ボルシアMG、主砲プレアが契約延長! 1年の延長OP含む2025年までの契約にサイン

2022.08.05 21:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボルシアMGは5日、元フランス代表FWアラサン・プレア(29)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。また、この契約には1年の延長オプションが付随している。

リヨンの下部組織出身のプレアは、オセール、ニースを経て2018年にボルシアMGへ完全移籍で加入。加入以降は4シーズン中、3シーズンでリーグ戦2桁ゴールを達成するなど、公式戦143試合47ゴール30アシストという見事な数字を残してきた。

センターフォワードを主戦場に、左右のウイングでもプレー可能な万能型アタッカーは、個での打開力やストライカーらしい動き出しの良さ、シュート精度を武器にここ数シーズンのボルシアMGの攻撃をけん引している。

ここ数年、国内外のクラブから獲得オファーが舞い込み、今夏も古巣ニースやエバートン行きの可能性も伝えられたが、2023年に満了する現行契約を2年延長し、今後もドイツ屈指の名門でのキャリア継続を選択した。

関連ニュース
thumb

苦戦続くユベントス、来冬にボルシアMGの左SB獲得か

ユベントスがボルシアMGからアルジェリア代表DFラミ・ベンセバイニ(27)の獲得を検討しているようだ。 セリエAで7試合を消化して2勝4分け1敗と低調なスタートを切ったユベントス。さらに、チャンピオンズリーグ(CL)でも連敗スタートを強いられ、早くもマッシミリアーノ・アッレグリ監督の解任論も熱を帯びるなか、クラブは来冬の補強を模索しているという。 イタリア『トゥットメルカート』によると、ユベントスはここからの巻き返しを図るべく、ボルシアMGで左サイドバックとして活躍するベンセバイニをメインターゲットに。ユベントスにはDFアレックス・サンドロやDFマッティア・デ・シリオがいるが、セリエA第7節のモンツァ戦では右サイドバックが本職のDFダニーロが起用されるなど、アッレグリ監督も人選に頭を悩ませていた。 ユベントスは当初、ベンセバイニとボルシアMGの契約が満了となる2023年夏を待ち、フリーでの獲得を狙っていたとのことだが、少しでも早い戦力強化が必要と判断し、来冬の獲得に方針を変更した模様。ボルシアMGも契約が残り半年となり、ベンセバイニ側が契約交渉に乗り気でない現状からオファー次第で手放しうると報じられるが、果たして。 2022.09.28 17:58 Wed
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGのヴォルフ、肩の手術で前半戦残り欠場

ボルシアMGのオーストリア代表MFハンネス・ヴォルフが肩の手術を受けるため、今季前半戦残りを欠場することになった。ボルシアMGを率いるダニエル・ファルケ監督が明かしている。 ヴォルフは17日に行われたブンデスリーガ第7節ライプツィヒ戦に後半37分から出場するも、負傷してわずか4分後に交代となっていた。 ドイツ『キッカー』によれば保存療法の場合は4週間の離脱で済む負傷だが、オーストリア代表がワールドカップに出場しないこともあって手術を行い、万全の状態で復帰することをヴォルフは選択した模様だ。 2022.09.26 01:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒがボルシアMGの元辣腕SDマックス・エバールを招へい

RBライプツィヒが、ボルシアMGからマックス・エバール氏(48)の引き抜きに成功した。 なお、2008年10月から2021年1月までボルシアMGでスポーツディレクターを務め、現在は一時同職から離れているものの、クラブとの契約が残っているエバール氏は、2022年12月15日付けでライプツィヒの新たなスポーツディレクターに就任することになる。 ボルシアMGを離れてライプツィヒで新たな挑戦に挑むことになった辣腕スポーツディレクターは、クラブ公式サイトを通じて新天地での意気込みを語っている。 「RBライプツィヒへの加入を発表できることをとても嬉しく思う。回復に必要な時間を与えてくれたことに感謝しているし、再びフットボールの世界で働きたいと思う準備ができていて、エネルギーに満ちていると感じている」 「私は、近年急速に発展し、非常に野心的で、明確なフットボール哲学を代表するクラブに来ている。ここには、クラブ全体と地域全体に大きな可能性がある」 「この可能性を利用して発展させていくことは、私にとって信じられないほど魅力的な仕事だ。同様に、ここ数週間のオリヴァー・ミンツラフ会長との信頼できる話し合いと、ワールドカップが終わるまでクラブが私の休暇を尊重してくれたことは、心から引き受けたい仕事であることを明確にしてくれた」 現役時代に右サイドバックとしてバイエルンやボーフム、グロイター・フュルト、ボルシアMGでプレーしたエバール氏。現役引退後は古巣ボルシアMGで育成部門の責任者を務めた後、2008年からスポーツディレクターに就任した。 以降は古豪として知られるクラブで、10年以上に渡って補強部門の責任者を担い、監督人事、新戦力補強を主導。この間にタイトルこそ獲得できていないものの、チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得など、安定してヨーロッパのコンペティションに参戦できる競争力をもたらしてきた。 2022.09.19 23:54 Mon
twitterfacebook
thumb

ホフマンがドッペルパック、ボルシアMGが新生ライプツィヒに快勝《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第7節、ボルシアMGvsライプツィヒが17日に行われ、3-0でボルシアMGが快勝した。ボルシアMGのDF板倉滉は欠場している。 トレーニング中の負傷で板倉が長期離脱となったボルシアMG(勝ち点8)と、ローゼ監督が就任して公式戦2連勝のライプツィヒ(勝ち点9)の一戦。 試合は10分に動く。テュラムのヘディングシュートのルーズボールをホフマンが押し込んでボルシアMGが先制した。 さらに35分、ロングカウンターに転じた流れからボルシアMGがリードを広げる。テュラムが持ち上がってスルーパス、これを受けたホフマンがGKとの一対一を制した。 迎えた後半、53分に決定的な3点目がボルシアMGに生まれる。CKの流れからシュティンドルのパスを受けたベンセバイニがGKとの一対一を制した。 このまま3-0でボルシアMGが快勝。ホフマンの活躍でローゼ監督就任後、公式戦2連勝のライプツィヒに初黒星を付けている。 2022.09.18 03:32 Sun
twitterfacebook
thumb

「我々が不利益を被ってはいけない」負傷離脱の板倉滉のW杯出場にボルシアMG監督が言及「W杯の前に再び起用することは不可能」

ボルシアMGのダニエル・ファルケ監督が、日本代表DF板倉滉について言及した。ドイツ『ビルト』が伝えた。 今季マンチェスター・シティからボルシアMGへと完全移籍した板倉。すぐにチームの守備の中心となった。 ファルケ監督からも信頼されていた板倉は、高いパフォーマンスを見せていた中、出場停止で欠場した試合の翌日のトレーニングでまさかの負傷。検査の結果、左ヒザ内側じん帯の部分断裂と診断されていた。 手術の必要はないとクラブは発表した一方で、「ワールドカップ(W杯)で中断するまではボルシアMGで試合をすることはできないだろう」と長期離脱になるとされていた中、ファルケ監督が板倉について言及。同様に負傷離脱したドイツ代表MFフロリアン・ノイハウスとともに語った。 「コウはこれまで、我々にとってちょっとしたシーズン・オブ・プレーヤーだった。2人は少し落ち込んでいた」 「残念ながら、今年は両選手とも欠場する必要があり、ここからの9試合は欠いてプレーしなければならない。理想には程遠いが、それが現実だ」 W杯まではプレーできないとした板倉だが、その状況は変わっていないとのこと。ただ、過去にはドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督が守護神のマヌエル・ノイアーがケガしていたものの、プレーしていない状態でW杯に呼んだことをあげ、今どうなるとは言えないとした。 「(W杯の出場について)それは確認する必要がある。今それを話すのは時期尚早かもしれない」 「ヨアヒム・レーブは、マヌエル・ノイアーをドイツ代表に招集するのを待ち、ブンデスリーガの試合を戦っていなくとも彼を選んだ」 「コウが日本代表チームでそのステータスを持っているかどうか、今はわからない。我々にとって、彼をワールドカップの前に再び起用することは不可能だ」 一方で、ケガの状態に不安がある場合は、クラブとして派遣することはないと強く語った。 「彼が軽傷でワールドカップに出場するなんてありえない。しかし、2つの心が彼の胸の中で動いている。ケガによる長期離脱の後、ワールドカップで試合のトレーニングをするのは、それほど悪くないのかもしれない。ブンデスリーガのシーズンは1月中旬まで始まらない」 「ただ、もちろん、それはケガが完全に治った時にのみ起こる。雇用主として、結果として不利益を被ってはいけない」 まずはケガの完治が必要。焦らずに2カ月かけてどこまで回復できるかに注目が集まる。 2022.09.16 22:50 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly