バジャドリー、グラナダ退団のDFエスクデロを獲得

2022.07.14 07:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バジャドリーは13日、グラナダを退団していたスペイン人DFセルヒオ・エスクデロ(31)の加入を発表した。契約期間は2024年6月までの2年間となっている。

ムルシアでプロデビューを飾った左サイドバックのエスクデロは、シャルケ、ヘタフェを経て、2015年夏にセビージャに加入。セビージャでは公式戦176試合に出場し、主力として活躍した。

昨季はグラナダに完全移籍。ラ・リーガ27試合(うち先発は15試合)に出場し2ゴール1アシストを記録するも、チームは18位に終わって2部に降格していた。

関連ニュース
thumb

チェルシーMFケネディがリーガ昇格組のバジャドリーへ! 27年までの契約

ラ・リーガ昇格組のバジャドリーは1日、チェルシーからブラジル人MFケネディ(26)の獲得を発表した。契約は2027年6月30日までとなる。 ケネディは2015年夏にフルミネンセからチェルシー入りしたが、定着に至らず、複数回にわたるレンタルを経験。昨季も母国クラブのフラメンゴに移ったが、DFベン・チルウェルの長期離脱を受けて今年1月に急きょチェルシー復帰を果たした。 だが、公式戦を通じても3試合の出場にとどまり、今季も出番なしが続くなか、このたびのバジャドリー移籍を機にチェルシーから完全に離れることを決断。かつてヘタフェやグラナダでもプレーしたケネディにとって、ラ・リーガ復帰となる。 2022.09.02 10:25 Fri
twitterfacebook
thumb

「足を骨折しそう」バルセロナDF、エンブレムを踏まぬよう緊急回避「シンボルへの敬意」

無理のない範囲で行ってもらいたいものだ。 ラ・リーガ第3節、バルセロナvsバジャドリーが28日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが4-0で快勝した。 バルセロナのウルグアイ代表DFロナルド・アラウホは3試合連続の先発出場。立ち上がり7分の行動が注目を集めている。 バジャドリーのセンターフォワード、セルジ・グアルディオラがスローインを受けようとサイドへ流れると、アラウホもタイトに付いていき、相手の自由を奪ってマイボールのスローインにした。 勢いのままタッチラインを飛び出したアラウホの前には、バルセロナのクラブエンブレムが置かれていた。気付いたアラウホは急ブレーキ。さらに横へと跳躍し、エンブレムを踏まないように振る舞った。 『Eleven Sports』はこの瞬間を「アラウホとシンボルへの敬意」と紹介。これに対しては賛辞だけでなく、疑問を呈する声も上がった。 「そこにクラブのシンボルを配置する必要がないと思う」、「エンブレムのために足を骨折しそうになった」、「ここにロゴを入れた彼ら自身のせいです」などと、ピッチ脇にエンブレムを置く方が問題だとする声が寄せられている。 もちろん、踏んではならないわけではなく、個人による敬意の表明の仕方の1つではあるだろう。とはいえ、避けるためにケガをしては本末転倒。今回のように無理な体勢となってまで回避する必要があるのかと、疑問を呈するファンも少なからずいるようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】クラブエンブレムを踏まぬよう、何とか回避するアラウホ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/Ch2Nmmijnk4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/Ch2Nmmijnk4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/Ch2Nmmijnk4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ELEVEN Portugal(@elevensportspt)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.30 22:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ついに公式戦デビューのクンデが喜び「成長し続けるためにここに来た」いきなりフル出場で勝利に貢献

バルセロナのフランス代表DFジュール・クンデがバジャドリー戦でのデビューを喜んだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 今夏セビージャからバルセロナへと加入したクンデ。しかし、クラブは大きな財政問題を抱え、ラ・リーガの定めるサラリーキャップ抵触の影響から選手登録ができない事態となっていた。 そのため、開幕2試合はお預けをくらっていたが、DFサミュエル・ユムティティの移籍もあり、27日にようやく登録が完了。そして28日に行われたラ・リーガ第3節のバジャドリー戦で先発に抜擢され、待望の新天地デビューを果たした。 チームは4-0で快勝し、クンデにとっては個人としてもフル出場で上々の一戦に。ついに新たな第一歩を踏み出したその喜びを語った。 「嬉しい勝利だね。チームとして自信を持ち続けることができるのはとても良いことだ」 「センターバックの方が好きだけど、サイドバックとしてのプレーも快適だよ。まずはチームのコンセプトを学ばなければならないけど、調子は良い。ただ、ベストの状態にはまだ時間がかかるかもしれない」 「タイトルを獲得するために、そして成長し続けるために僕はここに来たんだ」 2022.08.29 13:44 Mon
twitterfacebook
thumb

2戦連続4ゴールでリーガ連勝のバルセロナ、チャビ監督「最初の40分は非常に良かった」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督が、チームの快勝を喜んだ。スペイン『アス』が伝えている。 バルセロナは28日に行われたラ・リーガ第3節でレアル・バジャドリーと対戦した。 序盤からいくつものチャンスを作り相手を押し込むと、24分にFWロベルト・レヴァンドフスキのゴールで先制に成功。その後MFペドリのゴールでリードを広げハーフタイムに入ると、後半はややペースが落ちながらもレヴァンドフスキ、DFセルジ・ロベルトのゴールで大差をつけ4-0で勝利した。 2試合連続4ゴールでリーガ連勝を飾ったチームについて、チャビ監督も試合後に満足感を露わに。一方で、後半の戦い方は改善の余地があると気を引き締めている。 「完璧とは言えないが、素晴らしい試合だった。特に最初の40分は非常に良かったと思う。そして、チームはリラックスした状態になった」 「後半も我々は良いスタートを切れたと感じている。ただ、全体として完全なものではなかっただろう。我々はリラックスすべきではなく、しっかりプレーし続ける必要がある」 「私はファンのみんなに希望を取り戻したいと思っていた。(開幕戦ドローに終わった)ラージョ戦の後はなおさらね。だから、この結果はチームにとっても、ファンにとっても良いものだ。ただ、2-0になったからと気を緩めてはいけない。これから試合を見直して、改善すべき点を探す。とはいえ、完璧な試合ではなくても注目すべき試合だったとは思う」 また、チャビ監督は2試合連続で2ゴールを決めたレヴァンドフスキを称賛。得点を記録するだけでなく、リーダーとしてチームを牽引する姿勢を手放しに称えた。 「ゴール以外では、彼のプレーのタイミングに注目したいね。彼のプレーはファンがあまり見ないようなものばかりで、並外れている。彼はリーダー気質があり、見たままを話す選手だ。グループへの適応の仕方も素晴らしいね。生まれながらの働き者であり、模範となる人物だろう」 2022.08.29 11:13 Mon
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキが2戦連続ドブレーテ! クンデ待望デビューのバルサが多彩な攻撃で今季初の連勝《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第3節、バルセロナvsバジャドリーが28日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが4-0で快勝した。 前節、待望の初勝利を手にしたバルセロナは昇格組バジャドリーを相手に、ホーム初勝利と共に連勝を狙った。 難所アノエタでのアウェイゲームでは試合の内容自体は拮抗していたが、後半途中に投入したアンス・ファティが3ゴールに絡む圧巻の活躍をみせ、レヴァンドフスキの初ゴールを含むドブレーテなどで、レアル・ソシエダに4-1のスコアで勝利。 その勢いを生かしたいチャビ率いるチームは、開幕未勝利のバジャドリー撃破に向け、先発3人を変更。クリステンセンに代わってようやく登録が完了したクンデが公式戦デビュー。さらに、フレンキー・デ・ヨングに代わってサスペンション明けのブスケッツ、フェラン・トーレスに代わってハフィーニャが起用された。 注目のクンデを右サイドバックに配置したバルセロナは、ハフィーニャとデンベレが積極的に仕掛け、相手を押し込む入りとなる。 12分にはハフィーニャの左足インスウィングのクロスにゴール前で反応したレヴァンドフスキがヘディングで合わせるが、これは左ポストとGKマシプの背中に当たる。さらに、このこぼれ球にポーランド代表FWがすかさず詰めたが、押し込み切れない。さらに、22分にはボックス内でのレヴァンドフスキのお膳立てからデンベレに決定機が訪れるが、左足の強烈なシュートはクロスバーを叩いた。 2度のビッグチャンスを逸したホームチームだが、新生トリデンテに加えてインテリオールのガビやペドリも効果的に絡む多彩な仕掛けで序盤から相手を揺さぶり続けたこともあり、前半半ばにゴールが生まれる。 24分、ペドリから右サイドのタッチライン際でサイドチェンジを受けたハフィーニャがカットインからGKとディフェンスラインの間のスペースへ嫌らしい左足インスウィングのクロスを供給。これにファーサイドで反応したレヴァンドフスキが大きく弾んだボールを高く上げた右足の足裏で押し込み、2試合連続ゴールとした。 この得点以降もバジャドリーは大きく戦い方を変えず、畳みかける連続ゴールとはいかないバルセロナだが、圧倒的な個の力と創造性のある仕掛けで幾度もスタンドを沸かす。 そして、43分にはアラウホの見事なグアルディオラへの守備対応からブスケッツが右サイドのデンベレにすかさず縦パスを繋ぐ。デンベレは左足のカットインで相手守備を引き付けながら、レヴァンドフスキのニアへのランニングで空いた中央のスペースへ丁寧なラストパス。これにタイミング良く走り込んだペドリが右足のダイレクトシュートをゴール右隅へ突き刺した。 レヴァンドフスキとペドリのゴールによって余裕を持って後半に入ったバルセロナは、引き続き相手陣内でのプレーを続ける。ただ、流し気味にプレーしていることもあり、前半ほど攻撃に迫力を出せない。 そういった中、チャビ監督は61分にアラウホ、ガビ、ハフィーニャを下げてセルジ・ロベルト、アンス・ファティ、デ・ヨングを投入。この3枚替えで全体の活力を上げる。 すると、65分には右サイドのデンベレからのラストパスに抜け出したレヴァンドフスキがゴール右角度のないところからDFホアキンの股間を狙ったヒールシュートを放つと、わずかにディフレクトしたボールがゴール左隅に決まり、百戦錬磨のストライカーは2試合連続ドブレーテを達成した。 これで試合の大勢が決した中、69分にはセルヒオ・レオン、オスカル・プラノ、ロケ・メサと、意地を見せたいバジャドリーがボックス付近で続けて決定的なシュートを放つ。だが、ここはGKテア・シュテーゲンのビッグセーブと、センターバックにポジションを移したクンデの見事なゴールカバーでゴールを割らせない。 その後、ブスケッツ、デンベレを下げてケシエ、フェラン・トーレスの投入で試合をクローズにかかるバルセロナ。 もうひと盛り上がりがほしい後半アディショナルタイムには、セルジ・ロベルトとフェラン・トーレスのコンビで右サイドを崩してボックス内のレヴァンドフスキにトリプレーテのチャンスが訪れるが、ここはシュートをクロスバーに当ててしまう。それでも、この撥ね返りをセルジ・ロベルトが冷静に押し込み、トドメの4点目を奪い切った。 レヴァンドフスキの2試合連続ドブレーテにペドリの今季初ゴール、クンデのデビューと実り多き内容でホーム初白星のバルセロナが、今季初の連勝を飾った。 2022.08.29 04:32 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly