湘南が連日補強! 今度は鳥栖MF中野嘉大の完全移籍加入を発表

2022.07.08 12:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
湘南ベルマーレは8日、サガン鳥栖からMF中野嘉大(29)の完全移籍加入を発表した。背番号「44」を着用する。湘南は前日に名古屋グランパスからMF阿部浩之を期限付きで獲得しており、それに続く補強となった。

大卒の中野は川崎フロンターレ、ベガルタ仙台、北海道コンサドーレ札幌を経て、2021年3月から鳥栖でプレー。今季から完全移籍に切り替わったが、負傷離脱もあって、ここまで明治安田生命J1リーグで4試合の出場にとどまるなど、公式戦11試合で無得点だった。

J1残留に向けて直近7試合で5勝と調子を上げ、13位にまで順位を上げる湘南に移籍を決断した中野。両クラブを通じてコメントしている。
◆湘南ベルマーレ
「サガン鳥栖から加入します中野嘉大です。自分の持ち味を活かせると思い、湘南ベルマーレでプレーしようと決めました。湘南の勝利のために頑張ります。よろしくお願いします」

◆サガン鳥栖
「サガン鳥栖のファン・サポーターの皆様、この度、湘南ベルマーレに移籍することになりました。もっと長くこのチームでプレーしたかったですが、佐賀の地でプレーできてとても幸せでした」

「昨年、途中加入で難しかったですがチームメイト、コーチングスタッフ、裏方のスタッフなどいろんな方の助けのおかげで自分の良さを引き出してもらったと思っています。そして、声は出せませんでしたがサポーターのみなさんが作ってくださった駅スタの雰囲気は最高でした。背中を押してくれるようなたくさんの応援ありがとうございました」

「今年はなかなか試合に出ることができずに難しいシーズンでしたが、まだまだ自分は終わってない、まだまだ上を目指したいと思っているのでその姿を湘南で見せたいと思っています。短い間でしたが本当にありがとうございました」

関連ニュース
thumb

「楽観的で野心的すぎる」元広島のミキッチが堂安律の発言に不快感、それでも警戒するのは3人「スペースを与えてはいけない」

かつて森保一監督の下でもプレーし、サンフレッチェ広島、湘南ベルマーレでプレーしたクロアチア人のミハエル・ミキッチ氏が、日本代表について言及した。クロアチア『HRT』が伝えた。 2009年にディナモ・ザグレブから広島に加入したミキッチは、右のサイドアタッカーとして主力として戦った。 ミハイロ・ペトロヴィッチ監督の下でプレーした後、森保監督の下でもレギュラーを務め、2012年、2013年のJ1連覇、2015年の優勝と、3度のJリーグ優勝に貢献してきた。 森保監督を知り、そしてJリーグのこともよく知るミキッチ氏。カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16で母国・クロアチア代表と日本が対戦することになる中、堂安律のコメントについて言及。「冗談抜きで日本が優勝します」と語ったことに厳しい言葉を返した。 「楽観的で野心的すぎる発言だと思う。彼らはラウンド16で行き詰まるだろう。スペインとドイツには勝ったが、コスタリカには負けた」 「彼らにはクオリティがある。彼らに感謝しているが、現実的にはスペインやドイツよりも、優れたチームではないと言わざるを得ない」 「何かをしなければならないとわかっている時、彼らはプレーすることを気にしない。そのプレッシャーがない時は同じではないんだ」 「彼らはこの試合でプレッシャーにさらされると思う。彼らは間違いなく、スペイン代表とドイツ代表との2試合よりも、遥かに多くの痛みを感じることになるだろう」 ドイツとスペインからゴールを奪った堂安のビッグマウスとも言える発言に不快感を露わにしたミキッチ。その堂安、そして三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)、浅野拓磨(ボーフム)には「スペースを与えてはいけない」と警戒しつつ、森保監督のゲームプランについても「延長戦にもつれ込むことを狙っている」と推測。かつてのエピソードも語った。 「明らかに、延長戦でチャンスがあると考えていると思う。クロアチアが本命であることを認識していながら、その方向に試合を導くことを望んでいる。私は試合が延長戦に入ることを望まない」 「日本人の典型的な例として、感情を表に出すのがとても苦手だ。彼は決定に影響を与えることができないことを知っている」 「彼が広島で私を指導した時、試合中は冷静だったが、試合後は元気を出して感情を表に出していた」 また、日本サッカーは現在は北海道コンサドーレ札幌を指揮し、広島、そして浦和レッズでも指揮したミシャ監督と、ジェフユナイテッド市原・千葉、そして日本代表を率いたイビチャ・オシム監督の旧ユーゴスラビア圏の2人が大きな影響を与えているとした。 「彼らが最強の団結力を持っていることは確かだ。ミハイロ・ペトロヴィッチと共に育ち、彼から学んだ。彼の指導法と学習法は、他のすべての人とは正反対だった」 「彼は今も日本にいて、17年間日本のトップリーグに所属している。一方で、彼はイビチャ・惜しむから学んだ。この2人は、日本サッカーとその発展に大きな影響を与えている」 2022.12.05 20:43 Mon
twitterfacebook
thumb

湘南がMF山田直輝、FWタリクら4選手と契約更新、山田「Jリーグにビッグウェーブを起こせるように」

湘南ベルマーレは4日、MF山田直輝(32)、FWタリク(34)、GK立川小太郎(25)、MFミケル・アグ(29)との契約更新を発表した。 山田は浦和レッズでプロキャリアをスタート。2015年から2017年、2019年と4年間期限付き移籍で湘南でプレーし、2020年からは完全移籍に切り替え。今シーズンは明治安田生命J1リーグで21試合に出場していた。 タリクは元ノルウェー代表で、スウェーデンのAIKソルナから2020年に加入。今シーズンはリーグ戦で31試合に出場し1得点を記録した。 立川はAC長野パルセイロから2021年に加入。今シーズンはリーグ戦の出番がなかった。 ミケル・アグは、元ナイジェリア代表で今季から湘南に加入。しかし、ケガのため出場はなかった。 4選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆MF山田直輝 「2023シーズンも湘南ベルマーレで戦わせていただくことになりました。湘南からJリーグにビッグウェーブを起こせるように全力で戦います!大切なのはいつも”今”」 ◆FWタリク 「湘南ベルマーレで来シーズンもプレーできることになり非常に嬉しく思います。湘南ベルマーレで働けること、戦えることを楽しみにしています。並びに皆さんと喜びと成功を一緒に分かち合いましょう」 「いつも素晴らしい応援をありがとうございます。そして引き続きたくさんの声援をよろしくお願いします。またすぐに会いましょう!」 ◆GK立川小太郎 「一年間、熱い応援ありがとうございました。来シーズンも湘南のために戦える喜びと感謝を忘れずにひたむきに頑張ります」 「来シーズンこそ試合に出てサポーターの皆さんと勝利の喜びを味わえるように1日1日を大切にしていきたいと思います。応援よろしくお願いします」 ◆MFミケル・アグ 「2022シーズンはケガのためにチームに貢献することができなかったにもかかわらず、ベルマーレサポーターからの多大な応援に感謝しています。来シーズン、ベルマーレと共に歴史を作るため全力を尽くします」 2022.12.04 12:25 Sun
twitterfacebook
thumb

湘南、立正大DF吉田新の来季加入内定を発表! 「湘南を代表するような選手に」

湘南ベルマーレは1日、立正大学からDF吉田新(22)の来季加入内定を発表した。 千葉県出身の吉田はジュニアユース時代から柏レイソルの下部組織に所属。トップチームに昇格せず、2019年に立正大学へ進学した。 クラブは選手の特徴として「左足から繰り出される高い精度のキックが武器。また運動量が豊富で攻守においてタフに戦える選手」と紹介している。 来季からプロキャリアをスタートさせることになった吉田はクラブを通じて関係者への感謝を語りつつ、夢の実現を喜んだ。 「この度、2023年シーズンから湘南ベルマーレに加入することになりました吉田新です。プロサッカー選手は幼い頃からの夢であり、湘南ベルマーレという歴史と伝統のある素晴らしいクラブでプロのキャリアをスタートできることを大変嬉しく思います」 「いつも支えて下さった指導者の方々、また両親、仲間には感謝の気持ちでいっぱいです。特に祖父には小さい頃からサッカーの練習の送迎をしてもらい、いつも励ましてもらっていました。今も87歳でゴルフをしている姿には勇気づけられています。その祖父に、湘南のピッチに立つ姿を見せ笑顔を届けるためにも、精一杯努力し、湘南を代表するような選手になれるよう頑張ります」 「自分は左足のキックを武器としているのでその技術を活かしてベルマーレの力となり、サポーターの皆さまと勝利のダンスを踊りたいです。ファン・サポーターの皆さま、応援よろしくお願いします」 2022.12.01 11:42 Thu
twitterfacebook
thumb

湘南が鹿島からDF杉岡大暉を完全移籍で獲得、昨季途中から期限付きでプレー「タイトル争いのできるチームにしたい」

湘南ベルマーレは30日、鹿島アントラーズのDF杉岡大暉(23)を完全移籍で獲得することを発表した。 杉岡はFC東京U-15深川から市立船橋高校へと進学。2017年に湘南へと入団した。 プロ1年目から出場機会を得てレギュラーに定着。2020年に鹿島に完全移籍するも、出場機会を得られず、2021年途中から湘南に期限付き移籍で復帰。今シーズンは明治安田生命J1リーグで29試合、YBCルヴァンカップで6試合1得点、天皇杯で1試合に出場した。 杉岡は両クラブを通じてコメントしている。 ◆湘南ベルマーレ 「この度、湘南ベルマーレに完全移籍することになりました。一度チームを離れたなかでも常に気にかけてくれチャンスを与えてくださったベルマーレに感謝しています」 「高卒から育てていただいたこのチームをリーグ、カップ戦を問わずタイトル争いのできるチームにしたいという強い覚悟をもって決断しました。そのために自分の持ってる力を全身全霊かけて戦います。改めてよろしくお願いします!!」 ◆鹿島アントラーズ 「このたび、湘南ベルマーレに完全移籍することになりました。アントラーズでの一年半がなければ今の自分はいません。そう思えるほど自分にとって濃く刺激的な日々でした。アントラーズでの経験を活かして今後も頑張ります。短い間でしたがありがとうございました」 2022.11.30 17:38 Wed
twitterfacebook
thumb

湘南、名古屋からレンタルの阿部浩之が改めて完全移籍加入! 「もっと上の順位に導けるように」

湘南ベルマーレは30日、MF阿部浩之(33)の完全移籍移行を発表した。 阿部は関西学院大学を卒業後、ガンバ大阪、川崎フロンターレ、名古屋グランパスでプレー。行く先々でタイトル獲得を経験し、今年7月に名古屋からのレンタルで湘南に活躍の場を移した。 その湘南では明治安田生命J1リーグ13試合に出場して3ゴールを決め、チームのJ1残留に貢献。来季から湘南に改めて完全移籍を果たすアタッカーはクラブを通じて決意を新たにしている。 「名古屋グランパスから完全移籍することになりました。来シーズンは今年のチームの目標だった5位以内を実現させられるように、さらにもっと上の順位に導けるように頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」 一方、名古屋を通じては「湘南ベルマーレに完全移籍することになりました。満員の豊田スタジアムで自分のチャントを聞けなかったことが心残りです。2年半ありがとうございました」とコメントした。 2022.11.30 14:25 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly