いわきの選手1名が新型コロナ陽性…ノドの痛み

2022.08.03 21:16 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
いわきFCは3日、選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性診断を受けたことを発表した。

クラブの発表によると、当該選手は3日の朝にノドの痛みを訴えたとのこと。PCR検査を受け、陽性反応となった。

また、その他の選手やトップチーム関係者に関しては、抗原定性検査で全員が陰性になっているとのこと。濃厚接触疑い者もいないという。

関連ニュース
thumb

J3王者のいわきが5選手と契約更新 「J2の舞台に勝利のいわき踊りを轟かせましょう!」

J3王者のいわきFCは7日、GK鹿野修平(23)やDF黒宮渉(23)、MF杉山伶央(22)、MF永井颯太(23)、FW吉澤柊(24)の5選手と契約更新したと発表した。 今季の明治安田生命J3リーグでは鹿野が12試合出場、黒宮が1試合出場、杉山が8試合出場、永井が7試合出場、吉澤が17試合出場1得点の数字をマーク。5選手はクラブ公式サイトを通じてそれぞれ来季の抱負を語っている。 ◆鹿野修平 「来季もいわきFCでプレーさせていただくことが決まりました。J2というまた一つレベルの上がったカテゴリーでプレーさせていただけることを嬉しく思います。J2でもいわきFCらしく、また自分らしくプレーしていきます。来季も応援よろしくお願いします」 ◆黒宮渉 「2023年シーズンもいわきFC でプレーさせていただくことになりました。いわきFC のために自分は何ができるのか、成長するために何をするべきかを常に考えて、覚悟を持って魂の息吹くフットボールを体現します。ファン、サポーターの皆さん、共にいわき市、双葉郡を盛り上げましょう! 来シーズンも熱い応援よろしくお願いします!」 ◆杉山伶央 「来季もいわきFC の為に戦えることを誇りに感じています。自分の持っている力を最大限に発揮して、この街のために頑張ります。よろしくお願いします」 ◆永井颯太 「来季もいわきFCの一員として戦えることを誇りに思います。今シーズンは怪我の影響もあり、思うようなプレーができなかったので、とても悔しかったです。その悔しさを来シーズンにぶつけ、誰よりも強い気持ちで臨みたいと思います。よろしくお願いします」 ◆吉澤柊 「今シーズン沢山の応援とサポートありがとうございました! 2023年シーズンもいわきFCでプレーさせていただくことになりました。まずはしっかりと怪我をなおしてパワーアップして帰ってきます。そして、またみなさんと最高の景色を見るために自分の全てをかけて闘いたいと思います。J2の舞台に勝利のいわき踊りを轟かせましょう!」 2022.12.07 18:45 Wed
twitterfacebook
thumb

J2昇格のいわき、鳥取DF石田侑資を完全移籍で獲得「謙虚に直向きに、がむしゃらにプレーします」

いわきFCは7日、ガイナーレ鳥取のDF石田侑資(19)が完全移籍で加入することを発表した。 石田は徳島県出身で、徳島ヴォルティスのジュニアユースから市立船橋高校へと進学。2021シーズンに鳥取に入団した。 1年目は明治安田生命J3リーグで17試合に出場し2得点を記録。今シーズンはJ3で21試合に出場していた。 石田は両クラブを通じてコメントしている。 ◆いわきFC 「いわきFCに関わる全ての皆様初めまして。このたびガイナーレ鳥取より加入することになりました石田侑資です。いわきFCの一員になれることを心から嬉しく思います」 「僕自身も初めてのJ2の舞台です。いわきFCのために謙虚に直向きに、がむしゃらにプレーします。サッカーを通していわき市、双葉郡をより一層盛り上げ、元気を与えられるように頑張ります!熱い応援よろしくお願いします!」 ◆ガイナーレ鳥取 「この度、いわきFCに移籍することを決意しました。まずは、ガイナーレ鳥取に関わる全ての皆様へ感謝を伝えさせてください。2年間本当に熱いご支援、ご声援をありがとうございました!!」 「2シーズンとも僕たちが掲げていた目標には遠く及ばない結果で終わってしまいましたが最後まで熱い応援をしてくださった皆様に本当に感謝しています。この2年間では色々な事を経験、体感する事ができました」 「シーズン途中の監督交代でプロとしてあるべき姿、結果が全てのこの世界で生き抜く為には自分がどう行動しなければいけないのか凄く考えさせられました。僕自身まだまだ上に這い上がっていく事しか考えていません。その為にはやらなければいけない事がたくさんあります。夢に向かって1日1日成長していきます」 「ガイナーレ鳥取でプレーできたこと、そして鳥取でプロとしてキャリアをスタートさせられたこと本当に嬉しく思います!」 「これからも常に向上心を持ち、謙虚さ、周りの方々への感謝を忘れず上を見て努力します。いわきFCに行っても石田侑資の応援をよろしくお願いします!!本当にありがとうございました!!ガイナーレ鳥取大好きです!!」 2022.12.07 12:42 Wed
twitterfacebook
thumb

J2へ挑むいわきが嵯峨理久との契約更新、遠藤凌の期限付き移籍延長を発表

いわきFCは6日、MF嵯峨理久(24)との契約更新ならびにDF遠藤凌(24)の期限付き移籍期間延長を発表した。 嵯峨は青森山田高校から仙台大学を経て2021年からいわきでプレー。今季は開幕戦でゴールを決め、クラブのJ初ゴールをマークするなど、右サイドバックを主戦場に全34試合で先発出場し、5得点を記録した。 遠藤は今年6月にアルビレックス新潟から育成型期限付き移籍で加入。加入直後からセンターバックの一角して存在感を示し、20試合出場2得点という数字を残した。 延長した移籍期間は2024年1月31日まで。契約により、期限付き移籍期間中は新潟との公式戦に出場できない。 2選手はクラブを通じて以下のようにコメントしている。 ◆嵯峨理久 「2023年シーズンもいわきFCでプレーさせていただくことになりました。謙虚に貪欲に、そして自分らしく全力でいわきFCのためにプレーします。いわきFCに関わるすべての皆様、来シーズンもよろしくお願いします!」 ◆遠藤凌 ▽いわきFC 「来シーズン、期限付き移籍延長という形ですが、いわきFCで闘うことを決めました。シーズン途中からの加入でしたが、チームメイト、チームスタッフ、ファン・サポーターの皆さん、いわきFCに関わるすべての方々が温かく迎え入れてくれたことにとても感謝しています」 「来シーズンは更に鍛え上げ、J2の舞台でも魂の息吹くフットボールを体現し、一人でも多くの方々に勇気や元気を与えていきたいです!来シーズンも熱い応援よろしくお願いします!」 ▽アルビレックス新潟 「来シーズンも期限付き移籍を延長し、いわきFCで闘うことを決めました。アルビレックス新潟に関わるすべての皆さん、J2優勝、J1昇格おめでとうございます!」 「嬉しい気持ちの反面、正直なところ自分が貢献できなかった悔しさもあります。この悔しさを絶対に忘れず、成長した姿をビッグスワンスタジアムで見せられるように頑張ってきます!」 2022.12.06 16:20 Tue
twitterfacebook
thumb

千葉、J3制覇いわきの日高大が完全移籍加入! 「J2優勝、J1昇格の為に全力で頑張ります」

ジェフユナイテッド千葉は26日、いわきFCからMF日高大(27)の完全移籍加入を発表した。 日高は広島観音高校出身で、流通経済大学、Honda FCを経由して、2019年にいわき入り。今季からチームとともに明治安田生命J3リーグ初挑戦を果たすと、32試合に出場して5得点で優勝によるJ2昇格に貢献した。 千葉でJ2初挑戦を果たす日高はクラブを通じて「この歴史あるクラブでプレーできることを嬉しく思います。J2優勝、J1昇格の為に全力で頑張りますので、応援よろしくお願いします」とコメントした。 一方で、いわきの公式ウェブサイトを通じては「このたび、ジェフユナイテッド市原・千葉に移籍することになりました」と移籍を報告。また、感謝の言葉とともに別れの挨拶をしている。 「4年前にいわきFCに加入し、毎年のように優勝、昇格を経験することができて、後にも先にもない幸せを感じました」 「この在籍中にたくさんのファン、サポーターが増えていくのを見てきました。新しい景色を共に共感できる人が増えて、このクラブがもたらす力は大きいなと実感しました。このクラブでプレーできて、このクラブを愛する人達の為にプレーできて誇りに思います」 「移籍してもいわきの皆さんの活力になるようプレーすることは変わりありません。これからも頑張ります。本当にありがとうございました」 2022.11.26 12:20 Sat
twitterfacebook
thumb

福岡がJ3王者いわきからGK坂田大樹を獲得! J1初挑戦に

アビスパ福岡は26日、いわきFCからGK坂田大樹(28)の完全移籍加入を発表した。 坂田は流通経済大学付属柏高校、流通経済大学を経て、2017年からいわきでプレー。チームとして参入初年度の明治安田生命J3リーグで7月から出番を増やしていき、20試合の出場で優勝&J2昇格に貢献した。 福岡の選手としてJ1初挑戦の坂田。福岡を通じて「アビスパ福岡でプレーさせて頂ける機会を下さり感謝いたします。チームに貢献出来るよう邁進して参ります。よろしくお願いいたします」とコメントした。 一方、いわきの公式サイトを通じては「このたび、アビスパ福岡に移籍することになりました」と移籍を報告しつつ、感謝の言葉を綴った。 「6年前、未熟だった自分を受け入れて下さり、素晴らしい環境の中でサッカーをさせて頂きありがとうございました。社会人リーグから始まったいわきFCで、チーム関係者、ファン、サポーターの方々と共にJリーグの舞台に立ち、優勝できたことは自分のサッカー人生においてかけがえのない思い出です」 「コロナ禍で様々な制限があり、もどかしさを感じることもありました。しかし、再び皆さんの熱い声援をピッチで感じられ、胸が熱くなりました。選手にとってサポーターの方々の応援は唯一無二のエネルギーの源です」 「自分も何度もその応援に救われ、頑張ることが出来ました。本当に感謝しています。ここでの経験を糧に、より一層成長した姿を見せれられるよう、日々精進していきたいと思います。6年間本当にありがとうございました」 2022.11.26 11:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly