広島が前節の黒星を払拭する無失点快勝! ホームで磐田に3発【明治安田J1第19節】

2022.07.02 20:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
明治安田生命J1リーグ第19節、サンフレッチェ広島vsジュビロ磐田が2日にエディオンスタジアムで行われ、3-0で広島が勝利した。

前節まで4連勝と快調だった広島は、3日前の先月29日に延期されていた第15節のガンバ大阪戦を行った。相手は4連敗と不振にあえでいたが、広島は連戦の疲れからか、相手の個人突破に後手に回される展開に。不運な形で失点が続き、7試合ぶりの黒星を喫した。

一方の磐田は、6月25日に行われた第18節では川崎フロンターレとドロー。王者相手に最少失点で試合を進めた中、終盤にCKから伊藤がJ1初ゴールを挙げて、引き分けに持ち込んだ。天皇杯も含めると、現在は4戦負け無しという状況だ。

スタメンに関しては、広島はほぼ固定メンバーそのままで臨む。G大阪戦で右ヒザを負傷し、全治6週間と診断されたドウグラス・ヴィエイラに代わって棚田がベンチ入りしている。磐田は前節から2人変更。松本と杉本が外れ、鈴木と小川が入っている。

両チーム合わせて最初のチャンスは5分。右サイドからアーリ―クロスがボックス左に走る小川に繋がり、胸トラップからシュートへ。しかし、威力が弱くGKの正面に飛んだ。

対して、8分の森島のミドルシュートが初シュートとなった広島は12分、味方のパスに抜け出したベン・カリファが倒されゴール正面でFKを獲得。名古屋グランパス戦で直接決めた野津田に期待がかかったが、今回は枠を大きく外す一発となった。

徐々に攻勢を強める広島は18分、敵陣右サイドのポケットを突く森島に見事なロングパスが通ると、マイナス方向へグラウンダーで折り返し。ここに飛び込んだ松本がダイレクトで抑えの利いた強烈なシュートを放ったが、GK三浦のビッグセーブに阻まれた。

しかし、その4分後の22分、攻める広島が敵陣左サイドでFKを獲得。満田が右足でクロスを入れると、荒木が頭で合わせてネットを揺らした。

その後、攻勢を続ける広島は、満田や佐々木がミドルシュートで果敢にゴールを狙う。どれも枠を捉えるものの、ことごとくGK三浦の正面に飛んでしまう。

1点ビハインドで後半に入る磐田は、山本義道と鹿沼を下げてジャーメイン良と山本康裕を投入。47分にその山本康裕のクロスを吉長が頭で合わせて早速シュートシーンを迎えた。

50分には相手の不十分なクリアを高い位置で拾い、ジャーメイン良がフィニッシュへ。ここもチャンスだったがGKにキャッチされた。

良い入りを見せる磐田だが、大森がシュートの際に足を痛めてプレー不可能に。54分に杉本と交代となった。

しばらく劣勢の広島だったが、55分のゴール正面からのFKで流れを断ち切り、63分には右サイドの深い位置で再びFKを獲得。野津田が左足でクロスを上げると、ニアで佐々木が頭で合わせて追加点を挙げた。

これで勝利を大きく手繰り寄せたホームチームは、68分に相手のゴールキックをはね返すと、ボールはそのままゴール前の森島のもとへ。GKと一対一となった森島は冷静に流し込んだ。

これで勝利を決定的なものにした広島。77分には満田のスルーパスから途中出場のジュニオール・サントスが最終ラインを突破。完全にフリーでGKと一対一の局面を迎えたが、丁寧に右上を狙ったシュートを枠に収めることができず。オフサイドだったためどちらにせよゴールとはならなかったが、印象の悪い外し方となってしまった。

一方、意地を見せたい磐田は79分に鈴木のシュートがポスト直撃。ただ、攻撃は単発に終わってしまう。

その後、広島は高卒ルーキーの棚田を投入。棚田はこれがJ1デビューとなる。また、終盤に投入された今津も今季のJ1初出場となった。

そして、最後まで危なげないパフォーマンスで試合をクローズ。G大阪戦の敗戦を払拭する快勝を収めた。

サンフレッチェ広島 3-0 ジュビロ磐田
【広島】
荒木隼人(前22)
佐々木翔(後18)
森島司(後23)

関連ニュース
thumb

「ありがとう」「これぞヒーロー!」乾貴士ら清水エスパルスの選手たちが土砂災害地域をお手伝い「また手伝いにいきます!!」

清水エスパルスのMF乾貴士が、被災地に支援に出向いたことを報告した。 静岡県では台風15号の影響による豪雨で大きな被害がで取り、特に静岡市清水区では6万世帯を超える断水の被害も深刻だった。 その中で、清水区の布沢地区では土砂災害も。多数の住宅の床上まで流れ込む被害などがある一方で、支援が来ないなどの悩みもあった。 そんな中、乾が自身のインスタグラムを更新。試合が中止になったこともあり、清水の選手たちで瓦礫の撤去などの手伝いに行ったことを報告した。 「布沢に微力ながら手伝いに行ってきました!!とにかく1日でも早く復旧してもらいたいです」 「まだまだ大変な日々が続くとは思いますが、皆んなで乗り越えましょう!!また手伝いにいきます!!」 シーズン中でもありながら、地元の住民の手助けになる活動を行った選手たち。これには「ありがとう」、「これぞヒーロー!」、「怪我だけはしないで」、「元気もらえます」、「だいすきです」と、感謝と激励のコメントが寄せられた。 自宅が被害に遭われた方などは絶望の淵におり、なかなか片付かないことも追い討ちをかけている中での支援。これもJリーグならではの活動だと言えるだろう。 <span class="paragraph-title">【写真】乾貴士ら清水の選手たちが土砂災害の地区でお手伝い</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjKlhBjvdKW/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjKlhBjvdKW/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjKlhBjvdKW/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Takashi Inui/乾貴士(@takashi.08)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.02 21:50 Sun
twitterfacebook
thumb

柏GK松本健太が左小指基節骨骨折で全治3カ月…今季はプロデビュー

柏レイソルは2日、GK松本健太の負傷を発表した。 クラブの発表によると、松本は9月22日のトレーニング中に負傷。検査の結果、左小指基節骨骨折と診断。全治は約3カ月とのことだ。 柏の下部組織出身の松本は、東洋大学を経て2020年に入団。今シーズンはプロデビューを果たし、明治安田生命J1リーグで1試合、YBCルヴァンカップで1試合に出場していた。 2022.10.02 20:38 Sun
twitterfacebook
thumb

神戸のMF飯野七聖の今季が終了、トレーニング中に負傷し全治10〜12週間

ヴィッセル神戸は2日、MF飯野七聖の負傷を発表した。 クラブの発表によると、飯野は9月25日に行われたノエビアスタジアム神戸でのトレーニングで負傷したとのことだ。 神戸市内の病院で検査を行った結果、右腓腹筋肉離れと診断。全治は10〜12週間となり、一足先にシーズンを終えることとなってしまった。 飯野はサガン鳥栖で今季はスタート。明治安田生命J1リーグで16試合に出場し1得点を記録。シーズン途中に神戸へと移籍すると、J1で8試合、YBCルヴァンカップで2試合に出場。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でもプレーしていた。 2022.10.02 12:47 Sun
twitterfacebook
thumb

「ワールドクラス」「誰もが一度は決めてみたいゴール」 FC東京のJ1通算1000ゴール目は安部柊斗の衝撃のミドル!

世界に通用すると言っても過言ではないスーパーゴールが誕生した。 1日、明治安田生命J1リーグ第31節の鹿島アントラーズvs FC東京の一戦が行われ、0-1でFC東京が勝利した。 逆転優勝にわずかながら望みを繋いでおり、3位以内でのフィニッシュを目指す鹿島と、残りシーズンもしっかりと戦術の浸透を図っていきたいFC東京の一戦となった。 両者激しい試合となり、互いに攻め合うもゴールを奪えない展開が続き、ゴールレスのまま試合は進んでいく。 そんな中、試合を動かしたのは65分から足を痛めた松木玖生に代わってピッチに立った安部柊斗だった。 すると迎えた84分、左サイドを仕掛け、バングーナカンデ佳史扶がクロス。これはクリアされるが、ボックス手前で拾った安部がフリーでボールを拾うと、胸コントロールから右足一閃。アウトにかかったシュートがゴール右に飛ぶと、GK早川友基が触るもネットを揺らした。 なお、このゴールはFC東京にとってのJ1通算1000ゴール目のメモリアルゴールとなった。 劇的なゴール、そしてスーパーなゴールには「ワールドクラス」、「誰もが一度は決めてみたいゴール」、「まさにスーペルゴラッソ」と、勝利に導いたスーパーゴールをたたえた。 <span class="paragraph-title">【動画】誰もが憧れる? 絵に描いたような気持ち良いミドル炸裂!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="FNZRX4xxtG0";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.01 23:12 Sat
twitterfacebook
thumb

「厚別が聖地であると勝利で証明しよう」サポーターの言葉通りの激アツ展開!締めくくった小柏剛のゴールが凄い「鳥肌たった」、「泣けた」

ドラマは最後に起こるとは言ったものだ。 1日、明治安田生命J1リーグ第31節の北海道コンサドーレ札幌vs川崎フロンターレの一戦が行われ、4-3で札幌が勝利した。 優勝を争う川崎Fを迎えた札幌。場所は札幌ドームではなく、サポーターの想いが詰まった聖地・札幌厚別公園競技場だった。 試合前には札幌サポーターから「道民・市民を熱狂させ、歴史を積み重ねてきた厚別はクラブの財産」、「厚別が聖地であると勝利で証明しよう」という横断幕がゴール裏で掲げられた。 しかし、試合は30分に家長昭博のPKで川崎Fが先制。それでも、33分にルーカス・フェルナンデスが決めて札幌が同点に追いつく。 その後、ガブリエル・シャビエルがネットを揺らすも、オフサイドでゴールは認められず。ただ、41分には興梠慎三がPKを決めて勝ち越しに成功。前半をリードして終える。 サポーターの言葉通り勝利で証明できるかと思いきや、60分に知念慶、69分には札幌キラーの小林悠がゴールを決めて川崎Fが連続ゴール。一気に逆転されてしまう。 ただ、ここは聖地・厚別。83分、ガブリエル・シャビエルがネットを揺らし、札幌が再び同点に追いつく。 すると、直後に川崎Fは橘田健人が一発退場。数的有利になると、PKと思われた判定はFKに変更された。 後半アディショナルタイムは治療の時間やVARチェックの時間などが重なり12分に。すると98分に札幌がカウンターからキム・ゴンヒのパスをガブリエル・シャビえるが押し込んで合わせるも、最初の時点でキム・ゴンヒがオフサイドでゴールを認められず。このまま終了だと思われた。 しかし102分、田中駿汰が自陣から大きく蹴りだすと、前線のキム・ゴンヒが収める。そのまま持ち上がると、最後はボックス手前からパス。これを並走した小柏剛がボックスないで受けてシュート。今度こそしっかりとゴールを決めて、まさかの逆転に成功。4-3で乱打戦を制した。 劇的すぎる展開を締めくくった小柏のゴールには「この展開は鳥肌すぎ」、「北海道の誇り」、「この日のことを忘れることはない」、「さすが聖地」、「激アツ展開に泣けた」、「鳥肌たった!!」と、最後のゴールを含めて、素晴らしい試合展開に称賛の声が集まった。 なお、札幌ドームからプロ野球の北海道日本ハムファイターズが撤退したこともあり、来季からは札幌ドームのみでホームゲームが行われる可能性があり、厚別でのリーグ戦は最後になるのではないかという報道も出ており、もしそうなった場合では歴史に残る一戦となったと言って良いだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】激アツ展開を締めくくった102分、小柏剛の感動の決勝ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="u9FP1yq6oaI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.01 22:50 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly