「懐かしい〜」元北朝鮮代表MF安英学が本田圭佑との再会に喜び「これからも世界を鼓舞して」

2022.07.20 20:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元北朝鮮代表MFの安英学氏がMF本田圭佑との再会を明かした。安英学は、2002年に立正大学からアルビレックス新潟新潟に入団。2005年に名古屋グランパスへと移籍すると、その後は釜山アイパーク、水原三星ブルーウィングスとKリーグでプレー。2010年に、Jリーグに復帰すると、大宮アルディージャ、柏レイソル、横浜FCでもプレーした後、2017年に現役を引退した。

本田とは名古屋時代に一緒にプレー。現役引退後の2018年にはそのつながりから本田が朝鮮学校を訪問したこともあった。

安英学氏は18日に自身のSNSを更新。本田との2ショットを添え、「4年ぶりの再会。相変わらず元気そうで良かった。これからもぶれない信念と尽きない活力で世界を鼓舞してください」と再会を喜んだ。

久しぶりの2人の姿には、「凄いツーショットです」、「懐かしい〜」と当時を知るファンから驚きの声も上がっていた。

1 2

関連ニュース
thumb

北朝鮮の予選辞退で順位に変動、トルクメニスタンに代わり韓国がグループ首位に浮上《カタールW杯アジア2次予選》

アジアサッカー連盟(AFC)は27日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選において、順位の変更を発表した。 これは北朝鮮が5月16日に、同予選から撤退することを発表したことを受けて行われるものとしている。 AFCは、全ての参加チームの結果に対し、公平性を確保するため、北朝鮮との試合結果に関しては全て無効にすることを決定した。 北朝鮮が入っていたグループHに関しては、全チームの北朝鮮戦の結果が無効となった。 当初の順位では首位がトルクメニスタン代表(勝ち点9)、続いて、韓国代表(勝ち点8)、レバノン代表(勝ち点8)、北朝鮮代表(勝ち点8)、スリランカ代表(勝ち点0)となっていた。 しかし、北朝鮮との試合を無効にした結果、首位に韓国(勝ち点7)が浮上。レバノン(勝ち点7)、トルクメニスタン(勝ち点6)、スリランカ(勝ち点0)と変わった。 また、各グループ1位は最終予選に勝ち上がるが、2位となった8チームのうち上位4チームも最終予選に進出することとなる。 グループHが4チームに減ったことにより、2位争いの公平性が保たれなくなるため、2位になったチームと5位チームの試合結果は無効としてグループ間の成績を比較するようだ。 なお、各グループ2位の順位については、「勝ち点」「得失点」「得点」「フェアプレーポイント」の順で決まり、それでも決まらない場合はくじ引きとなる。 2021.05.28 15:55 Fri
twitterfacebook
thumb

AFCカップ決勝、開催地が北朝鮮から中国に変更も、マレーシアに再変更

アジアサッカー連盟(AFC)は25日、2019年11月2日に開催される予定であったACカップ決勝に関して、マレーシアのクアラルンプールに会場を再変更することを発表した。 今年のAFCカップ決勝は、北朝鮮の4.25体育団とレバノンのアル・アヘドによる試合が平壌で予定されていた。 しかし、先のカタール・ワールドカップ アジア2次予選の北朝鮮vs韓国の一戦では、メディアや外国人観光客の締め出しが行われ、テレビ中継なども一切ない状況に。AFCはその点をふまえ、スポンサーや放送、メディア、アクセシビリティを考え、中立地開催を決定したとのことだ。 22日には中国の上海で開催することを発表していたが、再度変更となった。 なお、試合日も11月2日から4日に変更されるとのこと。キックオフ時間は現地時間の21時となる。 2019.10.26 15:32 Sat
twitterfacebook
thumb

平壌で開催予定のAFCカップ決勝が取り止めに…代替地は上海に決定

アジアサッカー連盟(AFC)は22日、2019年11月2日に開催される予定であったACカップ決勝に関して、北朝鮮の平壌での開催を見送る事を発表した。代替地は中国の上海となる。 AFCカップとは、ACLのグループステージに出場枠を獲得していない全ての協会に出場権が与えられ、西アジア、中央アジア、南アジア、ASEAN、東アジアの地区に分かれてグループステージが行われる。 今年のAFCカップ決勝は、北朝鮮の4.25体育団とレバノンのアル・アヘドによる試合が平壌で予定されていた。 しかし、先のカタール・ワールドカップ アジア2次予選の北朝鮮vs韓国の一戦では、メディアや外国人観光客の締め出しが行われ、テレビ中継なども一切ない状況に。AFCはその点をふまえ、スポンサーや放送、メディア、アクセシビリティを考え、中立地開催を決定したとのことだ。 なお、上海はアクセスが容易であること。また、中国サッカー協会も開催の意向に賛同したため、決定したとのことだ。スタジアムは今後決定するとされている。 2019.10.23 15:35 Wed
twitterfacebook
thumb

疑問を解消するため…韓国サッカー協会がベールに包まれた29年ぶりの平壌での“南北対決”のハイライトを投稿

メディアや外国人観光客らを締め出して行われた、カタール・W杯アジア2次予選の北朝鮮代表vs韓国代表だが、韓国サッカー協会(KFA)が試合のダイジェスト映像を公開した。 同試合では北朝鮮側がテレビ中継、韓国人記者の入国を拒否し、さらに外国人観光客などの観戦を禁止したことから、マッチレポートに4枚のイエローカードが掲示されたという事実以外、試合に関する情報が確認できない異例の一戦となっていた。 帰国後に韓国代表MFソン・フンミンは「相手は非常にフィジカルなプレーをしてきた。それに幾つかの場面で言い争いも起こった。それは彼らの戦略だったのかもしれない。かなりラフプレーが多かった」とコメント。その他にも厳しい試合だったことが語られていた。 今回、KFAは「サッカーファンの皆さんの疑問を解消するため」として、YouTubeチャンネルでダイジェスト動画を公開。その中では、選手たちの証言を裏付けするようなプレーがいくつか見られる。 立ち上がり、FC東京のMFナ・サンホが相手選手と競り合うと、このプレーに北朝鮮側が激怒。選手たちが詰め寄り、あわや乱闘になりかけるシーンが見て取れる。 また、ソン・フンミンは何度となく危険なチャージを受け、MFファン・インボムやDFキム・ムンファンらも後ろからタックルを受けるなど、ラフプレーが確認できる。 動画のコメント欄では「これは2019年だよね?」や「ケガをしなかったことが幸運だった」、「選手たちの腕や脚を折るのが目的だ」など、辛辣なコメントが寄せられている。 なお、平壌で29年ぶりに実現した“南北対決”は、0-0のゴールレスドローに終わっていた。 韓国で行われる北朝鮮戦は、2020年6月4日に予定されているが、そちらの試合はどうなるだろうか。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/GNjjasaV0wo" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> 2019.10.21 13:15 Mon
twitterfacebook
thumb

韓国代表FWソン・フンミンがベールに包まれた北朝鮮戦を振り返る 「無傷で終えられたことは収穫」

トッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミンが15日に平壌で開催された北朝鮮代表との南北ダービーを振り返った。17日に仁川国際空港で囲み取材での同選手のコメントを『The Korea Herald』が伝えている。 2022年カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選で実現した韓国と北朝鮮による、南北ダービーが15日に平壌の金日成競技場で行われ、0-0のドローに終わった。 同試合では北朝鮮側がテレビ中継、韓国人記者の入国を拒否し、さらに外国人観光客などの観戦を禁止したことから、マッチレポートに4枚のイエローカードが掲示されたという事実以外、試合に関する情報が確認できない異例の一戦となった。 その一方、スウェーデンの北朝鮮大使がツイッターに上げた短い動画によって試合中にピッチ中央で両軍がもみ合う様子が明かされ、試合後の韓国側のコメントに注目が集まっていた。 そして、中国の北京を経由して17日未明に仁川国際空港に降り立った韓国代表チームは同地に集まった取材陣から取材受けることになった。 その中で韓国代表のエースでありキャプテンを務めるソン・フンミンがベールに包まれた南北ダービーを以下のように振り返っている。 「相手は非常にフィジカルなプレーをしてきた。それに幾つかの場面で言い争いも起こった。それは彼らの戦略だったのかもしれない。かなりラフプレーが多かった」 「正直なところ、途中からは試合だけに集中することは難しく、ケガをしないように心配する気持ちが強くなっていた。こういった試合を全員が無傷で終えられたことは収穫だと思う」 「勝ち点3を持ち帰ることができなかったことは非常に残念だけど、ホームでの対戦ではより良い結果を残せることを願っている」 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/GNjjasaV0wo" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> 2019.10.17 13:30 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly