バイエルンがデ・リフト獲得を発表、2027年までの5年契約締結

2022.07.20 01:35 Wed
Getty Images
バイエルンは19日、ユベントスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(22)の獲得を発表した。契約期間は2027年6月までの5年契約で、ドイツ『キッカー』によれば移籍金7000万ユーロ(約98億円)にアドオンを含めた、総額8000万ユーロ(約112億円)とのことだ。
PR
アヤックスの下部組織で育ったデ・リフトは、2019年7月にユベントスへと完全移籍。3シーズンで完全にレギュラーとしてのポジションを確立したとは言えない状況で、公式戦117試合で8ゴール3アシストを記録するに留まっていた。
バイエルン移籍が決まったデ・リフトは[素晴らしいクラブの一員になれて嬉しい。バイエルンはドイツのみならずヨーロッパで最も成功しているクラブだ。バイエルンの歴史の一部になれることを嬉しく思う」とコメント。

バイエルンでは昨季まで主軸だったドイツ代表DFニクラス・ジューレがドルトムントに移籍していた。

PR
関連ニュース

ウニオン相手にゴールラッシュのバイエルンが公式戦3連勝!【ブンデスリーガ】

バイエルンは20日、ブンデスリーガ第30節でウニオン・ベルリンと対戦し5-1で勝利した。 ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのアーセナル戦を勝利し4季ぶりとなる準決勝進出を果たしたバイエルン(勝ち点63)は、その試合からスタメンを6人変更。サネやムシアラ、デ・リフトらに代えてチュポ=モティングやミュラー、キム・ミンジェらをスタメンで起用した。 リーグ戦3試合勝利のない13位ウニオン(勝ち点29)に対し、バイエルンは立ち上がりから主導権を握ったものの、ウニオンの堅守に苦しみ、なかなか決定機まで至らない状況が続く。 それでもバイエルンは29分、バイタエルエリア右に切り込んだテルが斜めのパスを供給すると、ボックス手前のミュラーがスルーしたボールをボックス内で収めたゴレツカがワントラップからゴール右上にシュートを突き刺した。 先制したバイエルンは、前半終了間際に追加タイム1分にもバイタエルエリア中央右で獲得したFKをケインが直接ゴールに突き刺し、2-0で前半を終えた。 迎えた後半、バイエルンは53分に追加点を奪う。ゴレツカのパスでボックス左横まで駆け上がったチュポ=モティングのクロスをファーサイドのミュラーが右足ボレーで叩き込み、3点目。 攻撃の手を緩めないバイエルンは、61分にも中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛けると、ケインのラストパスでボックス内に侵入したテルがダイレクトシュートをゴール左隅に流し込む。さらに66分には、ミュラーがこの試合2点目のゴールを奪い、試合を決定づけた。 その後、バイエルンは91分にフェルテッセンの意地の一発で1点を返されたが、試合はそのまま5-1でタイムアップ。低調ウニオンにゴールラッシュを見せたバイエルンが公式戦3連勝を飾った。 2024.04.21 03:50 Sun

ドイツ代表指揮官ナーゲルスマンが2026年W杯まで契約延長! バイエルン復帰なしに

ドイツ代表のユリアン・ナーゲルスマン監督(36)がユーロ2024後も指揮する運びとなった。 ドイツサッカー連盟(DFB)は19日、2026年にアメリカ、カナダ、メキシコの3カ国共催で行われる北中米ワールドカップ(W杯)まで契約を延長した旨を発表。昨年9月に着任したナーゲルスマン監督の契約は当初、自国開催となる今夏のユーロ2024までだった。 青年監督はDFBの公式サイトで「これは心からの決断。代表チームの監督となり、国内最高の選手たちと仕事ができるのは大変光栄なこと」とし、決意を新たにしている。 「情熱的なパフォーマンスをもって成功させ、国全体を鼓舞するチャンスだ。3月のフランスとオランダ相手の勝利は本当に感動した。自国でのユーロで成功したいし、コーチ陣と一緒にW杯に挑戦するのが本当に楽しみだ」 ナーゲルスマン監督はバイエルンが今季限りで退任するトーマス・トゥヘル監督の後任として再招へいに動くのではないかとされ、具体的な交渉も取り沙汰されたが、ユーロ以降も代表を率いる決断に至ったようだ。 なお、ナーゲルスマン体制発足後のドイツは6試合の国際親善試合を消化。3勝1分け2敗としている。 2024.04.19 18:50 Fri

至宝ムシアラにバイエルンが新契約打診へ シティ関心話も

バイエルンがドイツ代表MFジャマル・ムシアラ(21)に新契約を申し出るようだ。 2020年6月にバイエルンのトップチームでデビューしてから瞬く間にチームの中心となり、今やドイツ代表でも主力と化すムシアラ。まだ21歳だが、バイエルンでは通算161試合も積み上げ、今季も公式戦36試合で12得点7アシストをマークしている。 バイエルンでは至宝とも評されるように順風満帆のキャリアだが、契約も2026年夏まで残すなか、最近ではまことしやかにマンチェスター・シティの関心報道も。だが、バイエルン側に手放す気などない模様だ。 移籍市場に精通する記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、「バイエルンはムシアラに関してのプランを明確にしている。この夏に彼らの宝石を売るつもりなどない」とし、新たな契約も準備しているという。 新契約はアドオン付きの大幅な昇給というもので、近くオファーするとのこと。イングランドとスペインのトップクラブが注視しているものの、話し合いに至っていないそうだ。 また、ドイツの移籍市場に精通するフロリアン・プレッテンベルク記者も「ムシアラは間違いなく非売品。マックス・エベールはいかなるオファーも考慮したりしない」とした。 2024.04.19 16:35 Fri

CL4強入り貢献も…負傷抱えるサネは「ぎりぎりの状態だった」

バイエルンのドイツ代表FWレロイ・サネは痛みを押して大一番を戦ったようだ。ドイツ『スカイ・スポーツ』が伝えた。 アーセナルとのチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝では1stレグに続いて2ndレグにも先発し、バイエルンの準決勝進出に貢献したサネ。しかし、両レグともに直前のブンデスリーガを欠場していた。 ベスト4入りが決まった2ndレグ後、スポーツ・ディレクター(SD)を務めるクリストフ・フロイント氏がオーストリア『スカイ・スポーツ』にコメント。サネが痛みとつきあいながらプレーしたと明かした。 「完全にぎりぎりの状態だった。彼は一切のトレーニングができていない。メディカルスタッフたちは本当にできる限りのことをしてくれた」 「レロイは必死に歯を食いしばり、素晴らしい仕事をしてくれた。実際、彼は数週間トレーニングできなかったが、この試合にはなんとか間に合わせた」 また、『スカイ・スポーツ』で解説者を務める元ドイツ代表MFディートマー・ハマン氏は痛みに耐えながらプレーするサネの様子を気にしていた模様。すでにバイエルンのブンデスリーガ12連覇の夢が途絶えていることもあり、トーマス・トゥヘル監督は大一番以外、サネに頼るべきではないという考えだ。 「バイエルンは幸運だ。必ずしもブンデスリーガでプレーする必要はない。私ならプレーさせない。必要に応じて準決勝で起用する」 「彼をしばらく休ませて、この状況に対処できるか様子を見るべきだ。痛みのない100%の状態のサネがいれば、優位に進められる可能性がはるかに高くなる」 2024.04.19 14:13 Fri

ニャブリにトッテナムが獲得本腰? バイエルンは売却に前向きとの見立ても

トッテナムの、バイエルンのドイツ代表FWセルジュ・ニャブリ(28)に対する関心は本物だという。 ドイツ代表通算45試合22得点を誇る同国屈指のアタッカー・ニャブリ。バイエルン歴も長くなった28歳だが、今季は相次ぐケガでなかなか稼働できず、公式戦17試合出場にとどまっている。 イギリス『フットボール・インサイダー』によると、アーセナル在籍経験も持つニャブリにはトッテナムが具体的な関心。両ワイドに時としてセンターフォワードもこなす能力の高さを、アンジェ・ポステコグルー監督が高く評価しているのは想像に難くない。 ニャブリの現行契約は2026年6月まで。選手本人がトッテナム行きを含む移籍を考慮しているかは不明だが、バイエルン側はニャブリの売却に前向きとの見立てもあり、「現段階で去就は不透明」というのが妥当なところか。 ニャブリはイングランドだとアーセナルとWBAに在籍経験があるが、ブレイク前の若手時代だったため、プレミアリーグ通算11試合1得点。アーセナルから放出された先のブレーメンで才能を開花させ、現在に至る。 2024.04.19 14:00 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly