アーセナルファン必見の『All or Nothing』が公開! 歓喜、怒り…アーセナルを知ることができる作品

2022.08.04 23:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルの裏側を知ることができる番組、『All or Nothing(オール・オア・ナッシング)』が4日から配信開始された。『アマゾン・プライム・ビデオ』で配信される『All or Nothing』。このシリーズは1年間プロスポーツチームに密着取材し、トレーニングやミーティング、試合、チームの運営などを収録したドキュメンタリー番組となっている。

過去には、マンチェスター・シティ、トッテナムがプレミアリーグでは番組化されており、アーセナルは3クラブ目となる。

全8話にわたって構成される今回のシリーズ。4日には第1話から第3話が公開され、11日に第4話から第6話、18日に第7話、第8話が公開される。

2021-22シーズン、ミケル・アルテタ監督が率いるチームに密着。チームは開幕3連敗、無得点という最悪のスタートを切る中で、夏の移籍市場で補強した選手たちが活躍。日本代表DF冨安健洋もその1人であり、インターナショナル・マッチデー明けの第4節で守備陣を入れ替え。そこから連勝を収める。

若い選手たちを中心にチームを作り、徐々に成績が好転。開幕3連敗がウソのように結果を残して上位争いに食い込み、久々のチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位フィニッシュも見える中、ケガ人などの影響で終盤失速し、5位でフィニッシュした。

昨シーズンのアーセナルのチーム内で何が起きていたのか。若手を軸にチームを作り上げ、期待を抱かせたアルテタ監督のチーム作りのフィロソフィーとは。アーセナルファンはもちろん、プレミアリーグファン必見の内容となっている。

『All or Nothing』の視聴は、『アマゾン・プライム・ビデオ』で。アマゾン・プライム会員への登録が必要だが、現在30日間の無料トライアルを実施中。登録したことがない方は、このドキュメンタリーを無料で楽しむことができる。

1 2

関連ニュース
thumb

「可愛い過ぎる」「似合いそう」アーセナルの岩渕真奈がアディダスのコラボスニーカーを紹介、オススメは「踵にあるハート」

アーセナルのなでしこジャパンFW岩渕真奈がスパイクではなくスニーカーを紹介し話題となっている。 このオフに両足首の手術を行った岩渕。すでに回復しており、トレーニングに戻っている姿が見られている。 新シーズンのユニフォームモデルも務めた岩渕は、先日は男子チームのエミール・スミス・ロウ、ガブリエウ・ジェズス、ガブリエウ・マルティネッリの3人との記念写真を公開し、大きな話題となっていた。 普段からオフショットを投稿する岩渕は、新しいアディダスのスニーカーを紹介。これは日本が世界に誇るファッションデザイナーであるNIGO氏が2010年に立ち上げたストリートブランド『HUMAN MADE』とのコラボスニーカーで、1996年にアディダスから初登場した「ADIMATIC(アディマティック)」がベースになっている。 岩渕は「色合いもかわいい。そして個人的にオススメのポイントはシルエットロゴ、踵にあるハートです!」と、お気に入りポイントを紹介した。 スニーカー単体の写真に加え、ハートポーズを作った岩渕とスニーカーの2ショットも投稿。これにはファンも「可愛い過ぎる」、「かわいい」、「ぶっちーに似合いそう」と、絶賛されている。 <span class="paragraph-title">【写真】コラボスニーカーとハートでコラボする岩渕真奈</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cg-gjb8j1e6/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cg-gjb8j1e6/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cg-gjb8j1e6/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">岩渕真奈/Mana Iwabuchi(@iwabuchi.m_jp)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.08 11:52 Mon
twitterfacebook
thumb

冨安健洋が背番号「2」でついに実戦復帰! 開幕戦欠場もU-21のユナイテッド戦に先発出場《プレミアリーグ2》

昨シーズンから負傷が続いていた日本代表DF冨安健洋だが、ついに実戦復帰を果たした。 5日に開幕したプレミアリーグ。オープニングカードとなったクリスタル・パレスvsアーセナルの試合は、アーセナルが0-2で勝利を収めて白星発進となった。 昨シーズンからアーセナルでプレーする冨安だが、シーズン終盤に負った負傷から復帰できず。6月の日本代表活動も合流こそしたものの試合には出場せずにいた。 その後クラブへ戻り、アメリカツアーにも帯同。しかし、プレシーズンマッチでは1秒もピッチに立つことができず、回復に努めていた。 しかし、その冨安がついに実戦復帰。6日に行われたU-21チームのプレミアリーグ2の開幕戦、マンチェスター・ユナイテッド U-21戦に先発出場を果たした。 冨安にとっての今夏初の実戦。[4-3-3]の右サイドバックとして先発出場し、前半のみのプレーとなった。 試合は今夏獲得したマルキーニョスのゴールなどで、3-1でアーセナルが勝利。冨安はしばらく実戦を積んで、コンディションをあげて行くことになりそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真&動画】スタメンの冨安&スタジアム入り</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> <a href="https://t.co/hYYOJb0bWg">pic.twitter.com/hYYOJb0bWg</a></p>&mdash; Arsenal Academy (@ArsenalAcademy) <a href="https://twitter.com/ArsenalAcademy/status/1555871313826197505?ref_src=twsrc%5Etfw">August 6, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">In the house <a href="https://t.co/F8qzdQf1Gq">pic.twitter.com/F8qzdQf1Gq</a></p>&mdash; Arsenal Academy (@ArsenalAcademy) <a href="https://twitter.com/ArsenalAcademy/status/1555873982607417345?ref_src=twsrc%5Etfw">August 6, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真】ミケル・アルテタ監督もスタンドで見守る</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Good to see you at Meadow Park today, Mikel <a href="https://twitter.com/hashtag/AFCU21?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AFCU21</a> <a href="https://t.co/4AtKNpKas9">pic.twitter.com/4AtKNpKas9</a></p>&mdash; Arsenal Academy (@ArsenalAcademy) <a href="https://twitter.com/ArsenalAcademy/status/1555957273180180481?ref_src=twsrc%5Etfw">August 6, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.07 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ガラタサライがメルテンス&トレイラを確保! 交渉開始を発表

ガラタサライがベルギー代表FWドリエス・メルテンス(35)、アーセナルのウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ(26)を確保した。 同クラブは6日、2選手との交渉開始を発表。両者は条件面で合意に至っており、同日夜にはイスタンブール入りし、メディカルチェックを受診した後に契約書にサインする見込みだ。 先日にナポリ退団が発表されたメルテンス。9シーズンにわたって在籍し、公式戦出場は通算397試合。クラブ史上最多の148ゴールと90アシストを記録し、点取り屋としてはもちろん、チャンスメイクにも秀でた希代のストライカーとして長らく活躍した。 35歳とキャリア晩年を迎えているが、実績十分の実力者に対してはユベントスやインテル、マルセイユ、アヤックスといった各国の強豪との関連が伝えられたが、新天地はトルコ屈指の名門に。 移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのニコロ・スキラ氏によると、メルテンスはガラタサライと年俸400万ユーロ(約5億5000万円)の1年契約で合意。同契約には1年の延長オプションが含まれているという。 一方、トレイラは2018年夏にサンプドリアからアーセナルへ加入したものの、ミケル・アルテタ監督の信頼を得られず。2シーズン連続でアトレティコ・マドリー、フィオレンティーナへのレンタル移籍に出ていた。 フィオレンティーナが買い取りを断念したことで、一旦アーセナルに復帰したトレイラだったが、ノースロンドンでの構想外という扱いは変わらず、移籍が既定路線となっていた。 移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、移籍金は600~700万ユーロ(約8億2000万~9億6000万円)+アドオンとなり、トレイラは2025年までの3年契約にサインする見込みだという。 2022.08.07 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ウィリアム・サリバがついにアーセナルデビュー!「長い間待ち望んだ」

フランス代表DFウィリアム・サリバが、満を持してアーセナルデビューを果たした。 サリバは2019年夏にサンテチェンヌから加入。2019-20シーズンはレンタルでフランスにとどまることになり、チームに合流したのは2020年夏のことだった。 ところが、20-21シーズンはヨーロッパリーグでは登録から漏れ、プレミアリーグや国内カップ戦でもほとんどがベンチ外に。結局、一度も試合に出られないまま、冬の移籍市場でニースにレンタル移籍することになった。 さらに、21-22シーズンはマルセイユへレンタル。ここで公式戦52試合に出場し、上々のパフォーマンスを示したことで、今季はアーセナルに留まることになった。 すると5日に行われたプレミアリーグ開幕節のクリスタル・パレス戦で先発に抜擢され、ついに待ち望んだアーセナルデビューの時が。チームはアウェイで0-2で勝利し、サリバはクリーンシートに貢献。見事デビュー戦を白星で飾った。 「開幕戦を無失点で勝てたのはとても良い結果だよ。タフな試合だったけど勝つことができた。それが重要なんだ。この時を長い間待ち望んでいた。でもデビュー戦で勝つことできたんだ。とても幸せだよ」 「こんな素晴らしいクラブでデビューする機会を得られて本当に最高だよ。こうなるともっともっとという欲が出てくるね」 「ハードな試合になることはわかっていたし、そのための準備も集中もできていた。この結果は自信に繋がるよ。この調子で行けるといいね」 「今夜は大いに喜ぶべきだけど、明日からは次の試合に集中しなければらない。これは終わりじゃなく始まりなんだから」 2022.08.06 15:30 Sat
twitterfacebook
thumb

「チャンスを逃すと厳しい罰を受ける羽目に」 開幕黒星のC・パレス監督が落胆

クリスタル・パレスのパトリック・ヴィエラ監督が黒星のプレミアリーグ開幕節を振り返った。 ヴィエラ監督が就任1年目の昨季、プレミアリーグで12位フィニッシュのC・パレス。5日の今季開幕戦でヴィエラ監督にとって古巣となるアーセナルをホームに迎え撃った。 20分にセットプレーから先制を許したなか、昨季からの継続となる攻撃的なスタイルで盛り返す時間も作り出したが、終盤にオウンゴールで追加点を許し、0-2で敗れた。 昨季に2度の対戦で1勝1分けの良いイメージを持つアーセナルとの一戦だったが、開幕黒星のヴィエラ監督は試合後、イギリス『スカイ・スポーツ』で落胆の心境を語った。 「我々は本当に良い形で2つの得点チャンスを作ったが、モノにできなかった。こうした試合では本当に厳しい罰を受ける羽目になる。得点を決められたはずだし、もちろん、ガッカリしているよ。あまり作れなかったとしてもね」 「フットボールではゴールを目指すもので、良いチームとの対戦だった。本当に良い選手が揃ったチームとの試合ではコントロールが難しくなるもの。そのなかで、我々がボールを握る状況もあったが、あまり多く作れなかった」 「大事な場面で、観客を沸かせ、勢いづくようなゴールを決められなかったんだ。それは今後、取り組んでいかないといけない」 2022.08.06 11:55 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly