8万人超の大観衆! イングランドが自国開催の女子ユーロでドイツ下して初優勝!《女子ユーロ2022》

2022.08.01 11:10 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
【動画】8万人超の大観衆が集まった試合!イングランドの鮮やか先制ゴール!





1 2

関連ニュース
thumb

熊谷紗希を擁するバイエルンが今季無敗のバルセロナに土をつける、2万4000人の大声援が力に《UWCL》

なでしこジャパンのDF熊谷紗希を擁するバイエルンが、今季公式戦無敗だったバルセロナ女子に初めて土をつけた。 7日、UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)のグループステージ第4節、グループDのバイエルンvsバルセロナがアリアンツ・アレナで行われ、ホームのバイエルンが3-1で勝利を収めた。熊谷は81分から途中出場を果たしている。 ホームのバイエルンは高い位置でのボール奪取から4分にクララ・ビュール、10分には長いボールを起点にリナ・マグルと立て続けにネットを揺らす。折り返して60分にはショートカウンターからレア・シューラーが追加点を挙げると、ジェイゼ・フェレイラに1点を返されながらも逃げ切り勝ちを収めた。 バルセロナは今季も国内リーグ戦で無双しており、45得点4失点で11試合全勝中。UWCLでも16得点1失点で3連勝中だった。バイエルンも第3節で0-3と敗れていたが、2万4000人のホームの大歓声を受けて借りを返した。 ボール保持率は43%でほぼ倍のパスを回され、シュート数「23」を数えながらも、ブロック8本にGKセーブが7つと粘りを見せたバイエルン。アレクサンダー・シュトラウス監督も「激闘の勝利であり、我々は自身を本当に誇りに思える。テクニカルエリアからも観衆の迫力が感じられた。それは間違いなく、選手たちの背中を後押ししただろう」と、詰めかけた大観衆と、それに応えた選手たちを称えた。 これでバイエルンとバルセロナはそれぞれ3勝1敗に。3位・ベンフィカは2勝2敗、ローゼンゴードが4敗で最下位に沈んでいる。今後は15日に第5節、21日に最終節が行われ、上位2チームがベスト8に進出する。 <span class="paragraph-title">【動画】熊谷紗希もクローザーとして出場、バイエルン女子vsバルセロナ女子のハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="5kt7GfuvVo4";var video_start = 19;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.12.08 20:12 Thu
twitterfacebook
thumb

W杯王者の丸山桂里奈&本並健治夫婦も日本代表ユニのペアルックで応援「四年後が楽しみです!私も出産頑張ります」

ワールドカップ(W杯)の優勝経験者からも日本代表へメッセージが届いた。 日本は5日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16で、史上初のベスト8進出を目指してクロアチア代表と対戦した。 前回大会準優勝のクロアチアを相手に前田大然のゴールで先制した日本だったが、イバン・ペリシッチのヘディングで追い付かれると、90分、延長戦でも決着はつかず。PK戦では相手GKに3本をストップされ、8強入りはならなかった。 目標としていた決勝トーナメントでの勝利をつかむことはできなかったが、グループステージではドイツ代表やスペイン代表を逆転で下し、世界を震撼させた日本。その姿は日本のみならず、世界中の人々の心を揺さぶった。 戦いを終えた日本代表へは多くのメッセージが送られているが、元なでしこジャパンのFW丸山桂里奈さんからも今後へ向けて温かい声が届いている。 「また四年後が楽しみです。選手たちの成長を見守れる四年間!!選手のみんながかっこよすぎた。。信じる気持ちで最後まで可能性をたくさん持たせていただきました!!」 「私も日本代表のみなさんの頑張りで、出産頑張ります!!みなさん、これからもサッカーを盛り上げていきましょう」 丸山さんはなでしこジャパンの一員として2011年のドイツ女子W杯で優勝。準々決勝進出のドイツ女子代表戦では値千金の決勝点を挙げていた。2020年に元日本代表GK本並健治氏と結婚し、今年10月には第1子妊娠を公表している。 夫婦でのユニフォーム姿を公開した丸山さんにも温かい声が送られ、「元気な赤ちゃんを産んで、4年後は親子で応援ですね」、「次は親子3人で観戦して楽しんでください」、「出産頑張ってください」のように4年後を家族の姿を思い浮かべるコメントが届いている。 また、来年に控えるオーストラリア・ニュージーランド女子W杯に関するコメントも。「ワールドカップで、優勝したなんて、かりなさんすごすぎます。 リスペクト半端ない」、「来年はなでしこジャパンですね」、「来年はなでしこジャパンのワールドカップが楽しみ」といった、次のステージを見据えた声などが多数集まっている。 <span class="paragraph-title">【写真】丸山桂里奈・本並健治夫妻が日本代表ユニフォームのペアルック</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">また四年後が楽しみです。選手たちの成長を見守れる四年間選手のみんながかっこよすぎた。。信じる気持ちで最後まで可能性をたくさん持たせていただきました<br>私も日本代表のみなさんの頑張りで、出産頑張りますみなさん、これからもサッカーを盛り上げていきましょう <a href="https://t.co/nQ13adVN5k">pic.twitter.com/nQ13adVN5k</a></p>&mdash; karina maruyama丸山桂里奈 (@marukarichan11) <a href="https://twitter.com/marukarichan11/status/1600019582659751937?ref_src=twsrc%5Etfw">December 6, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.06 21:45 Tue
twitterfacebook
thumb

なでしこリーグ覇者のS世田谷が勝ち抜け、今季で解散のアンジュは敗れてクラブの歴史に幕《皇后杯》

第44回皇后杯2回戦の10試合が、3日から4日にかけて各地で行われた。 今季のプレナスなでしこリーグで初優勝を飾ったスフィーダ世田谷FCは、来季からリーグ2部へ昇格するヴィアマテラス宮崎と対戦。リーグMVP、大竹麻友の2得点などで3-1と勝利し、3回戦進出を決めた。 今季限りで活動を終えるアンジュヴィオレ広島は東洋大学と相まみえ、0-4で敗れた。6分、大宮アルディージャVENTUSへの加入が決まっている北川愛莉に先制ゴールを許すと、以降も失点が重なって4失点。反撃を試みるも及ばず、これが最後の試合となり、クラブの歴史に幕を閉じた。 1回戦で社会人チームの福岡J・アンクラスを破った藤枝順心高校は、今季のなでしこリーグ得点女王・千葉園子を擁するASハリマアルビオンと対戦。U-17女子ワールドカップ(W杯)にも出場した久保田真生のゴールなどで、90分を終えて3-3と健闘したが、延長戦で3失点を喫し、3-6で敗れた。 また、岡山県作陽高校が大倉弓佳の決勝点で筑波大学を撃破。セレッソ大阪堺レディースが静岡SSUボニータをPK戦の末に下すなど、年上のチームを破って次のステージへ駒を進めている。 その他の結果は以下の通り。なお、WEリーグ所属チームは4回戦からの登場となる。 ◆皇后杯2回戦 ▽12月3日 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">スフィーダ世田谷FC 3</span>-1 ヴィアマテラス宮崎 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">伊賀FCくノ一三重 2</span>-0 常盤木学園高校 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">愛媛FCレディース 3</span>-2 SEISA OSAレイア湘南FC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ASハリマアルビオン 6</span>-3 藤枝順心高校 筑波大学 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 岡山県作陽高校</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">セレッソ大阪堺レディース 0</span>-0(PK5-4) 静岡SSUボニータ FCふじざくら山梨 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ニッパツ横浜FCシーガルズ</span> 朝日インテック・ラブリッジ名古屋 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 早稲田大学</span> ▽12月4日 アンジュヴィオレ広島 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 東洋大学</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">オルカ鴨川FC 5</span>-0 ディオッサ出雲FC ◆3回戦組み合わせ ▽12月10日 スフィーダ世田谷FC vs 東洋大学 伊賀FCくノ一三重 vs 愛媛FCレディース ASハリマアルビオン vs 岡山県作陽高校 オルカ鴨川FC vs 早稲田大学 ▽12月11日 セレッソ大阪堺レディース vs ニッパツ横浜FCシーガルズ 2022.12.04 20:51 Sun
twitterfacebook
thumb

「公式戦では初めて」CBで先発の浦和L・安藤梢、今季初のクリーンシートで期待に応える「面白さもあったし自信にも」

進化をし続ける10番が頼もしい。 三菱重工浦和レッズレディースは3日、2022-23 Yogibo WEリーグ第5節で大宮アルディージャVENTUSとのアウェイでの"さいたまダービー"に臨んだ。 開幕から3試合連続の複数得点を挙げ、3連勝で首位をいく浦和だったが、ダービーに向けて大きな懸念事項があった。なでしこジャパンの活動中にセンターバックの高橋はなが右ヒザ前十字じん帯損傷の重傷を負い、長期離脱。ただでさえ人材不足の最終ラインで、誰が代役を務めるのかに大きな注目が集まった。 WEリーグカップではサイドが本職の上野紗稀や長嶋玲奈も起用されていたが、この日、楠瀬直木監督が指名したのは安藤梢。なでしこジャパンでも126試合に出場した百戦錬磨のアタッカーを抜擢した。 メンバー発表された「DF10安藤梢」にはファンも驚きを隠せなかった。それもそのはず、本人いわくセンターバックでの出場は「公式戦では初めて」。だが、ふたを開けてみれば安定感は誰よりも抜群だった。 チームのボール保持時間が長いこともあって、明確な守備機会そのものは決して多くはなかった。だが、読みを効かせたくさびのつぶしやインターセプトなど、随所で好プレーを披露。カウンターを受けた53分のシーンでは、流れて大宮FW髙橋美夕紀を追走していたが、パス出しの瞬間にマークを捨ててスペースをケアし、好判断で見事に山崎円美のシュートをブロックした。 トラップ精度も高くパススピードも速いため、ビルドアップも卒なくこなした安藤。チームは3-0で勝利を収め、リーグ戦では今季初のクリーンシートを達成。もちろん、安藤1人の力ではないとはいえ、貢献度は誰の目にも明らかだった。 指揮官は試合直後のインタビューで「ケガ人もいて(後ろに)人がいないので、なんでも屋さんの安藤におんぶにだっこ」と冗談めかしたが、「非常にいいディフェンスラインを築いてもらって助かっています」と評価している。 クラブ公式サイトでも安藤の声を紹介。プレーへの満足感以上に、さらなる向上心をうかがわせる。 「(センターバックでの出場は)公式戦では初めてです。プレーしてみて面白さもありましたし、みんなで声を出し合いながら協力して、無失点で抑えられたので、少し自信にもなりました。でも、精度やポジショニングの部分で、上げていかないといけないところもあると感じています」 「ビルドアップのところでは、攻撃のいいスタートになればいいと意識しながら、自分がFWのときにやられたら嫌なところを突いていきたいというのはありました」 安藤は2009年シーズン後に浦和からドイツのFCR2001デュイスブルク(現:MSVデュイスブルク)へ加入し、フランクフルトやエッセンでもプレー。国内タイトルだけでなく、UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)も制覇。2017年6月に古巣の浦和へと復帰し、昨季はボランチも経験した。 浦和は次節、11日にホームでINAC神戸レオネッサとの大一番を迎える。40歳となった今でも進化を続ける安藤のプレーにも注目だ。 <span class="paragraph-title">【動画】大宮V vs 浦和Lのハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="UIORQSNjkk0";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.12.04 20:50 Sun
twitterfacebook
thumb

「個性ある」「これは大正解」その名は石川百合子、石川県の女子サッカークラブの斬新なマスコット名が大きな話題に

北信越女子1部リーグに誕生したマスコットの名称に注目が集まっている。 2021年に発足し、今季は北信越女子1部リーグを2位で終えたリリーウルフF石川。11月29日にはマスコットキャラクターの名称決定が発表されたが、これが話題となった。 公募の中から採用された名称は「石川百合子(いしかわゆりこ)」だ。 カタカナ名が多いマスコットの中で珍しい苗字付き。インターネット上でも「ある意味斬新です」、「個性あるな~」、「不覚にも笑ってしまった」、「かわいいぞ、石川百合子ちゃん」、「これは大正解!!」と大きな賑わいを見せている。 クラブは名称決定に際し、漢字の名前が目を引いたことや県名、チーム名の由来である黒百合が名前に含まれていて印象的だったと述べている。 「カタカタ表記の名称を数多くいただいておりましたが、唯一姓名のある漢字の名前は目を引きました!また、石川のチームであること、チーム名リリーの由来となった黒百合も名前に含まれており、チームメッセージの発信にもつながるインパクトのある名前のため採用となりました」 「ぜひこれから石川百合子をよろしくお願いします。いろんなあだ名をつけてください!」 チーム名のリリーウルフは、高い協調性を持ち、集団で力を発揮する狼(ウルフ)と、石川県花のクロユリからユリの英語名リリーを合わせた造語とのこと(石川県ではクロユリを"郷土の花"と位置付けている)。Fの文字は石川県の形を連想させ、Football、Female、Fight、Futureの頭文字を意味している。 27日には石川県勢のチームとして38年ぶり2回目となる皇后杯に出場。1回戦で愛媛FCレディースと対戦し、残念ながら0-2で敗れている。 <span class="paragraph-title">【動画】これが話題のマスコットキャラクター、石川百合子</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/ClidrIhpVUM/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/ClidrIhpVUM/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/ClidrIhpVUM/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">【公式】リリーウルフF石川(@lilywolf2022)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】皇后杯1回戦、愛媛FCレディースvsリリーウルフ.F石川のハイライト</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="IKicKEcNSgM";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.12.04 19:50 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly