマンチェスター・ユナイテッド入りしたピケは、同クラブで2004年にトップデビュー。しかし、DFネマニャ・ヴィディッチとDFリオ・ファーディナンドの牙城を崩すことができず、2008年にバルセロナに復帰。 その後、バルセロナで定位置を掴むと、15シーズンにわたってレギュラーとして活躍。これまでに公式戦615試合に出場し、53得点15アシストをマークしている。また、バルセロナでは『30』ものタイトルを獲得しており、ラ・リーガで8度の優勝、チャンピオンズリーグも3度制覇するなど輝かしいキャリアを築いた。 3日に自身のツイッター(@3gerardpique)で2分ほどの映像を公開したピケは、その中で現役を引退すること、5日に行われるラ・リーガ第13節アルメリア戦が本拠地カンプ・ノウでの最後の試合になることを発表した。 「サッカー、バルセロナ、クレ(バルセロナファンの愛称)は僕にすべてを与えてくれた。そして今、その子供(自分)の夢がすべて叶ったので、君たちに終わりが来たことを伝えさせてもらいたい」 「僕はずっとバルサの次にプレーするクラブはないと言ってきたが、実際にそうなるんだ。次の土曜がカンプ・ノウで戦う最後の試合になる」 「これからもチームを応援し、クラブへの愛を子供たちに伝えていくよ。そして、遅かれ早かれ、僕は戻ってくるよ。カンプ・ノウで会いましょう。バルサ万歳、いつまでも」 なお、バルセロナも同日に5日のアルメリア戦でピケがカンプ・ノウでの最後の試合を迎えると発表しているが、現役引退については言及していない。 2022.11.04 05:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ソシエダがアルメリア主砲サディクを獲得! 昨季2部で18ゴール挙げた長身CF

レアル・ソシエダは1日、アルメリアからナイジェリア代表FWウマル・サディク(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「25」に決定。契約期間は2028年6月30日までの6年となる。 なお、スペイン『カデナ・セール』によると、移籍金は2000万ユーロ(約27億7000万円)程度になった模様だ。 192cmの長身ストライカーであるサディクは、2015年にスペツィアからローマにレンタルで加入すると、翌年に完全移籍。その後、ボローニャやレンジャーズなど国内外のクラブへの武者修行を経験し、パルチザン・ベオグラードに移籍した。 セルビアの名門では日本代表FW浅野拓磨(現ボーフム)と攻撃を牽引し、2020年には当時セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)に所属していたアルメリアに新天地を求めた。 アルメリアでは加入1年目にリーグ戦20ゴール、昨シーズンは18ゴールを挙げてクラブのセグンダ優勝の立役者となっていた。 また、U-23ナイジェリア代表としてリオ五輪で銅メダルに輝いたストライカーは、ナイジェリアのフル代表でも通算7試合1ゴールの数字を残している。 サディクは前エースであるFWアレクサンダー・イサクに比べて、個での打開力や単純なアスリート能力では劣るものの、大柄ながら機動力や柔らかな足元の技術を持っており、代役としては適したプロフィールの持ち主と言えるはずだ。 今後はRBライプツィヒから再レンタルとなったFWアレクサンダー・セルロートと共に前線の主軸を担い、MF久保建英やMFダビド・シルバら技巧派タイプのアタッカーと新たな攻撃の構築を図る。 2022.09.02 01:59 Fri
twitterfacebook
thumb

ソシエダがセルロートに続きアルメリア主砲サディク獲得に動く! 過去には浅野拓磨とコンビ

レアル・ソシエダが、アルメリアのナイジェリア代表FWウマル・サディク(25)の獲得に動いているようだ。スペイン『カデナ・セール』が報じている。 先日にスウェーデン代表FWアレクサンダー・イサクがニューカッスルに引き抜かれたソシエダは、市場閉幕までに代役確保に動く。29日にはRBライプツィヒからノルウェー代表FWアレクサンダー・セルロート(26)を再レンタルしたが、さらにもう一人のストライカーの獲得を目指しているようだ。 直近の現地報道ではリヨンのフランス人FWムサ・デンベレ、ボルシアMGのフランス代表FWマルクス・テュラム、レスター・シティのスペイン人FWアジョセ・ペレスらの名前が挙がっている。 しかし、『カデナ・セール』によると、“ラ・レアル”はアルメリアの主砲サディクの交渉を進めているという。 先日にビジャレアルとの交渉が破談に終わったサディクに対して、ソシエダは2000万ユーロ(約27億7000万円)のオファーを掲示しているという。この金額は3000万ユーロ(約41億6000万円)に設定される契約解除条項を下回る金額だが、アルメリアが受け入れる可能性はあるようだ。 サディク自身にステップアップの希望があるため、クラブ間の交渉が成立した場合、アノエタ行きの可能性は高いと言えるが、アルメリアが市場閉幕までに代役を確保できるかが、移籍実現のカギを握ることになりそうだ。 192cmの長身ストライカーであるサディクは、2015年にスペツィアからローマにレンタルで加入すると、翌年に完全移籍。その後、ボローニャやレンジャーズなど国内外のクラブへの武者修行を経験し、パルチザン・ベオグラードに移籍した。 そのセルビアの名門では日本代表FW浅野拓磨(現ボーフム)と攻撃を牽引し、2020年には当時セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)に所属していたアルメリアに新天地を求めた。 アルメリアでは加入1年目にリーグ戦20ゴール、昨シーズンは18ゴールを挙げてクラブのセグンダ優勝の立役者となっていた。 また、U-23ナイジェリア代表としてリオ五輪で銅メダルに輝いたストライカーは、ナイジェリアのフル代表でも通算7試合1ゴールの数字を残している。 サディクはイサクに比べて、個での打開力や単純なアスリート能力では劣るものの、大柄ながら機動力や柔らかな足元の技術を持っており、代役としては適したプロフィールの持ち主と言えるはずだ。 2022.08.30 06:15 Tue
twitterfacebook
thumb

泥沼セビージャがアルメリアに初勝利献上…脆弱守備に攻撃停滞でロペテギ更迭予感させる開幕3戦未勝利《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第3節、アルメリアvsセビージャが27日に行われ、ホームのアルメリアが2-1で逆転勝利した。 前節はバジャドリーのミスに助けられて辛くもホームでドローに持ち込んだセビージャ。昨季終盤戦から続く停滞感を拭えず、ここまでは1敗1分けの2戦未勝利となっている。今シーズン初勝利を目指す今節は昨季セグンダ王者アルメリアのホームに乗り込んだ。 前線を右からパプ・ゴメス、ラファ・ミル、ラメラと直近の試合から微調整を施して臨んだセビージャは開始早々にビッグチャンス。味方のスルーパスに完璧なタイミングで抜け出したラメラがボックス内でGKと一対一となるが、チップキックはGKフェルナンドの見事なワンハンドセーブに阻まれる。 すると、直後にはアルメリアがセットプレーから波状攻撃に転じてアキメがエリア外からグラウンダーの強烈なシュートを枠に飛ばすが、これはGKボノのファインセーブで事なきを得た。 互いに開始直後に決定機を作り合った中、以降も試合はオープンな展開が続く。17分にはボックス左で仕掛けたラファ・ミルの正確な折り返しからゴール前のラメラに絶好機も、至近距離からのシュートは再びアルメリア守護神のビッグセーブに阻まれる。 それでも、時間の経過と共に攻勢を強めるアウェイチームは30分、相手陣内左サイドでボールを持ったアレックス・テレスが高精度のクロスをゴール前に供給すると、タイミング良くフリーで走り込んできたオリベル・トーレスがヘディングシュートをゴール左隅へ流し込み、待望の先制点を奪った。 良い時間帯に先制に成功したセビージャは、畳みかける攻めで2点目を目指すが、GKフェルナンドと完璧にタイミングが合ってしまうラメラがボックス内での決定機を決め切れない。すると、前半終了間際の42分には相手GKのロングボールの流れからフェルナンドのミスパスをポソにヘディングで背後のスペースへ出されると、DFタンギ・ニアンズの緩慢な対応もあってラマザニに完璧に抜け出されてゴール左隅へシュートを流し込まれた。 結局、1-1のイーブンで試合を折り返したロペテギのチームは、勢いづくホームチームに押し込まれる入りに。開始直後にボックス付近で与えたFKはサムエル・コスタの強烈なシュートをGKボノのビッグセーブで凌ぐが、開幕から安定感を欠くレキクと新加入タンギ・ニアンズのセンターバックコンビが耐え切れない。 55分、左サイドのスペースに蹴り込まれたボールに抜け出したロベルトーネにボックス付近から狙いすました折り返しを入れられると、タンギ・ニアンズがサディクに付き切れず、ファーサイドで押し込まれた。 ロペテギ監督はこの失点後も2トップの背後への抜け出し、ハイプレスに対して腰の引けたプレーが目立ち、退場のリスクもあるレキクを諦め、カルモナを投入。さらに、点を奪うためにオリベル・トーレス、ジョルダンを下げてイスコとデラネイを同じタイミングでピッチへ送り出す。 だが、一度失った流れを取り戻すのに苦戦を強いられ、前述の交代直後にも勢いに乗ったホームチームの攻勢に晒され、あわや3失点目というピンチも招いた。守護神ボノの奮闘もあって何とかこの守勢を凌いだセビージャは、65分にヘスス・ナバスとラメラを下げてオカンポスとエン=ネシリを同時投入。試合終了まで30分近くを残した中、交代枠をすべて使い切る勝負に出た。 これで最前線にラファ・ミル、エン=ネシリのターゲットマン2人が並びイスコとパプ・ゴメスがファジーにポジションを取る超攻撃的な布陣にシフトしたセビージャだが、チーム全体で攻撃の狙いが見えず、逆に無軌道な各自の立ち位置がアルメリアのカウンターを招く一因に。 何とか勝ち点1でも持ち帰りたいアウェイチームは、試合最終盤にリスクを冒して前に出る。しかし、カルモナの好クロスをボックス中央でフリーのラファ・ミルがヘディングシュートを枠外に外すなど、最後までプレーの精度を欠き、試合はこのままタイムアップ。 アルメリアに今季初勝利を献上し、今季2敗目を喫したセビージャは、開幕2敗1分けという結果以上に深刻な戦いぶりで、シーズン序盤の段階での指揮官更迭さえも想起させる厳しい序盤戦となっている。 2022.08.28 06:59 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly