アル・ドゥハイルがポルトガル代表DFルベン・セメドを完全移籍で獲得…3年契約

2022.08.02 11:27 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カタールのアル・ドゥハイルは2日、オリンピアコスのポルトガル代表DFルベン・セメド(28)を完全移籍で獲得することを発表した。

契約期間は2025年までの3年間となる。

スポルティングCPの下部組織のセメドは、ヴィトーリア・セトゥーバルやビジャレアル、ウエスカ、リオ・アヴェでプレー。2019年7月にオリンピアコスへ完全移籍すると、2022年1月からはポルトにレンタル移籍していた。

ポルトでは公式戦2試合の出場に終わっていたが、オリンピアコスでは公式戦94試合で7ゴール、スポルティングでは48試合に出場していた。

また、ポルトガル代表としても3試合に出場していた。

関連ニュース
thumb

アントワープがアルデルヴァイレルトの加入を正式発表!

ロイヤル・アントワープは15日、ベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(33)の加入を正式発表した。 11日にアル・ドゥハイルから移籍の口頭合意が発表されていたアルデルヴァイレルトは、15日にメディカルチェックを通過し、2025年までの3年契約にサインをした。背番号は23を着用する。 アルデルヴァイレルトはアヤックスの下部組織出身で、2009年1月にファーストチームに昇格。その後、アトレティコ・マドリー、サウサンプトンを経て、2015年7月にトッテナムへと完全移籍で加入した。 トッテナムでは公式戦235試合に出場し9ゴール5アシストを記録。主軸としてプレーしていた中、2021年7月にはカタールのアル・ドゥハイルへと完全移籍。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で4試合に出場していた。 ベルギー代表としても121試合に出場し5ゴールを記録しているアルデルヴァイレルトは、加入が正式に決まれば、プロになってから初の母国でのキャリアがスタートする。 2022.07.16 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ベルギー代表DFアルデルヴァイレルトが三好康児所属のアントワープ加入で合意、メディカルチェック後に3年契約

ロイヤル・アントワープは11日、ベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(33)の完全移籍加入でアル・ドゥハイルと口頭合意に達したことを発表した。 クラブの発表によると、契約期間は3年間になるとのこと。メディカルチェック等を行い、数日後に正式発表できるとのことだ。 アルデルヴァイレルトはアヤックスの下部組織出身で、2009年1月にファーストチームに昇格。その後、アトレティコ・マドリー、サウサンプトンを経て、2015年7月にトッテナムへと完全移籍で加入した。 トッテナムでは公式戦235試合に出場し9ゴール5アシストを記録。主軸としてプレーしていた中、2021年7月にはカタールのアル・ドゥハイルへと完全移籍。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で4試合に出場していた。 ベルギー代表としても121試合に出場し5ゴールを記録しているアルデルヴァイレルトは、加入が正式に決まれば、プロになってから初の母国でのキャリアがスタートする。 2022.07.11 21:58 Mon
twitterfacebook
thumb

西地区はGS終了! オルンガ擁するアル・ドゥハイルや前回王者アル・ヒラルらが勝ち上がり《ACL2022》

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022の西地区は、東地区に先駆けてグループステージの全日程が終了。ラウンド16に進む8クラブが決定した。 グループAは、前回大会王者で、ラモン・ディアス監督が率いるアル・ヒラル(サウジアラビア)が勝ち点13で首位に。2位のアル・ラーヤン(カタール)と勝ち点13で並んだが、当該成績で上回った。なお、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスはアル・ラーヤンに所属しているが、登録メンバーに入っていなかった。 グループBは、アル・シャバブ(サウジアラビア)が勝ち点16で独走。グループCはフーラード(イラン)が勝ち点12で首位通過を果たした。 グループDはエルナン・クレスポ監督が率い、FWマイケル・オルンガやDFトビー・アルデルヴァイレルトらが所属するアル・ドゥハイル(カタール)が勝ち点15で首位通過。グループEはACL初出場のアル・ファイサリー(サウジアラビア)が勝ち点9で首位通過。2位のナサフ・カルシ(ウズベキスタン)も勝ち点9で並んだが2位となった。チャビ・エルナンデス監督が退任し、ハビ・グラシア監督率いるアル・サッド(カタール)はMFサンティ・カソルラの活躍もありながら3位で敗退となった。 なお、2位チームからはグループAのアル・ラーヤン、グループCのシャバブ・アル・アハリ(UAE)、グループEのナサフ・カルシがラウンド16に進出している。 ラウンド16では、アル・ヒラルがシャバブ・アル・アハリと対戦。アル・ドゥハイルはアル・ラーヤンとのカタール対決。アル・シャバブはナサフ・カルシと、アル・ファイサリーはフーラードと対戦する。 西地区は2023年の2月3日からノックアウトステージがスタート。同19日、26日に決勝が行われる。 ◆ACL2022西地区 ラウンド16 アル・ヒラル(サウジアラビア) vs シャバブ・アル・アハリ(UAE) アル・シャバブ(サウジアラビア) vs ナサフ・カルシ(ウズベキスタン) アル・ドゥハイル(カタール) vs アル・ラーヤン(カタール) アル・ファイサリー(サウジアラビア) vs フーラード(イラン) 2022.04.28 11:58 Thu
twitterfacebook
thumb

オルンガが決勝アシスト! 後半3ゴールで逆転したアル・ドゥハイルがGS突破決定《ACL2022》

22日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022のグループD第5節が行われた。 サウジアラビアのアル・タアーウンとカタールのアル・ドゥハイルの一戦は、3-4でアル・ドゥハイルが勝利。4勝1敗としたアル・ドゥハイルがグループステージ突破を決めた。 エルナン・クレスポ監督が率いるアル・ドゥハイルは元柏レイソルのFWマイケル・オルンガやベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト、カタール代表MFアルモエズ・アリらが先発した。 先制したのはアル・ドゥハイル。11分に右からのクロスをカリム・ブディアフがヘッドで合わせて先制する。 しかし21分にアル・タアーウンも反撃。カウンターからボックス中央でスマイハン・アル・ナビットからのパスを受けたレアンドレ・タワンバが反転シュートを決めて追いつく。 さらに25分、アル・タアーウンは左からのクロスを挙げると、DFのクリアボールを拾ったハッサン・アル・アムリがトラップからシュート。これがゴール右に決まりGKは一歩も動けず。アル・タアーウンが逆転に成功。37分にもカウンターからタワンバがネットを揺らし、アル・タアーウンがリードを2点にする。 2点ビハインドで後半を迎えたアル・ドゥハイルだったが、ここから反撃。58分にロングボールから抜け出したアルモエズ・アリのクロスをエジミウソン・ジュニオールが中央で合わせて決める。 その後はスコアが動かなかったが、82分にアル・ドゥハイルがPKを獲得。これをエジミウソン・ジュニオールが決めて同点に追いつくと、88分にドラマが待っていた。 左CKからのクロスをボックス中央でオルンガがヘッド。これを、アルモエズ・アリが頭で押し込み逆転。3-4でアル・ドゥハイルが勝利を収めた。 なお、試合は木村正博主審、聳城巧副審、西橋勲副審、荒木友輔第4審と日本人審判団が務めていた。 アル・タアーウン 3-4 アル・ドゥハイル 【アル・タアーウン】 レアンドレ・タワンバ(前21、前37) ハッサン・アル・アムリ(前25) 【アル・ドゥハイル】 カリム・ブディアフ(前11) エジミウソン・ジュニオール(後13、後29) アルモエズ・アリ(後43) <span class="paragraph-title">【動画】オルンガのヘッドからアルモエズ・アリの逆転弾!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">From <a href="https://twitter.com/OgadaOlunga?ref_src=twsrc%5Etfw"><a href="https://twitter.com/hashtag/ACL2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ACL2022</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/TWNvDUH?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#TWNvDUH</a> <a href="https://t.co/U4My20EIWH">pic.twitter.com/U4My20EIWH</a></p>&mdash; #ACL2022 (@TheAFCCL) <a href="https://twitter.com/TheAFCCL/status/1517635632897609728?ref_src=twsrc%5Etfw">April 22, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.04.23 15:10 Sat
twitterfacebook
thumb

アル・ドゥハイル、エルナン・クレスポを新指揮官に招へい!

カタールのアル・ドゥハイルは24日、エルナン・クレスポ氏(46)の新監督招へいを発表した。契約期間は2023年6月30日までとなる。 アル・ドゥハイルは今月15日、ブラジルからのオファーを受けた前指揮官ルイス・カストロ監督(60)との契約を双方合意の下で解消。 後任人事に関しては4月に開幕するアジア・チャンピオンズリーグまでに決定するとアナウンスされていた中、元アルゼンチン代表の名ストライカーがその後釜に座ることになった。 現役時代にリーベル・プレートやパルマ、ラツィオ、インテル、チェルシー、ミランなどで活躍したクレスポ氏は、古巣パルマのプリマヴェーラなどイタリアの地で指揮官としてのキャリアをスタート。 2020年には母国のデフェンサ・イ・フスティシアを指揮し、クラブに史上初となるコパ・スダメリカーナ制覇をもたらした。その後、2021年2月にはブラジル屈指の名門サンパウロの新指揮官に就任も、同10月に成績不振を理由に解任されていた。 なお、ベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトやケニア代表FWマイケル・オルンガ、韓国代表DFナム・テヒらを擁するアル・ドゥハイルは、今シーズンここまで22試合を終えて勝ち点47を獲得。無敗で首位を独走するアル・サッドに次ぐ2位に付けていた。 2022.03.25 22:28 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly