ドログバがチェルシー発展を支えた2人に感謝…「ボスへの忠誠と尊敬は生涯続く」

2022.08.10 15:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのレジェンドであるディディエ・ドログバ氏が、今夏に退陣した元オーナーのロマン・アブラモビッチ氏と、元ディレクターのマリナ・グラノフスカイア氏に感謝の思いを述べた。

今年2月のロシア軍によるウクライナ侵攻をきっかけに、ロシアのウラジミール・プーチン大統領と近しい関係にある人物として矢面に立たされたアブラモビッチオーナーは、チェルシーに影響が及ぶ前に売却を決断し、所有権はアメリカ人実業家のトッド・ベーリー氏が率いるコンソーシアムに移ることになった。

それに伴い、ブルース・バック会長をはじめ、アブラモビッチ氏の右腕としてクラブを支えたマリナ・グラノフスカイア氏も退陣。チェルシー上層部はほとんど刷新される格好となった。

19年間のアブラモビッチ政権において、最もクラブの成長に貢献し、成功した選手と言えるのがドログバ氏だ。同政権が発足してまもなくの2004年に加入し、2012年までの在籍8年間でプレミアリーグ3回、FAカップ4回、リーグカップ2回、そしてチャンピオンズリーグと10個の主要タイトルを獲得。また、単年契約で復帰した2014-15シーズンには、リーグ戦とリーグカップ戦の二冠を果たした。

そんなドログバ氏が、退陣した2人にSNSを通じて感謝のメッセージを伝えた。アブラモビッチ氏とは公私で親しい間柄だったようだ。

「プレミアリーグは始まったが、最初のホーム戦を迎える前に、私のチェルシー人生で重要な存在だった2人の人物に感謝を伝えたいと思う」

「何よりもまず、良い時も悪い時も常に私をサポートしてくれたマリナに感謝したい。私が2009年のバルセロナ戦について不公平だと声を大にして発言し、多くの人間から批判を受けた時もね」

「クラブ、バッジ、ファンを大切にする人間として理解してくれたのは、マリナとほんの一握りの人たちだけだった」

「彼女のこのクラブへの貢献は、周りからの評価を大きく超えるものだ」

「19年以上にもわたって、彼女はクラブをワールドクラスに成長させるための懸命な努力を続け、世界のフットボールにおいて青い旗を高く掲げ続けた」

「そしてロマンへ。ボス、私たちが共有した様々な物語について語る必要はないよね。あなたへの忠誠心と尊敬は生涯失われることはないだろう!」

「公私にわたるあなたの信頼とサポート、そして我々の夢を全て叶えてくれたそのビジョンに贈る十分な感謝の言葉を私は見つけられない」

「あなたはフットボールの世界をほとんど知らずにやって来たが、チェルシーで全てを勝ち取って去っていくのだ」

「誰も奪うことのできない歴史を、私たちは一緒に作ったのだ。それは永遠にここに残っていく」

関連ニュース
thumb

チェルシー移籍囁かれるトロサール「僕はソファに座っていたいわけじゃない」

ブライトンのベルギー代表レアンドロ・トロサール(27)が、噂されているチェルシー移籍について言及した。イギリス『メトロ』がコメントを伝えている。 2019年夏からブライトンでプレーするトロサール。プレミアリーグ初年度から毎シーズン10ゴールに絡む活躍を続けており、今季はすでに6試合で2ゴール2アシストという結果を出している。 そんな中、自身をブライトンに誘ってくれたグレアム・ポッター監督がチェルシーに引き抜かれた。これに伴い、トロサールもイングランド人指揮官の戦術を知る選手としてチェルシー移籍が噂されるようになったが、本人はプレー時間を重要視しているようだ。 「僕たちの監督はチェルシーへ行ったが、僕がそれに付いていくという憶測は無意味だ」 「チャンスがあれば行きたいと思う。だけど、僕は試合に出たいんだ。ソファに座っていたいわけじゃない」 2022.09.25 21:30 Sun
twitterfacebook
thumb

「超楽しみ」今冬チェルシー加入予定のスロニナがすでに興奮気味

アメリカ代表GKガブリエル・スロニナがチェルシー加入を待ちわびている。 スロニナは同世代では最高のGKとして名高いアメリカの若き守護神。2019年に14歳でシカゴ・ファイアーとプロ契約を締結し、17歳だった昨年8月のニューヨーク・シティ戦でMLS史上最年少GKとしてデビューを果たした。 12月にはアメリカ代表に初招集されたその才能には多くのビッグクラブが挙って関心を示したが、いち早く個人間合意していたチェルシーが今夏に1000万ユーロ+アドオンという条件でクラブ間合意に至り、争奪戦を制した。 MLSの2022シーズンはシカゴ・ファイアーに残っているスロニナだが、着々と迫る冬の加入に向けて気持ちが高まっているようだ。 「待ち遠しいよ。あの世界に入ってプレミアリーグがどんなものか体験できるのが超楽しみなんだ」 「彼らが僕に見せてくれた姿勢には本当に好感が持てた。そして相手はあのチェルシーだ。何も考える必要はなかったよ」 「プリシッチにメッセージを送ったんだけど、彼も興奮していると言ってくれたよ」 2022.09.25 21:05 Sun
twitterfacebook
thumb

人気沸騰のカイセドに“先輩”バレンシアの願い 「ユナイテッドに」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンで存在感を放ち、人気も高まるエクアドル代表MFモイセス・カイセド(20)だが、“同胞の先輩”アントニオ・バレンシア氏は自身の古巣マンチェスター・ユナイテッド行きを願っているようだ。 昨季後半にブライトン入りしたカイセド。今季のブライトンは中盤の絶対軸だったMFイヴ・ビスマを失ってのシーズンインだったが、運動量、ボールの奪取力、そして推進力をもってさっそくその穴を埋めている。 そうした活躍は早くも移籍話に発展。今夏もビッグクラブからの関心が取り沙汰されたが、最近では今季開幕後にブライトンからグレアム・ポッター監督を引き抜いたチェルシーのターゲット入りが噂されている。 だが、2021年に現役引退のバレンシア氏は自国の新たなスター候補の将来に関して、自身も2009〜2019年までを過ごしたユナイテッドでプレーする姿を期待しているようだ。『La Radio Redonda』で明かした。 「モイセス・カイセドがイングランドのビッグクラブに行けるのを願っている。彼は謙虚な青年で、偉大な選手になるために生まれてきた。マンチェスター・ユナイテッドに行ってくれたらいいね」 2022.09.25 15:55 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシーやアーセナルのオファーを認めたリシャルリソン、トッテナム入りの理由は「単純な話」

ブラジル代表FWリシャルリソンが、今夏のトッテナム移籍の裏側を語った。イギリス『イブニング・スタンダード』が報じた。 昨シーズンまでエバートンに所属していたリシャルリソン。エバートンでは公式戦152試合で53ゴール14アシストを記録。勝負強さと得点力を高く評価されていた。 今夏の人気銘柄となり、チェルシーやアーセナルが獲得に動いていた中、最終的にトッテナムへと移籍が決定。残念ながらプレミアリーグではまだゴールは決められていないものの、チャンピオンズリーグでは2試合で2ゴールを記録している。 ビッグクラブがこぞって獲得を狙っていた中、トッテナムへの移籍を決めた理由を明かしたリシャルリソン。チェルシーやアーセナルからの関心を知っていたとしながら、移籍に至った理由は実にシンプルなものだった。 「チェルシーがオファーを出してきたことは知っているし、アーセナルもエバートンに連絡して僕の状況を尋ねて来たと思う。でも、スパーズがそこに入ってきて、移籍金を支払った。単純な話だよ」 「エバートンはファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)の問題を回避するため、何人かの選手を売却する必要があった。正直に言うと、交渉はとても短かったよ」 「トッテナムがエバートンにオファーを出したと聞いた時、僕はブラジルで休暇を過ごしていた。彼らはビッグクラブだったし、僕は嬉しかったよ」 「その後、クラブが契約を交渉することが全てだったけど、幸いなことに全てが上手くいった」 「交渉中にアントニオ・コンテから電話があり、どれだけ僕を獲得したいかを話してくれたんだ」 2022.09.24 22:35 Sat
twitterfacebook
thumb

「伝説」元チェルシーMFラミレス、CLバルサ戦のあのシーンをタトゥーに「UCL史上最高のゴールの1つ」

チェルシーなどで活躍した元ブラジル代表MFラミレスが、印象的なシーンをタトゥーとして残したようだ。 2010年8月にチェルシーに加入したラミレスは、豊富な運動を誇るボックス・トゥ・ボックスタイプのMFとして、チェルシーの中盤の主力の1人として活躍した。その中でもひと際印象に残るシーンが、2012年4月24日のチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグのバルセロナ戦で決めたゴールだ。 ホームでの1stレグを1-0で勝利していたチェルシー。バルセロナのホーム、カンプ・ノウで行われた2ndレグでは守りを固めてリードを守りにいくも前半で2失点を許しあえなく逆転を許した。さらにはキャプテンのDFジョン・テリーが、ボールのないところで相手FWアレクシス・サンチェスを蹴り、1発レッドを食らってしまう。10人になったチェルシーはビハインドに加え、数的不利という絶体絶命の状況となった。 しかし、前半アディショナルタイムの46分、相手の一瞬の隙を突き、MFフランク・ランパードからのボールに反応したラミレスは、ボックス内に入ると、この日チェルシーにとっての数少ないチャンスの場面で、絶妙のチップキック。GKビクトル・バルデスの意表を突いたシュートは美しい放物線を描いてゴールネットを揺らした。 『ESPN』はそのラミレスのタトゥーを公開。懐かしくも印象的な瞬間には、「チェルシーの歴史の中で最も重要なゴールの1つ」「印象的だった」「伝説」「バルサのファンとして、ゴールは美しかったと今でも言える」「UCL史上最高のゴールの1つ」などの、今でも多数の賛辞が寄せられている。 ラミレスのゴールで息を吹き返したチェルシーは、バルセロナの猛攻を防ぎながら92分に再びゴールを奪い、2-2の引き分けに持ち込んだ。2戦合計スコア3-2とバルセロナに勝利したチェルシーは決勝へ駒を進めると、決勝でもバイエルンをPK戦の末に破り、初のCL制覇を成し遂げている。 <span class="paragraph-title">【写真】伝説のチップキックをタトゥーにしたラミレス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Ci2822TMwjy/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Ci2822TMwjy/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Ci2822TMwjy/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】タトゥーにしちゃった実際の伝説のチップキックがこちら!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJYczlEOXJwYSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.09.24 19:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly