「パニックになってはいけない」開幕戦でチアゴ負傷…不測の事態もクロップ監督は補強否定「何人かが負傷しているだけ」

2022.08.07 10:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールのユルゲン・クロップ監督が、スペイン代表MFチアゴ・アルカンタラの負傷に言及した。クラブ公式サイトが伝えた。

6日に新シーズンの開幕を迎えたリバプール。アウェイでのフルアム戦となった試合は、2-2のドローに終わった。

2度相手に先行されながらも追いついて引き分けたリバプールだったが、負傷者が多い中で、試合中に再び負傷者が出てしまった。
51分、負傷したチアゴはハーヴェイ・エリオットと交代。復帰したばかりの中で、再び負傷と、チームとしては非常に痛い結果となった。

試合後、クロップ監督はチアゴについて「これから何が出てくるかはわかる。明確だ。我々は十分な選手がいるから、MFは必要ないと言っていたし、実際に十分な選手がいる」とコメント。「ただ、今の問題は、こういうことが起こり得るから、本当に自分たちの責任ではないことで罰を受ける」と語り、不足の事態が起きてしまうものだと語った。

開幕前の会見で補強について尋ねられたクロップ監督は、その計画はないと強気の発言。しかし、開幕戦でその言葉を打ち消さなければいけない試練が待っていた。

「カーティス(・ジョーンズ)がこういった事態になることは、誰も想像できなかった。でも、彼は若く、一種のストレスの反応だろう。体とはそういうものだ」

「ナビ(・ケイタ)はただの病気だ。来週には間違いなく復帰する」

「オックスレイド(=チェンバレン)はまだ早く、チアゴはもちろん良くない。これから見守る必要がある」

「移籍は、今、長期的な意味をなさない。我々には中盤の選手がいるし、まだ十分な人数がいる。中盤の選手が不足しているわけではなく、何人かが負傷しているだけだ」

「これは良い状況ではなく、全く好ましくはない。どう対応するかを見なければいけない。ただ、パニックになってはいけない」

あくまでも選手は充足しているというクロップ監督。復帰すれば、さらに余剰人員が出てしまうだけに、補強でカバーすることはなさそうだ。


関連ニュース
thumb

リバプール、今季就任のウォードSDが今季限りで退任へ…ディアス&ヌニェス獲得に尽力

リバプールでスポーツディレクターを務めるジュリアン・ウォード氏が、今シーズン限りで退団することになった。イギリス『リバプール・エコー』が報じている。 リバプールは、敏腕SDとして近年の名門復活に大きな貢献を見せたマイケル・エドワーズ氏が昨シーズン限りで退任。これを受け、ウォード氏は内部昇格という形で、今シーズンからSD職を務めてきた。 しかし、シーズンの終わりに一度フットボールを離れてまとまった休憩を取りたいという希望をクラブに伝え、わずか1年でSD職を辞することを決断した。 2012年にマンチェスター・シティからリバプールに加入したウォード氏は、リバプールのローンおよびパスウェイマネージャーとして5年間過ごした後、2020年12月にアシスタント・スポーツディレクターに昇格した。 前述のエドワーズ氏の右腕として以降の移籍市場において重要な役割を果たした同氏は、自身のポルトガルのコネクションを生かしてコロンビア代表FWルイス・ディアス、ウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスというポルトとベンフィカのエースアタッカー獲得に尽力した。 なお、リバプールはウォード氏から辞任の意向を伝えられ、驚きとともに落胆していると見られているが、後継者候補を決定するのに十分な時間を与えられていることもあり、ひとまずは落ち着いているという。 ただ、オーナーの『フェンウェイ・スポーツ・グループ』が先日にクラブ売却を検討していることが報じられており、ウォード氏の退任を含め、今後リクルート部門の大幅な組織変更が見込まれる。 2022.11.24 23:02 Thu
twitterfacebook
thumb

エメリ監督、古巣から引き抜き開始? 23歳チュクウェゼらに関心

アストン・ビラがビジャレアルのナイジェリア代表FWサムエル・チュクウェゼ(23)に関心を寄せているようだ。イギリス『Football Insider』が報じている。 チュクウェゼは18歳でビジャレアルの下部組織に入団し、2018年9月にヨーロッパリーグ(EL)でファーストチームデビュー。右サイドが本職の左利き快足アタッカーで、公式戦通算178試合で29得点26アシストを記録している。 アストン・ビラは来年1月の移籍市場で即戦力となるサイドアタッカーの獲得を模索。つい先日までビジャレアルを率いていたウナイ・エメリ監督からの要望もあり、チュクウェゼの引き抜きに動き出しているという。 また、スペイン『Fichajes』によると、リバプールとアーセナルもチュクウェゼに関心を寄せ、ビジャレアルの要求額は4000万ユーロ(約58億1000万円)。契約を2024年6月まで残すなか、首脳陣らは売却に前向きとされている。 なお、アストン・ビラの来冬の本命はあくまでチュクウェゼのようだが、同じくビジャレアル所属でビッグクラブ行きも噂されるスペイン代表DFパウ・トーレス(25)にも関心を寄せているとのことだ。 2022.11.22 16:36 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルン、18歳ムココの獲得に動かず... マドリーやバルサら関心も

バイエルンは、ドルトムントのドイツ代表FWユスファ・ムココ(18)獲得には動かないようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 今季は中断期間までにブンデスリーガで14試合6得点4アシストを記録し、18歳の若さで一気にカタールW杯メンバーまで駆け上がったムココ。ドルトムントで定位置を確保しているが、契約が2023年6月で満了を迎えるため、現状では来夏にステップアップするとの見方が強い。 すでにレアル・マドリーやバルセロナ、リバプール、マンチェスター・ユナイテッドなどといったメガクラブからの関心が取り沙汰されている一方、ドイツの絶対王者バイエルンは、すでに18歳の至宝から手を引いているとのことだ。 つい先日には、GKマヌエル・ノイアーが記者会見に同席したムココを冗談混じりにバイエルンへ勧誘するという一幕が話題を呼んだが、首脳陣らは早い段階でムココへの関心を放棄していたという。 なお、ムココ本人は給与面で折り合いがついていないという理由でドルトムントとの契約延長を保留中。しかし、エディン・テルジッチ監督への絶大な信頼があり、W杯から帰国次第、延長交渉を再開するとみられている。 2022.11.21 14:11 Mon
twitterfacebook
thumb

周囲は大爆笑… F・デ・ヨング、カタールで現地ファンからリバプール移籍を懇願される

バルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングが、滞在中のカタールで現地ファンからリバプール移籍を猛プッシュされたそうだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 デ・ヨングは今夏、マンチェスター・ユナイテッド行きの報道が移籍市場最大のトピックとなるも、最終的には自身が移籍を拒んだために残留に。だが、財政難のバルセロナから“換金対象”と見なされていることは、現在も変わっていない。 現在はW杯出場のため、カタールに滞在。開幕を控えるなか、オランダ代表がカタールの出稼ぎ労働者支援の一環として労働者らとの交流サッカーイベントを実施した際、1人の参加者がデ・ヨングへと近づき、大声でリバプールへの移籍を懇願したという。 まさかの珍光景に周囲は大爆笑。残念ながら決定的瞬間はカメラで捉えられなかったようだが、思わぬ一幕のおかげで、本人がどう思ったかはさておき、会場全体が暖かい雰囲気に包まれたとのことだ。 <span class="paragraph-title">【動画】リバプール入りを懇願されたことを会見で明かすデ・ヨング</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr"> De Jong explique qu&#39;un fan a essayé de le convaincre de rejoindre Liverpool<a href="https://twitter.com/hashtag/beINFWC2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#beINFWC2022</a> <a href="https://t.co/3sYVfqxH8h">pic.twitter.com/3sYVfqxH8h</a></p>&mdash; beIN SPORTS (@beinsports_FR) <a href="https://twitter.com/beinsports_FR/status/1593496088685617152?ref_src=twsrc%5Etfw">November 18, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.20 20:11 Sun
twitterfacebook
thumb

元コートジボワール代表コロ・トゥーレ氏、英2部ウィガンで監督業スタートか

元コートジボワール代表のコロ・トゥーレ氏(41)が、ウィガンで初の監督業を務めることになりそうだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 現役時代にアーセナルやマンチェスター・シティ、リバプールなどで活躍したコロ・トゥーレ氏は、2017年夏にセルティックで引退し、そのまま当時の指揮官だったブレンダン・ロジャーズの下でアシスタントコーチに就任。現在はそのロジャーズ監督とともにレスター・シティで同職を務めている。 そんなコロ・トゥーレ氏に監督就任のオファーを出しているのが、チャンピオンシップで22位に沈むウィガン。同クラブは10日に2020年夏から監督を務め、昨季はリーグ1(イングランド3部)優勝に導いたリーム・リチャードソンを解任し、来月中旬のリーグ再開に向けて後任を探しているところ。 候補としては、コロ・トゥーレ氏の弟であるヤヤ・トゥーレ氏も挙がっていたようだ。同氏は現在、トッテナムのアカデミーでコーチを務めている。 2022.11.20 14:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly