バルサがレヴァンドフスキ初弾などでダニ・アウベス加入プーマスに圧勝! ラ・リーガ開幕へ弾み《ガンペール杯》

2022.08.08 05:10 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナは7日、ジョアン・ガンペール杯でUNAMプーマス(メキシコ)と対戦し、6-0で圧勝した。

今回で通算57回目を迎える同大会は、当初ローマとの対戦が決定していたものの、対戦相手の突然の参加辞退により紆余曲折を経て、昨季まで在籍したダニエウ・アウベスが加入したメキシコの名門との対戦となった。

来週末にラージョとのラ・リーガ開幕戦を控える中、最後の調整試合となる一戦に向け、チャビ監督は両サイドバックにセルジ・ロベルト、バルデを起用した以外、主力を揃って起用。前線は右からデンベレ、レヴァンドフスキ、ハフィーニャという並びとなった。
カンプ・ノウ帰還となったダニエウ・アウベスもスタメンで起用されたこの一戦。立ち上がりから攻勢を仕掛けるホームチームは、加入後2試合で沈黙していたエースストライカー候補がいきなり魅せる。

開始3分、ボックス手前左でボールを持ったペドリからの絶妙な浮き球パスに反応したレヴァンドフスキはボックス左ゴールライン際でGKをかわす。シュートの角度はほぼなかったが、右足の丁寧なシュートをファーポストに流し込み、待望の加入後初ゴールを奪う。

このゴールに気を良くしたレヴァンドフスキは直後の5分、ボックス中央でデンベレからの横パスを足元に収めると、ゴール前の狭いスペースへ絶妙なショートスルーパスを供給。これに完璧なタイミングで抜け出したペドリが冷静にGKをかわして無人のゴールへシュートを流し込む。

レヴァンドフスキとペドリの美しい連携に触発されたのか、今度は両ウイングが魅せる。10分、右サイド深くでボールを持ったハフィーニャが丁寧な折り返しを入れると、立ち上がりから果敢にシュートを放っていたデンベレが自身3本目のシュートをゴール右隅に突き刺した。

リーグ戦真っ只中のプーマス相手に開始10分で3ゴールを奪う圧巻の強さを見せるホームチームは、ここから少しペースを落とす。だが、完全に覚醒した新エースと司令塔の勢いが止まらない。19分、エリック・ガルシアからのグラウンダーの縦パスをレヴァンドフスキがヒールを使って背後のスペースへ流すと、これに抜け出したペドリがボックス内で冷静にDFをかわして右足のシュートを流し込み、ドブレーテを達成した。

前半半ばを過ぎると、試合はようやく落ち着いた展開に。バルセロナはデル・プレーテの際どいボックス内でのシュートをGKテア・シュテーゲンの好守で凌ぎつつ、ハフィーニャやレヴァンドフスキにも5点目のチャンスが訪れたが、ここは相手の好守やポストに阻まれた。

結局、4-0のスコアで前半を終えたチャビ率いるチームは、ハーフタイムで6人を変更。ピケとジョルディ・アルバの重鎮2人、総入れ替えの中盤はアンカーにニコ・ゴンサレス、インテリオールにフレンキー・デ・ヨング、ケシエ、両ウイングにオーバメヤン、アンス・ファティが入った。

熾烈なポジション争いにおいて結果がほしい攻撃陣が、後半も早い時間帯にゴールを奪う。49分、ボックス左に抜け出したケシエからの正確な折り返しを、ファーサイドに飛び込んだオーバメヤンがワンタッチで流し込んだ。

その後、60分にはレヴァンドフスキら5選手がお役御免となり、ブラウグラナデビューのクンデやデパイが投入される。一方、プーマスではダニエウ・アウベスがこのタイミングでベンチへ下がり、カンプ・ノウに集まったクレはレジェンドへ惜しみない拍手を送った。

大量得点差に加え、多くの主役がベンチに下がったこともあり、以降はやや大味な展開に。

それでも、試合終盤の84分にはデ・ヨングが高い位置でのボール奪取からそのままボックス内までボールを運び丁寧な右足のシュートを流し込み、6点目を奪取。さらに、直後のピンチはGKペーニャが見事なセーブで凌ぎ、クリーンシートを維持した。

そして、UNAMプーマスに6-0の完勝を収めたバルセロナが、最高の形でラ・リーガ開幕を迎えることになった。

バルセロナ 6-0 UNAMプーマス
【バルセロナ】
レヴァンドフスキ(3分)
ペドリ(5分)
デンベレ(10分)
ペドリ(19分)
オーバメヤン(49分)
F・デ・ヨング(84分)

◆バルセロナ
GK:テア・シュテーゲン(→ペーニャ)
DF:セルジ・ロベルト(→デスト)、アラウホ(→クンデ)、エリック・ガルシア(→ピケ)、バルデ(→ジョルディ・アルバ)
MF:ガビ(→ケシエ)、ブスケッツ(→ニコ・ゴンサレス)、ペドリ(→フレンキー・デ・ヨング)
FW:デンベレ(→オーバメヤン)、レヴァンドフスキ(→デパイ)、ハフィーニャ(→アンス・ファティ)


関連ニュース
thumb

FW補強必須のユナイテッド、補強リストにデパイ…当事者間も接触か

マンチェスター・ユナイテッドの補強リストにバルセロナのオランダ代表FWメンフィス・デパイ(28)が入っている模様だ。 その情報はドイツ『スカイ』のレポーターを務めるフロリアン・プレッテンベルク氏からのもの。エリク・テン・ハグ監督にデパイをユナイテッドに連れ戻す構想があるといい、すべての当事者間で接触もあるようだ。 そんなデパイだが、バルセロナとは契約最終年で、FWロベルト・レヴァンドフスキの加入にケガも重なって浮いた存在に。財政的に厳しいバルセロナはサラリーを削減したく、契約の解消さえもありうる状況だという。 デパイは2015年夏から1シーズン半にわたってユナイテッドでプレーしたが、鳴かず飛ばずに終わった過去。造反のFWクリスティアーノ・ロナウドと袂を分かち、ストライカー補強が急務なユナイテッドだが、いかに。 なお、渦中のデパイは先日、来たる1月に移籍を果たす可能性について「この先がどうなるかはわからない。今はW杯に集中していて、それ以外のことは何も」と話している。 2022.11.26 19:01 Sat
twitterfacebook
thumb

J・アルバにバルサが契約解除の打診準備か

スペイン代表DFジョルディ・アルバ(33)が所属するバルセロナから契約解除を打診される見通しのようだ。 J・アルバはスペイン代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中で、初戦のコスタリカ代表戦ではスタメン出場し、2アシストと7-0の圧勝に貢献。南アフリカ大会以来の優勝を目指すチームで大きな存在感を見せつけた。 一方、所属するバルセロナでは今夏のDFマルコス・アロンソ加入に加え、19歳のDFアレハンドロ・バルデが台頭したこともあり、序列が低下中。以前のように絶対的な主力ではないためか、財政難による人件費削減に取り組むクラブから契約解除を打診される見通しだという。 スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、J・アルバはバルセロナとの契約を2024年6月まで残すものの、W杯から帰国次第、今季限りでの契約解除について話し合うことに。給与をカットした上で来季以降も残留という選択肢も残されているようだ。 カタールへの出発前にはインタビューで「バルサが要求するパフォーマンスをできなくなったら、真っ先に手を上げて去る」と口にしていたJ・アルバ。来季以降のバルセロナ残留が怪しい状況だ。 2022.11.26 17:10 Sat
twitterfacebook
thumb

W杯だけじゃない!女子CLでバルサが"らしさ"全開のパスワークからゴラッソ決める

カタール・ワールドカップ(W杯)が盛り上がりを見せているが、UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)でも素晴らしいゴールが生まれた。 24日、UWCLのグループステージ第3節、バルセロナvsバイエルンが、Spotifyカンプ・ノウで行われ、3-0でバルセロナが快勝。バイエルンのなでしこジャパンDF熊谷紗希は74分から途中出場を果たしている。 試合を通じて主導権を握ったバルセロナは、前半こそ無得点に終わったものの、後輩開始早々にブラジル女子代表ジェイゼ・フェレイラのヘディングで先制に成功。60分には左サイドをえぐったスウェーデン女子代表MFフリドリーナ・ロルフォの折り返しを、スペイン女子代表MFアイタナ・ボンマティが流し込んでリードを広げた。 さらに、その6分後にはこれぞバルセロナという、精錬されたビルドアップからダメ押しの3点目を奪う。 高い位置からはめに来たバイエルンのプレスをGKも使ってかいくぐると、中盤ではワンタッチのパスを駆使してサイドのスペースへ展開。最後は2018年U-17女子ワールドカップのMVP、FWクラウディア・ピナがボックス手前から鮮やかなミドルシュートを決めた。 この日も4万6937人の観衆を集め、完勝でタイムアップを迎えたバルセロナ。グループステージ3戦を終えて16得点1失点で全勝と、盤石の強さを発揮している。 <span class="paragraph-title">【動画】プレスをかいくぐるパスワークから最後はゴラッソで仕上げ!女子バルセロナが奪った3点目</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="b4NTgZVQ3cg";var video_start = 300;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.11.25 18:15 Fri
twitterfacebook
thumb

「18歳であんなにも…」7-0圧勝のスペイン代表、アセンシオがMOMガビを称える

スペイン代表FWマルコ・アセンシオが、カタール・ワールドカップ(W杯)グループE初戦のコスタリカ代表戦を振り返った。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 スペイン代表は24日、今大会の初戦でコスタリカ代表と対戦。背番号10を背負うアセンシオは3トップの中央でスタメン出場し、1点リードの21分に追加点を挙げるなど、7-0という衝撃の圧勝劇に貢献した。 試合後のインタビューでは自身の起用法に言及。本職はサイドながらも、自身を最前線に配置したルイス・エンリケ監督への信頼を口にしている。 「ここ(カタール)に来て初日から、監督は僕に『いくつかのポジションで使うかも』と話してくれた。サイドと中央では守備のやり方が異なるよね。とても大きなやりがいを感じているよ」 「僕が純粋なストライカーとして振る舞うのは、試合の中で死んでしまうことに等しい。ただ、どこにいても相手にプレッシャーを与え、勝利のために動くのは同じ。確かなのは僕らが良いフットボールができているということ。コーチたちのおかげだね」 また、この一戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出されたMFガビを称賛。ガビは2004年生まれで日本なら高校3年生にあたる18歳だが、チームの最年少選手にも絶大な信頼を置いているようだ。 「18歳であんなにも… 驚くべきことだ。彼のトレーニングを見ていると、その素晴らしいポテンシャルをまざまざと見せつけられ、何より自信を感じる。僕たちは皆、彼の良さを知っている。彼は大きな力をもたらしてくれているね」 2022.11.24 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

スペインの神童MFガビ、W杯における初ゴールはペレらに次ぐ史上3番目の若さに

バルセロナのスペイン代表MFガビがワールドカップの歴史に名を刻んだ。 スペインは23日にカタール・ワールドカップ(W杯)グループE第1節でコスタリカと対戦。試合は下馬評通り立ち上がりからスペインがゲームを支配。11分にダニ・オルモのゴールで先制すると、21分にマルコ・アセンシオ、31分にフェラン・トーレスがゴールネットを揺らした。 その後は5バックに変更したコスタリカを崩しきれない時間が続いたが、54分にフェラン・トーレスがこの試合2点目を奪うと、再びゴールラッシュが始まる。74分にアルバロ・モラタの左クロスをガビが流し込むと、90分にカルロス・ソレール、92分にモラタがゴールを決め、スペインが7-0で圧勝。4大会ぶりの初戦白星を飾った。 圧勝を飾ったこの一戦でスポットライトが当たっているがガビだ。ベティスからバルセロナのカンテラに加入した同選手は、昨年8月末のヘタフェ戦でトップチームデビュー。18歳ながらここまで公式戦66試合に出場し、2ゴール7アシストを記録。また、同年10月には85年ぶりの更新となる史上最年少でのスペイン代表デビューも果たしていた。 そして今回、18歳110日でW杯初得点を記録したガビだが、『Opta』によると、同大会においては史上3番目の若さでの初ゴールになったという。 現在の最年少記録は、1958年に開催されたスウェーデン大会で、当時ブラジル代表として戦った“サッカーの神様”ペレ氏が準々決勝のウェールズ代表戦で決めたゴール(17歳239日)で、2番目が1930年のウルグアイ大会で当時メキシコ代表としてプレーしたFWマヌエル・ロサス(18歳93日)となっている。 2022.11.24 06:30 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly