大分の選手2名、スタッフ2名が新型コロナ陽性‥1名ずつが発熱

2022.08.10 20:25 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
大分トリニータは10日、トップチームの選手2名、スタッフ2名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。

クラブの発表によると、スタッフ1名は8日に37.6℃の発熱があると、9日も38.8℃の発熱。検査期間にて陽性判定を受けた。

スタッフのもう1名は症状などもなく、オフ明けの前選手・スタッフのPCR検査で陽性判定となった。

選手1名は6のFC町田ゼルビア戦にエントリー。その後症状はなかったが、10日に38.4℃の発熱と咽頭痛があり、PCR検査で陽性判定に。もう1名の選手は症状などはなかったが、オフ明けの前選手・スタッフのPCR検査で陽性判定となった。

なお、チーム内に濃厚接触者はいないとのことだ。

関連ニュース
thumb

大分DF坂圭祐が右半膜様筋肉離れ…直近の試合はメンバー外

大分トリニータは22日、DF坂圭祐の診断結果を報告した。 14日に行われた明治安田生命J2リーグ第36節の大宮アルディージャ戦にもフル出場した坂だが、18日に行われる第37節のツエーゲン金沢戦を欠場した。 大分市内の病院で検査を受け、右半膜様筋の肉離れと診断され、全治は未公表。今季のJ2リーグではここまで19試合に出場中だった。 2022.09.22 14:55 Thu
twitterfacebook
thumb

「選手、審判団がみんな笑顔」J通算200試合出場の岡山FW永井龍、セレモニーは息子の独壇場!霜降り明星・せいやの持ちネタ披露に本人も反応

ファジアーノ岡山のFW永井龍の子供は将来大物になりそうだ。 永井は7月4日にサンフレッチェ広島から岡山へと期限付き移籍。9月4日にホームで行われた明治安田生命J2リーグ第34節のFC町田ゼルビア戦で72分から途中出場し、Jリーグ通算200試合出場を達成した。 永井は、セレッソ大阪、オーストラリアのパース・グローリーFC、大分トリニータ、V・ファーレン長崎、名古屋グランパス、松本山雅FCでもプレー。200試合出場を記念し、クラブから記念のパズルとタオルマフラーが販売された。 翌第35節のモンテディオ山形戦では試合前にセレモニーが行われ、息子の琉太郎くんから花束が贈呈された。記念撮影後、引き上げる永井とは対照的に、琉太郎くんはピッチ上でストップ。突然、お笑いコンビ「霜降り明星」せいやさんの持ちギャグ、『うぅ』を披露した。 これには永井も驚いたようで、自身のツイッターで「琉太郎劇場でした!」とコメント。「いきなり霜降り明星のせいやさんの『うぅ』やるし、写真撮影終わってもピッチから出ようとしないし、大物になる予感がしました!家族に祝ってもらえて幸せでした!」と、残している。 この投稿にはせいやさん本人も反応。「ウゥッをやる息子さんかわいすぎ!!永井さん応援しております」と残し、ファンからも「山形の選手たちも笑っての良いね」、「後ろの選手たちがめっちゃ笑ってるのがいい」、「後ろの選手、審判団がみんな笑顔で見てるのが素敵すぎる」と、会場全体の視線を集めた琉太郎くんに温かい声が届けられた。 <span class="paragraph-title">【写真】相手選手も笑顔に!永井の息子、琉太郎くんの「ウゥッ」</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">Jリーグ通算200試合出場のセレモニー!<br>琉太郎劇場でした!笑<br>いきなり霜降り明星のせいやさんの『うぅ』やるし、写真撮影終わってもピッチから出ようとしないし、大物になる予感がしました!<br>家族に祝ってもらえて幸せでした! <a href="https://t.co/YbFMECS7vG">pic.twitter.com/YbFMECS7vG</a></p>&mdash; 永井 龍 (@Ryo_Nagai_12) <a href="https://twitter.com/Ryo_Nagai_12/status/1568938495099674624?ref_src=twsrc%5Etfw">September 11, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真】200…ではなく25ピースの記念パズル</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="zxx" dir="ltr"><a href="https://t.co/KDbqAckKIH">pic.twitter.com/KDbqAckKIH</a></p>&mdash; 永井 龍 (@Ryo_Nagai_12) <a href="https://twitter.com/Ryo_Nagai_12/status/1566767448061186051?ref_src=twsrc%5Etfw">September 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.12 21:15 Mon
twitterfacebook
thumb

新潟が引き分けに終わった横浜FCを抜いて首位浮上、残留争いは快勝の大宮、土壇場勝利の岩手が浮上で群馬が降格圏転落【明治安田J2第35節】

10日、明治安田生命J2リーグ第35節の11試合が行われた。 首位の横浜FC(勝ち点67)は15位の栃木SC(勝ち点39)と対戦し、0-0のゴールレスドローに終わった。 前節のレノファ山口FC戦は2点差を追いつかれるというまさかの引き分けに終わった中、この試合は5バックを形成。ポゼッションしながら栃木に対して攻め込んでいく。 しかし、栃木のハードワークの前に苦戦。逆にボールを奪うプレスをかけた栃木が何度か決定機を作っていくがゴールは生まれない。 14分には相手CKからカウンターを仕掛けた横浜FCは、中村拓海のパスに伊藤翔が合わせにいくが、届かずゴールを奪えない。 その後も攻め込む一方で、栃木の集中した粘りの守備の前にゴールを奪えず。時間ばかりが経過する中、82分には途中出場の山下諒也のシュートがクロスバーに嫌われゴールならず。0-0で引き分けに終わった。 勝てば首位に浮上できる2位のアルビレックス新潟(勝ち点65)は、最下位のFC琉球(勝ち点29)と対戦した。 “声出し応援”が再開した新潟。およそ3年ぶりのチャントが戻ってきた中、前半は新潟ペースで試合が進む。 立ち上がりこそ落ち着かなかったが、徐々にペースを握ると何本もシュートを浴びせるが、ゴールには繋がらない。 ゴールレスで前半を終えた中、55分に動きが。渡邊泰基のロングスローから最後は高木善朗が蹴り込み、新潟が先制する。 残留のために負けられない琉球は、途中出場のサダム・スレイが活性化。しかしゴールを奪えないでいると、75分に伊藤涼太郎のパスから高木が追加点。さらに85分には途中出場のアレクサンドレ・ゲデスが加入後初ゴールを決めて3-0で勝利。首位に浮上した。 その他、上位では3位のファジアーノ岡山(勝ち点60)、5位のロアッソ熊本(勝ち点54)、6位の大分トリニータ(勝ち点52)が揃って勝利。一方で、監督交代に踏み切った4位のベガルタ仙台(勝ち点55)は大分との昇格争い直接対決で1-0と敗れ、5位に転落した。 また、残留争いも白熱。降格圏の21位・いわてグルージャ盛岡(勝ち点30)は、11位の水戸ホーリーホック(勝ち点46)と対戦。互いに譲らない展開となる中、お互いに決定力を欠いて引き分けに終わるかと思われた。 しかし91分、中村太亮のクロスに宮市剛が飛び込んでゴール。土壇場で6試合ぶりに勝ち点3を獲得し、降格圏を脱出した。 20位の大宮アルディージャ(勝ち点31)は13位のヴァンフォーレ甲府(勝ち点42)と対戦。甲府はクラブ史上初の天皇杯ベスト4入りを果たした一方で、中2日という過密日程での戦いとなった。 するとコンディション的に有利な大宮が立ち上がりに攻め込む。まずは5分、矢島慎也のアウトサイドのスルーパスをボックス内右で富山貴光がダイレクトシュート。これが決まり、大宮が先制する。 さらに25分にも大宮。相手陣内でボールを奪った柴山昌也がスルーパス。これに反応した富山が完全にフリーとなり、GKとの一対一を決め切り追加点を奪った。 その後はゴールがなかなか生まれなかったが、85分にはボックス付近で得たFKから大山啓輔がクロス。これを袴田裕太郎がヘッドで合わせて3点目を奪い、0-3で快勝した。 岩手、大宮が勝った中、19位のザスパクサツ群馬(勝ち点31)は14位の東京ヴェルディ(勝ち点41)と対戦し、1-1のドロー。新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性者が多く出ている中、控えにGKがいないという異例のメンバー構成に。それでも54分に川本梨誉のゴールで先制するも、58分に東京Vが森田晃樹のゴールですぐさま同点に追いつく。その後は互いにゴールを奪えず、引き分けに終わって降格圏に転落した。 ◆明治安田生命J2リーグ第35節 ▽9/10(土) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">いわてグルージャ盛岡 1</span>-0 水戸ホーリーホック <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 1</span>-0 ツエーゲン金沢 東京ヴェルディ 1-1 ザスパクサツ群馬 FC町田ゼルビア 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 レノファ山口FC</span> 横浜FC 0-0 栃木SC ヴァンフォーレ甲府 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 大宮アルディージャ</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟 3</span>-0 FC琉球 ブラウブリッツ秋田 0-0 徳島ヴォルティス <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 2</span>-1 モンテディオ山形 V・ファーレン長崎 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ロアッソ熊本</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">大分トリニータ 1</span>-0 ベガルタ仙台 2022.09.10 22:25 Sat
twitterfacebook
thumb

首位・横浜FCは2点差追いつかれ18位・山口とドロー、2位・新潟、3位・仙台は共に敗戦【明治安田J2第34節】

3日、明治安田生命J2リーグ第34節の8試合が全国各地で行われた。 2位につけるアルビレックス新潟(勝ち点65)は7位につける大分トリニータ(勝ち点49)とホームで対戦した。 先手を奪ったのは大分。19分、左サイドを突破した増山朝陽が深い位置まで持ち込んでクロス。これに2列目から飛び込んだ中川寛斗がヘッド。これが決まり大分が先制する。 その大分は30分にもチャンス。弓場将輝が強烈なミドルシュートを放つと、これは枠を捉えるも、古巣対戦となったGK小島亨介がセーブする。 新潟は43分に決定機。藤原奏哉のロングフィードを相手がクリア。こぼれ球に対して谷口海斗がダイレクトでミドルシュート。しかし、これはGK吉田舜がセーブする。 大分のリードで迎えた後半は、勝利が欲しい新潟が圧倒する。ポゼッションをしながら攻め込んでいくが、フィニッシュが上手くいかず。最後まで1点が遠くタイムアップ。新潟は痛恨の黒星を喫し、大分は暫定ながらプレーオフ圏内に浮上した。 首位の横浜FC(勝ち点66)はアウェイで18位のレノファ山口FC(勝ち点35)と対戦した。 首位を守りたい横浜FCがアウェイに乗り込んだ中、32分に横浜FCが先制。長谷川竜也が持ち出すと、和田拓也がボックス内左からグラウンダーのクロス。これを小川航基が決めた。 前半は横浜FCがリードしたまま終えるが、後半にミスから失点。53分、前からプレスをかけられた中村拓海がバックパス。しかし、強いパスがズレると、GKスベンド・ブローダーセンがなんとかゴールに入らないように防ぐが、こぼれ球を成岡輝瑠が蹴り込み同点。成岡のプロ初ゴールで同点に追いつかれた。 嫌な形で追いつかれてしまった横浜FCだったが、61分にロングフィードに抜け出した伊藤翔がクロス。これが菊地光将のハンドを誘うと、このPKを伊藤が自ら決めて勝ち越す。さらに直後の63分には、小川がこの試合2点目を決め、リードを2点に広げる。 磐石の体制で首位キープになるかと思われたが、ホームの山口が粘りを見せる。81分、右サイドからのクロスをファーから折り返し、最後は梅木翼が蹴り込み2てんさ。さらに86分にも右からのクロスがボックス内で混戦となると、相手のクリアボールを成岡が蹴り込み、3-3。そのまま試合は終了して勝ち点1を分け合った。 その他、4位のベガルタ仙台(勝ち点55)は12位の水戸ホーリーホック(勝ち点43)と対戦。杉浦文哉、土肥航大のゴールで水戸にリードを許すと、終盤に中山仁斗が1点を返すにとどまり,手痛い敗戦となった。 また、自動降格圏の21位いわてグルージャ盛岡、最下位のFC琉球は、それぞれモンテディオ山形、ブラウブリッツ秋田に敗れている。 ◆明治安田生命J2リーグ第34節 ▽9/3(土) FC琉球 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ブラウブリッツ秋田</span> ジェフユナイテッド千葉 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 V・ファーレン長崎</span> アルビレックス新潟 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 大分トリニータ</span> ベガルタ仙台 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 水戸ホーリーホック</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">モンテディオ山形 4</span>-1 いわてグルージャ盛岡 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ツエーゲン金沢 2</span>-1 東京ヴェルディ レノファ山口FC 3-3 横浜FC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 2</span>-0 ヴァンフォーレ甲府 ▽9/4(日) 《18:00》 栃木SC vs ザスパクサツ群馬 《19:00》 ファジアーノ岡山 vs FC町田ゼルビア ロアッソ熊本 vs 大宮アルディージャ 2022.09.03 21:33 Sat
twitterfacebook
thumb

大分の選手1名、トップチームスタッフ1名が新型コロナ陽性…共に症状なし

大分トリニータは31日、トップチームの選手1名、スタッフ1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、大分では30日に選手1名が陽性に。そのため、31日に全選手・スタッフにPCR検査を実施したところ、2名が陽性となった。 選手はチーム活動に参加していた中、症状がない状況。スタッフも同様だという。 なお、濃厚接触者はチーム内にはいなかったとのことだ。 2022.08.31 19:50 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly