家族で誕生日を祝った久冨慶子アナ、突発性難聴の夫・大津祐樹の状態も報告「健康第一!!」

2022.06.30 22:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
テレビ朝日のアナウンサーである久冨慶子さんが34歳のバースデーを迎え、家族で祝ったようだ。2012年にテレビ朝日に入社。『やべっちFC〜日本サッカー応援宣言〜』のキャスターを務める中、2018年1月1日に元日本代表MF大津祐樹と結婚。2021年2月に第1子が誕生し、現在は産休中となっている。

度々家族の仲睦まじい様子をインスタグラムで投稿してくれている久富さんだが、27日に34歳のバースデー。家族で祝ったようだ。

インスタグラムには大津と息子と共にケーキを持った久富さんの姿が。満面の笑みでケーキを持つ1ショットも投稿されている。

現在大津は突発性難聴を発症して離脱中。久富さんは誕生日を報告するとともに、大津の状況も報告した。

「今月27日に34歳の誕生日を迎えました!」

「先日夫が突発性難聴になりとても心配な日々が続いていましたが、お陰様で少しずつ回復してきています。改めて家族の大切さを感じた出来事でした」

「健康第一!!暑い日が続いていますが皆様お身体大切にされてください」

1 2

関連ニュース
thumb

磐田のトップチームスタッフ1名が新型コロナ陽性

ジュビロ磐田は13日、トップチームのスタッフ1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性診断を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該スタッフは10日に濃厚接触疑いとなりチーム活動に不参加。その日の午後に体調不良があったという。 11日のチーム活動も不参加となり、12日に医療機関による抗原検査を受け、陽性診断を受けたとのことだ。 なお、チーム内に濃厚接触疑い者はいないとのことだ。 2022.08.13 21:35 Sat
twitterfacebook
thumb

攻撃陣好調の浦和が今季最多6ゴールの大勝!ホームで完敗の磐田は再び最下位に【明治安田J1第25節】

明治安田生命J1リーグ第25節、ジュビロ磐田vs浦和レッズが13日にエコパスタジアムで行われ、アウェイの浦和が6-0で勝利を収めた。 前節サガン鳥栖に敗れて再び降格圏に足を踏み入れた磐田は、森岡の負傷でスクランブル発進した松原がJ復帰後初先発を飾る。得点力向上を目指し、ファビアン・ゴンザレスも8試合ぶりにスタメンで起用された。 10日のYBCルヴァンカップ準々決勝第2戦で快勝を収めた浦和は、その名古屋グランパス戦のスタメンフィールドプレーヤーが引き続き先発に。守護神はGK鈴木に代わってGK西川が務めた。 台風8号の影響も心配されながらも、幸い荒天にはならずに決行された一戦は、磐田のミスを突いた浦和が立ち上がりから複数得点を奪う。 まずは5分、自陣でブロックを組んだ中で鈴木の横パスを左サイドで小泉が引っ掛けると、自らボックス手前左まで運び、遠いサイドでフリーのモーベルグへ。磐田との前回対戦時にJ初ゴールを決めていたMFは、ワントラップから左足の巻いたシュートを対角へ流し込み、幸先良く先制点を挙げた。 さらに13分には、松尾が磐田陣内での鈴木の横パスを受けた伊藤槙人のコントロールミスを見逃さず、ボールをさらってボックス右へ侵入。悠々と中を確認して折り返すと、小泉が蹴り込んでリードを広げる。 ミス絡みで自らの首を絞めることになった磐田は飲水タイム明けにボックス手前から金子が左足のミドルを見せるも、前半終了間際に浦和が再び追加点を挙げる。 40分、長いボールで左の深い位置を取ると、枚数の少ない状況を踏まえてパスを回しながら時間を作ったのちに、中央の小泉が右を使う。開いていたモーベルグはまたぎフェイントを交えて縦に仕掛け、ボックス右からクロスを送ると、右足でのキックはファーのポストに当たってゴールへ吸い込まれた。元スウェーデン代表MFは直後にも敵陣ハイサイドからの直接FKが枠を捉えるなど、好調さを見せ付ける。 ハーフタイムには両ベンチが動き、磐田は吉永に代えて大津を、浦和は連戦も加味してモーベルグら3人に代えて江坂らを投入。キャスパー・ユンカーを含め、互いの途中出場選手が後半立ち上がりからゴール前のシーンに絡む。 50分には遠藤のFKをGK西川がワンハンドセーブしてカウンターへ転じると、ユンカーのキープから小泉がフィニッシュ。こちらもGK梶川が左足を残して好セーブを見せるなど、見応えのある攻防が繰り広げられる。 3バックから4バックへの変更が奏功し、チャンスの数も増え始めた磐田だったが、スコアを動かしたのは63分の浦和。先の名古屋戦ではCKからファインボレーをたたき込んだ伊藤が、この日は左深い位置から明本の上げたクロスにファーで合わせてネットを揺らすと、3分後には大久保のキープから右ポケットを取り、逆サイドへの折り返しで小泉のゴールをお膳立てした。 大量リードを奪ったアウェイチームは79分にもカウンターからユンカーが加点。センターサークル付近で江坂が前を向くと同時に裏へ抜け出すと、スルーパスのクリアボールがいい具合に足元へ転がり込み、GKとの一対一を冷静に制する。 守ってもジャーメインの決定機をGK西川が阻止するなどクリーンシートを達成した浦和は、今季最多6得点を奪って2試合ぶりに3ポイントを獲得。前回対戦時に1-4で敗れた磐田は今回も大量失点を喫し、得失点差でも痛手を被って再び最下位へ沈むこととなった。 ジュビロ磐田 0-6 浦和レッズ 【浦和】 ダヴィド・モーベルグ(前5) 小泉佳穂(前13) ダヴィド・モーベルグ(前40) 伊藤敦樹(後18) 小泉佳穂(後21) キャスパー・ユンカー(後34) 2022.08.13 20:39 Sat
twitterfacebook
thumb

チャンスをしっかり生かした鳥栖が5試合ぶり勝利、磐田は決定機逸が響く【明治安田J1第24節】

7日、明治安田生命J1リーグ第24節のサガン鳥栖vsジュビロ磐田が駅前不動産スタジアム行われ、2-0で鳥栖が勝利を収めた。 ホームの鳥栖は直近4試合で勝利なし。前節は清水エスパルスとアウェイで戦い、2点リードを終盤の連続失点で追いつかれていた。 その鳥栖は[4-4-2]を継続。田代雅也と森谷賢太郎が外れ、ジエゴと菊地泰智を起用した。 対する磐田は5戦未勝利、4連敗中だったが、前節は湘南ベルマーレに1-0で勝利。久々の勝利を収めた。 磐田は[3-3-2-2]のシステムで、1名が変更。松本昌也が外れ、出場停止だったリカルド・グラッサが復帰した。 互いに守備では前からプレスをかけながら、攻撃では細かくパスを繋いでビルドアップしていくスタイルの両者。立ち上がりは磐田が効果的にボールを運んでいく中、3分に左サイドでパスを受けたリカルド・グラッサに対して長沼が激しいタックル。グラッサが痛む中で、長沼にはイエローカードが出された。 鳥栖はGK朴一圭を使ういつものスタイルで徐々にポゼッションの時間を長くしていくと11分、縦パスを受けた宮代がコントロールするもシュートは打てず。それでもこぼれ球を繋いでパスを受けた小泉がドリブルで運んでシュート。これは枠を捉えるが、GKがキャッチする。このシーンで森岡が足を痛めたがプレーを続行した。 さらに鳥栖は12分にチャンス。岩崎がスピードを生かして裏を取ると独走。GKとの一対一の決定機を迎えると、GKをかわしたもののタッチが大きくなりシュートはサイドネットに。ビッグチャンスを逸してしまう。 すると21分に磐田にアクシデント。最終ラインで先発した森岡が、その前のプレーで足を痛めていた影響でプレー続行不可能に。松原后が入り、鈴木が3バックの一角に入る。 鳥栖がポゼッションを高めてプレーしていく中でオープンな展開に。それでも決定機は作れない。 それでも37分、金子がカットインから細かくパスを繋ぐと、ボックス中央でジャーメイン良がトラップからボレー。シュートは枠を捉えるが、GK朴一圭が鋭い反応でセーブする。 さらに39分にも磐田が決定機。FKのリスタートの流れから、右サイドでこぼれ球を拾った金子がクロス。ファーサイドで松原が折り返すと、最後は黒川が詰めるが、中野がギリギリでクリアして事無きを得る。 連続したピンチを凌いだ鳥栖は43分にスコアを動かす。右サイドでボールを受けた長沼が松原との駆け引きを制すると、フリーでグラウンダーのクロス。これが抜けると、待ち構えた宮代が蹴り込んで先制に成功する。 鳥栖がワンチャンスを物にして迎えた後半。磐田は黒川を下げ、ファビアン・ゴンザレスをハーフタイムに投入する。 それでも後半は鳥栖が立ち上がりからペースを握って攻め込んでいく。67分には岩崎がドリブルで運ぶと左の宮代へ。宮代はカットインから右足でシュートも、GK梶川がセーブする。 磐田はリカルド・グラッサが負傷し遠藤保仁と、ジャーメイン良は杉本健勇と交代に。鳥栖は菊池、長沼を下げ、本田風智、堀米勇輝を投入する。 すると77分に磐田がビッグチャンス。右サイドから鈴木がアーリークロス。これに杉本が飛び込むが、相手に対応され飛び切れず届かない。さらに78分にはカウンターから左に展開。最後は松原がボックス内左からシュートも、バーに嫌われる。 終盤にかけてはメンバー交代でシステムを変えたこともあり、磐田が押し込んでいく時間が続くと、80分には上原を下げて、大津祐樹を投入して、さらに攻撃力を増していく。 その中で鳥栖も少ないチャンスからシュートに持ち込むことに。82分には、CKの流れから堀米のクロスに対して宮代が飛び込むがわずかに合わない。 磐田は84分、左サイドからのパスを受けた杉本がボックス手前で受けると、フリーの状態でシュート。しかし、枠を取られられない。 すると鳥栖は84分に先制点の宮代を下げて垣田裕暉を投入。すると85分、本田がボックス手前でパスを受けると、相手との駆け引きにかって縦に突破。本田のクロスを垣田が合わせて、リードを2点に広げる。 数ある決定機を生かせなかった磐田を尻目に、少ないチャンスを仕留めた垣田。磐田はその後も猛攻を仕掛けるが、ネットを揺らすことができない。 結局そのまま試合が終了。チャンスをしっかりと生かした鳥栖が5試合ぶりの勝利。磐田は連勝とはならなかった。 サガン鳥栖 2-0 ジュビロ磐田 【鳥栖】 宮代大聖(前43) 垣田裕暉(後40) 2022.08.07 20:59 Sun
twitterfacebook
thumb

磐田の選手1名が新型コロナ陽性…症状はなし

ジュビロ磐田は3日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、3日の練習前に自主的なPCR検査を実施したとのこと。当該選手が陽性となったとのことだ。 なお、当該選手は無症状とのことだ。 また、チーム内に濃厚接触疑いの者はいないとのことだ。 2022.08.03 18:47 Wed
twitterfacebook
thumb

「絵になるファミリー」磐田FW大津祐樹、久冨慶子アナと息子との“ペアルック”写真が話題「とってもオシャレ」

ジュビロ磐田のFW大津祐樹が、素敵な家族写真を投稿して話題となっている。 昨季磐田に加入した大津は、今季もここまでリーグ戦で17試合に出場し3得点を記録している。 しかし、6月21日に磐田は大津が耳の不調を訴えて検査を受けたことを発表。検査の結果、突発性難聴と診断されていた。 その大津だが、7ガツ5日に完治を報告。7月17日に行われた明治安田生命J1リーグ第22節のFC東京戦では先発出場で復帰していた。 前節は出場停止で欠場した大津だが、インスタグラムで妻でテレビ朝日のアナウンサーである久冨慶子さんと息子との3ショットを投稿。「#ペアルック」の写真で、週末の試合に向けて決意を新たにした。 「闘病中にプレゼントしていただいたTシャツでオフを過ごし充電できたので、今週の日曜日に最高の日を迎えられるように良い準備を」 笑顔の大津と久冨さん、そして息子は青いTシャツを着用し、家族お揃いのコーデに。これにはチームメイトの大井健太郎も「またニュースになるんだろーなぁ」とコメントしていた。 また、ファンも「とってもオシャレ」、「爽やか」、「絵になるファミリー」、「いい笑顔」と称賛のコメントを寄せていた。 <span class="paragraph-title">【写真】大津ファミリーがお揃いのTシャツで家族ショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CgwVV4qJS2D/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CgwVV4qJS2D/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CgwVV4qJS2D/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">大津祐樹/Yuki Otsu ジュビロ磐田(@o2yuki)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.03 12:20 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly