「またね」ヴェルナーがチェルシーを退団「僕のチャントは一生心に残り続ける」

2022.08.10 13:59 Wed
Getty Images
チェルシーを退団することになったドイツ代表FWティモ・ヴェルナーが、SNSを通じて別れのメッセージを伝えた。
PR
9日、ヴェルナーはチェルシー退団と、それに伴うライプツィヒ復帰が発表された。チェルシーには2020年夏にライプツィヒから加入。4750万ポンドという移籍金を引っ提げて鳴り物入りしたが、1年目はリーグ戦わずか6ゴールという成績に。
昨シーズンはコロナ感染というエクスキューズはあったものの、リーグ戦では初年度を下回る4ゴールと不発。チャンピオンズリーグでは準々決勝のレアル・マドリー戦2ndレグで1ゴール1アシストの活躍を見せたが、結果は伴わなかった。

今夏のプレシーズン中には「どこでプレーしても幸せだと感じられる可能性はある。最も重要なことは自分が幸せなことだ。それは継続的にプレーしてゴールを決めることだね」と、移籍を示唆する発言を残していたヴェルナー。

加えてクラブはFWラヒーム・スターリングを獲得したこともあり徐々に移籍の可能性が高まると、古巣のライプツィヒが関心。本人も復帰を望んだことで、交渉は滞りなく進んだようだ。
そして、当初報じられていたレンタル移籍ではなく、完全移籍でチェルシーを去ることになったヴェルナー。契約を3年残してわずか2年での退団となるが、惜別ではなく感謝の想いを伝えている。

「親愛なるブルーズへ」

「今日でチェルシーとの旅路が終わりを迎えることになった。こんな特別なクラブで過ごした時間は信じられないほど楽しかった」

「この場を借りて、チームメイトやコーチ陣、そして何より、チェルシーの特別なサポーターであるみんなに感謝の気持ちを伝えたいと思う。この2年間を通して凄く大きな愛とサポートを受け取ったよ。良いときも困難なときも、みんなが僕を支えてくれたことは絶対に忘れない」

「僕らは一緒にチャンピオンズリーグやいろんなトロフィーを手にしたね。みんなが僕のために書いてくれた歌、合唱してくれた歌はこの先もずっと思い出すんだろうな。またいつか、スタンフォード・ブリッジでプレーするのを楽しみにしているよ」

「またね」

PR
関連ニュース

20歳DFグストも理解するタイトル獲得の意味… ポチェッティーノ監督中心にEFL杯制覇へ「若いだけではないことを皆に証明したい」

チェルシーのフランス代表DFマロ・グストがマウリシオ・ポチェッティーノ監督への信頼を明かした。イギリス『The Athletic』が伝えた。 昨夏リヨンを離れ、今シーズンからチェルシーに本格加入したグスト。ポジションを争うイングランド代表DFリース・ジェームズの離脱もあり、20歳ながら右サイドバックとしてここまで公式戦24試合に出場し、チームの勝利のため、奮闘している。 グストに限らず、多くの有望な若手が集うチェルシーは今シーズン、EFLカップ(カラバオカップ)で決勝に進出。25日にはリバプールとタイトルをかけて争う。 この大一番を前にしたグストはトロフィー獲得への意気込みを口にしており、優勝すればチームにとって大きなプラスになるとコメントを残している。 「クラブは新しいプロジェクトを進めている最中だから、トロフィー獲得は重要だ。もしかすると他のチームよりも時間がかかっているかもしれないが、このトロフィーは若いチームにとって意義あるものになる」 「僕らがただ若いだけではないことを皆に証明したい。僕らが若いのは事実だが、ピッチ上では年齢は関係ない。試合ごとに前へ進んでいかなければならない」 また、グストは成績が安定しないことによる批判も受けながら若いチームをまとめあげ、EFLカップ決勝まで導いたポチェッティーノ監督の手腕にも言及。ピッチ内外で助けられていると語った。 「彼(ポチェッティーノ)は僕らを大いに助けてくれるし、『勝ちたい』『どのチームとも戦い続ける』という意欲を僕らに示そうとしてきた」 「戦術面や技術面についてもたくさん話してくれる。彼は良い人だ。ピッチ内外で我々を大いに助けようとしてくれる。この若いチームに適している監督だ」 そんなポチェッティーノ監督は、昨年12月に練習場の駐車場を貸し切り、選手やスタッフ、それぞれの家族を巻き込んだイベントを開催したとのこと。グストはこの行動の裏にある監督の意図もよく理解しているようだ。 「あれは彼が皆を団結させるためにやろうとしたことだ。このクラブの新しいプロジェクトにおいて最も重要なのは、互いに助け合い、全員が団結することだ。そうすればもっと勝てる」 「彼は僕らのメンタリティを目覚めさせなければならないことを知っている。全てを勝ち取りたいという欲望を目覚めさせたいんだ」 「僕らはチェルシーだ。チェルシーのようなビッグクラブは、今後も戦い続けていくため、全てに勝たなければならない」 2024.02.24 19:40 Sat

「公平な扱いを求める」EFLカップ決勝を前に、ポチェッティーノ監督は審判団のリバプール贔屓を危惧

チェルシーのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、来る大一番で審判団が対戦相手のリバプールを贔屓しないよう求めた。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 チェルシーは25日に行われるEFLカップ(カラバオカップ)決勝で、リバプールと対戦予定。今シーズン、プレミアリーグでは苦しい戦いが続くチームにとって、カラバオカップは是が非でも獲得したいタイトルとなっている。 そんなチェルシーのポチェッティーノ監督にとって、気がかりなのがファイナルの舞台で下される判定のようだ。指揮官は、今シーズン限りでの退任が決まっているユルゲン・クロップ監督への惜別の情から、審判団がリバプール有利の判定を下すのではと危惧。実際、1日に行われたプレミアリーグ第22節のリバプール戦では多くの判定が不利に働いたと主張し、今回こそ公平なジャッジがされることを求めている。 「望むのと違うパーティーは見たくない。プレッシャーについては、リバプールと共に祝杯をあげたい人たちにこそあるかもしれないと思っている」 「アンフィールドでリバプールと対戦したとき、我々にとって重要な決断は一つも下されなかった。2つのあるべきPKは与えられず、デュエルの場面でファールを貰えるのは、常に我々と別の色、常に赤いユニフォームのチームだった。我々は公平な扱いを求めている」 「私は誰よりも先にリバプールは素晴らしく、クロップは世界最高の監督の一人だと言いたい。だが、前回対戦の経験から、私がウェンブリーで望むのは、そこでプレッシャーを感じないことだ。そして同じレベルで試合をして、ベストチームが勝つ姿を望む」 2024.02.24 18:10 Sat

EFL杯決勝でチアゴ・シウバ復帰の可能性… ポチェッティーノ監督が示唆 、GK起用にも言及

チェルシーのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が選手起用について語った。クラブ公式サイトが伝えた。 直近のプレミアリーグ第25節マンチェスター・シティ戦を1-1のドローで終え、公式戦3試合負けなしとしているチェルシー。25日には、ミドルズブラを破り勝ち上がったEFLカップ(カラバオカップ)決勝でリバプールとの一戦に臨む。 大一番を前に会見に臨んだポチェッティーノ監督は、チームのケガ人の状況に言及。プレミアリーグ第24節クリスタル・パレス戦の負傷交代から離脱していたブラジル代表DFチアゴ・シウバに復帰の可能性があると述べた。 「日曜日の試合に出場できるかどうか、まだ何人かの選手を見極める必要がある。ケガから回復できるかどうかは明日わかるだろう」 「チアゴにはチャンスがある。明日、彼が試合に出場できるかどうか確認することになる」 また、2023年12月から離脱しているスペイン代表GKロベルト・サンチェスの復帰が間近と見られる中、この間のゴールマウスを守り続けているセルビア代表GKジョルジェ・ペトロビッチとどちらを起用するかについてもコメント。自分の中では決まっていると明かした。 「ゴールキーパーを誰にするかはもう決めた。チームのことは99%私の頭の中にある。常に何かが起こる可能性があるから、選手たちにはまだ伝えていない。だから明日、もしくは明日以降まで待ちたいと思う」 2024.02.24 13:56 Sat

【プレミアリーグ第26節プレビュー】前回対戦で因縁生まれたアーセナルvsニューカッスル!

先週末に行われた前節はリバプール、アーセナルが揃って快勝を収めた一方、マンチェスター・シティがホームでチェルシーと1-1のドローに終わって三つ巴の覇権争いに若干の動きがあった。 また、トップ4争いではトッテナムが敗戦し、アストン・ビラ、マンチェスター・ユナイテッドがいずれも勝利を収め、こちらの争いも熾烈を極める。 25日にチェルシーvsリバプールのEFLカップ(カラバオカップ)決勝が開催される関係で、変則日程での開催となる第26節。 21日に前倒し開催となった首位のリバプールと18位のルートン・タウンの一戦は、ホームのリバプールが4-1で逆転勝利。リバプールのMF遠藤航はフル出場で勝利に貢献したが、初のベンチ入りが期待されたルートンのDF橋岡大樹は残念ながらベンチ外となった。また、チェルシーvsトッテナムのロンドン・ダービーは現時点で開催日は未定となっている。 今節の最注目カードは、3位のアーセナルと8位のニューカッスルが対峙する強豪対決だ。ニューカッスルが1-0で勝利した前回対戦では幾つかの微妙な判定や、球際での激しいバトルによって因縁生まれたカードとなっており、今回も激戦必至だ。 アーセナルは前節、バーンリーとのアウェイゲームに5-0の圧勝。MFウーデゴールの鮮烈なミドルシュートを皮切りにFWサカが4試合連続、FWトロサールが3試合連続ゴールを記録し、ウェストハム戦に続く完勝となった。これでリーグ5連勝と絶好調のアルテタのチームだが、ミッドウィーク開催となったチャンピオンズリーグ(CL)ではポルトに敗戦。相手の周到な対策とハードワークを前に枠内シュート0本と完全に攻撃が停滞すると、試合終了間際に一瞬の隙を突かれて見事なゴラッソを決められ、厳しい0-1の敗戦となった。 心身ともにダメージが残る形でロンドン帰還となったガナーズは、中2日の厳しい日程で休養十分の難敵と対戦する。復帰が期待されたDF冨安健洋やMFトーマス、FWガブリエウ・ジェズスらCL遠征メンバーを外れた選手は引き続き欠場となる模様で、ポルト戦を戦った多くの主力がタフなバトルを強いられるなか、総力戦で勝ち点3を手にしたい。 対するニューカッスルは直近4試合無敗(2勝2分け)と一時の不振を脱出。FWイサクやFWウィルソンらストライカー陣に離脱者が続出しているが、4試合連続で複数得点を記録するなど攻撃の破壊力は維持。一方で守備は全体の強度、切り替えの精度の低下によって失点が増えている。ポルト戦では無得点に終わったものの、リーグ戦では絶好調のアーセナル攻撃陣相手に隙のない戦いを見せたいところだ。 2位のマンチェスター・シティは13位のボーンマス相手に連勝を目指す。先週末に行われたチェルシー戦はパフォーマンス自体に悲観すべき部分はなかったものの、相手の粘りの守備に手を焼いて1-1のドロー。リーグ連勝が「6」でストップした。これで自力での首位浮上のチャンスを逃したが、ミッドウィークに行われた第18節延期分ブレントフォード戦では相手の堅守速攻に苦しめられたものの、一瞬の隙を突いたFWハーランドのゴールによって1-0の勝利。しっかりと白星を取り戻した。直近5試合未勝利(2分け3敗)と調子が下降気味のチェリーズ相手のアウェイゲームでは勝利はもちろんのこと、3試合ぶりの複数得点など内容面にもこだわりたい。 前節、エースFWワトキンスの2ゴールによってフルアムに2-1と競り勝った4位のアストン・ビラは、16位のノッティンガム・フォレスト相手に連勝でのトップ4圏内死守を狙う。エメリ監督就任以降、要塞化したビラ・パークでは直近の公式戦3連敗中。対戦相手のフォレストも直近2試合ではニューカッスル、ウェストハム相手に良い戦いを見せており、ホームで4戦ぶりの白星奪取に向けては攻守両面での改善が必須だ。 今季初の4連勝でトップ4争いに踏みとどまった6位のマンチェスター・ユナイテッドは、12位のフルアムとのホームゲームで5連勝を狙う。前節のルートン戦では相手のミスや幸運を味方に付け、FWホイルンドがリーグ6試合連続ゴールを含む2ゴールの活躍。以降は相手に押し返されたものの、2-1で競り勝った。ただ、チームではDFショーの長期での再離脱、絶好調ホイルンドが2、3週間程度の離脱と主力に負傷者が出ており、このフルアム戦では1トップ起用が見込まれるFWラッシュフォードやFWアントニーといった選手たちの奮起が求められるところだ。 MF三笘薫を擁する7位のブライトンは降格圏手前の17位に位置するエバートンとのホームゲームで連勝を狙う。前節のシェフィールド・ユナイテッド戦は三笘のオウンゴール、レッドカード誘発の活躍などで最下位のチームに5-0の完勝。アフリカ・ネーションズカップ帰りのFWアディングラも早速存在感を示し、チーム状態は良好だ。このエバートン戦に向けては長期離脱明けのMFエンシソ復帰の可能性という朗報が届いた一方、ブレイズ戦前から腰に問題を抱えていた三笘に欠場の可能性も伝えられており、日本代表の状態に関しては大きな懸念材料だ。 その他では成績不振に加え、健康問題を抱えるホジソン監督が辞任し、前フランクフルトのグラスナー新監督を招へいした15位のクリスタル・パレスに注目。直近3試合未勝利のイーグルスは19位のバーンリー相手に新体制初陣を飾れるか。 ◆プレミアリーグ第26節 ▽2/21(水) リバプール 4-1 ルートン・タウン ▽2/24(土) 《24:00》 アストン・ビラ vs ノッティンガム・フォレスト ブライトン vs エバートン クリスタル・パレス vs バーンリー マンチェスター・ユナイテッド vs フルアム 《26:30》 ボーンマス vs マンチェスター・シティ 《29:00》 アーセナル vs ニューカッスル ▽2/25(日) 《22:30》 ウォルバーハンプトン vs シェフィールド・ユナイテッド ▽2/26(月) 《29:00》 ウェストハム vs ブレントフォード ▽未定 チェルシー vs トッテナム 2024.02.24 12:00 Sat

遠藤純以外にも…各国代表クラス含め10日で6人が前十字じん帯断裂、直近18カ月間では約200人以上とも

片手では数えきれないほどの選手が、この数週間でヒザの前十字じん帯(ACL)断裂で離脱を余儀なくされた。 14日、なでしこジャパンのメンバーに招集されていたFW遠藤純(エンジェル・シティFC)が、ヒザの前十字靭帯損傷で離脱することが発表された。パリ・オリンピックアジア最終予選に臨むなでしこにとっては痛手となった。 トップの選手では遠藤以外にも、13日にパラグアイ女子代表のカメリア・アリエッタ(クルゼイロ)、17日には元U-20女子代表MFリナ・ハウシッケ(ブレーメン)、19日にはスイスのマラウリー・グランジェス(ヤング・ボーイズ)と、相次いで選手の大ケガが発表されることに。 代表活動中の選手らも、20日にはCONCACAF 女子ゴールドカップ中のアメリカ女子代表ミア・フィシェル(チェルシー)、22日にはアイルランド女子代表ジェイミー・フィン(バーミンガム・シティ)と、負の連鎖が続いている。 先月までさかのぼれば、オーストラリア女子代表サマンサ・カー(チェルシー)に、オランダ女子代表ジル・ルード(マンチェスター・シティ)、日本でも猶本光、安藤梢(ともに三菱重工浦和レッズレディース)が負傷。イギリス『ガーディアン』では、「直近18カ月間で195人以上の女子エリート選手が前十字じん帯損傷で戦列を離れた」と述べている。 統計上、これが多いのか少ないのかとは触れていないが、肌感覚としては「圧倒的に多い」と感じるのではないだろうか。 アメリカ『ロサンゼルス・タイムス』では「ACL断裂経験のないエリート選手は、切ったことのある選手よりも少ないだろう」と述べ、同国選手の離脱を踏まえて「フィシェルの負傷は女子サッカーにおける最近の不穏な傾向そのもの」との見出しを付けている。 イギリス『BBC』では以前、男女の身体的特徴の違いやホルモンの差、発展に伴った急激な負荷量増加といった原因の可能性を考察していたが、内的・外的要因は多岐に渡り、これという要因を1つ挙げるのは難しい。 その中で、ACL損傷によりオーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)の欠場を余儀なくされたイングランド女子代表FWベス・ミード(アーセナル)は、復帰までのドキュメンタリーを公開。同時に、国際サッカー連盟(FIFA)などとも協力し、ケガのデータ収集や研究支援にも努めている。 「阻止する方法についての決定的な答えはなく、それがもどかしい部分」とミードは語るが、少なくとも選手の福祉のために「FIFAやUEFAがスケジュールに関して、もう少し現実的になる必要がある」と、日程面や試合数については話し合いを続けていくとしている。 サッカーが接触のある競技という特性上、ケガのリスクを完全になくすことはできないだろう。それでも、早期の原因解明が望まれるほか、回復のためのスケジューリングなど、可能な部分で選手を守る手段が構築されることを願うしかない。 <span class="paragraph-title">【動画】アーセナルのミードとミーデマ、ACL損傷から復帰までのドキュメンタリー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="vxHrH2nCqR8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.23 22:10 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly