ニューカッスル、ブライトン戦はウォームアップウェアで試合決行 色味の混同を避けるため

2022.08.10 21:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ニューカッスルは9日、13日に行われるプレミアリーグ第2節、アウェイでのブライトン&ホーブ・アルビオン戦にて、ウォームアップウェアで試合を行うことを発表した。ニューカッスルの今季のホーム用ユニフォームは黒と白のストライプ、アウェイ用ユニフォームはネイビー、3rdは白となっている。この3種類がいずれもブライトンのホーム用ユニフォームである青白ストライプに似通っており、混乱を避けるためとのことだ。プレミアリーグからの許可も得られたという。

ブライトン戦では使用されるのは、普段ウォームアップ時に着用している淡い水色ベースのシャツ。シャツにはタイン橋など、世界的に有名な街のランドマークのシルエットが描かれている。
Jリーグでは今年7月23日に明治安田生命J2リーグの第28節ベガルタ仙台vsV・ファーレン長崎戦で、仙台の着用した「2022リミテッドユニフォーム」が長崎のアウェイ用ユニフォームとカラーが見分けづらいとの声が両選手から上がり、ハーフタイム中に仙台が通常の1stユニフォームに変更するという事態も発生していた。

1 2

関連ニュース
thumb

今冬も積極補強のフォレスト、ドイツ代表DFヨナタン・ター獲得は断念

ノッティンガム・フォレストはレバークーゼンのドイツ代表DFヨナタン・ター(26)獲得を断念したようだ。イギリス『90min』が伝える。 昨夏の大量21選手補強に続き、今冬も3選手を補強しているフォレスト。今冬の移籍市場は残りわずかな時間を残すのみとなったが、現在でもコスタリカ代表GKケイロル・ナバス(36)獲得に向け、パリ・サンジェルマン(PSG)と交渉中だと伝えられる。 一方、同時並行で進めていたレバークーゼンのター獲得は断念した模様。ターは今季のブンデスリーガでここまでの全18試合、チャンピオンズリーグ(CL)でもグループステージの全6試合に出場する替えの利かない存在で、シャビ・アロンソ監督がチームの弱体化を懸念したという。 現役ドイツ代表センターバックは断念した格好のフォレストだが、経験豊富なベテランDFの獲得は近いとも。アトレティコ・マドリーから元ブラジル代表DFフェリペ(33)の獲得が濃厚とされ、フェリペとともにニューカッスルから元イングランド代表MFジョンジョ・シェルヴェイ(30)の獲得も近づいているとされている。 2023.01.30 21:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル、ウェストハムの21歳DFアシュビー獲得へ… トリッピアーのバックアッパーに

ニューカッスルがウェストハムの元U-21スコットランド代表DFハリソン・アシュビー(21)獲得を確実にしたようだ。イギリス『90min』が伝えている。 アシュビーはウェストハムの下部組織で育った右サイドバック。ファーストチームデビューは2020年9月まで遡るが、今季はヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)の予選と本戦の計2試合以外に出場がなく、主にU-21チームでプレーしていた。 ニューカッスルは昨夏にアシュビー獲得を目指すも、この時はクラブ間交渉が決裂。主軸の右サイドバックであるDFキーラン・トリッピアーをバックアップできる人材として注目してきたとのことだ。 移籍金は300万ポンド(約4億8000万円)とされ、アシュビーは29日にメディカルチェックを実施。契約もすでに済ませたとみられ、あとは公式発表を待つのみとなったようだ。 2023.01.30 17:35 Mon
twitterfacebook
thumb

大所帯フォレスト、補強止まらず! アトレティコDFフェリペ&ニューカッスルMFシェルヴェイとも交渉中

ノッティンガム・フォレストがアトレティコ・マドリーから元ブラジル代表DFフェリペ(33)、ニューカッスルから元イングランド代表MFジョンジョ・シェルヴェイ(30)の2選手獲得に近づいているようだ。 フェリペは身長190cmのセンターバックで、2016年夏にコリンチャンスからポルトへ移籍し、2019年夏には30歳でアトレティコへ加入。当初は主力としてプレーも、昨季終盤から徐々に出場機会が減り、今季はラ・リーガ3試合、チャンピオンズリーグ(CL)1試合、計283分間の出場にとどまっている。 一方、かつてリバプールでもプレーしていたシェルヴェイはニューカッスル在籍8シーズン目のセントラルハーフで、プレミアリーグ通算出場数は270試合。こちらも長らく主力としてクラブを支えてきたが、今季は序盤戦で長期離脱を余儀なくされ、復帰後も公式戦5試合出場にとどまっている。 イギリス『90min』によると、フォレストは両選手の獲得に向けて交渉中。昨夏には大量21選手を補強し、現在では34選手を抱える大所帯のため、フェリペとシェルヴェイの獲得に備え、イングランド人MFルイス・オブライエン(24)とイングランド人DFハリー・トフォロ(27)のレンタル放出を進めているという。 なお、フェリペは1月上旬にウォルバーハンプトン行きの交渉が決裂しており、シェルヴェイにはトルコからオファーが届いているものの、本人が難色。フォレストは両選手の獲得に自信を持っているとのことだ。 2023.01.30 13:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルがエバートンの10番アンソニー・ゴードンを獲得! 「ニューカッスルは自分に適したクラブ」

ニューカッスルは29日、エバートンからU-21イングランド代表MFアンソニー・ゴードン(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は“長期”とのみ伝えられている。 なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、ニューカッスルは移籍金4000万ポンド(約64億3000万円)+アドオン500万ポンド(約8億円)をエバートンに支払うことになるという。 降格圏に沈むトフィーズを脱出してタインウェアに新天地を求めたゴードンは、クラブ公式サイトのインタビューで意気込みを語った。 「ニューカッスルからの関心を耳にしたときから、ニューカッスルは自分に適したクラブだと確信していたんだ」 「ファン層や街並みが自分という人間に合っていると思うし、今の監督の下でのチームのプレーも僕にマッチしている。それにクラブは正しい方向に向かっているように見えるんだ」 「本当に大きな一歩だと感じているよ。まだ多くの人は僕の真の実力を見ていない。監督やクラブの方針の下、ここで活躍できると思っているよ」 一方、トップ4フィニッシュに向け前線の複数ポジションをこなせるユーティリティー性、多くの伸びしろを持つ国内産の逸材確保に成功したエディ・ハウ監督は、ゴードンへの大きな期待を口にしている。 「アンソニーと契約できたことを嬉しく思う。彼は本当に最高の才能だ。一緒に仕事をして、彼を成長に導くことができることに興奮しているし、彼がニューカッスルのユニフォームを着て何ができるかを見るのを楽しみにしているよ」 地元リバプール出身のゴードンは16歳でエバートンのトップチームデビューを果たした早熟のアタッカー。2列目を主戦場に相手の逆を突く巧みなドリブル、視野の広さと正確なキックを生かしたラストパスで異彩を放ち、昨季のプレミアリーグでは35試合4ゴール2アシストと主力の活躍を果たした。 今シーズンは背番号10を託され、主戦場の左右のウイングに加え、チーム事情でセンタフォワードも務め上げ、チームが降格圏の19位に低迷する中でリーグ戦16試合3ゴールの数字を残していた。 2023.01.30 01:26 Mon
twitterfacebook
thumb

インテルにもチェルシーにも居場所のないルカク、夏にプレミアの他クラブへ?

インテルのベルギー代表FWロメル・ルカク(29)にトッテナムやニューカッスル行きの可能性があるようだ。 2021年夏にインテルからチェルシーへと活躍の場を移したルカクだったが、低調なパフォーマンスや本人の希望もあり、1年を経たずして今夏にインテルへとレンタル移籍で復帰。しかし、度重なる負傷によって、今季のここまで公式戦出場は9試合のみとイタリアの地でも期待に応えられていない。 チェルシーとの契約を2026年夏まで残す中、ルカク本人は引き続きインテルでのプレーを希望するも、同クラブはレンタル期間延長や買い取りを行うつもりはない模様。保有元のチェルシーでも復帰は歓迎されていないようで、このままでは今夏には居場所を失うことになりそうだ。 そうした中、イタリア『calciomercatoweb』はトッテナムとニューカッスルへの今夏移籍の可能性があると報道。前者についてはインテル時代に師弟関係にあったアントニオ・コンテ監督の存在も理由の一つであると伝えた。 また、『calciomercatoweb』によると、ユベントスも新天地候補の一つである模様。同クラブは不正会計のペナルティによってUEFA主催大会から追放される可能性がある中、チェルシーの提案するルカクとセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(23)とのトレードを受け入れる可能性があるようだ。 2023.01.29 17:18 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly