神童カラモコ・デンベレがブレストへ移籍! セルティックでは13歳でU-20デビューし話題に

2022.07.05 17:53 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スタッド・ブレストは5日、セルティックからイングランド人FWカラモコ・デンベレ(19)を獲得したことを発表した。契約は2026年6月30日まで。

将来有望な若手の一人として大きな注目を集めているカラモコ・デンベレ。2013年からセルティックの下部組織に在籍していたが、13歳だった2016年10月に同クラブのU-20チームに飛び級でデビューしたことが大きな話題に。

さらに同年10月にはU-16スコットランド代表デビュー、続く12月にはU-15イングランド代表デビューも果たし、イギリス全土にその名を轟かせた。
そして2018年12月にプロ契約を交わし、翌年の5月にトップチームデビュー。16歳86日というクラブ史上2番目の若さを記録した。

2019-20シーズンから本格的にプロとして活躍する姿が見られるかに思われたが、以降2シーズンで出場したのは7試合のみ。昨季は足首のケガに見舞われ2試合のみの出場となり、この度フリーで退団へ。結局トップチームでは10試合の出場に終わった。

かつてはメッシとも称された神童はフランスを新天地に。さらなる成長を期待したいところだ。


関連ニュース
thumb

アジャクシオ、ブレストを電撃退団したベライリをフリーで獲得

ACアジャクシオは12日、アルジェリア代表MFユセフ・ベライリ(30)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は今シーズン終了までとなる。 2022年1月にカタールSCからフリーでスタッド・ブレストに加入したベライリは、加入後すぐに定位置を確保しリーグ・アン13試合で3ゴール2アシストをマークすると、今季もここまでリーグ戦6試合に出場し2アシストを記録していた。 しかし、9月末に個人的な問題を理由にブレストとの契約を双方合意の上で解除。この度2つ目のリーグ・アンクラブとなるアジャクシオでプレーすることになった。 昨季のリーグ・ドゥをトゥールーズに続く2位でフィニッシュし、2013-14シーズン以来のリーグ・アン昇格を果たしたアンジェだが、ここまでは2勝1分け7敗の18位に沈んでいる。 2022.10.13 02:30 Thu
twitterfacebook
thumb

リーグ・アン最下位のブレストがデル・ザカリアン監督を更迭…14日の経営陣会議後に解任へ

スタッド・ブレストは11日、ミシェル・デル・ザカリアン監督(59)を更迭した。 ブレストは2021年夏にモンペリエへ引き抜かれたオリヴィエ・ダロリオ監督の後任として、奇しくもモンペリエ前指揮官のデル・ザカリアン監督を招へい。 就任初年度となった昨シーズンは前年17位のチームを11位に大きく躍進させたが、今シーズンは開幕から不振に陥り、1勝3分け6敗の最下位に低迷していた。 この成績不振を受け、クラブは14日に実施される経営陣の会議まで同監督のレイオフを決定。解任は同会議後に正式に言い渡される見込みだが、それまでの期間はリザーブチームを率いるブルーノ・グロウジ監督が暫定的にチームを指揮することになる。 ただ、グロウジ監督はリザーブチームを率いた直近の試合で退席処分を受けており、16日に予定されるリーグ次節のナント戦ではベンチ入りできない。そのため、クラブは同試合までに後任監督を招へいする必要があるという。 2022.10.11 22:51 Tue
twitterfacebook
thumb

ブレストがアルジェリア代表MFベライリとの契約解除を発表

スタッド・ブレストは29日、アルジェリア代表MFユセフ・ベライリ(30)との契約を双方合意の下で解除したことを発表した。 2022年1月にカタールSCからフリーでブレストに加入したベライリは、加入後すぐに定位置を確保しリーグ・アン13試合で3ゴール2アシストをマークすると、今季もここまでリーグ戦6試合に出場し2アシストを記録していた。 ベライリとの契約解除についてブレストのグレゴリー・ロレンツィSD(スポーツ・ディレクター)は、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ユセフは家族と離れていることで日々倦怠感を感じていた。彼の日々のバランスとチームのために、このままではいけないと思った。だから我々は、契約を解除することに同意しました」 「ここ数日、彼について言われていることはすべて、我々には関係のない、あるいは話す必要のないプライベートな問題だ」 「いま最も重要なことはスタッド・ブレストの状況であり、それは彼やほかの選手の個人的な問題よりも優先されることなんだ」 2022.09.30 01:05 Fri
twitterfacebook
thumb

PSG監督ガルティエ、勝利も気分晴れず 「相手に希望抱かせた」

パリ・サンジェルマン(PSG)のクリストフ・ガルティエ監督がゲーム内容を反省した。クラブ公式サイトが伝えている。 リーグ・アンを開幕6戦無敗の首位で立ち上がり、今週ミッドウィークから始まったチャンピオンズリーグのグループステージも白星スタートのPSG。10日のリーグ・アン第7節では17位のブレストをホームに迎え撃ち、1-0で勝利した。 30分にFWネイマールのゴールで幸先よく先制したPSGだが、終始ペースを握る展開ながら追加点をもぎ取れず、70分に痛恨のPKチャンスを献上。GKジャンルイジ・ドンナルンマのストップで何とか凌ぎ、辛くも勝利した試合だった。 ともあれ、しっかりと勝ち切ったわけだが、ガルティエ監督は「前後半でまったく異なるゲームだった」と振り返り、苦戦を認めた。 「前半は多くのチャンスを作り、先制点を奪うにふさわしい内容だったと思う。だが、もっとゴールを決めるべきなのにそうできなかった。もっと良い形でゲームをマネジメントしようと攻撃的なトリオを使い続けたが、後半は前半とまったく違って非常にタフなものだったよ」 「我々のチームは2つに分裂し、前線、中盤、さらに後方でも多くの技術的なミスをおかしてしまった。我々が1点しかリードしていないことで、ブレストに大きな希望を抱かせてしまったんだ。このパリで1点差であれば、相手が信じるようになるのは明らかだ」 「疲労と緊張のためか、動きや機動性に欠けた。もっと早くやっておけば良かったと思わせられる交代を余儀なくされたよ。チームにもっとバランスをもたらしたり、たくさんプレーしている選手を温存するためにね。幸運にもジャンルイジが決定的なPKセーブをしてくれた」 「ファウルかどうかはチェックしていないからわからないが、レフェリーが宣言したのだ。前半と後半でまったく違う展開になった試合だったね」 2022.09.11 09:40 Sun
twitterfacebook
thumb

守護神PKストップで逃げ切ったPSGがホームで格下相手に辛勝《リーグ・アン》

リーグ・アン第7節、パリ・サンジェルマンvsスタッド・ブレストが10日にパルク・デ・プランスで行われ、ホームのPSGが1-0で勝利した。 開幕5勝1分けの無敗で首位に立つPSGは、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のユベントス戦もムバッペの2ゴールの活躍によって2-1の勝利。幸先よくヨーロッパの戦いをスタートした。 来週にイスラエルでのCLマッカビ・ハイファ戦を控える中、ガルティエ監督はユベントス戦から先発2人を変更。マルキーニョスとヌーノ・メンデスに代えてダニーロ、ベルナトを起用した。 立ち上がりからボールを握って相手を押し込むPSG。11分にはメッシのスルーパスに抜け出したネイマールに決定機も、ここはシュートを枠に飛ばせず。 以降は幾度か相手のロングカウンターに冷や汗をかかせられるが、試合の主導権を握る。25分にはディフェンスラインの背後へ抜け出したネイマールがDFエレールに倒されると、主審は決定機阻止でのレッドカードを掲示。しかし、VARの介入が入った結果、抜け出しの場面でのオフサイドが確認され、お咎めなしに。 それでも、直後の30分にはメッシの浮き球パスに完璧なタイミングで抜け出したネイマールが絶妙なファーストタッチでボールを収めた後、ボックス左から左足のシュートを右隅に流し込んだ。 前半の内にリードを手にしたホームチームは、前半終了間際にも畳みかける攻めを見せる。背後への抜け出しからメッシ、ムバッペに続けて決定機が訪れるが、前者はGKのファインセーブ、後者はネットを揺らしたものの、オフサイド判定で2点目とはならず。 結局、1点リードで試合を折り返したPSGは、後半も立ち上がりの50分にムバッペのクロスからメッシに決定機。だが、フリーで放ったヘディングシュートは惜しくも左ポストを叩く。 その後もムバッペの仕掛けなどでゴールに迫る場面を作ったが、徐々にブレストに押し返されていく。そういった中、62分にはヴェッラッティを下げてファビアン・ルイスを最初の交代カードとして切る。 しかし、ユベントス戦の激闘の影響か、徐々に動きが重くなったホームチームは、完全に相手に主導権を渡してしまう。70分にはDFキンペンベがファディガをボックス内で倒してしまい、痛恨のPK献上。しかし、キッカーのスリマニがゴール右隅を狙ったシュートをGKドンナルンマが見事な反応ではじき出し、大きなピンチを救った。 守護神のビッグプレーで辛くもリードを維持したPSGは、78分に3枚替えを敢行。ネイマールとムバッペに代えてサラビア、エキティケを、ベルナトに代えてメンデスを送り出す。だが、この交代策も劣勢を撥ね返す一手とはならず。 スリマニのアクシデンタルなシュートを再びGKドンナルンマのビッグセーブで凌ぐなど、苦しい戦いが続く。その後、試合終盤には交代枠を使い切った状態で負傷したキンペンベがプレー続行不可能となり、数的不利まで背負ったが、何とか虎の子の1点を守り切った。 そして、ホームで格下に辛勝のPSGは、開幕からの無敗継続に成功している。 2022.09.11 01:59 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly