ユナイテッドがオランダから3人目の補強?PSVの逸材FWガクポ獲得に動く

2022.08.10 23:40 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドがPSVのオランダ代表FWコーディ・ガクポ(23)の獲得を目指しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

ガーナとトーゴにルーツを持つオランダ生まれのガクポは、左ウイングを主戦場に、前線の複数ポジションでプレー可能な189cmの大型アタッカー。そのサイズを感じさせないクイックネス、柔らかな足元のテクニックを武器に、カットインからの右足のシュートや長いストライドを生かしたロングカウンターからゴールを陥れる新進気鋭の若手だ。

PSVのアカデミーから2018年2月のフェイエノールト戦でトップチームデビュー。2018–19シーズンの後半戦から徐々に出場機会を増やすと、以降3シーズンに渡って前線の主力に定着。昨シーズンは公式戦46試合に出場し、21ゴール15アシストを記録。

今シーズンもここまで公式戦4試合で3ゴール2アシストと見事な活躍を見せる逸材をユナイテッドが虎視眈々と狙っているという。

『スカイ・スポーツ』によれば、2026年までPSVとの契約を残すガクポに対し、ユナイテッドは3500万ポンド(約56億6000万円)のオファーを準備しているようだ。

アヤックスからエリク・テン・ハグ監督を新指揮官に迎え入れたユナイテッドは、今夏だけでオランダからリサンドロ・マルティネス(アヤックス)とタイレル・マラシア(フェイエノールト)を獲得しており、ガクポの獲得に成功すれば、同一リーグから3人目の獲得となる。

なお、ガクポはテン・ハグ監督と同じ代理人であることから交渉はスムーズに進むと見られている。

関連ニュース
thumb

FAがC・ロナウドを告発…4月エバートン戦での少年ファンのスマートフォン破壊の一件

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、エバートンファンの少年の手を叩き、スマートフォンを破壊したとされる一件でイングランドサッカー協会(FA)から告発されたことが分かった。 ロナウドは今年4月9日に行われた昨シーズンのプレミアリーグ第32節のエバートン戦の試合後、ピッチからロッカーに引き下がる際、通用口へとつながる通路でファンの少年の持っていた携帯を怒りに任せて叩き落とし、その場を去っていた。 この件は、周りのサポーターが撮影していた動画にハッキリと映っており、SNSで拡散され大事に。これを受け、同選手は自身のインスタグラムを通じて「僕の怒りが爆発してしまったことを謝罪したい」とすぐさま火消しに動くも、多くの批判を招いていた。 その後、マージーサイド警察が「暴行容疑」として関係者に聞き取り調査を実施するなど捜査をスタートした中、先月には警察から警告を受けていたロナウドだが、さらにFAから「不適切かつ/または暴力的行為」の問題で告発された。 FAは23日、「クリスティアーノ・ロナウドは、2022年4月9日に行われたマンチェスター・ユナイテッドのプレミアリーグ対エバートンFC戦の後に起きた出来事により、FA規則E33違反で告発された。終了のホイッスル後のフォワードの行為は不適切および/または暴力的であったとされている」と、同選手の告発内容を説明している。 なお、FAによってロナウドの過失が認められた場合、警告や罰金、出場停止処分を受ける可能性があるという。 <span class="paragraph-title">【動画】よりハッキリと、C・ロナウドが少年の手を叩き落とす瞬間</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ar" dir="rtl"> <a href="https://t.co/PE1LahZpms">pic.twitter.com/PE1LahZpms</a></p>&mdash (@c7world) <a href="https://twitter.com/c7world/status/1512889318192435208?ref_src=twsrc%5Etfw">April 9, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.24 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

「マグワイアは理想的な状況じゃないが、我々にとって重要な選手」…サウスゲイトの信頼揺るがず

マンチェスター・ユナイテッドで苦境に立たされるDFハリー・マグワイアだが、イングランド代表を率いるガレス・サウスゲイト監督の信頼は揺るぎないようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 2019年夏にレスター・シティからユナイテッド入りしたマグワイア。その初年度から中心センターバックとなり、半年後に主将も託されたが、次第に個人のミスがフォーカスされ、多くの批判を浴びる流れが続いている。 今季からユナイテッドを率いるエリク・テン・ハグ監督の下でもこれまで通りの立ち位置でスタートしたが、プレミアリーグ第3節のリバプール戦からサブに降格。皮肉にも、チームもそこから4連勝と改善傾向にある。 クラブレベルで苦戦しているにもかかわず、今活動でもマグワイアを呼び、賛否の声を生むサウスゲイト監督も「理想的な状況じゃない。それは明らかだね」としつつ、自身のプランにおいて不可欠な存在のようだ。 「ベストプレーヤーたちにはレギュラーとしてプレーして、肉体的にも、精神的にも良い状態を保ってもらいたいところだ。しかし、彼は我々にとって重要な選手だ」 「最高の選手をバックアップするのも重要なんだ。いつだって自分の判断を信じなければならない。彼よりも上のレベルでプレーできる経験豊富な選手がいると思えば、また別の検討材料となるだろうがね」 「彼はチーム内で最も空中戦に強いセンターバック。彼とジョン(・ストーンズ)はボールの扱いが素晴らしいものがある」 2022.09.23 19:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、2021-22シーズンの純損失は約185億円に

マンチェスター・ユナイテッドは22日、2021-22シーズンの純損失が1億1550万ポンド(約185億円)であったことを発表した。 収益に関しては前期よりも18%増加し、5億8320万ポンド(約935億円)だったが、2021年の純損失と比べると2330万ポンド(約37億円)増えたとのことだ。 ユナイテッドは昨季、FWクリスティアーノ・ロナウドを始め、FWジェイドン・サンチョ、DFラファエル・ヴァランらビッグネームを獲得。彼らの加入により前年から19%総賃金が増え、3億8420万ポンド(約615億円)を計上したとのことだ。 なお、この総年俸はマンチェスター・シティの3億5500万ポンドを上回っている。 ユナイテッドの最高財務責任者であるクリフ・ベイティ氏はこの結果を受けて以下のようにコメントした。 「2022年度の決算はパンデミックからの回復、観客動員の回復、スポンサー収益の増加で選手たちへの投資の増加は相殺されたと考えている。損失が増えた点に関しては2021年の夏のツアーが行われなかったこと、ポンド安の影響があった」 2022.09.23 00:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ドゥブラフカがスロバキア代表を離脱…ユナイテッドで負傷の状態を確認へ

マンチェスター・ユナイテッドは22日、GKマルティン・ドゥブラフカが負傷によりスロバキア代表から早期復帰することを明かした。 今夏、ニューカッスルからユナイテッドにレンタル加入したドゥブラフカは、ここまで公式戦デビューは果たしていないものの、スペイン代表GKダビド・デ・ヘアのバックアップとして数試合にベンチ入りしている。 その33歳GKは今回のインターナショナルマッチウィークで、22日にアゼルバイジャン代表戦、25日にベラルーシ代表戦を戦う予定だった。 しかし、トレーニング中の負傷によって軽傷を負ったドゥブラフカは、予防的な措置として代表チームを離れる決断を下し、ユナイテッドのメディカルチームの下であらためて負傷の状態をチェックすることになる。 2022.09.23 00:34 Fri
twitterfacebook
thumb

ブルーノが語る新監督テン・ハグ 「ペップやクロップだって…」

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスがエリク・テン・ハグ新監督に言及した。 優勝争いどころか、チャンピオンズリーグの出場権を逃した昨季からの再建者として、今季から指揮を執るテン・ハグ監督。プレミアリーグではよもやの2連敗スタートと躓いたが、そこからリバプールやアーセナルなどを下して4連勝で大きく巻き返す。 アヤックスでの攻撃的なスタイルからするに、まだまだ思い描いた通りの戦いぶりといえず、選手の起用法も含め、試行錯誤という状況だろうが、チームの絶対軸を担うB・フェルナンデスも新指揮官の下で手応えを感じながらプレーができているようだ。 イギリス『The Athletic』のインタビューで52歳のオランダ人指揮官に関する質問を受けると、「まず第一に、彼にはアイデアがある」と切り出し、印象を明かしている。 「彼にはスタイルがあるよね。彼のルールに従わないといけない。その点においては厳しいけど、僕は好きだよ。彼は規律をもたらしているけど、それは僕らが見過ごしてきたもの。全員が共通認識を持つべきなんだ」 「それはペップ(・グアルディオラ)や(ユルゲン・)クロップが何年も続けていることだし、だからこそクラブに安定感がある。移籍市場での見極めや、チームの作り方は成果を得る上で本当に重要なことだ」 「監督がプレスカンファレンスで『ただただ選手を連れてくるのは目的じゃなく、自分たちがやろうとすることに適している選手を連れてきたい』と言うのを見た。それこそクラブが求めているものなんだよ」 「僕らにはまだ改善の余地があって、彼が考えるプレーで僕らの力を最大限に引き出すには時間が必要。でも、彼とは一緒にチームとして確立され、全員が同じ考え方を共有できるようになるところまでいけると信じている」 2022.09.22 15:55 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly