右半分だけチェック柄になるドルトムントの新アウェイユニが発表も…「柄はない方が良い」の声

2022.07.08 05:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントは7日、2022-23シーズンのアウェイユニフォームを発表した。黒をベースにしたユニフォームは、シャツの左半分と右半分でデザインが切り替わる。左側は黒の単色になっているが、右側は黒とグレーのチェック柄。チェック柄はすべて同じサイズではなく、大小さまざまな大きさのものが描かれている。

これは、サポーターが振りかざすタオルマフラーやフラッグをイメージ。ファンとの一体感を意識しており、シャツの首元には「Borussia units」の文字があしらわれている。

そして、サプライヤーのプーマのロゴのほか、袖口や襟元など、アクセントには黄色が使用されている。

ただ、ファンからは「黒一色であればよかった」、「なぜチェック柄を入れたのか」、「ホームユニフォームは良かったのに」といった声が上がっており、デザイン的には柄のないシンプルなものを望む声も多いようだ。

なお、ドルトムントはすでにホームユニフォームを発表。そちらは、クラブの伝統的なカラーである黒と黄色で彩られ、太めのストライプでデザインされている。

1 2

関連ニュース
thumb

ベリンガム弟がバーミンガムとのプロ契約にサイン! 兄在籍ドルトやリバプール関心の逸材

バーミンガム・シティは23日、U-18イングランド代表MFジョーブ・ベリンガム(17)とプロ契約を締結したことを発表した。 バーミンガム育ちで現在はドルトムントで活躍するイングランド代表MFジュード・ベリンガム(19)を兄に持つベリンガム。実兄と同様に攻撃的MFを主戦場に、アスリート能力とテクニックに優れる万能型は、今シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)ですでに4試合に出場するなど、ここまでトップチームで通算7試合に出場している。 ここ数カ月では兄の在籍するドルトムントに加え、リバプールといった国内クラブの関心を集めていたが、今年7月にバーミンガムのオファーを受け入れた同選手は、プロ契約が可能となる17歳の誕生日に故郷のクラブとの契約にサインすることになった。 2022.09.23 23:49 Fri
twitterfacebook
thumb

ドイツ代表がアルノルトを追加招集も、ブラントがインフルエンザ感染で離脱

ドイツサッカー連盟は21日、ヴォルフスブルクのMFマキシミリアン・アルノルトをドイツ代表に追加招集することを発表した。 ドイツ代表では、GKマヌエル・ノイアー、MFレオン・ゴレツカのバイエルン所属2選手が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けて離脱することが発表されていた。 GKにはホッフェンハイムのGKオリヴァー・バウマンを追加招集していたが、ゴレツカの代役にアルノルトを招集した。 しかし、ドルトムントのMFユリアン・ブラントがチームを離脱。インフルエンザに感染したと発表されている。なお、新型コロナウイルスの検査では陰性だった。 ドイツは23日にホームでハンガリー代表と、26日にアウェイでイングランド代表とUEFAネーションズリーグ(UNL)の2試合を戦う予定だ。 2022.09.22 11:21 Thu
twitterfacebook
thumb

ロイスがドイツ代表離脱でヘンリクス追加招集…ただ離脱期間は当初の予想より短い3~4週間に

ドイツサッカー連盟(DFB)は18日、UEFAネーションズリーグ(UNL)に臨むドイツ代表からMFマルコ・ロイス(ドルトムント)の離脱を発表した。 ロイスは17日に行われたブンデスリーガ第7節のシャルケ戦で右足首を負傷。担架に乗せられてピッチを去ったことで、骨折などの重傷も予想された。 しかし、最悪な事態は避けられた模様で、試合翌日にドルトムントのスポーツディレクターのセバスティアン・ケール氏は、外側側副じん帯の損傷で「3~4週間」の離脱となる見込みであることを明かした。 ただ、今回のインターナショナルマッチウィークでのプレーはもちろん不可能で、DFBはロイスの離脱と共に、RBライプツィヒのDFベンヤミン・ヘンリクスの追加招集を発表している。 なお、ドイツは23日にホームでハンガリー代表と、26日にアウェイでイングランド代表と対戦する。 2022.09.20 05:45 Tue
twitterfacebook
thumb

シュツットガルトがドルト退団のザガドゥ獲得! 4年契約にサイン

シュツットガルトは19日、フランス人DFダン=アクセル・ザガドゥ(23)の加入を発表した。背番号は「23」に決定。契約期間は2026年6月30日までの4年となる。 昨季限りでドルトムントを退団したなか、ようやく新天地が決定した23歳DFはクラブ公式サイトを通じて意気込みを語った。 「ここにいられてとても幸せだよ。僕を信頼してくれたシュツットガルトの責任者の方々に感謝したい。すぐに新しいチームメイトと一緒にピッチに立つことを本当に楽しみにしているよ」 一方、ドルトムント時代にパリ・サンジェルマン(PSG)から同選手を獲得した経緯のあるスポーツディレクターのスヴェン・ミスリンタット氏は、早期フィットに自信を示す。 「ダクソ(ザガドゥ)はトップのセンターバックに必要なすべての資質を持っている」 「彼はアスリート能力が高く、パスワークに優れ、近年は国内外のレベルで貴重な経験を積んでいる。ブンデスリーガを知り尽くしているため、チームに溶け込むのにそれほど時間はかからないだろう」 「彼の献身的な働きにより、我々はディフェンシブエリアの空いたポジションを優秀なプレーヤーで埋めることができた。ダクソが我々を選んでくれたことを嬉しく思う」 PSGのアカデミー出身のザガドゥは2017年にドルトムントへ加入。加入当時は196cmの恵まれた体躯に加え、左サイドバックでもプレー可能なスピードを持つアスリート型のセンターバックとして将来が嘱望されていた。 しかし、3度のヒザの手術や筋肉系のケガと在籍5年間で度重なるケガに悩まされてきた同選手は、ここまで公式戦91試合の出場に留まっていた。そういった中、今夏にドルトムントを退団していた。 シュツットガルトは現在、ボーフムと並んで開幕7試合未勝利の16位に低迷。3バックではDF伊藤洋輝がDFコンスタンティノス・マヴロパノス、DFヴァルデマール・アントンと共に主力を担っているが、同じ左利きのザガドゥの加入によってポジション争いを強いられることになりそうだ。 2022.09.20 00:35 Tue
twitterfacebook
thumb

シュツットガルトのザガドゥ獲得決定的に! 伊藤洋輝のライバルに

シュツットガルトがフランス人DFダン=アクセル・ザガドゥ(23)の獲得を決定的なモノとしたようだ。 昨シーズン限りでドルトムントを退団してフリーのザガドゥに対しては、ここ最近に入ってウェストハムとリヨンの2クラブが関心を示していた。 しかし、ドルトムント時代にパリ・サンジェルマン(PSG)から同選手を獲得したスヴェン・ミスリンタット氏がスポーツディレクターを務めるシュツットガルトが、最終的に同選手の獲得にこぎ着けたようだ。 ドイツ『ビルト』によると、すでに条件面で合意しているザガドゥは、19日にメディカルチェックを受診予定だという。 PSGのアカデミー出身のザガドゥは2017年にドルトムントへ加入。加入当時は196cmの恵まれた体躯に加え、左サイドバックでもプレー可能なスピードを持つアスリート型のセンターバックとして将来が嘱望されていた。 しかし、3度のヒザの手術や筋肉系のケガと在籍5年間で度重なるケガに悩まされてきた同選手は、ここまで公式戦91試合の出場に留まっていた。そういった中、今夏にドルトムントを退団していた。 シュツットガルトは現在、ボーフムと並んで開幕7試合未勝利の16位に低迷。3バックではDF伊藤洋輝がDFコンスタンティノス・マヴロパノス、DFヴァルデマール・アントンと共に主力を担っているが、同じ左利きのザガドゥの加入によってポジション争いを強いられることになりそうだ。 2022.09.19 22:57 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly