スパーズ在籍10年の重鎮ロリスは現スカッドに自信 「すべての大会で昨年以上の競争力を」

2022.07.16 16:31 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムで10年を過ごす重鎮は新シーズンを戦うチームに大きな自信を抱いているようだ。

2012年8月末にリヨンから加入したフランス代表GKウーゴ・ロリスは、ここまでトッテナムで公式戦400試合以上に出場。2015年以降はレ・ブルー同様にキャプテンマークを託され、静かなるリーダーとしてチームをピッチ内外で支えている。

その偉大なる守護神は、韓国で行われるセビージャとのプレシーズンマッチに向けた公式会見に、アントニオ・コンテ監督と共に出席。質疑応答の中で現チームに対する自信を口にしている。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。
「(在籍10年で今が最強のチームか?)8月末で在籍10年になる。今でもとてもエキサイティングで、新しいシーズンが楽しみだよ。クラブはプレーヤー、アントニオ(・コンテ)、そしてスタッフが望む最高のポジションで、チームを強化しようとしているのが分かると思う」

「もちろん、チャンピオンズリーグに復帰することは、僕たち全員が楽しみにしていることだよ。また、出場するすべての大会で、昨年以上の競争力を発揮したい」

「ただ、個人的には野心と同時に、謙虚さと敬意をもってシーズンをスタートさせたいと思っているよ。現時点での優先順位は、準備に集中すること。高いレベルのフットボールをするためには、コンディションを整えることがいかに重要かを理解しているし、できる限り体調を整え、新シーズンに向けて気持ちを高めているよ」

また、トッテナムは直近のチームKリーグ(Kリーグ選抜)とのエキシビジョンマッチを6-3で勝利しているが、その試合からセビージャ戦に向けての改善点について問われると、改めて「チームワーク」の重要性を強調している。

「今のところ、前回の試合を見ても、次の試合に向けても、昨シーズンと比べて大きな変化はないよ。一番大事なのは、昨シーズン、アントニオ・コンテやコーチングスタッフと一緒に8カ月間やってきたことだと思う」

「その作業を継続することで、新シーズンもチームが強くなることはもちろんだけど、すべてはチームワークに関係している。強くなりたいのであれば、全員がチームの成功に貢献しなければならない」

「本当にチームワーク次第なんだ。チームが同じようにうまく機能すれば、才能あるプレーヤーが存在感を増して、彼らが違いを生み出すことができる」

最後に、渡航手続きの問題で今回の韓国ツアーには帯同していないものの、バルセロナからのレンタル加入が決定した同胞DFクレマン・ラングレについて質問を受けると、大きな期待を口にした。

「クレマンのことは、僕にとってもハッピーなことだよ。もちろん、彼が(今回の遠征で)チームと一緒にいることを望んでいたけど、そうはいかなかった。だけど、彼はすぐにでもチームと一緒に仕事ができるように一生懸命に働いているよ」

「バルセロナのようなクラブでプレーした経験や、代表チームでの経験もあり、ここ数回は招集されなかったけど、代表チームに戻るという野心を持っていると思うし、チームを助けてくれるプレーヤーさ」

「プレーヤーとしては、現代的なディフェンダーで、後ろからプレーしても違和感がなく、左足が得意で、一対一ではとても強く、空中戦にも強いと思う。プレミアリーグに来るのは決して簡単なことではないし、試合の激しさに順応しなければならないけど、彼はレベルの高いプレーヤーだ」

「また、個人的に彼とは良い繋がりがあり、素晴らしい関係があるから、なおさら嬉しいよ。素晴らしいパーソナリティを持っているし、チームにうまく適応してくれるはずさ」

関連ニュース
thumb

不協和音のフランス代表… 主将ロリス、直接言及せずも結束呼びかけ「グループ力が試される」

フランス代表キャプテンのGKウーゴ・ロリスが、カタール・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦のポーランド代表戦へ向けて意気込みを語った。 大会連覇を目指すフランス代表はグループDを首位通過し、4日に行われる決勝トーナメント1回戦でポーランド代表との対戦に。そんな最中、ディディエ・デシャン監督とDFバンジャマン・パヴァールの間に軋轢が生じていると伝えられ始め、同国ファンを中心に小さくない不安が広がっている。 スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、チームを束ねるロリスは前日会見でこの件には触れず。その上で、チームが一丸となって戦わなくてはならないと述べている。 「戦いは新たなステージへと移った。勝てば次があるし、負ければ家に帰ることとなる。ここ(W杯)に残るためには、各々が可能な限りベストを尽くす必要がある。(ポーランド戦は)グループとしての力量が試される」 「繰り返すが、ミスは帰宅に直結する。このようなステージでリラックスできる瞬間はなく、肉体的にも精神的にも最高レベルでなくてはならない。それも90分間ずっとね」 直接の言及こそなかったものの、チームに結束を呼びかけた格好のロリス。自身も出場した2010年の南アフリカW杯ではチーム内の不和が決定的な要因となってグループステージ敗退を経験しているだけに、気が気でない部分があるのだろう。 2022.12.03 21:42 Sat
twitterfacebook
thumb

トッテナム、35歳ロリスの後釜を見定め? リーズ正GKメリエを注視か

トッテナムが、主将であり不動の守護神でもあるフランス代表GKウーゴ・ロリス(35)の後釜探しに動いているようだ。 フランス代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のロリス。10年以上にわたって同国の主将を務めるなか、連覇を目指す今大会もここまで2試合でゴールマウスを守り、グループ最終節を待たずして決勝トーナメント進出を決めたチームの最後の砦として君臨している。 所属するトッテナムでも主将を務め、2012年夏の加入以降、通算437試合に出場。プレミアリーグやチャンピオンズリーグ(CL)といったメジャータイトルの獲得経験こそないものの、代えの利かない存在として活躍してきた。 だが、そんなロリスも来月26日で36歳に。選手寿命が長いGKとはいえ、トッテナムとしてはさすがに後釜を考えざるをえない模様で、イギリス『Football Insider』によると、リーズ・ユナイテッドのU-21フランス代表GKイラン・メリエ(22)を注視しているという。 メリエは2019年夏にロリアンからリーズへ加入し、2020-21シーズンからは正GKの立場を確立。今季も中断期間までにプレミア全14試合でゴールマウスを守っている。 また、ロリスの契約は2024年6月までだが、一部では今季がトッテナムでのラストシーズンになるとの憶測も。いずれにせよ、来夏に後釜を確保するべく、若くしてプレミア経験が豊富なロリスの同胞に狙いを定めたようだ。 2022.11.30 15:07 Wed
twitterfacebook
thumb

「ムラがある」 イングランド代表OB、指揮官の手腕評価もW杯優勝不可と予想

元イングランド代表のクリス・ワドル氏は同代表を率いるガレス・サウスゲイト監督を称えた一方、カタール・ワールドカップ(W杯)優勝の望みは薄いと口にした。 イングランド代表はグループBの2試合を終え、1勝1分の勝ち点4で首位に。29日に行われる最終節のウェールズ代表戦で引き分け以上なら決勝トーナメント進出が決まり、敗戦でも大敗さえしなければ問題なしという極めて有利な立場にいる。 トッテナムのレジェンドとして知られるワドル氏はイギリス『サン』で、イングランドがウェールズ相手に躓くことはないと予想した上で決勝トーナメント以降の戦いを展望。手腕が疑問視されるサウスゲイト監督については取り立てて問題点はないと語った。 「UEFAネーションズリーグ(UNL)の成績が悪かった? なら、ドイツのハンジ・フリック(監督)は今ごろ無職だ。ヨーロッパ予選で勝てず、W杯に出られなかった国を見てみよう。それらの国の監督が全員解任されているのか?悪い試合結果から解任を叫ぶのはもっとも簡単なことだ」 「ガレス・サウスゲイト(監督)は前回のW杯で準決勝まで進み、EUROでは決勝を戦った。素晴らしい仕事をしたと思うね。彼自身が素晴らしかったのだ」 9月にはUNLでリーグBへと降格し、ここ数カ月、何かと批判されがちな指揮官を擁護したワドル氏。一方、チームのパフォーマンスの一貫性のなさを指摘し、56年ぶりとなるW杯優勝は不可能と予想している。 「ムラがあると言わざるをえない。一貫性のなさが優勝できないと思う理由だ。準決勝までは到達できるがね」 「最終ラインが心もとない。今の4バックは続けるべきだろう。相手に合わせて3バックを採用する場合もあるが、基本的に必要ないと思うね。柔軟に対応できると自信を持っているのなら、それは良いことだが…」 2022.11.29 17:57 Tue
twitterfacebook
thumb

トリッピアー、代表チーム束ねる主将ケインを絶賛 「その模範的行動には…」

イングランド代表DFキーラン・トリッピアーが主将のFWハリー・ケインを称えている。イギリス『Evening Standard』が報じた。 カタール・ワールドカップ(W杯)グループBの2試合を戦って勝ち点4で首位に立つイングランド代表。29日の最終節ではウェールズ代表相手に引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる。 ここまでの2試合にいずれもフル出場するトリッピアーはトッテナム時代にも共にプレーした3歳年下のチーム主将を称え、真のプロフェッショナルだと絶賛している。 「(ケインと)代表チームで長く一緒にプレーしてきて思うんだ。僕は彼と同じチームにいられて幸運だし、ハリー・ケインとは僕が見てきた中で最高のプロフェッショナルの1人。そして何より、僕たちのリーダーだ」 「誰もが毎試合でプレーしたいと思っているし、ハリーも同じ。彼は勝者であり、勝って国の誇りになりたいと思っている。でも、全試合に出るかどうかは彼次第だ」 「彼は陰で自分自身を律し、模範になろうとしている。その模範的行動には、若い選手も尊敬の念を隠さない。若手たちは彼がどのようなトレーニングをしているか、しばしば観察しているんだ」 「もちろん、僕も彼を尊敬している。日々、彼から何かしらを学んでいるのさ」 2022.11.29 14:25 Tue
twitterfacebook
thumb

再び初戦でシティvsチェルシー! FAカップ3回戦の対戦カード決定

FAカップ3回戦の組み合わせ抽選会が28日に行われた。 イングランドサッカー協会(FA)に登録されている全てのクラブが出場可能なFAカップ。この3回戦からはプレミアリーグ勢、チャンピオンシップ(イングランド2部)勢が参戦する。 今回の組み合わせでは先日のEFLカップ3回戦に続きマンチェスター・シティとチェルシーという優勝候補同士の対決が実現。 さらに、前大会王者のリバプールはウォルバーハンプトン、マンチェスター・ユナイテッドはエバートンとのプレミア勢と対戦することに。また、クリスタル・パレスvsサウサンプトン、ブレントフォードvsウェストハムが1部同士で激突する。 DF冨安健洋のアーセナルとMF三笘薫のブライトンは、前者がフットボールリーグ1(イングランド3部)のオックスフォード、後者がチャンピオンシップのミドルズブラと対戦。その他ではトッテナムがフットボールリーグ1のポーツマス、DF中山雄太が長期離脱中のハダースフィールドは同じチャンピオンシップ勢のプレストンと対戦する。 なお、3回戦は2023年1月6日~9日にかけて開催される。FAカップ3回戦組み合わせは以下の通り。 ◆FAカップ3回戦 マンチェスター・シティ vs チェルシー マンチェスター・ユナイテッド vs エバートン リバプール vs ウォルバーハンプトン クリスタル・パレス vs サウサンプトン ブレントフォード vs ウェストハム オックスフォード(3) vs アーセナル トッテナム vs ポーツマス(3) ミドルズブラ(2) vs ブライトン シェフィールド・ウェンズデー(3) vs ニューカッスル ハル・シティ(2) vs フルアム カーディフ(2) vs リーズ ボーンマス vs バーンリー(2) ブラックプール(2) vs ノッティンガム・フォレスト ダゲナム&レッドブリッジ(5)orジリンガム(4) vs レスター・シティ アストン・ビラ vs スティブネイジ(4) プレストン(2) vs ハダースフィールド(2) レディング(2) vs ワトフォード(2) チェスターフィールド(5) vs WBA(2) チャールトン(3)orストックポート(4) vs ウォルサール(4) ボレアム・ウッド(5) vs アクリントン・スタンリー(3) ダービー・カウンティ(3) vs バーンズリー(3) コヴェントリー(2) vs レクサム(5) ノリッジ(2) vs ブラックバーン(2) イプスウィッチ(3) vs ロザラム(2) ルートン・タウン(2) vs ウィガン(2) フリートウッド・タウン(3) vs QPR(2) グリムズビー(4) vs バートン・アルビオン(3) フォレストグリーン・ローヴァーズ(3) vs バーミンガム(2) ブリストル・シティ(2) vs スウォンジー(2) ハートルプール(4) vs ストーク(2) ミルウォール(2) vs シェフィールド・ユナイテッド(2) シュールズベリー(3) vs サンダーランド(2) ※()内の数字は所属カテゴリー 2022.11.29 06:15 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly