「ラ・レアルの新たな戦士」レアル・ソシエダが久保建英の獲得を正式発表! イメージは“剣道”?

2022.07.19 16:12 Tue
Getty Images
レアル・ソシエダは19日、レアル・マドリーの日本代表MF久保建英(21)の獲得を正式に発表した。
PR
ソシエダは18日に久保の獲得に関して声明を発表していた。
「久保建英は18日午後にレアル・ソシエダへの移籍を完了させるためドノスティアに到着した。同選手は(現地時間)午後8時30分頃にオンダリビア空港に着陸し、フットボールディレクターであるロベルト・オラベとリクルート部門の責任者であるエリック・ブレトスの歓迎を受けた」

「日本代表は明日、ギプスコアのポリクリニックで健康診断を受け、メディカルチェックにパスすると、クラブとの契約にサインし、新しいプレーヤーとして正式に紹介される」

2019年夏にFC東京からマドリー入りし3シーズンにわたり、レンタルプレーヤーとしてラ・リーガの他クラブを渡り歩いてきた久保。マジョルカでの昨季を経て、マドリーのプレシーズンに合流中だが、EU圏外枠も埋まっており、新シーズンも移籍が既定路線と見られていた。
そんな中、移籍先の有力候補に挙がっていたのが、主導権を握っての攻撃的サッカーを標榜するイマノル・アルグアシル監督の下、昨季のリーガでも6位フィニッシュを果たしたソシエダだった。

移籍形態に関しては600万ユーロ(約8億4000万円)の完全移籍となる模様で、マドリーが保有権の50%を維持する形となり、今後の買い戻しやキャピタルゲインを見込んでいるようだ。

また、久保自身は2027年までの5年契約にサインし、年俸はマドリー時代とほぼ変わらない金額となる見込みだ。



PR
1 2
関連ニュース

ソシエダ・久保建英にリバプールが関心? 98.8億円を投じる可能性も本人はスペイン残留を希望か

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英(22)だが、リバプールが獲得に動き出す可能性があるという。スペイン『Fichajes.net』が伝えた。 2022-23シーズンからソシエダでプレーする久保。高いレベルに身を置いたことでより能力が発揮されると、今シーズンはチームの攻撃を牽引。ラ・リーガで24試合7ゴール3アシストを記録。チャンピオンズリーグ(CL)でも8試合プレーし1アシストを記録している。 スペインでも注目は常に集めており、古巣のレアル・マドリーが狙っているという報道も何度もある中、新たな候補が浮上。それがリバプールだという。 ユルゲン・クロップ監督が今シーズン限りで退任することが決定しているリバプール。今夏の移籍市場では積極的に動く可能性が指摘されており、その中の1人が久保だという。 日本代表MF遠藤航が所属しており、獲得時には批判の声が大きかったが、ピッチ上で黙らせる結果に。その影響もあってか、久保の獲得に熱を上げているという。 ただ、久保はスペインに残ることを考えているとみられているとのこと。ソシエダに残ることはもちろん、古巣のマドリーに戻る可能性もゼロではないとみられている。 いずれにしてもリバプールが獲得に動くことは自由。交渉が簡単にはならない可能性が高いが、6000万ユーロ(約98億8000万円)を用意しているとも報じられており、夏に注目を集めることは間違いなさそうだ。 2024.04.18 10:20 Thu

ソシエダへのドライローンは残り2カ月…ティアニー本人もわからぬ去就「アルテタは忙しそうだね」

レアル・ソシエダのスコットランド代表DFキーラン・ティアニー(26)は、このままスペインに残りたいのかもしれない。イギリス『90min』が伝えている。 セルティック・アカデミーが輩出した近年の最高傑作の1人ティアニー。アーセナルで主力として活躍したのち、昨季オレクサンドル・ジンチェンコの加入によって序列を落とし、今季はドライローンでソシエダにてプレーする。 人生初の海外生活はイギリスと異なり、晴れの日も多いスペイン、また万全なら出場機会もある程度担保されるとあってか、ソシエダ移籍後のティアニーは度々充実ぶりをインタビューで口に。 そんなソシエダへのローン生活も、あと2カ月もすれば終わりを迎えるが、この度応じたイギリス『talkSPORT』のインタビューでは、この事実を寂しく思っている様子をうかがわせる。 「(ソシエダでのプレーは)本当に素晴らしい経験だよ。コンスタントにゲームに絡むことができているし、アーセナルとソシエダ、どちらにとっても有益なディールになったんじゃないかと思う」 「やっぱり選手はプレーしないと自信を失ってしまうよね。ソシエダに来て僕も自信を取り戻せた。心の底から良い選択だったよ」 「アーセナル復帰?うーん、フットボールの世界では何が起こるかわからない…としか言えないな。ウィリアム・サリバを見てごらん。3年間もレンタルされたのに、今やガナーズに戻って常にプレーしている。あれはかなり奇妙なケースだよ」 「クレイジーな展開もあり得るってことさ。とにかく様子を見なきゃ。ミケル・アルテタ(監督)とはまだ何も話していないんだ。彼も忙しそうだしね」 “たらい回し”の末にアーセナルで定位置を掴んだサリバは稀なケースとし、自身がローンバック後に再び主力へ返り咲くことは難しいとの考えを示したティアニー。その本心はわかりかねるが、少なくとも「コンスタントなプレー」を望んでいることは間違いなさそうだ。 2024.04.15 12:25 Mon

ベッカー1G1Aも逃げ切り失敗のソシエダは4連勝ならず…久保建英は70分からプレー【ラ・リーガ】

ラ・リーガ第31節、レアル・ソシエダvsアルメリアが14日にレアレ・アレーナで行われ、2-2のドローに終わった。なお、ソシエダのMF久保建英は70分からプレーした。 前節、アラベスとのバスク自治州ダービーをパチェコのラ・リーガ初ゴールによってウノセロで勝利した6位のソシエダ。今季最長となる4連勝を狙った一戦では最下位のアルメリアをホームで迎え撃った。そのアラベス戦で前半に負傷交代した久保は欠場の可能性も伝えられたが、ベンチ入りを果たした。 立ち上がりからボールを握って押し込むソシエダ。流れの中ではフィニッシュには至らずも、セットプレーからメリーノ、ル・ノルマンとシュートに繋げていく。 以降もラ・レアルがボールの主導権を握り、優勢に試合を進めていくが、軽率なプレーからアウェイチームに先手を奪われる。 30分、ハーフウェイライン付近の右サイドからプビルが斜めに入れたフィードに反応したエンバルバがDFトラオレに身体をぶつけると、ファウルをもらおうとしたトラオレが倒れ込むが笛はならず。そのままボックス内に持ち込んだエンバルバが冷静にGKとの一対一を制した。 もったいない形で失点したものの、地力で勝るホームチームはそのキックオフからの流れであっさりと追いつく。32分、左サイドでのメリーノとのパス交換で深い位置に抜け出したハビ・ガランが絶妙なクロスを供給すると、中央からニアに飛び込んだベッカーが右足の足裏で押し込んだ。 ベッカー待望のラ・リーガ初ゴールで試合を振り出しに戻すと、ここからギアを上げたラ・レアルが一気呵成の攻めで一気に逆転を狙う。39分にはボックス左に持ち込んだガランのミドルシュート、そのこぼれに詰めたベッカーのシュートでゴールに迫るが、いずれもGKマクシミアーノの圧巻の連続セーブに阻まれた。 前半のうちに逆転まで持ち込めなかったものの、良い形で後半に入ったホームチーム。立ち上がりにはガランの正確なクロスをゴール前のオヤルサバルがワンタッチでゴールネットに流し込むが、ここはガランの抜け出しのタイミングでのオフサイドが取られた。 それでも、攻勢を続けると、59分には左サイドからの斜めのパスに反応したベッカーがボックス右でダイレクトで折り返した並行パスをゴール左のオヤルサバルがワンタッチで合わせ、今度こそ正真正銘の逆転ゴールを挙げた。 良い時間帯に勝ち越したラ・レアルは危なげなく時計を進めていく中、70分には殊勲のベッカーとバレネチェアを下げて久保とトゥリエンテスを同時投入。試運転の久保は大きな見せ場は訪れずも、ボールを引き出しながらチームと共にゲームをコントロールする。 このまま2-1でのクローズが濃厚と思われたが、後半終盤に思わぬ展開が待っていた。86分、アルメリアの右サイドからのクロスに対してボックス内のロサーノに後手の対応となったDFスベルディアがユニフォームを引っ張って引き倒す形になると、このプレーで痛恨のPKを献上。さらに、決定機阻止のスベルディアにはレッドカードが掲示された。そして、これをキッカーのエンバルバに決められてしまった。 土壇場での失点に加え、数的不利まで背負ったラ・レアルに残り時間で勝ち越す力は残っておらず、試合はこのままタイムアップ。この結果、逃げ切り失敗のソシエダはリーグ4連勝を逃す形となった。 2024.04.15 06:05 Mon

ソシエダ久保建英が練習復帰! 指揮官いわく今週末出場も

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英に今週末出場の可能性だ。 今季もソシエダの中心となる22歳のレフティ。3月31日に行われたラ・リーガ第30節のアラベス戦で右足ハムストリングの違和感により、前半終了を待たずしてピッチを後にした。 幸いにも大事に至らなかったようで、12日のトレーニングで復帰。今週末の14日に行われるラ・リーガ第31節のアルメリア戦に出られるのかどうかが注目される。 スペイン『マルカ』によると、イマノル・アルグアシル監督は会見で右ヒザの手術を受け、欠場が続くカルロス・フェルナンデスと揃っての練習復帰を認め、出場の可能性を示唆した。 「カルロスとクボの復帰は良い知らせだ。カルロスはしばらく別メニューが続いたが、今日は活動量の少ないものだったから、チームと一緒に練習ができて良かった。復帰に近づいているよ。タケは小さなケガをして、様子を見る状況だったが、日曜日に向けて準備できているだろう」 残り8試合で6位のソシエダにとって、この終盤戦は来季もヨーロッパ大会に出る上で正念場。久保の復帰は朗報といえる。 <span class="paragraph-title">【SNS】久保建英がトレーニング復帰</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="qme" dir="ltr"> <a href="https://t.co/pAdURXttgW">pic.twitter.com/pAdURXttgW</a></p>&mdash; Real Sociedad Fútbol (@RealSociedad) <a href="https://twitter.com/RealSociedad/status/1778792941559165159?ref_src=twsrc%5Etfw">April 12, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.13 09:55 Sat

【ラ・リーガ第31節プレビュー】アトレティコvsジローナの上位対決! CL第2戦&クラシコ控える2強は格下と対戦

2週間前に行われた前節はアスレティック・ビルバオとの上位対決を制したレアル・マドリーを始め、上位陣が揃って勝ち点3を積み上げる波乱の少ない一節に。また、先週末に行われたコパ・デル・レイ決勝はマジョルカを破ったアスレティックが40年ぶりの優勝を果たしている。 来週に今季ラ・リーガで2度目のエル・クラシコを控える中、今節はチャンピオンズリーグ(CL)の準々決勝を戦っている3クラブの戦いに注目。その中で4位のアトレティコ・マドリーと、3位のジローナの上位対決が最注目カードとなる。 アトレティコは前節、マンデーナイト開催となったビジャレアル戦を途中出場のMFサウールの後半終盤のゴールによって2-1と勝利。この結果、アスレティックを抜いて4位に浮上した。さらに、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ではドルトムントとのホームゲームをMFデ・パウル、FWリーノのゴールによって2-1で先勝。3点目を奪い切れず、終盤に押し返されるなど課題は出たものの、ベスト4進出へ大きなアドバンテージを手にした。 週明けに敵地でのリターンレグを控えるため、この一戦でもターンオーバーの可能性が高いが、トップ4フィニッシュへ勝ち点逸は許されず、前回対戦で敗れた3位チーム相手にきっちりリベンジを果たしたい。 対するジローナは前節、ベティスとの激しい打ち合いに3-2で勝利。ここ最近ゴールペースを落としていた主砲FWドフビクのドブレーテに、後半アディショナルタイムにはレジェンドFWストゥアーニが劇的勝ち越しゴールを記録。終盤戦へ勢いがつく2戦ぶりの白星となった。難所メトロポリターノでのタフなアウェイゲームとなるが、相手の日程面を鑑みれば勝ち点3を持ち帰る可能性は十分にあるはずだ。 首位のレアル・マドリーは、週明けに敵地でのCLマンチェスター・シティ戦を控える中、15位のマジョルカとのアウェイゲームに臨む。ミッドウィークにサンティアゴ・ベルナベウで行われたシティとの1stレグはゴラッソの応酬となる激しい打ち合いに。開始早々に失点を喫したマドリーは、オウンゴールとFWロドリゴのゴールで鮮やかに逆転。その後、後半に相手の2つのゴラッソで試合を引っくり返されるも、MFバルベルデのゴラッソで最終的に3-3のドローに終わった。 そのリターンレグでは通算3戦全敗の難所エティハドでの勝利が突破の条件となるため、万全の状態で臨みたいところ。アンチェロッティ監督としては大幅なターンオーバー、シティ戦に向けたオプションの採用を含めた戦い方を想定しているはずだ。ただ、コパ決勝敗退からのバウンスバックを図るマジョルカ相手に隙を見せれば足をすくわれる可能性があるだけに、FWホセルやMFモドリッチ、DFルーカス・バスケスらを中心にしっかりと戦いたい。 2位のバルセロナはCLのパリ・サンジェルマン(PSG)戦を控える中、降格圏の18位に沈むカディスと対戦。パルク・デ・プランスで行われた1stレグはチャビ監督の交代策がものの見事に機能し、FWハフィーニャのドブレーテとDFクリステンセンのゴールによって3-2の先勝。ホームでの2ndレグに弾みを付けた。 ただ、強力な攻撃陣を擁するPSG相手に厳しい戦いが想定されており、万全の状態で臨みたいところだ。チャビ監督としては2ndレグをサスペンションで欠場するMFセルジ・ロベルト、クリステンセンに加え、FWフェリックスやFWフェラン・トーレス、MFフェルミン・ロペスといった準主力をメインキャストに据えつつ、カディスとのアウェイゲームで勝ち点3を目指すことになるはずだ。 MF久保建英を擁する6位のレアル・ソシエダは、最下位のアルメリア相手に今季最長となるリーグ4連勝を狙う。前節のアラベス戦は久保が前半に負傷交代するアクシデントに見舞われたが、DFパチェコのトップチーム初ゴールを最後まで守り切ってウノセロ勝利を収めた。久保に関しては今週のチームトレーニングを回避しており、現状ではベンチ入りできるか否かが焦点となる。ただ、今後にビッグマッチを控えていることを考えれば、日本人エース不在の中でチームとして格下相手にきっちり勝ち切りたい。 その他ではコパ優勝後初めてサン・マメスに凱旋する5位のアスレティックと10位のビジャレアルが対峙する強豪対決、ラージョvsヘタフェのマドリード自治州ダービー辺りにも注目したい。 《ラ・リーガ第31節》 ▽4/12(金) 《29:00》 ベティス vs セルタ ▽4/13(土) 《21:00》 アトレティコ・マドリー vs ジローナ 《23:15》 ラージョ vs ヘタフェ 《25:30》 マジョルカ vs レアル・マドリー 《28:00》 カディス vs バルセロナ ▽4/14(日) 《21:00》 ラス・パルマス vs セビージャ 《23:15》 グラナダ vs アラベス 《25:30》 アスレティック・ビルバオ vs ビジャレアル 《28:00》 レアル・ソシエダ vs アルメリア ▽4/15(月) 《28:00》 オサスナ vs バレンシア 2024.04.12 19:00 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly