カタールW杯100日前イベントをABEMA、テレビ朝日、フジテレビが共同で開催!内田篤人や大久保嘉人も登場

2022.08.06 21:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
29日、「ABEMA」、「テレビ朝日」、「フジテレビ」が『FIFA ワールドカップ カタール 2022 開幕100日前イベント』を共同開催することを発表した。

「FIFA ワールドカップ カタール 2022」全64試合無料生中継を行う「ABEMA」と、日本代表のグループステージ第2戦のコスタリカ戦のほか、全10試合を放送する「テレビ朝日」、同じく第3戦のスペイン戦のほか、全10試合を放送する「フジテレビ」が、11月の開幕に向けて、豪華な登壇者とともに、カタールワールドカップの魅力をたっぷりと届けるイベント。「ABEMA」からは「ABEMA FIFA ワールドカップ 2022 プロジェクト」のGM(ゼネラルマネージャー)を務める本田圭佑氏がVTRにて出演し、今大会の日本代表への期待と各試合の見どころを語る。

また、元日本代表DFで、テレビ朝日系サッカー解説を務める内田篤人氏、元日本代表FWでフジテレビ系FIFAワールドカップスペシャルナビゲーターの大久保嘉人氏も登壇する。

さらにイベントMCを務めるのは、「ABEMA」の貴島明日香さん、「テレビ朝日」の安藤萌々さん、「フジテレビ」の佐久間みなみさんと各局のアナウンサーで、それぞれ各社のワールドカップ中継の特色・見どころについても大いにアピール。このイベントでは、トークショーやゲーム、ワールドカップの見どころを詰め込んだVTR上映など、サッカーファンはもちろん、サッカーにあまり詳しくない方にも楽しめる内容となっている。また、当日の模様は「ABEMA」の公式YouTubeやTwitterからもリアルタイムで視聴が可能だ。

イベントは8月13日(土)にテレビ朝日 SUMMERSTATIONLIVEアリーナ(六本木ヒルズアリーナ)で、11時から開催される。

≪観覧方法≫
入場無料(自由席)
※新型コロナウイルス感染防止対策のため、事前にWEBで発行した整理券が必要です。
※入場には必ずテレ朝チケットで発行する整理券が人数分必要となります。
※集合場所は当日アリーナ入口にてご確認ください。

<整理券受付スケジュール>
【抽選申込受付期間】
7月30日(土)11:30〜8月7日(日)23:59
【一般先着受付期間】
8月10日(水)10:00〜

関連ニュース
thumb

W杯でデンマーク代表のWAGsは見られず…「カタールの利益に貢献したくない」

デンマーク代表の選手たちは、単身でカタール・ワールドカップ(W杯)に臨むことになるようだ。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。 多くの国では、国際大会に臨む選手たちは大会に自分の妻や彼女を帯同することが許可される。これまでの大会でも、WAGs(Wives and Girlfriends=フットボーラーたちの妻や彼女たちのことを差すフレーズ)としてその華やかな姿が度々注目を集めていた。 しかし、デンマークはカタール大会において帯同させないことを決定したという。デンマークサッカー協会(DBU)の広報担当者がデンマーク『コペンハーゲン・デイリー』にその理由を説明している。 「DBUとDBUの理事会は、W杯に関連するカタールへの渡航を最小限に抑えることを決定した」 「我々はカタールの利益を上げることに貢献したくない。そのため、渡航活動をできるだけ減らした」 「これまでの大会では、選手の妻やガールフレンドが理事会とともに帯同していたが、今大会ではそれらを取りやめた」 なお、デンマークのユニフォームサプライヤーを務めるスポーツブランド『ヒュンメル』も、カタールで起きていた人権の問題と移民労働者の扱いに抗議するため、目立たない無地のユニフォームを発表していた。 <span class="paragraph-title">【写真】W杯でその姿は見られず…デンマークの司令塔エリクセンと妻サブリナさん</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/B0A54n2gcAw/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/B0A54n2gcAw/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/B0A54n2gcAw/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Christian Eriksen(@chriseriksen8)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.06 21:45 Thu
twitterfacebook
thumb

カタールW杯前にマンチーニが心境を吐露「イタリアのいない大会を見るなんて…」

イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督が、カタール・ワールドカップ(W杯)への心境を語った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 イタリア代表は今年初め、W杯出場をかけた予選プレーオフで北マケドニアに敗れ、2大会連続で予選敗退となった。その際、マンチーニ監督の進退が問われたが、ひとまず2026年までとなっている契約を全うする流れとなった。 そのカタールW杯の開幕が1カ月半後に迫る中、マンチーニ監督は4年1度のサッカーの世界的イベントにアッズーリがいない無念さを隠さず語った。 「来月はイタリア人にとって簡単なものにはならないだろう。イタリアのいないW杯を見るなんて非常に辛いことだ。私やテクニカルスタッフにとっては特にそうだが、所属クラブに戻り、この失望を一部乗り越えた選手たちにとってはそうではないかもしれない」 「W杯が終わって初めて気が晴れるだろうが、テレビで大会を見るのは本当にきついだろう」 なお、UEFAネーションズリーグでは、イタリアはベスト4進出を決めており、11月にはアルバニアとオーストリアとの親善試合が控えている。 2022.10.06 21:40 Thu
twitterfacebook
thumb

カタールW杯前最後のFIFAランク更新! トップ10の顔ぶれ変わらず、日本はアジア2位をキープ

FIFAは6日、最新のFIFAランキングを発表した。 カタール・ワールドカップ開幕まで1カ月半となる中、9月末に大会前最後のインターナショナルブレイクが組まれ、各国がラストスパートをかけた。 今回のFIFAランキングがW杯においても一つの指標となるが、トップ10では顔ぶれは変わらず、イタリアとスペインの順位が入れ替わったのみ。また、全体的にも大きな変動はなかった。 日本代表は前回と同じ24位をキープ。アジアでは、全体で20位にランクインしたイラン代表に続く2位となっている。 ◆全体上位 ()内=前回順位、★=W杯出場国 1.ブラジル(1)★ 2.ベルギー(2)★ 3.アルゼンチン(3)★ 4.フランス(4)★ 5.イングランド(5)★ 6.イタリア(7↑) 7.スペイン(6↓)★ 8.オランダ(8)★ 9.ポルトガル(9)★ 10.デンマーク(10)★ 11.ドイツ(11)★ 12.クロアチア(15)★ 13.メキシコ(12)★ 14.ウルグアイ(13)★ 15.スイス(16)★ 16.アメリカ(14)★ 17.コロンビア(17) 18.セネガル(18)★ 19.ウェールズ(19)★ 20.イラン(22)★ ◆アジア上位 20.イラン(22↑) 24.日本(24) 28.韓国(28) 38.オーストラリア(39↑) 50.カタール(48↓) 51.サウジアラビア(53↑) 68.イラク(70↑) 70.UAE(69↑) 75.オマーン(75) 77.ウズベキスタン(77) 2022.10.06 19:20 Thu
twitterfacebook
thumb

メンバー外の中山雄太に試練? 低迷ハダースフィールドの監督交代で序列に変化か…指揮官は練習を重視

日本代表DF中山雄太がこの先試練を味わうことになるかもしれない。 ハダースフィールド・タウンは4日、チャンピオンシップ第13節でルートン・タウンと対戦した。 降格圏に低迷するハダースフィールドは9月29日に成績不振でダニー・スコフィールド監督を解任し、マーク・フォザリンガム監督を招へいしていた。 代表活動から戻り、突如監督が交代したことになる中山。1日に行われたレディング戦では先発出場していた中、ルートン・タウン戦ではメンバー外となっていた。 ケガも心配された中、ルートン・タウン戦後にフォザリンガム監督が中山について言及。問題はないとした。イギリス『Yorkshire Live』が伝えた。 「問題はない。ユウタは良い選手で、元気だ。先週、代表の活動で1週間離れていたので、彼はここで私のトレーニングのやり方を見つけなければいけない。彼は2日間のトレーニングを受けただけだ」 これまで新天地でレギュラーとしてプレーしてきた中山。スコフィールド監督が期待を寄せていたということも大きいが、監督交代で出番を失う選手は少なくない。 今回もその可能性が高く、フォザリンガム監督はメンバーメンバー選考の基準に言及。トレーニングでのアピールが重要になると語った。 「チームやスターティングイレブンを選ぶとき、私は彼らがどのようにトレーニングしたかを重視する。そのために、戦術的なことではなく、彼らがどのようにトレーニングしたかが重要となる」 「トレーニングにおける彼らのコミットメントとはどのようなものなのか。彼らは虎の目を持っているのか。デュエルに勝つために腹に火がついているのか。これが私が焦点を当てていることであり、チームを選ぶ理由だ。変わることはない」 ルートン・タウン戦では、マンチェスター・シティのU-19イングランド代表DFルーク・エムベテ(19)が同じポジションで起用されていた。将来有望なイングランド人選手。中山がメンバー外になったのはたまたまなのか、それともこの先も続くのか。いずれにしても、トレーニングでしっかりとアピールしなければ、カタール・ワールドカップ(W杯)までの期間のプレー時間が限りなく減ることになりそうだ。 2022.10.06 12:25 Thu
twitterfacebook
thumb

ジルーがW杯へ意気込み! アンリ超えについては「最高のボーナスになる」

ミランのフランス代表FWオリヴィエ・ジルーが、カタール・ワールドカップに向けた意気込みを語っている。フランス『レキップ』が伝えた。 開幕まで残り2カ月半に迫ったカタールW杯。フランス代表はディフェンディングチャンピオンとして、イタリアとブラジルに続く3チーム目の連覇を目指す。 先日のインターナショナルブレイクでも、UEFAネーションズリーグのオーストリア戦で1ゴール1アシストの活躍を披露したジルー。自身3度目のW杯出場の可能性については「やることはやった」と、メンバー入りに向けて最善は尽くしたとコメント。 一方で、あと2ゴールに迫ったティエリ・アンリのフランス代表歴代最多ゴールについては、優勝が最優先であることを強調した上で、ゴールも意識していることを認めた。 「どちらも意識しているよ。でも間違いなくワールドカップのタイトルを守ることが重要だ。そして、もしティティに並んだり、超えたり出来たら、最高のボーナスになるだろうね」 2022.10.05 15:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly