ディナモ・キーウが延長戦の末にフェネルバフチェを下して3回戦進出《CL予選》

2022.07.28 06:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ予選2回戦2ndレグが27日に行われた。

2回戦最注目カードのフェネルバフチェvsディナモ・キーウは1-1で90分を終了。2戦合計スコア1-1となり、延長戦の末に1-2としたディナモ・キエフが3回戦に進出した。

1週間前に行われた1stレグでは0-0の引き分けに終わっていた一戦。

1stレグ同様にフェネルバフチェが主導権を握る展開で推移したが、先制したのはディナモ・キーウ。54分に2枚目のイエローカードで退場者を出して10人となったフェネルバフチェ相手に3分後の57分、ブヤルスキーのゴールが決まった。

70分にPKを献上してひやりとしたディナモ・キーウだったが、フェネルバフチェはバレンシアが失敗。

しかし89分、アティラ・サライに同点ゴールを許して延長戦にもつれ込んだ。それでも延長後半9分、カラバエフの決勝弾が生まれて勝利。国難の中、強豪フェネルバフチェを下して3回戦へ勝ち上がった。

その他、ギリシャ王者オリンピアコスはホームで0-4と完敗。2戦合計スコア1-5で敗退している。2回戦2ndレグの結果は以下の通り。

▽7/26
◆チャンピオンルート
シャムロック・ローヴァーズ(アイルランド) 2-1(AGG:2-4) ルドゴレツ・ラズグラド(ブルガリア)
シュクピ(北マケドニア) 0-1(AGG:2-3) ディナモ・ザグレブ(クロアチア)
デュドランジュ(ルクセンブルク) 1-4(AGG:2-4) ピュニク(アルメニア)
ビクトリア・プルゼニ(チェコ) 5-0(AGG:7-1) HJK(フィンランド)
シェリフ(モルドバ) 1-0(AGG:1-0) マリボル(スロベニア)

◆リーグルート
AEK(キプロス) 1-2(AGG:2-3) ミッティラン(デンマーク)

▽7/27
◆チャンピオンルート
ボデ/グリムト(ノルウェー) 8-0(AGG:8-1) リンフィールド(北アイルランド)
マルメ(スウェーデン) 0-2(AGG:0-3) ジャルギリス(リトアニア)
チューリヒ(スイス) 2-2(AGG:4-5) カラバフ(アゼルバイジャン)
スロバン・ブラチスラヴァ(スロバキア) 1-4(AGG:3-5) フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー)
オリンピアコス(ギリシャ) 0-4(AGG:1-5) マッカビ・ハイファ(イスラエル)

◆リーグルート
フェネルバフチェ(トルコ) 1-2(AGG:1-2)ディナモ・キーウ(ウクライナ)

関連ニュース
thumb

ディナモ・キーウに連勝のベンフィカが13大会連続の本戦出場!《CL予選》

チャンピオンズリーグ(CL)予選プレーオフ2ndレグの3試合が23日に行われ、ベンフィカvsディナモ・キーウは3-0でベンフィカが連勝。この結果、2戦合計スコア5-0でベンフィカがCL本戦出場を決めた。 昨季のCLグループステージで対戦していた両チームの本戦出場を懸けた運命の2ndレグ。試合は敵地での1stレグで先勝したベンフィカが主導権を握ると27分、ショートコーナーの流れからネレスの左クロスをファーサイドのオタメンディが頭で叩き込んだ。 先制したベンフィカは、40分にDFシロタが後ろを確認せずに出した不用意なGKへのバックパスをカットしたラファ・シウバが追加点を奪うと、42分にもネレスがゴールネットを揺らし、3-0で前半を終えた。 後半は一進一退の攻防が続いたが、ベンフィカは84分に敵陣でのボール奪取からカウンターを仕掛けると、ムサの右クロスからE・フェルナンデスに決定機が訪れたが、シュートは相手GKの正面を突いた。 結局、試合はそのままタイムアップ。2戦合計スコア5-0でディナモ・キーウを下したベンフィカが、13大会連続の本戦出場を決めた。 ◆CL予選プレーオフ2ndレグ ▽8/23 ベンフィカ(ポルトガル) 3-0(AGG:5-0) ディナモ・キーウ(ウクライナ) ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア) 2-2(AGG:4-5) マッカビ・ハイファ(イスラエル) ビクトリア・プルゼニ(チェコ) 2-1(AGG:2-1) カラバフ(アゼルバイジャン) ▽8/24 PSV(オランダ) vs レンジャーズ(スコットランド) ディナモ・ザグレブ(クロアチア) vs ボデ/グリムト(ノルウェー) トラブゾンスポル(トルコ) vs コペンハーゲン(デンマーク) 2022.08.24 06:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ベンフィカがディナモ・キーウに先勝、本戦出場へ前進《CL予選》

チャンピオンズリーグ(CL)予選プレーオフ1stレグの3試合が17日に行われ、ディナモ・キーウvsベンフィカは0-2でベンフィカが先勝した。 昨季のCLグループステージで対戦していた両チームの本戦出場を懸けた一戦。 立ち上がりからアウェイチームのベンフィカが攻勢に出ると9分、分厚い攻めを展開した流れからジョアン・マリオのパスをボックス右のジウベルトがダイレクトで叩き込んで先制した。 その後も攻め手を緩めないベンフィカは24分、ジョアン・マリオのコントロールシュートで追加点に迫ると、35分に突き放した。ネレスが相手のバックパスをカットしてボックス内に侵入。ルーズボールを最後はゴンサロ・ラモスが難なく蹴り込んだ。 ベンフィカが圧倒して迎えた後半、ディナモ・キーウの反撃が強まったが、GKヴラチョディモスの好守もあってベンフィカが2-0で勝利。来週ホームで行われる2ndレグへ優位な状況に立った。 ▽8/17 ディナモ・キーウ(ウクライナ) 0-2 ベンフィカ(ポルトガル) カラバフ(アゼルバイジャン) 0-0 ビクトリア・プルゼニ(チェコ) マッカビ・ハイファ(イスラエル) 3-2 ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア) ▽8/16 レンジャーズ(スコットランド) 2-2 PSV(オランダ) ボデ/グリムト(ノルウェー) 1-0 ディナモ・ザグレブ(クロアチア) コペンハーゲン(デンマーク) 2-1 トラブゾンスポル(トルコ) 2022.08.18 05:52 Thu
twitterfacebook
thumb

CL予選でウクライナのクラブに「ウラジミール・プーチン」の大合唱…フェネルバフチェのサポーターが愚行でクラブも非難

今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)予選がスタートしている中、最悪の出来事が起こった。 事件が起きたのは27日に行われたCL予選2回戦のフェネルバフチェvsディナモ・キーウの一戦だった。 試合は1-1で90分を終了。延長戦に突入し、ディナモ・キーウが1-2で勝利を収めて3回戦へと進出していた。 今年2月にロシアの軍事侵攻をウクライナが受け、活動が停止してしまったディナモ・キーウ。その中で、準備を進めて臨んでいるCL予選で、トルコの強豪クラブを下しての勝ち上がりは大きな喜びとなっていた。 しかし、フェネルバフチェのサポーターが最悪の振る舞い。ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の名前をチャントで歌うという行為に出ていた。 この行為を把握した欧州サッカー連盟(UEFA)は、フェネルバフチェに対しての懲戒処分を検討。「倫理および懲戒委員会は、フェネルバフチェサポーターの不正行為の疑いに関する懲戒調査を実施する」と声明を発表し、調査を開始している。 フェネルバフチェはこの件について声明を発表。クラブとは全く関係ないものであるとし、非難した。 「ディナモ・キーウとの試合で、相手チームのゴール後、スタンドの一部から聞こえてきた」 「この件は、我々のクラブを代表するものではなく、我々のクラブの企業姿勢をまったく反映していない言説に対してこの声明を出している」 「試合の58分、相手チームの選手、特に過去にトルコのチームでプレーした控えGKの誇張された動きにより、一部のスタンドが興奮し、反応は20秒しか続かなかった」 「理由が何であれ、我々はフェネルバフチェスポーツクラブとして、いくつかのスタンドから生じる反応を受け入れません」 「我々のクラブのスタンスや価値観を表すことのないこのチャントは全てのファンに帰し、責任を我々のクラブに帰することは、公正で公平なアプローチではありません」 <span class="paragraph-title">【動画】ウクライナのチーム相手に「ウラジミール・プーチン」と大合唱するサポーター</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Fenerbahçe fans chanting “Vladimir Putin” after a Dynamo Kyiv player celebrated scoring in this <a href="https://twitter.com/hashtag/UCL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#UCL</a> qualifier.<br><br>Absolutely tasteles<a href="https://t.co/NocU0MTpbk">pic.twitter.com/NocU0MTpbk</a></p>&mdash; Nico Cantor (@Nicocantor1) <a href="https://twitter.com/Nicocantor1/status/1552366608277987328?ref_src=twsrc%5Etfw">July 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.29 10:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムントとディナモ・キーウがチャリティーマッチ、ウクライナ支援に5450万円の寄付集まる

26日、ドルトムント(ドイツ)とディナモ・キーウ(ウクライナ)によるチャリティーマッチがシグナル・イドゥナ・パルクで行われた。 ロシア軍による軍事侵攻の影響を受け、中断していたウクライナ・プレミアリーグ(UPL)。26日にはUPL会員総会が開かれ、正式に中止が発表された。 ディナモ・キーウも活動を限定される状況下、現在はヨーロッパの各地を回り、「Match for Peace!」のスローガンの下、チャリティーマッチを行っている。26日はドルトムントと試合を行った。 ドルトムントはチャリティーマッチで「1&1」のロゴ背景をウクライナ国旗のカラーに変更。ディナモ・キーウが3-2で勝利した一戦では、42万6000ドル(約5450万円)の寄付が集まった。収益はすべて、ロシアとの戦争によって発生した人道問題を解決するために使用されるとのことだ。 ディナモ・キーウはこれまでレギア・ワルシャワ(ポーランド)、ガラタサライ(トルコ)、CFRクルジュ(ルーマニア)とチャリティーマッチを決行。今後は28日にディナモ・ザグレブ(クロアチア)と、5月4日にバーゼル(スイス)と試合を行う予定となっている。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】忖度なし! ディナモ・キーウがドルトムントとのチャリティーマッチで勝利</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/Ye3mg0cPTa8" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cc1CH1qKGeK/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cc1CH1qKGeK/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cc1CH1qKGeK/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">FC Dynamo Kyiv official(@fc_dynamo_kyiv)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.04.27 21:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ウクライナ・プレミアリーグの中止が決定…優勝チームは無し

ウクライナ・プレミアリーグ(UPL)は26日、2021-22シーズンのVBETリーグ(1部)の中止を決定した。 2月24日に始まったロシア軍による軍事侵攻を受けて、中断を余儀なくされているウクライナリーグ。この度UPL会員総会が開かれ、正式に中止が決まった。 特例のため優勝チームはなしとなるが、順位は最後に行われた第18節時点のものを最終順位とし、ウクライナサッカー協会(FFU)に受理されれば、首位のシャフタール・ドネツクと、2ポイント差で2位につけていたディナモ・キーウには来季のチャンピオンズリーグ(CL)予選出場権が与えられることになる。 以下、UPLから発表されたリーグ戦中止に関する声明文となる。 「ウクライナ・プレミアリーグのクラブは、ウクライナの戒厳令状態の延長によりリーグ戦が完了できないため、VBETリーグの2021-22シーズンを終了させるという提案を支持しました。2022年2月24日時点の順位が2021-22シーズンの最終順位となり、優勝チームは決めないこととします」 2022.04.27 14:52 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly