水戸選手1名が新型コロナ感染…16日の甲府戦は陰性確認者のみでエントリー

2022.07.17 12:10 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
水戸ホーリーホックは17日、トップチーム選手1名の新型コロナウイルス感染を報告した。

当該選手は14日に喉に痛みがあり、同日に医療機関で検査および診察を受けたところ、陽性の診断結果。濃厚接触者はいない。16日に行われた明治安田生命J2リーグ第27節のヴァンフォーレ甲府戦では保健所の濃厚接触者判定が確定前だったため、チーム間で共有の上、陰性を確認したメンバーのみでエントリーしたという。

今後については陰性が確認できたメンバーのみで活動を継続。陽性判定の当該選手は自宅待機中で、療養方法について保健所の指示を待っているところのようだ。

関連ニュース
thumb

水戸が大卒ルーキー高岸憲伸と複数年契約 「この愛するクラブで共にJ1へ」

水戸ホーリーホックは3日、MF高岸憲伸(23)と複数年契約にて更新した旨を発表した。 高岸は川崎フロンターレのアカデミー卒で、星稜高校から中央大学に進学。大学在学中の2021年9月から同年12月まで特別指定選手として水戸で過ごし、今季から正式入団した。 その今季は明治安田生命J2リーグ24試合でプレー。契約更新を受け、クラブを通じて決意を新たにしている。 「水戸ホーリーホックをこよなく愛する皆さんこんにちは! 来シーズンも水戸ホーリーホックファミリーと戦いたいという想いが強すぎて、更新リリースの時間をサポーター番号の『12』、僕の背番号の『30』で12時30分にして欲しいとクラブにお願いした、髙岸憲伸です! 皆さんと #高岸タオルチャレンジ を筆頭にたくさん絡める機会を楽しみにしています! この愛するクラブで共にJ1へ行きましょう!」 2022.12.03 12:55 Sat
twitterfacebook
thumb

水戸FW村田航一と契約更新 「来季こそ…」

水戸ホーリーホックは2日、FW村田航一(26)の契約更新を発表した。 日章学園高校出身の村田は明治大学卒で、2019年に水戸でプロ入り。加入4年目の今季は負傷もあり、明治安田生命J2リーグ17試合に出場して1得点だった。 水戸での5年目に向け、クラブを通じて「来季も水戸ホーリーホックでプレーさせていただくことになりました」と報告。サポーターに感謝の言葉を述べつつ、決意を新たにした。 「まずはじめに、今季、良い時も悪い時も水戸ホーリーホックを支え応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました。来季こそ応援してくださる皆さんと共に、J1昇格というまだ見ぬ景色を見られるように全力を注ぎたいと思います。そして、水戸ホーリーホックとホームタウンがもっともっと盛り上がっていくように頑張ります。来季も応援よろしくお願いします」 2022.12.02 17:15 Fri
twitterfacebook
thumb

小林新体制の千葉、横浜FMから水戸へレンタル中のMF椿直起を完全移籍で獲得「J1昇格に最大限尽くす」

ジェフユナイテッド千葉は2日、MF椿直起(22)が横浜F・マリノスから完全移籍で加入することを発表した。 横浜FMの育成組織出身の椿は年代別の日本代表にも選出されてきたアタッカーで、高校1年時の2016年から3年連続で2種登録選手としてトップチームへ登録された。 2019年から正式に横浜FMのプロ選手となり、同年夏、翌年とギラヴァンツ北九州へと育成型期限付き移籍。2020年12月からはオーストラリアのメルボルン・シティFCへと期限付き移籍で加わり、2021年夏には再び北九州へ。今季は水戸ホーリーホックでの武者修行で、明治安田J2にて37試合3得点を記録していた。 移籍に際し、椿は各クラブへ以下のような言葉を残している。 ◆ジェフユナイテッド千葉 「クラブの一員として戦えることをとても嬉しく思います。J1昇格という目標のために自分の力を最大限に尽くしたいと思います。よろしくお願いします!」 ◆横浜F・マリノス 「自分をユースに誘っていただいてから今まで、本当にお世話になりました」 「あの素晴らしい日産スタジアムのピッチ、ファン・サポーターの前でプレーすることができず悔しいですが、たくさんの経験をさせてもらったこのクラブにとても感謝しています」 「チームは変わってしまいますが、少しでも気にかけてもらえるとうれしいです。ありがとうございました!」 ◆水戸ホーリーホック 「1年間という短い間でしたがありがとうございました」 「どんな状況であっても毎試合毎試合選手たちと同じくらい、それ以上に一緒に戦ってるファン・サポーターの皆さまにほんと感謝しています」 「チームは変わってしまいますが水戸ホーリーホックというクラブが大好きであるのは変わりません。活躍して成長した姿を見せられるように頑張ります。 ありがとうございました!」 2022.12.02 14:23 Fri
twitterfacebook
thumb

愛媛がアカデミー育ちの水戸MF曽根田穣を獲得 「今からとてもワクワク」

愛媛FCは2日、水戸ホーリーホックからMF曽根田穣(28)の完全移籍加入を発表した。 曽根田は愛媛のアカデミー育ちだが、びわこ成蹊スポーツ大学に進学して、2017年にヴァンフォーレ甲府でプロに。その後、京都サンガF.C.から水戸に今季入団し、明治安田生命J2リーグ27試合出場で5ゴールを記録した。 そんな曽根田だが、水戸に1年で別れを告げ、地元で古巣の愛媛に移籍する運びに。愛媛の公式サイトを通じて喜びを語った。 「初めまして、水戸ホーリーホックから来季より加入することになりました。曽根田です。愛媛FCのアカデミーで育ち、当時から目標だった愛媛FCのトップチームでプレーできることに、今からとてもワクワクしています。愛媛FCがJ2に復帰すること、そのために力になれるように、精一杯頑張ります」 「そしてもっとたくさんの愛媛の子ども達が、将来愛媛FCでプレーしたいと言ってくれるように、僕の力は微力かもしれませんが、愛媛のために精進していきたいと思います。愛媛FCに関わる全ての皆様、来シーズンからよろしくお願いします」 一方、水戸の公式ウェブサイトでは「「1シーズンでしたが、水戸でプレーすることができて本当に幸せでした」と別れの挨拶をした。 「いい時も悪い時も、ファン・サポーターの方々の声援や、拍手が僕の力になりました。満足のいく結果を残すことができず、申し訳ないです」 「僕は、水戸ホーリーホックで出会えたすべての人に感謝しかありません。そして水戸ホーリーホックでプレーできたことは僕の人生の大きな財産になりました」 「来シーズン、水戸ホーリーホックがJ1に昇格する姿を見られることを祈っています。短い間でしたが、本当にありがとうございました」 2022.12.02 11:15 Fri
twitterfacebook
thumb

水戸移籍1年目の前田椋介が複数年契約 「来年なんとしてでも『まだ見たことのない景色』を」

水戸ホーリーホックは1日、MF前田椋介(24)と2023シーズンの契約を複数年で更新した旨を発表した。 前田は宮崎産業経営大学、福島ユナイテッドFC、テゲバジャーロ宮崎を経て、水戸に今季加入。地元の宮崎県を離れての移籍だったが、明治安田生命J2リーグ35試合に出場して1得点をマークした。 クラブを通じて「来シーズンも水戸ホーリーホックで戦えることを誇りに思います」と喜び、決意を新たにしている。 「ケーズデンキスタジアム水戸の雰囲気が大好きで、そこでサッカーをするのが大好きになりました! 来年なんとしてでも『まだ見たことのない景色』を見にいきましょう!! その為に全力で闘います! 来シーズンも応援よろしくお願いします!」 2022.12.01 17:10 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly