スタッド・ランス移籍の伊東純也、ヘンクに感謝と別れ「僕を本当に手放したくないんだという思いを感じた」

2022.07.29 19:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スタッド・ランス移籍が発表された日本代表MF伊東純也が、ヘンクへ別れの言葉を残した。クラブ公式サイトが伝えている。

「この美しいクラブで素晴らしい時間を過ごせたことを、スタッフ、社員、そしてもちろん素晴らしいサポーターたち皆さんに感謝したいと思います」

「この美しいスタジアムでプレーできたことは光栄であり、自分の家のようにくつろぐことができました。そして、自分の名前が合唱されると鳥肌が立ちました」
「このような機会を与えてくれたクラブに感謝したいと思います。ここ数日、激しい議論が交わされてきましたが、クラブが本当に僕を手放したくないと思っていることを感じました」

「しかし、僕はこの一歩を踏み出し、挑戦に向かうことにしました。本当に楽しみにしています」

「でもその前に、ヘンクのみんなに改めて感謝します。みんなの大成功を祈っています!」

柏レイソルでの活躍を経て、2019年2月にヘンクに加入した伊東。当初はレンタル移籍だったが、チームのリーグ優勝に貢献すると、1年後の2020年3月に完全移籍へ切り替わった。

ここまで公式戦144試合で29ゴール49アシストを記録していた中、先日にチームを離脱したことが報じられ、移籍は秒読み段階に入っていた。なお、今回の移籍は、スタッド・ランスが1000万ユーロ(約13億7000万円)の契約解除金を支払ったものと見られている。

関連ニュース
thumb

ウディネーゼ守護神シルベストリが契約延長

ウディネーゼは1日、イタリア人GKマルコ・シルベストリ(31)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。 アルゼンチン代表GKフアン・ムッソのアタランタ移籍に伴い、2021年夏に後釜として加入したシルベストリ。以降はフリウリに本拠地を置くチームの守護神として公式戦53試合に出場。今シーズンも序盤戦で主役を担った8位チームの守備を支えている。 この活躍を高く評価するクラブは2024年までとなっていた現行契約を1年延長するオファーを掲示し、今回の正式発表となった。 モデナでプロデビューを飾ったシルベストリは、キエーボへの完全移籍を経て、レッジーナ、パドヴァ、カリアリとレンタルで移籍し、2014年にリーズへ完全移籍。その後、2017年にエラス・ヴェローナへ完全移籍し、正GKとして活躍していた。 2022.12.02 01:06 Fri
twitterfacebook
thumb

東京五輪金メダリストのFWパウリーニョがレバークーゼン退団…契約終了まで母国にレンタル

レバークーゼンは1日、U-23ブラジル代表FWパウリーニョ(22)がアトレチコ・ミネイロにレンタル移籍することを発表した。 なお、レバークーゼンとパウリーニョの契約は2023年6月30日までとなっており、一方通行のレンタルという形となる。 ヴァスコ・ダ・ガマ下部組織出身のパウリーニョは、2017年6月にトップチームに昇格。ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョが保持していたクラブの最年少ゴール記録(17歳と6日)を更新するなど、若くしてブレイクを果たした。 その後、2018年夏に加入したレバークーゼンではヒザ前十字じん帯断裂の重傷などもあり、在籍4年半で79試合9ゴール5アシストの数字にとどまっていた。 2021年に行われた東京オリンピックではU-24ブラジル代表の一員として金メダルを獲得したが、今シーズンはここまで公式戦7試合1ゴールと、熾烈な前線のポジション争いにおいて苦戦を強いられていた。 2022.12.02 00:47 Fri
twitterfacebook
thumb

伊東純也在籍のスタッド・ランス、暫定指揮官スティル氏を正指揮官に任命

日本代表MF伊東純也が所属するスタッド・ランスは11月30日、暫定指揮官を務めていたウィリアム・スティル氏(30)が正指揮官に就任したことを発表した。 伊東が今夏加入したランスは開幕から苦戦し、リーグ・アン10試合消化時点で1勝5分け4敗の15位に低迷。10月中旬にオスカル・ガルシア監督を解任していた。 以降はアシスタントコーチのスティル氏が暫定指揮官として指揮を執り、リーグ戦5試合で2勝3分けの無敗をキープ。リーグテーブルにおいて11位まで浮上していた。 この好成績とチームパフォーマンスを鑑みたクラブは、契約期間は不明も若きベルギー人指揮官を正指揮官に任命した。 なお、10代後半にして指導者キャリアをスタートしたスティル氏は、母国の複数クラブでアナリストやスカウト、コーチを歴任した後、2021年1月にはKベールスホットVAの正指揮官に就任。28歳でのジュピラー・プロ・リーグでの指揮は史上最年少記録となった。 2022.12.01 22:39 Thu
twitterfacebook
thumb

「帰るならアントラーズ」 日本代表DF植田直通が4年半ぶりの鹿島復帰! 6年連続無冠の状況打破誓う

鹿島アントラーズは30日、ニームから日本代表DF植田直通(28)の完全移籍加入を発表した。 熊本県生まれで大津高校出身の植田は2013年に鹿島でプロ入り。フィジカル戦に強いセンターバックとして着実に力をつけるなか、J1、Jリーグカップ、天皇杯のタイトル獲得も経験した。 日本代表としても2017年12月のデビューを遂げ、2018年夏にジュピラー・プロ・リーグのセルクル・ブルージュで欧州挑戦を決断。2021年1月から当時リーグ・アンのニームに舞台を移した。 ニームでは完全移籍に移行した昨季こそ公式戦31試合に出場とレギュラー格だったが、今季に入ってから明らかに出番が減少。ここまで1試合の出場にとどまるなか、古巣である鹿島復帰を決めた。 4年半ぶりの鹿島復帰となる植田はクラブの公式ウェブサイトを通じて、“鹿島愛”とともに、6年連続の無冠が続くチームの復権に意気込みを語っている。 「移籍してからもアントラーズの試合は毎試合チェックしていて、自分が力になれるうちに帰りたいという思いはずっとありました。僕の中にはいつもアントラーズというチームがあり、日本へ帰るならアントラーズしか考えていませんでした。またアントラーズのユニフォームを着て皆さんの前で戦えることを光栄に思いますし、タイトルから遠ざかっているチームの力になれるよう、そして、皆さんと一緒にタイトルが獲れるよう、精一杯頑張ります」 2022.11.30 18:20 Wed
twitterfacebook
thumb

守田所属のスポルティング、若き智将アモリム監督が2026年まで契約延長

日本代表MF守田英正の所属するスポルティングCPは29日、ルベン・アモリム監督(37)との契約を2026年6月30日まで延長したことを発表した。 現役時代にベンフィカで活躍した元ポルトガル代表MFのアモリム監督は2017年に現役を引退。その後、カーザ・ピア、ブラガBを経て2019年12月末にブラガのトップチームの指揮官に昇格すると、タッサ・ダ・リーガではスポルティング、ポルトを破り、トップチーム初采配からわずか1カ月でタイトルを獲得する見事な手腕を発揮した。 そして、2020年3月にはスポルティングへ引き抜かれると、就任2年目の2020-21シーズンにはプリメイラ・リーガ制覇とタッサ・ダ・リーガ優勝の国内2冠を達成。 今季はリーグ戦とチャンピオンズリーグ(CL)の二足の草鞋を履いた中、リーグ戦では首位ベンフィカと12ポイント差の4位、CLではグループリーグ3位敗退とやや苦戦を強いられている。 それでも、プレミアリーグを中心に国外の中堅クラブやビッグクラブの関心を集める若き智将だ。 スポルティングとの現行契約は2024年までとなっていたが、今回新たに2年延長したことで、他クラブからの引き抜きの際の違約金もより高額となった模様だ。 2022.11.30 05:30 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly