インテルの逸材FWサトリアーノがエンポリにレンタル

2022.07.05 07:06 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルは4日、ウルグアイ代表FWマルティン・サトリアーノ(21)が今シーズン終了までエンポリにレンタル移籍することを発表した。

母国屈指の名門ナシオナルから2020年1月にインテルのプリマヴェーラに加入したサトリアーノは、187cmの本格派のストライカー。2021-22シーズン開幕前のプレシーズンの時期に好アピールを見せ、セリエA開幕節のジェノア戦でトップチームデビューを飾ると、途中出場ながらリーグ戦4試合に出場。

しかし、よりトップレベルでプレー機会を与えたいクラブの方針により、サトリアーノは今冬にフランスのスタッド・ブレストへレンタル移籍。ブレストではリーグ・アン15試合に出場し4ゴールとまずまずのパフォーマンスを見せていた。

関連ニュース
thumb

ベンゼマ&アラバ弾でフランクフルトを下したマドリーが5年ぶり5度目の制覇!《UEFAスーパーカップ》

UEFAスーパーカップのレアル・マドリーvsフランクフルトが10日にフィンランドのヘルシンキ・オリンピックスタジアムで行われ、2-0でマドリーが勝利した。フランクフルトのMF鎌田大地はフル出場、MF長谷部誠はベンチ入りも出場機会はなかった。 チャンピオンズリーグ王者のマドリーとヨーロッパリーグ王者のフランクフルトの一戦。 今週末にラ・リーガ開幕を迎えるマドリーは、ベンゼマやクロース、カゼミロ、アラバなど昨季の主力を先発で起用。新加入のリュディガーやチュアメニはベンチスタートとなった。 一方、先週末に行われたブンデスリーガ開幕戦でバイエルンに大敗を喫したフランクフルトは、その試合から先発を2人変更。ゲッツェとコスティッチに代えて鎌田とレンツが先発に名を連ねた。長谷部はベンチスタートとなっている。 一進一退の立ち上がりとなる中、ファーストシュートはフランクフルトに生まれる。14分、ボレのパスをバイタルエリア中央左で受けた鎌田がボックス内まで切り込みシュート。しかし、これはGKクルトワのセーブに防がれた。 対するマドリーは17分、右サイドを突破したバルベルデの折り返しを中央のベンゼマがフリック。最後はフリーのヴィニシウスがシュートを放ったが、これはゴールカバーに戻ったトゥタにライン手前でブロックされた。 膠着状態が続く中、マドリーは37分にセットプレーから先制する。クロースの右CKをボックス内でベンゼマが競り合うと、浮き球をゴールエリア右のカゼミロが頭で折り返し、最後はアラバがゴールに押し込んだ。 先制したマドリーは、41分にもクロースの右クロスからベンゼマに決定機が訪れたが、シュートはわずかにゴール左へ逸れ、1-0で前半を終えた。 迎えた後半、先にチャンスを作ったのはマドリー。55分、モドリッチのパスで左サイドを抜け出したF・メンディのクロスからボックス内のヴィニシウスがチャンスを迎えたが、シュートはGKトラップの好セーブに防がれた。 1点を追うフランクフルトは、58分にローデとリンドストロームを下げてゲッツェとコロ・ムアニを投入。64分、鎌田のパスを受けたクナウフがボックス右からカットインし右アウトサイドでシュートを放ったが、これはGKクルトワにキャッチされた。 マドリーは直後の65分、F・メンディのスルーパスで左サイドを抜け出したヴィニシウスがボックス左まで侵入し折り返しを供給。これを中央のベンゼマが右足ダイレクトでゴールに流し込んだ。 リードを広げたマドリーは、85分にクロースとカルバハルを下げてチュアメニ、リュディガーの新加入組を投入。その後も危なげない試合運びを見せたマドリーは、フランクフルトに決定機を作らせず、2-0のままタイムアップ。 ベンゼマ&アラバのゴールでフランクフルトに完勝したマドリーが、5年ぶり5度目のUEFAスーパーカップ制覇となった。 2022.08.11 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

永里優季と川澄奈穂美が再戦!試合後にはツーショット披露「サッカー本当に好きな人」

シカゴ・レッドスターズのFW永里優季がNJ/NYゴッサムFCのMF川澄奈穂美と再戦した。 現地時間7日に行われたアメリカのナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)では、シカゴ・レッドスターズがNJ/NYゴッサムとホームで対戦。2-0でシカゴ・レッドスターズが勝利を収めた。永里はフル出場、川澄は67分から途中出場を果たしている。 長きにわたってなでしこジャパンで切磋琢磨した2人は試合後に記念撮影。9日に永里がピッチ上での2ショットを公開している。 「サッカー本当に好きな人。しぶとくサッカーし続ける人。コメンテーターナホミ。どこまでもこよなくサッカーな人。今シーズンはこれにて見納め。肉しか勝たん!ご馳走様でした」 7月3日の対戦時にも2ショットを披露した2人。なお、この日はメンバー外だったゴッサムFCの横山久美は「僕も会いたかったよ〜stay home」とリプライを寄せている。 10日現在、シカゴ・レッドスターズは12位中3位、ゴッサムFCは11位に位置。両者は2回戦総当たりのレギュラーシーズンでの対戦はすでに終えたが、上位6位以内に入ればプレーオフでの再々戦の可能性も残されており、日本人選手の活躍にも期待が寄せられている。 <span class="paragraph-title">【写真】アメリカで再戦、永里×川澄のツーショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ChA6ccqpOpi/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ChA6ccqpOpi/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ChA6ccqpOpi/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">YuKi Nagasato(@yuki_nagasato)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.10 20:50 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル岩渕真奈が手術後初の実戦復帰、開幕へ向け機運上昇「やっぱりサッカーは楽しい」

アーセナルに所属するなでしこジャパンのFW岩渕真奈がコンディションを上げているようだ。 アストンビラからアーセナルへ加入し、イングランド2年目となった昨季の終盤は欠場が続いていた岩渕。帰国後、足首の両手術を行ったことを5月20日に報告していた。 日本での充実のオフを経てイングランドへ帰還後は、長谷川唯(ウェストハム)とともにUEFA女子ユーロ決勝を観戦するなど刺激を得ていた岩渕。8日に自身のインスタグラムを更新し、チームメイトとの集合写真を公開。術後初となるゲームに臨み、プレーできる喜びを綴った。 「チームとして今シーズン初、そして個人的にも手術後はじめての試合。やっぱりサッカーは楽しいですね」 「毎日ハードにいい時間を過ごせてます。1ヶ月後のシーズン開幕に向けてコンディション上げれるように頑張ります!!!」 アーセナルは昨シーズンのFA女子スーパーリーグ(FAWSL)を2位で終え、一昨年の3位から1つ順位を上げたが、優勝にはあと1歩届かなかった。今季もUEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)を並行しつつ、3季ぶりの戴冠を目指している。 WSLの開幕戦は9月11日に行われるアウェイでのマンチェスター・シティ戦。メドウ・パークでの第2節、UWCLのラウンド2をはさみ、24日にはエミレーツスタジアムでトッテナムとの"ノースロンドン・ダービー"を迎える。 こちらはすでに2万枚以上のチケットが売れているとのこと。新シーズンへの期待も高まるなか、岩渕の活躍も楽しみだ。 <span class="paragraph-title">【写真】実戦復帰した岩渕、試合後にチームメイトと</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cg_8t4JvhX1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cg_8t4JvhX1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cg_8t4JvhX1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">岩渕真奈/Mana Iwabuchi(@iwabuchi.m_jp)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.10 20:15 Wed
twitterfacebook
thumb

「ニアに入れるかと思いきや」久保建英がGKの裏をかくふんわりシュートを披露「最高!」

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英が、又しても練習で素晴らしい動きを見せている。 レアル・マドリーから完全移籍で加入した久保は、プレシーズンマッチ4試合に出場。ゴールやアシストといった結果は残せていないものの、右サイドで一定のアピールに成功している。 元スペイン代表MFダビド・シルバとの対面など一挙手一投足に注目が集まる中、9日のトレーニングでも輝きを見せた。 ボックス内でのシュート練習の最中、左サイドからのクロスを胸でトラップした久保は、GKとの1対1に。多くの選択肢があるなか、久保はゴール中央へのチップキックを選択。完全にGKの逆をつき、シュートはネットを揺らした。 この場面をソシエダの公式YouTubeチャンネルが公開すると、ファンも「ニアに入れるかと思いきや、ファー気味に蹴る完璧なシュート」、「TAKEいいぞ!」、「TAKE最高!」と興奮気味だ。 9日の練習では、この場面以外にも何度もネットを揺らしていた久保。いよいよ14日にはラ・リーガ開幕節のカディス戦を迎えるが、リーグ戦でもネットを揺らすことができるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英がGKの裏をかくふんわりシュートでネットを揺らす!</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="671" height="1192" src="https://www.youtube.com/embed/xYcUnAvhbRI" title="Momo Take " frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2022.08.10 11:51 Wed
twitterfacebook
thumb

「うっま!!」レアル戦控えるフランクフルト鎌田が“3連的当てキック”に挑戦!持ち前のコントロールを披露「さすがです」

フランクフルトの日本代表MF鎌田大地が持ち前のキック精度を発揮した。 鎌田は1日に行われたDFBポカールのマクデブルク戦でいきなり2ゴールの大活躍。ブンデスリーガ開幕節のバイエルン戦では出番がなかったが、10日に控えるレアル・マドリーとのUEFAスーパーカップにはメンバー入りしている。 その中、ブンデスリーガの日本語版公式ツイッターは9日、「UEFAスーパーカップに向けて練習中...」として、鎌田の練習動画を投稿した。 動画では、ゴールの右上と左上に的が括り付けられており、鎌田は3連続で的当てに挑戦。1本目と2本目を右上の的に当ててみせ、パーフェクトに期待も高まったが、左上を狙った3本目を惜しくも枠を外れ、鎌田も「あー」と嘆いていた。 持ち前のコントロールを披露した鎌田だが、ファンからは「うっま!!さすがです」、「最後外したのはレアルに決める用でってことよね?」といった言葉が寄せられている。 過去にブンデスリーガの公式SNSがアーリング・ハーランド(現マンチェスター・シティ)の的当て動画を公開した際は編集されたものだったが、今回はいかに。 <span class="paragraph-title">【動画】古橋が“膝スラ失敗”で思い切りズッコケ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">UEFAスーパーカップに向けて練習中... <br><br> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%8E%8C%E7%94%B0%E5%A4%A7%E5%9C%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#鎌田大地</a> はでレアル・マドリード相手にどんなプレーを見せてくれるでしょうか? <a href="https://t.co/lTx2W2qAVT">pic.twitter.com/lTx2W2qAVT</a></p>&mdash; ブンデスリーガ 日本語版 (@Bundesliga_JP) <a href="https://twitter.com/Bundesliga_JP/status/1556928271090159616?ref_src=twsrc%5Etfw">August 9, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.10 11:31 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly